転職って失敗したくないですよね。今回は大東建託という会社への転職を成功させる秘密をお伝えします。" /> 転職って失敗したくないですよね。今回は大東建託という会社への転職を成功させる秘密をお伝えします。" /> 大東建託の転職難易度と転職を成功させる秘訣をご紹介 -最高ランクの転職サイト・転職エージェントが見つかるサイト
転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > > 大東建託の転職難易度と転職を成功させる秘訣をご紹介

大東建託の転職難易度と転職を成功させる秘訣をご紹介

🕒 2019/07/05
このエントリーをはてなブックマークに追加
皆さん転職を考えたことはありますか?転職って難しそうだし、失敗したくありませんよね?今回は大東建託がどんな会社なのかや、大東建託への転職の方法や転職の秘訣をお伝えします。

大東建託とはどんな会社?

今回大東建託への転職を考えていく前に、そもそも大東建託とはどんな会社なのかを紹介していきたいと思います。

大東建託とは1974年に大東産業株式会社として設立し、現在では東京都の港区に本社を置き、47都道府県で235支社(2019年現在)を展開しています。

東証一部に上場しており、「いい部屋ネット」での全国賃貸仲介数9年連続で一位、全国戸建供給戸数10年連続で一位、全国賃貸住宅管理戸数22年連続で一位など、実績は申し分ありません。

事業内容としてはアパートやマンション、貸店舗や貸工場、貸倉庫などの建設業務を主に行っています。また、不動産仲介業務や建物管理、不動産管理業務も行っています。

このように日本を代表する建設、不動産会社であることが分かるかと思います。多くの人は大東建託という名前をご存知だったかと思います。そのため、転職先としてもとても人気のある会社です。

現在では様々な分野に事業展開しており、大東建託リーシング、大東建託パートナーズなど、様々な大東建託グループを拡大しています。それぞれの実績も素晴らしいものです。

大東建託の給料体系

ここまで、大東建託の概要をざっと紹介してきました。次は気になる大東建託の給料体系について紹介していきたいと思います。

大東建託は基本的に平均年収が高いと言われており、年収1000万円を超える社員も少なくありません。そんな大東建託の給料について詳しく紹介していくので転職の参考にしてみてください。

まずは平均年収を見ていきましょう。有価証券報告書によると、平均年収は約871万円(平成29年)と不動産業界の中では高くなっています。年度によっても異なりますが、平成26年の平均年収は960万とかなり高いことが分かります。企業別の平均年収ランキングでも128位とかなり上位の方に入っていました。平均年収だけをみても転職したくなる方もいるのではないでしょうか。

大東建託は年齢によってもやはり年収は大きく変化していき、20代前半は350万ほどと、あまり多くはないですが、40歳を超えたあたりから年収1000万円が見えてきます。中には30代で年収1000万の人も少なくありません。

ここまでは全体の平均や年代での平均年収を見ていきましたが、次は職種や役職別での平均年収を見ていきたしと思います。

総合職での年収は1100万円から1300万円ほどだと言われています。月給が約85万円でボーナスは340万円ほどと言われています。

次に技術職は平均年収が805万から905万と言われています。月給が約58万円で、ボーナスは240万円ほどと言われています。

最後に、一般職の平均年収は820万から920万と言われています。月給は約59万円でボーナスは245万円ほどだと言われています。

次は大東建託の役職別での給料を見ていきましょう。今回は主任以上のクラスでの平均年収を見ていきたいと思います。

まず主任の平均年収は約900万円で、月給が約58万円、ボーナスが約240万円と言われています。

次に係長の平均年収は約1016万円で、月給が約65万円、ボーナスが約270万円と言われています。

課長の平均年収は約1343万円で、月給が約86.5万円、ボーナスが約365万円と言われています。

最後に部長の平均年収は約1484万円で、月給が約96万円、ボーナスが393万円と言われています。

ここまで主任、係長、課長、部長クラスの平均年収を見ていきましたが、かなり高い給料であることが分かったと思います。

また、年代別などで見てやはり年子序列なのでは?と思った方もいるかと思いますが、大東建託では実力主義なので若くても年収1000万円を超えている社員もいることが分かっています。

中途採用の募集職種

ここまでの記事を読んで大東建託への転職を考えた方も少なくないかと思います。そこで次は、転職などの中途採用ではどのような職種を募集しているのかについて紹介していきます。

実際に大東建託のホームページから中途採用にエントリーしてみると職種を選ぶことができます。

一つ目はコンサルタント営業職です。基本的に土地を持っているオーナー様に賃貸住宅経営のご提案をする仕事になります。

二つ目は設計職です。マンションやアパートを志向する前に設計や測量各種申請する仕事になります。コンサルタント営業職と連携して土地活用の企画や提案にも携わっていきます。

三つ目は、積算職です。賃貸営業を事業として成功させるためのコストを算出したり調整業務や提案をしたりする仕事です。賃貸経営のプランを作ることが仕事となります。

四つ目は施工管理職です。大東建託が施工するマンションやアパート等の現場の施工管理をします。工事の工程と建物の品質を徹底して管理する仕事になります。

ここまでざっと中途採用から入れる職種をご紹介しましたが、設計職、積算職、施工管理職は経験者と有識者を歓迎しているため、経験のない方のほとんどはコンサルタント営業職として営業をすることになるのではないでしょうか。

転職を成功させるためには

最後に大東建託への転職を成功させる秘訣と転職難易度を紹介していきます。

大東建託の転職の選考フローは営業職がエントリーして面接・適性試験・作文・一般常識テストを行い、内定という流れになります。

営業職以外の職種では、エントリーして一次面接と専門試験を受けます。それに受かると二次面接を行い、内定という流れになります。

このように営業職以外では専門知識が試されるためしっかりと準備が必要になるかと思います。

また、大東建託の面接では変わったことは聞かれないので、自己分析や企業分析などをしっかり行っていけば大丈夫だと思います。

このように大東建託への転職難易度はあまり高くないですが、しっかりと対策と準備をしておくことをおすすめします。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

pagetop