転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > キャリアのお悩み > 喧嘩で職場を辞めてしまった!

喧嘩で職場を辞めてしまった!

🕒 2019/03/01
このエントリーをはてなブックマークに追加
喧嘩で職場を辞めてしまった!

「職場内で喧嘩をし、仕事をやめてしまった…」「次の仕事どうしよう…」

そんな転職についての悩みを抱えている方に必見のポイントをご紹介いたします。

転職活動のとき、喧嘩をしたことは言わない

「職場で上司と喧嘩をし、会社を辞めました。」

転職活動の際、このように堂々とそのまま理由を言ってはいけません。

面接の場でこんなことを言ってしまったら、高確率であなたはその面接に不合格となってしまうでしょう。

会社としては、喧嘩が原因で職場を辞めた人間と一緒に働きたいとは、なかなか思いません。

ですから、退職理由については他の理由を考えることがよいでしょう。

例えば

「自分のやりたい仕事ではなかった」

「職場の部署が閉鎖され、仕事を失ってしまった」

などといった面接官が納得しやすいような理由を考えましょう。

退職理由を述べる際に重要なのは、自分は被害者であるということを含めた言い方にすることです。

転職は決して逃げ道ではありませんが、転職理由には気を配ることが大事です。

正直にそのまま転職の理由である喧嘩の事実を言うのではなく、面接官が納得できるような理由を考えましょう。

社外の人と関わる機会の多い転職先は避ける

営業職など社外の方々と関わる機会が多い仕事に就くと、もしかしたら前の会社の人と接触する機会があるかもしれません。

喧嘩が原因で仕事を辞めてしまったあなたのことは、社内で噂になってしまっている可能性が高いでしょう。

もし、前職の情報が伝わってしまったら、せっかく見つけた新しい職場を手放す可能性も出てきてしまいます。

案外世間は狭いものでありますから、転職先の職種を考える際は、こういったことも踏まえて考えるべきです。

また、あなたの希望する会社が大企業や警備会社、金融系などである場合、前職調査される可能性があります。

この場合は無断で前職調査が行われるのではなく、同意書にサインを求められます。

上記のように信用がとても大事となってくる会社は前職調査されることもあるので、覚えておくと良いでしょう。

転職活動する際にはこれらのことを胸に留めておいてみてください。

早めに転職活動を始める

前の職場を辞めてからまだ次の転職先を探し始めていなければ、すぐに動き出すべきです。

前の職場での苦い経験を引きずっていてはいけません。

無職の期間が長ければ長いほど、次の転職活動に不利になってしまう可能性があるのです。

まずは転職サイトに登録するなどといった行動を起こしてみましょう。

転職サイトに登録し良い会社の求人情報を待つだけでも気軽に転職活動を始められます。

転職サイトにはたくさんの求人情報が掲載されています。

中には多くのホワイト企業の求人を扱うサイトもあります。

また、現代は失業率が低いため、人手不足で困っている会社も多く存在します。

こまめに求人情報をチェックしてみましょう。

そうすれば、次の転職先が見つかる大きな一歩になるでしょう。

離職票、源泉徴収票を手に入れる

既に退職の手続きが済んでいる方は大丈夫ですが、まだ喧嘩別れをして正式に退職の手続きが済んでいない方は注意が必要です。

喧嘩別れをした場合、いくつかの問題が生じてしまうことがあります。

例えば、

離職票を受け取っていない

源泉徴収票をもらっていない

退職金がもらえない

離職票がないということは、退職の証明書がないことと同じことになってしまいます。

また、源泉徴収票がないと、税金の還付が受けられなくなってしまいます。

離職票や源泉徴収票は会社側に発行する義務があります。

喧嘩が原因で職場を辞めてしまった場合、こういった手続きが疎かになってしまっている可能性があるので、しっかりと確認をしましょう。

そうでなければ次の転職先を探す際に負担がかかってしまいます。

転職を繰り返さないために反省点を見つける

前の職場で喧嘩をし、やむを得ず転職をすることになってしまったことは、前職場の責任でもあるでしょう。

しかし、少なからずはあなた側にも原因があるのかもしれません。

もし少しでもその原因があるのならば、今のうちに見つけて反省しなければなりません。

そうしないと次の転職先でも、もしかしたら喧嘩が原因で職場を手放すことになってしまうかもしれません。

原因をきちんと取り除かなければ、そういった可能性がありうるのです。

もう二度と同じ経験はしたくないと思っていることでしょう。

過去を振り返って、自分に悪い点はなかったか、考えてみましょう。

原因がわかったら、繰り返さないためにはどうしたらいいか、解決策を立てましょう。

原因を曖昧なままにしておくのではなく、きちんと解明することで、少しは気持ちよく次の転職先へと進めるでしょう。

まとめ

総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
公開求人数68000対応地域全国
非公開求人有りターゲット層エグゼクティブ層
強い業界IT/メーカー/金融年収UP実績9割

ここまで転職活動を始めるときに気をつけておきたいポイントを紹介してきました。

喧嘩が原因で職場を辞めてしまったことは仕方がありません。

その経験はきっと次の転職先に活かせるものになるはずです。

再発防止策を胸に留め、転職活動への一歩を踏み出してみてください。

あなたの新しい職場を見つけるための1つの手助けとなれれば幸いです。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

pagetop