転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > おすすめ転職サービス > マイナビエージェント > マイナビエージェント詳細

マイナビエージェントは評判悪い!?口コミ25件とサービス特徴を徹底解説!

このエントリーをはてなブックマークに追加
マイナビエージェントは評判悪い!?口コミ25件とサービス特徴を徹底解説!

「マイナビエージェントは評判悪いって聞いたんだけど…」
「マイナビエージェントって本当に使うべきサービスなのかな…」

転職エージェントを使う前に、まずは利用者の評判を見ておきたいですよね。

なかでもマイナビエージェントは大手マイナビが運営する、多くの支持を集めているサービスです。

そんなマイナビエージェントの良い評判では「担当者のサポートが手厚くて丁寧」「面接練習や添削を個別でやってくれて助かる!」との声が多く、悪い評判では「求人数は大手のなかで少なめ」「求人メールが多い」との声が見受けられました。

両者の評判を見る限りでは「大手にしては求人数が少めだが、サポート体制が好評のサービス」といえます。

全25件の口コミ・評判を見て、マイナビエージェントを本当に使うべきかを見ていきましょう!

マイナビエージェントの公式ページへ

マイナビエージェントの基本情報

ユーザー評価
(4.5)
公開求人数
約15,000件
非公開求人
約17,000件
対応地域
全国
設立
1973年
口コミ件数
25件
職種 営業/事務/企画/管理
業界 メーカー/サービス/IT/不動産/流通
ポイント 求人数が多い/コンテンツが豊富/知名度急上昇
マイナビエージェントの公式ページへ

マイナビエージェントの評判・口コミを紹介!【全25件】

まずはマイナビエージェントの評判全25件をご紹介。

Twitter・独自アンケートからの利用者の声を中心に、良い評判・悪い評判を詳しく見ていきましょう!

マイナビエージェントの良い評判(全16件)

マイナビエージェントのサービスに関して寄せられた良い評判は、まとめると以下のとおりです。全部で16件あります。

対応・サポートの良い評判

リクルートエージェントに比べれば二番手かもしれませんが、普通にどの他社エージェントにも遜色がなく使いやすくて、また面白い求人が多い印象でした。特に財閥系や商社系子会社の求人が多いです。各求人ページの中でも、特色や編集後記などがあって入社前に雰囲気を掴むのには重宝しました。エージェントの方も企業の内部に詳しそうで、いろいろ中の情報を教えてくれました。ただし6社に応募して3社しか書類選考通過せず、書類添削のサポートにもっと力を入れたほうがいいかもしれません。

(引用元ページ:独自アンケート)

4,5社程度のエージェントに登録しましたが、マイナビのサポートが一番よかったです。履歴書の最後のブラッシュアップもしてくれました。マイナビには「今の履歴書のまま応募できる求人」という項目があり、手間を省けました。普段の仕事が忙しいので、ありがたいです。他社エージェントの中にいる下手なキャリアコンサルタントと話していると、改めてマイナビエージェントを凄さを感じ取れます。

(引用元ページ:独自アンケート)

求人に関する良い評判

面接・面接対策に関する良い評判

メールに関する良い評判

その他の良い評判

営業からマーケターへの転職を希望していました。多数の転職サイトの中からマイナビを選んだ理由は、ずばりサイトの使いやすさでした。私の希望職種は求人数が多くどのサイトにもたくさんありましたので、操作性と相性で選びました。求人検索の精度は少し低いので★-1にしました。細かい仕事内容まで網羅していたので、転職サイトの中では良い方だと思います!結果としてマーケティング部にスムーズに転職できたのでGOODです。ありがとうございました。

(引用元ページ:独自アンケート)

マイナビエージェントの悪い評判(全9件)

次にマイナビエージェントの悪い評判も見ていきましょう。具体的には次の9件です。

対応・サポートに関する悪い評判

求人に関する悪い評判

2年ほど前に体調不良のため仕事を辞め、新たな職探し手段の一つとしてマイナビ転職を利用しました。検索機能がとても使いやすかったのですが、自分の住んで地域が地方だからか、なかなか満足できるような求人を見つけられず、この地域での職探しにはあまり向いてないのかという印象を持ちました。

(引用元ページ:独自アンケート)

前勤めていた会社が倒産し、再就職のために転職サイトのマイナビ転職を利用しました。気になったのは求人の少なさです。地元は人口60万人の中規模都市なんですが、検索しても企業は7社しか出てきません。他府県も合わせて検索するとそれなりの企業数になりますが、それは他の求人サイトも同様ですしここならではの!という感じがしませんでした。企業情報の詳細も記されておらず、自分で企業のホームページを見たほうが良くわかるぐらいだったので利用するのをすぐやめました。正直イマイチでした。

(引用元ページ:独自アンケート)

メールに関する良い評判

マイナビ転職は有名だからとりあえず登録して使っていました。他の転職サイトにも登録していて、メインで使っていたのはリクナビNEXTでサブとしてマイナビを使う感じでした。基本機能とか求人自体もリクナビとそんなに大差はないように感じましたが、スカウトメールが送られてくる企業は少し違ったので、メールチェックだけはしていた感じです。転職サイトもいっぱいあって、どれを登録して良いか迷いやすいですか、基本的に登録とか使用するのは無料なのでいろいろ使ってみた方がいいと思います。面白いスカウトメールも中にありますが、大量の迷惑メールを何とかしてほしい。

(引用元ページ:独自アンケート)

マイナビエージェントの悪い評判から分かるトラブル事例と対処法3つ

マイナビエージェントの悪い評判から分かるトラブル事例と対処法3つ

上記で紹介した悪い評判をもとに、想定されるトラブル事例と対処法を3つ解説していきます。

①転職活動には主体的に臨もう

いくらサポートを受けられるからといって、ずっと受け身姿勢でいるとさすがにエージェント側もサポートしたくなくなります。

転職において数か月間共にする関係ですし、スムーズに求人情報を受け取るためにも前のめりな姿勢が大切です。

自分自身でも情報を収集しつつ、本気で転職活動に臨みましょう!

②「仕事ありません」と言われたら条件を緩めよう

「仕事ありません」直接言われずとも、現状ではピッタリの求人がないなんてケースはよくあります。

この場合だと、希望条件を厳しく設定しすぎたケースが考えられます。

転職で譲れない部分を決めておいて、妥協する条件は徐々に緩めていくのがオススメです。

③求人数が少ないと感じたら他社サービスを併用しよう

この後でも触れますが、マイナビエージェントは大手サービスの中でも求人数が少なめです。

そのためお住まいの地域によっては希望する求人がなかなか見つからないなんてこともあります。

ですがマイナビエージェント以外にも優良なサービスが多数あるため、無理に固執する必要もありません。

以下サービスと併用してより納得のいく求人を探しましょう。

マイナビエージェントを使うメリットは?

マイナビエージェントを使うメリットは?

マイナビエージェントを使うメリットは以下の9つです!

  1. IT・通信系やメーカー求人に強い!
  2. キャリアアドバイザーが転職活動を全面サポート!
  3. 転職未経験にも優しい!
  4. 応募書類の添削で面接突破率アップ!
  5. 模擬面接で面接対策はバッチリ!
  6. 日本全国の支店の豊富なリソース!
  7. 職業紹介優良事業者認定マークあり!
  8. プライバシーマークで個人情報は安全!

①IT・通信系やメーカー求人に強い!

マイナビエージェント-業種別求人数

(引用元ページ:マイナビエージェント

マイナビエージェントではあらゆる職種業種の求人を掲載していますが、なかでも「IT・通信系メーカー系の求人に強い」です。

特に年収500~700万円の求人が多く、技術系のお仕事で高収入の実現もできます。

②キャリアアドバイザーが転職活動を全面サポート!

マイナビエージェントの転職エージェント

マイナビエージェントには優秀なキャリアアドバイザーが多数在籍しています。

一人ひとりが様々な業界に精通したメンバーで、マイナビの長く培ったノウハウをもとにお仕事紹介してくれます。

またキャリアアドバイザーだけではなく企業に営業する「リクルーティングアドバイザー」も在籍しています。

リクルーティングアドバイザーは各企業に足を運んで情報収集をし、企業側が求めているもの、社内の雰囲気などを徹底的にリサーチしているんです。

そうした生の情報をキャリアアドバイザーに共有し、求人紹介の際に詳細に教えてくれます。

企業情報をきめ細やかに教えてくれるため、入職後のミスマッチを防げるのも嬉しいポイントですね。

③転職未経験にも優しい!

マイナビエージェントは転職経験者の方だけでなく、転職が初めての方にも優しいサービスです。

未経験の方についても以降で紹介するサポートに加え、一人ひとりの考え方に基づいたお仕事を紹介してくれるんです。

上記で解決した通りに未経験者の方にも、アドバイザーが徹底フォローしてくれます。

また転職希望者の中には、「そもそも転職に迷っている」と考える方も多く見られます。

そんな方には「なぜそのお仕事を希望するか」など基本的なことから一緒に考えてくれるため、安心してサービスを利用できますよ。

④応募書類の添削で面接突破率アップ!

面接を突破するにあたって欠かせないのが、履歴書・職務経歴書などの応募書類です。

マイナビエージェントではこれら応募書類の添削も実施しており、無事に通過できるよう的確かつ客観的なアドバイスをしてくれます。

おひとりの転職だとなかなか応募書類のミスに気づきにくいものですが、その点もしっかりケアしてくれるため安心してくださいね。

⑤模擬面接で面接対策はバッチリ!

転職活動中で面接が苦手な方って結構いますよね。

「うまく自分のことで言えるか不安…」「間違ったことを言って落とされないかなあ…」とつい考えてしまうものです。

ですが安心してください。マイナビエージェントでは面接対策も徹底しており数多くの方が面接を切り抜けています。

具体的には「模擬面接」を実施しており、本番さながらの面接対策ができます。

その他にも受け答えの仕方、身だしなみのこと、話すスピードなどあらゆる角度からのアドバイスを受けられますよ。

⑥日本全国の支店の豊富なリソース!

マイナビエージェントは登録拠点も日本全国に多数構えています。

転職エージェントによっては、登録拠点が住まいから遠いこともありますが、マイナビエージェントは全国に展開している部分アクセスの両方ともポイントです。

転職活動についていつでも相談できる環境が整っているため、転職が初めてな方やお仕事にブランクがある方でも安心ですね。

⑦職業紹介優良事業者認定マークあり!

マイナビエージェント-職業紹介優良事業者認定マーク

マイナビエージェントは「職業紹介優良事業者認定マーク」を獲得しており、適切な職業紹介をしていることが証明されています。

このマークは厚生労働省が委託した機関での行動指針を遵守して、一定水準を満たした企業にのみ送られるものです。

計78の項目による基準を満たさないと貰えず、約50の企業でしか認定されていません。

必ずしもこのマークがあるから良いとは一概に言えませんが、より優良なサービスを選ぶうえでの一つの基準になりますね。

⑧プライバシーマークで個人情報は安全!

マイナビエージェント-プライバシーマーク

マイナビエージェントを運営する株式会社マイナビでは、プライバシーマークを取得しています。

このマークは個人情報の管理体制がしっかり行き届いてることを表すもので、一部の企業でしか取得できていません。

末端社員まで個人情報保護の教育が徹底されているため、ご自身の個人情報の漏洩や、前職の職場に転職活動がバレることもないため安心して利用できます。

マイナビエージェントを使うデメリットは?

マイナビエージェントを使うデメリットは?

サービスを使うにあたってメリットは重要ですが、デメリットも押さえるべきです。

デメリットな部分も受け入れられるかも加味して、本当に使うべきサービスと判断していきましょう!

具体的なデメリットは以下の通りです。

  1. 大手サービスのなかでは求人数が少なめ
  2. ベンチャー企業の求人に弱い
  3. ハイクラス・エグゼクティブ層の求人に弱い
  4. 担当アドバイザーの質には差がある
  5. 求人営業メールがしつこく感じるかもしれない

①大手サービスのなかでは求人数が少なめ

マイナビエージェントは約15,000件と求人数が豊富そうですが、大手サービスと比較すると実は比較的少ない部類になります。

求人数について他社サービスと比較すると以下の通りです。

マイナビエージェントと他サービスの求人数比較

もちろん求人数が全てありませんが、多いことに越したことありませんよね。

求人数の少なさが気になる場合は他社サービスとの併用もおすすめします。具体的には以下サービスとの併用勧めします。

②ベンチャー企業の求人に弱い

マイナビエージェントでは有名企業中心に多数の求人がありますが、ベンチャー企業の求人は少なく2020年10月9日現在で約170件程度ありません。

ベンチャー企業の求人をお探しの方は、マイナビエージェントに加え以下のサービスとの併用をお勧めします。

※クリックすると各サービスの評判記事に飛びます

③ハイクラス・エグゼクティブ層の求人に弱い

一般企業の求人は多数掲載されていますが、その中でハイクラスエグゼクティブ層の求人は少ないんです。

基本的には転職未経験者の方や20代向けに作られたサービスのため、ハイキャリアを実現したい方にはあまり向きません。

実際マイナビエージェントの登録者情報によれば、登録者の大半が25歳から35歳の登録者で全体の59%と半数以上を占めているんです。

また転職回数も「0~1回」と答えた方が最多。総じて「転職が初めての若年層」がマイナビエージェントのターゲット層となっているんです。

ハイクラス・ハイキャリアの求人をお探しの方は以下のサービスを使うのをお勧めします。

④担当アドバイザーの質には差がある

マイナビエージェントのアドバイザーに関しては「エージェントさんが丁寧で親身」「不安なことに親身に対応してくれる」など、対応に関して好評の声が多く挙がっているんです。

ただその反面「無理に転職を迫ることがある」「営業感のある対応だった」など不評の声が挙がっているのも事実。

どのサービスも良い部分はありますし、悪い部分だってあります。それは仕方のないことと思うしかないです。

人によっては熟練のベテランアドバイザーが担当になるかもしれませんし、初めて担当する人が相手になることだってあります。その辺はもはや運の話。

もしご自身が担当アドバイザーが気に入らない人だった場合は、遠慮なく他の人に代わってもらうよう頼むのも手ですよ。

⑤求人営業メールがしつこく感じるかもしれない

「マイナビエージェントから電話が頻繁にかかってくる」
「マイナビエージェントは退会後もメールがしつこい」

求人営業が積極的な部分があり、電話やメールをしつこいと感じる方も多いようです。良くも悪くも1人当たりの登録者が少なく、フォローが手厚くなていることが起因しているんですよね…。

「連絡しつこいわ!」と感じるならば「無視したいな…」と思うかもしれませんが、場合によっては重要な連絡もありますので完全無視はオススメできません。

連絡がしつこいと感じたときは次の3つの対策を実践してみてくださいね。

  1. 担当アドバイザーに依頼して減らしてもらう
  2. 担当者を他の人に変えてもらう
  3. 求人の希望条件を絞ってみる

この連絡のしつこさについては、電話ではなくメールに絞って対応してもらったり、担当アドバイザーを変えてもらったり、業種・地域・職種を絞り込んでみるなど工夫すれば解決できますよ。

マイナビエージェントの公式ページへ

マイナビエージェントを使って転職するまで【流れを解説】

マイナビエージェントを使って転職するまで【流れを解説】

ここではマイナビエージェント使って転職するまでの流れを一つ一つ解説していきます。具体的に以下の通りです。

  1. まずは無料の申し込み
  2. キャリアアドバイザーと面談
  3. お仕事の紹介を受ける
  4. 求人応募・応募書類の添削を受ける
  5. 面接準備・面接
  6. 内定獲得・お仕事スタート!

STEP①まずは無料の申し込み

マイナビエージェントを使って転職するには、まずは登録(無料)が必要です。

登録の際に必要事項(プロフィール、最終学歴、職務経歴、条件など)をフォームに記入すると、メールor電話で面談日程の連絡が来ます。

登録するとすぐに連絡が来るため、あらかじめご自身のスケジュールを押さえておきましょう。

STEP②キャリアアドバイザーと面談

お仕事を紹介してもらうにあたって、面談ではお仕事の希望条件、職務経歴、スキルなどを深掘りしていきます。

これまでのキャリアについてヒアリングしてもらうため、出来る限り詳しくキャリアの棚卸しをしておきましょう。

「そもそも転職しようか迷う…」「まだ希望職種が決まってない…」なんて方も安心してください。

転職自体に迷いがある方でも、まずは相談だけ乗ってもらうのも可能です。

また面談を実施するオフィスまでの向かうのが難しい場合でも安心してください。電話でも面談はできます。

STEP③お仕事の紹介を受ける

STEP②で希望条件や転職目的が明確になったら、マイナビエージェントで保有している求人情報を紹介してもらいます。

求人紹介の際は求人票に載ってないことも教えてくれます。

例えば社内の様子雰囲気、業界の成長性、面接突破の難易度、キャリアなども、事前に把握できます。

また転職エージェントによっては、無理やり転職を勧めたり急かしたりすることもありますが、マイナビエージェントでは起きませんのでその点も安心してください。

STEP④求人応募・応募書類の添削を受ける

複数紹介してもらった求人で気に入ったものが見つかったら、キャリアアドバイザーが応募手続きをしてくれます。

ここで応募に必要書類の添削もしてくれるため、より書類選考を突破しやすくなりますよ!

STEP⑤面接準備・面接

いよいよ緊張の面接の瞬間…ではありますが、面接が苦手な方向けには「模擬面接」をしてから臨めます。

応募する会社に合わせて対策を練ってくれるため、周到な準備のもと面接に臨めますよ!

なお面接が終わったら、企業からの評価ポイントをフィードバックとして教えてくれます。

転職活動では複数企業に面接してもらうこともザラなため、ありがたいサポートですね。

STEP⑥内定獲得・お仕事スタート!

無事にクリアして内定を獲得できたら、いよいよお仕事スタートです!

なおここで全てのサポートはおしまい…なんてことありませんので安心してください!

キャリアアドバイザーが内定獲得後のフォローも徹底的にしてくれるため、安心して入社できますよ。

具体的には初出社日のスケジューリング、給与を含めた条件調整などをやってくれます。

また退職挨拶・交渉、引き継ぎなど退職に必要なアドバイスもしてくれるため、入社・就業のことに集中できますね!

【結論】~マイナビエージェントは使うべき?~

今回はマイナビエージェントの評判、サービス詳細を中心に解説してきました。

人を選びにくいサービスとして、使い勝手の良い転職エージェントとお分かりいただけたと思います。

結論をいうと「マイナビエージェントはIT・メーカー系の求人を探している、転職初心者の方に特におすすめできるサービス」といえます。

理由は以下の通りです。

  • IT・メーカーの求人が全体の約67%を占める
  • 転職未経験者も優しくフォオーしてくれる
  • 応募書類の添削で面接を突破しやすい
  • 模擬面接で面接対策を徹底している

大手マイナビだからできる豊富なサポート体制のもとで、理想の転職を叶えましょう!

【補足】マイナビエージェントについてのよくある質問

マイナビエージェントについて寄せられた質問を、3つほどご紹介していきます。

①マイナビエージェントで転職活動していることはばれる?

転職活動が会社にばれると、裏切り者扱いされるのではないか、在職期間が気まずい…と思うかもしれません。

できることなら、なるべくばれないように転職したいですよね。

ですが絶対バレないなんてことはなく、ご自身の扱い方法によるところが大きいです。

氏名や勤務先名など登録した内容は基本的に公開されませんが、提出書類の中の志望動機自己PR欄に具体的な会社名を記載すれば、バレて一悶着起こる可能性があります。

会社名のみならず、携わったサービス名や取り扱いに関わった商品などの具体名を出すと、バレる確率は上がるため注意しましょう。

なおマイナビエージェントを運営する株式会社マイナビでは、プライバシーマークを取得しているため個人情報の管理体制を徹底されています。

当然意図的に漏らすことなんてないため、その点では安心して利用できます。

②マイナビエージェントの退会方法を知りたいです

マイナビエージェントの退会方法は、キャリアアドバイザーとの面談があったかないかで変わってきます。

面談をした場合の退会方法

過去にキャリアアドバイザーと面談をしたことがある場合は、担当のキャリアアドバイザーに退会の旨を伝えましょう。

現在の書類選考の状況、応募手続きの進捗などを精査し、キャリアアドバイザーから連絡が来ます。

面談をしていない場合の退会方法

過去にアドバイザーとの面談がない場合は、以下アドレスに必要事項を記入して送信をしましょう。

<アドレス>
privacy-info@mynavi.jp

<必要事項>

1.ご登録氏名(必須):
2.生年月日(必須):
3.ご登録メールアドレス(必須):
4.ご登録電話番号(必須):

5.退会・削除理由(下記より選択してください)
a) 転職先が決まったため(人材紹介会社経由 or 自己応募)
b) 転職活動をとりやめたため
c) 有益なサービスが受けられなかったため
d) 誤って登録をしてしまったため
※今後のサービス向上のため、ご登録頂いた際のサイト名称やURLについてお知らせください

6.退会のみ希望/登録情報の削除を希望
※どちらかを選択してください

(引用元ページ:マイナビエージェント

③マイナビエージェントに利用断られたらどうする?

まずどの転職エージェントでも「求人紹介をお断りします」と利用を断られるケースがあります。

その主な理由は以下の通りです。今一度、該当しているものがないか確認してみてください。

  • 利用者層との年齢がかけ離れすぎている
  • 特殊な経歴を持っている
  • これまでの職歴がない
  • 転職回数が多すぎる

まずマイナビエージェントの利用者層は主に「20代」な点に注意しましょう。

基本的に若年層向けの求人が多いため、40代や50代など年齢が高い方に向けた求人は少ないんです。

加えてここでの特殊な経歴とは自営業、芸能人、自衛隊などの職業のことを指します。

④マイナビエージェントにログインできないのですが…

「会員ページを開きたくてもログインできない…」
「パスワード思い出せない…」

なんて事態になり、一向にログインできないなんて方も多いです。

ですが原因の多くは入力者自身なことが多く、原因は大きく以下の4つに分けられます。

<マイナビエージェントにログインできないときの原因>

  • 記号・数字・文字を混同している
  • 類似サービスにログインしようとしている
  • 専任アドバイザーとの面談を実施していない
  • 2016年5月9日より前のIDを使っている

(引用元ページ:転職キャリアガイド

上記で一つでも思い当たる節がある場合は、こちらの記事より解決策を見つけてみてくださいね。

マイナビエージェントの公式ページへ

マイナビエージェントの会社概要

サービス名 マイナビエージェント
運営会社名 株式会社マイナビ
本社所在地 東京都千代田区一ツ橋一丁目1番1号
資本金 21億210万円
事業内容
  • 新聞の発行及び出版事業
  • 就職情報誌の提供、求人・採用活動に関するコンサルティング
  • 宣伝、広告、PR業
  • 労働者派遣事業、有料職業紹介事業
  • 人材育成、企業経営のコンサルティング、教育・研修業務
  • セミナー・講演会・講習会等催事の企画・立案・実施
  • 進学に関する情報の提供、生徒・学生の募集に関するコンサルティング
  • 各種検定試験の運営および運営の請負
  • 許認可
  • 厚生労働大臣許可番号 有料職業紹介事業 (13-ユ-080554)
  • 東京都知事登録旅行業第 2-6519 号
  • マイナビエージェントの関連記事

    2017.08.30
    マイナビは大手企業が運営しており評判も良さげですが、いざ登録しようとすると困る人もいます。細かい部分は公式の説明を見ても分からないですよね。転職キャリアガイドのこのページでは、「こうすればこうなる」と至ってシンプルにわかりやすく説明します。
    pagetop