転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > おすすめ転職サービス > ビズリーチ > ビズリーチ詳細

『ビズリーチ』の求人特徴・サービス評判まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビズリーチのトップページ画像

ビズリーチを運営しているのは2007年に設立された、従業員数200人近くに急成長している株式会社ビズリーチです。グローバル・管理職に特化したヘッドハンティング型の転職サイトというコンセプトを打ち出しており、少なくとも額面総額年収750万円以上あるハイエンド層向けのサービスとなっています。1300人以上のヘッドハンターや人事担当者から、直接指名を受けることができることが最大の特徴です。

ビズリーチ側による厳格な審査を通過したヘッドハンターのみがサイトを利用でき、ヘッドハンターの実績や評判が全部公開されているので、優秀なヘッドハンターに出会える確率が圧倒的に高いです。

会員登録すれば無料で求人情報を閲覧したりスカウトを確認したりすることができますが、最大限に活用するためには月額2980円~4980円の料金がかかります(一部の転職サービスが有料です)。

ビズリーチの公式ページへ

ビズリーチの基本情報

ユーザー評価
評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星 (3.3)
公開求人数
68000
非公開求人
有り
対応地域
全国
設立
2009年4月
口コミ件数
4件
職種 営業/エンジニア/管理
業界 IT/メーカー/金融
ポイント 高年収/好条件/優良ヘッドハンター多数

ビズリーチは高所得者向けの転職支援サービスのため、力を入れている求人も管理職、各領域の専門職、グローバル職に集中しています。

他社転職エージェントに少ない金融系、コンサル系の求人もたくさん保有。年収1000万円以上の求人やトップクラスの外資系求人にぜひチャレンジしてみてください。

登録と利用は完全無料です。スマートフォンからの登録はこちらのQRコードからどうぞ!
ビズリーチ
ビズリーチの公式ページへ

ビズリーチの口コミ

ysさん(男/41歳)
2018/10/01 総合評判  評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
レアスキルの場合は判断が難しい
他にないスキルを持っている場合、エージェントがそれに合った求人を探してきてくれるわけではないため、なかなかマッチしない。 また、無料で様子を見ようとしてもスカウトからのメールの中身すら見えない。 …
匿名さん(女/36歳)
2017/07/30 総合評判  評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星

他の転職サイトの求人案件に満足できず、高給与求人をネットでチェックしているときにビズリーチを見つけました。 私の場合、転職先に求める唯一の条件は年収アップでした。他の転職サイトでは一つひとりの経歴を…

ビズリーチの職種別に見る求人の特徴

ビズリーチでは68,000件もの求人が公開され、全職種に対応しています。ハイキャリア向けの求人など他社にはない求人も多いため、応募はもちろん情報収集の意味でも非常に役に立つと言えるでしょう。

ビズリーチ

ビズリーチの求人を職種別に見ると以下のような特徴があります。

  • 求人は全職種のバランスが良い
  • IT関連の職種が圧倒的に目立つ
  • 営業・事務系の職種も比較的に多い
  • 他社では少ない金融・メディカル系専門職の求人が豊富

求人職種のバランスが良い

ビズリーチの求人数を職種別で見ると、全体的に職種に偏りがなく、非常にバランスが良いという特徴に気づくはずです。

職種間に求人数の差が多少ありますが、全体の数が非常に多いのでどの職種でも満足のいく情報量を提供できます。

他社では求人数が極端に少ない職種でもビズリーチで検索すればそこそこ出てくるので、全体的にバランスが良いと言えます。

IT関連の職種が圧倒的に目立つ

ビズリーチの求人の中で最も多い職種と言えば、IT・インターネットというカテゴリにある職種です。求人総数はおよそ13,000件あり、求人全体の2割を占めています。

より細かい職種としては、プログラマ、システムエンジニア、インフラエンジニア、社内SE、Webプロデューサー・ディレクター・デザイナーなどがあります。

情報化が進行していく中で、それに伴い関連職種の求人数も今後ますます増えていく傾向にあります。

IT系の職種は専門性が高く、知識やマネジメント力も求められるので、企業が求める人物像が高くなっています。とはいえ、求人数そのものは非常に多いため未経験歓迎の求人も多くあり、ハイキャリア、未経験に関わらずチャンスが多い職種だと言えます。

他社と同じく営業・事務関連の職種も多い

営業職や事務(オフィス)系職種は、どの転職サイトでも多い傾向にあり、ビズリーチでも例外ではありません。

営業と管理というカテゴリーに分類されており、それぞれおよそ5000件と4000件前後の求人があります。

具体的に営業の職種は、営業・企画営業、代理店営業・渉外、営業支援、海外営業などがあります。管理職は、経理・財務、内部監査、総務、法務、物流、購買などがあります。

この分野の職種は、一般的にどの企業でも必要とする職種になるため、ボリュームが多いです。さらにビズリーチはハイクラス求人に特化した転職サイトなので、他社よりポジションや年収が高い営業・管理系職種の求人に出会える確率が非常に高いです。

他社では求人が少ない金融やメディカル分野の職種も豊富

金融・メディカル系の職種は専門性の高さゆえに求人が少ない傾向にありますが、ビズリーチではその数が豊富です。

金融はおよそ3,000件もの求人があり、ディーラー・トレーラー、アクチュアリーなど高度な知識が要求される職種が多いです。メディカルも約1500件の求人があり、研究・臨床開発、薬剤師、MRなどの職種は高度な知識と技術が求められます。どちらの職種も専門性が高く他の転職サイトで掲載されるケースが少なく、ハイエンド層向けのビズリーチに集中する傾向にあります。

ビズリーチの業界別に見る求人の特徴

続いてビズリーチにある求人を業界別に紹介していきます。職種と同じく業界もすべてに対応しているため、希望業界を問わずに利用できるのがメリットです。

ビズリーチ

業界別に見ると以下の特徴があります。

IT業界が断トツに多い

ビズリーチの求人の中で、IT・インターネット業界が約13,000件もあり、断トツに多いです。

中ではインターネットサービス・Sler・ソフトウェア・ハードウェアなどの業種が人気です。特にインターネットサービスの業界が半分以上を占めています。

急成長している業界のため需給バランスが取れておらず、求人数が多い割にはマッチする人材が追いついていないのが現状です。求職者にすれば有利な売り手市場が続いているとも言えるでしょう。

メーカーの求人数も目立つ

メーカー全体の求人数はITに続いて二番目に多く、およそ7,000件もあります。

具体的な業種は、電気・半導体・自動車・化学素材・機械・精密機器・化粧品などあらゆる分野にわたります。中でも特に電子・自動車・機械・精密機器といった分野の求人が目立ちます。

ものづくり業界は2020年に行われる東京オリンピックの影響で需要が旺盛だと言われていますが、限定された期間だけでなく、今後もニーズが高まり続けていく業界です。

求人割合が少ない業界

逆にビズリーチで求人の割合が少ないのは、インフラとその他に分類される業界です。この2業界に関しては求人数が常に三桁台です。

もっと具体的な業種で言えば、インフラの中に電気水道ガス・エネルギーといった業種があります。その他は公務員や教育、官公庁などがあります。

上記のような業界に限って言えば、求人が少ないことはごく普通の状況で、ビズリーチでも他社サイトでも割合的には少ないです。

ただし、それでもビズリーチが抱える求人の絶対数は他社と比べ多いと言えます。それこそハイクラス求人に特化したサイトの強みです。

ビズリーチはこんな方におすすめ!

ビズリーチの魅力は、ターゲットユーザーをはっきり絞っていることです。ビズリーチは現在の年収が750万円以上ある方、管理職経験者もしくは専門性の高いスキルを持つ方、中長期を見据えた転職を検討している方にとって非常に魅力的だと言えます。

ビズリーチのようなヘッドハンティング型の転職サービスは登録してスカウトを待つのが主な使い方で、転職市場価値が低ければプレミアム登録しても何も起こらない可能性が十分にあります。

ここだけ読むとデメリットにも聞こえますが、逆に転職市場価値が高い方へは役職や年収などグレードの高い求人のスカウトがバンバン届きます。情報過多の中で全部やり取りすると疲れるので、マッチング度が高い求人のスカウドだけが届き、その中から魅力的なものだけ反応すればよいという二段階のフィルターをかけられるのは非常に助かります。

中長期的に転職を検討しているハイエンド層にとって魅力的に見えるサービスと言えるでしょう。

一方ですぐに転職したい方は、ビズリーチでの転職はスピード面で劣るので、迅速な対応に定評あるハイキャリア転職に強い『JACリクルートメント』も並行して活用してみてください。

ビズリーチを利用して内定獲得までのフロー

ビズリーチを利用した転職活動の流れ、内定までのフローを、企業と直接やり取りする場合とヘッドハンティングサービスを利用する場合に分けて説明します。それぞれの流れを把握して、自分に合った探し方で活用すると良いでしょう。

ビズリーチの仕組み

企業と直接やりとりする場合


①会員登録。無料で登録した後、職務経歴書にこれまでの経歴を入力し、登録内容の審査が完了するとサービスを利用できるようになります。

②企業から届いたスカウトに返信。空いたポジションがすぐ埋まるので、スカウト内容を確認し早めに返信することをおすすめします。
もしくは
企業が掲載している求人を検索。求人検索ページで行えます。「企業」というラベルがついている求人は企業自ら掲載しているものだと分かります。
もしくは
求人案内メールから応募する。企業の求人条件と求職者の職務経歴がマッチするとメールが届く場合があります。

③企業との面接。

④内定。内定通知書に記載れている条件をよく読み、不明点があったら企業に問い合わせてください。

⑤内定承諾。内定承諾後、ビズリーチを利用して転職が決まった方はお祝いを受け取ることができます。

ヘッドハンティングサービスを利用する場合

①会員登録。無料で登録した後、職務経歴書にこれまでの経歴を入力し、登録内容の審査が完了するとサービスを利用できるようになります。

②ヘッドハンターから届いたスカウトに返信。気になる案件を持つヘッドハンターには早めに連絡することをおすすめします。秘匿性が高く詳細をスカウトに記載できない案件もあります。
もしくは
ヘッドハンターを検索。ヘッドハンター検索ページから探せます。その際、ヘッドハンターの評価を総合的に可視化したビズリーチスコアも参考にしてください。
もしくは
ヘッドハンターが掲載している求人を検索。求人検索ページで検索すると、ハンターのラベルがついた求人が出てきます。それらはヘッドハンターが保有している求人です。

③ヘッドハンターに会う。これまでの経歴や希望の条件をヘッドハンターに伝えると、よりマッチの精度が高い求人や、スカウトにも記載できないほど秘匿性の高い非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。そのほか、職務経歴書の書き方や面接対策などテクニック的なサポートも受けられます。

④企業との面接。ヘッドハンターに面接日程を調整してもらい、企業による選考を受けます。

⑤内定。内定通知書に記載れている条件をよく読み、不明点があったら企業に問い合わせてください。また、ヘッドハンターは年収などのデリケートな交渉や入社日の調整などを代わりに行ってくれます。

⑥内定承諾。内定承諾後、ビズリーチを利用して転職が決まった方はお祝いを受け取ることができます。
ビズリーチの本社はどこにあるの?

渋谷駅のすぐ近くにある渋谷クロスタワーです。詳しい場所はこちらのGoogleマップをご確認ください。

ビズリーチの公式ページへ

ビズリーチの3つのおすすめポイント

ビズリーチは業界初の有料転職エージェントとして有名ですが、無料会員でも他社と同様な機能が使える上、課金すればさらに高度な使い方ができます。無理して課金する必要がないので、初心者にもおすすめです。

ビズリーチのサービスについては、他社の転職サービスにない三つのおすすめポイントがあります。

おすすめポイント①好条件のヘッドハンティングを受け身で待つことができる

「今すぐに転職をする気はない...」という方こそビズリーチのサービスにぴったりかもしれません。

なぜなら、ビズリーチを使えば企業の採用担当とヘッドハンターから受け身でアプローチを受けることができるからです。

すぐ転職活動を始めなくても、とりあえずビズリーチに登録しておき、気長に待つことが大切です。職務経歴書も一気に書く必要がなく、ゆっくりと更新していくことができます。

その際、思いきっりハイレベルの希望条件を書いて登録しておくことをおすすめします。

「いきなり現場の技術主任が辞めてしまった...給料は通常の1.5倍払うからすぐ代わりの人が欲しい」というような通常よりはるかに報酬が高い急募の案件のスカウトが狙える可能性があるので、長いスパンで転職したい人にとって非常に都合がいいです。

スカウトを受けるためには、登録時に希望業界や条件を書いておく必要があります。そうすると適合案件が企業の人事やヘッドハンターから送られてきます。

おすすめポイント②豊富なハイキャリア案件があるデータベースから検索・応募できる

ビズリーチの求人データベースは通常の転職エージェントのような検索機能ももちろん使えますが、ハイキャリア案件のみ掲載されるように設定することができます。2017年7月時点で「年収1000万以上」で検索すると約28,000件の案件があります。

その場合、通常の転職エージェントと違いポジションが指定された案件がほとんどで、掲載期間も短いです。いつ募集終了になるか分からないので、気になるものがあればすぐに連絡するようにしましょう。

おすすめポイント③自分の市場価値がわかる

各コンサルタントや人事からのスカウトを気長に待つのが基本ですが、転職市場に価値が低いと判断される場合、登録してもスカウトがあまり届かない時があります。

無料会員でも応募できるプラチナスカウトメールで、ヘッドハンターから面談希望のメールが来るのであれば、少なくとも職務経歴書を見る限り、市場価値があると判断して良いでしょう。

このように、ヘッドハンティング型の転職サイトを使えば、なんとなく自分の市場価値が分かってきます。それだけが目的でビズリーチに登録する方もいるほど、大きなメリットだと言えます。

ビズリーチの良い評判と悪い評判をピックアップ

ビズリーチの評判は、「スカウトメール」と「有料サービスならではのマッチング力」という2点に集中していました。

前者はヘッドハンティング型転職サービスの特徴なので当然と言えますが、後者は業界唯一の有料転職サービスのお話なので要チェックです。

ビズリーチの良い評判

機械メーカー・男性・34歳・年収600万台
総合評価:★★★★☆

ビズリーチを利用してみて一番感じたことは、企業人事からのスカウトメールの内容でした。 転職活動をはじめたときに、まず転職サイト3つを登録してみました。直近の職場でも役職についていたことから、職務経歴の情報を入れるとスカウトメールが大量に届くのですが、内容は不特定多数の求職者に送っていそうな会社紹介の文面ばかり。

しかしビズリーチからスカウトメールは、企業の採用担当者が自分の過去の経歴を熟読した上で、自分にあったポジションを提示してくれるような文章でした。採用担当者の仕事に対する真剣さを感じることができ、すぐ反応しました。もともと希望していたエリアマネージャー職での転職ができました。

金融系コンサルタント・女性・37歳・年収710万
総合評価:★★★☆☆

他の転職サイトの求人案件に満足できず、高給与求人をネットでチェックしているときにビズリーチを見つけました。 私の場合、転職先に求める唯一の条件は年収アップでした。他の転職サイトでは一つひとりの経歴を見て、それに合わせて給料アップができる求人を紹介してくれなかったため、高年収者限定の会員制転職サイトというキーワードに惹かれビズリーチに登録しました。

有料サービスだったため不安でしたが、他の転職サイトには掲載されていないようなハイレベルな求人内容がたくさんあって驚きました。おかげさまで管理職待遇で年収アップできる職場が見つかり満足しています。

ビズリーチの悪い評判

法人営業・男性・29歳・年収650万
総合評価:★★☆☆☆

登録しても紹介案件数もあまり多くなく、恐らく利用している企業がベンチャー中心であることも影響していて質も謳っているほど良くはありません。何より主としてシステムを介してのマッチングであるため、コンサルタントの質どうこう以前に、コンサルタントと接する機会もあまりなく、正直いうと特に力を入れてサポートしていただいているような実感がありませんでしたね。なので、どうしてもあまり良いサービスであるとは思えません。

公務員・男性・38歳・年収730万
総合評価:★★★☆☆

もともと特殊な職種のため、求人が少ないのは覚悟していましたが、まずコンサルタントの対応が冷たく、応募する前からはっきりと難しいことを言われました。分かっていたことですが、改めてはっきり言われるとやはりショックを受けるものです。

マーケティング・女性・34歳・年収660万
総合評価:★★☆☆☆

ビズリーチに登録した直後に大量のスカウトメールが届きましたが、どれもあまり魅力を感じなかったのと、募集する人の条件のハードルが高く感じたため、使うことを諦めました。 使わなくなってもどんどんメールだけ届くので、メールアカウントを捨てるしかないなと思って少し困っています。

ビズリーチを他社と比較

ビズリーチというやや特殊な転職サービスを他社と比べるとどんな長所や短所があるのでしょうか。良いポイントと悪いポイントを押さえておきましょう。

他社と比較して良い点

  • 厳正な審査基準をクリアした企業やヘッドハンターだけスカウトできる
  • 採用コストは一律でハイクラス層にしては安いため採用ハードルが上がりにくい
  • 有料会員にアップグレードすると可能性を最大化できる

他社と比較して悪い点

  • 審査基準に満たない求職者は利用できない
  • 急ぎの転職には不向き
  • 情報収集はヘッドハンターに頼りすぎになりがち

ヘッドハンター依存にならないために

非公開求人など秘匿性が高い求人が多いため、どうしても情報源がヘッドハンターのみになってしまいがちですが、内部情報を知ることができる転職情報サービスを活用して把握しましょう。

一流のヘッドハンターしかいないと言われるビズリーチでも、売上がかかっているので不都合な真実を伝えてくれない場合もあります。そんな時、ネット上にある有料もしくは無料の社員による会社評価サービスがおすすめです。

こういった社員が書き込んでいるサイトを活用すれば、キャリアコンサルタントがあまり伝えたくない真実を知ることができます。

まとめ

  • 年収750万円以上のハイエンド層に限定した転職サービス
  • 好条件のヘッドハンティングを受け身で待つことができる
  • 豊富なハイキャリア案件があるデータベースから検索・応募できる
  • 自分の市場価値がわかる
  • 厳正な審査基準をクリアした企業やヘッドハンターだけスカウトできる
  • 有料会員にアップグレードすると最大限に活用できる

ビズリーチはハイキャリア案件だけを狙いたいという方にはおすすめです。

しかし、過去の経歴に自信があまりないなら、よりターゲット層が広い総合型転職エージェントが適しているかもしれません。

あなたが最高の職業を手に入れることを、陰ながら祈っております。

追記:ビズリーチのNews&最新情報

即戦力人材と企業をつなぐ転職サイト「ビズリーチ」は、登録会員数が2017年10月に100万人を突破したそうです。

ビズリーチ
引用元:即戦力人材と企業をつなぐ転職サイト「ビズリーチ」 登録会員数が100万人を突破

ビズリーチの新CM公開中:「即戦力採用ならビズリーチ~こころの声篇~」

ビズリーチの公式ページへ

ビズリーチの会社概要

サービス名 ビズリーチ
運営会社名 株式会社ビズリーチ
本社所在地 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-15-1
資本金 41億円(資本準備金を含む)
事業内容 インターネットを活用したサービス事業
許認可 13-ユ-302647

ビズリーチの関連記事

2017.09.22
高年収求人と一流ヘッドハンターが売りのビズリーチ、ぶっちゃけ他の転職サイトとどう違う?このページでは、ビズリーチのサービス特徴と実際に利用した人から寄せられた口コミをご紹介します。
pagetop