転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 業界職種別の重要知識 > 本当はタダで教えたくないホワイト・ブラック業界まとめ

本当はタダで教えたくないホワイト・ブラック業界まとめ

🕒 2019/03/06
このエントリーをはてなブックマークに追加
本当はただで教えたくないホワイト業界まとめ

突然ですが、あなたは転職するならどのような業界がいいと思いますか

あまり詳しく考えたことがないという人も、転職するなら今よりも条件の良い会社が良いですよね。

ほとんどの人が、どうせ働くならホワイトな業界で働きたいと考えるのではないでしょうか。

しかし、ブラック業界ならテレビなどのニュースでもよく問題になっているためよく知られていると思いますが、ホワイトな業界は比較的イメージがしにくいかもしれません。

ホワイト業界の特徴は、負担の少ない仕事で高い収入を得ることができ、離職率が低いことです、

このページでは、転職を考えるならぜひ目指したいホワイトな業界の例を解説していきます

ホワイト業界の定義|自分の職場はホワイトなのか確認しよう

企業によって雲泥の差があるかもしれませんが、ある業界は働きやすいホワイト業界かどうかを判断する時に、まず下記3つの数字を見るべきです

  • 平均年収
  • 定着率
  • 有給取得率

この3つの平均数値が高ければ高いほど、ホワイト業界だと言えます

そして次に判断するコツは、「新規参入が難しい業界かどうか」です。

理由は簡単で、競合他社が多いと営業のノルマがきつくなるし、技術者にも高い基準を求めるようになります。競争で生き残るために、最小のコストで最大のパフォーマンスを出すことが求められ、残業や休日出勤が増え人件費が減らされるケースがしばしば起きてしまいます。

逆に高い専門性や資本力が必要な参入障壁が高い業界は、そこまでしなくても収益を挙げられるので、ホワイト企業が多いです。

さらに国の機関と強い繋がりを持つと、もっと安定に期待できます。インフラやエネルギーは国の根幹を担う産業で、2,3社による寡占市場のケースがほとんどです。これらの基幹産業に属する企業は経営状況が悪化しても国が後押ししてくれるので、比較的に安泰です。

<

新規参入が難しく、国と強い繋がりを持つに加え、高い生産性や利益率を維持できると、ホワイト業界に間違いありません。

ホワイト業界に転職できれば、倒産のリスクが低く安定的で、給料も高くていい事づくしです。

それではどんな業界がホワイトなのか、典型的な例を見ていきましょう。

ホワイト業界一覧|理系の就職先に多い

インフラ業界

転職先としてぜひ目指したいホワイト業界一つ目は、インフラ業界です。

インフラの仕事ではガスや水道や通信など、社会基盤を扱っています。

これらの仕事は景気の良し悪しに関わらず常に必要とされます。

そのため需要が非常に安定しており人材も多く給与も高くなっています。

もともと国営であったところが多いことから年功序列制度が残っており、歳に応じてしっかり昇給がなされます。

主なインフラ企業を具体的に挙げてみると、NTT、JR、東京電力などです。

どれも皆さんよくご存知の会社ですよね。

このように企業の知名度が非常に高いことから、もし社員の取り扱いが悪いと大きな問題になってしまいます。

そのため子会社も含めて勤務体系や福利厚生が整っているところが多いのです。

インフラ企業に転職すれば、ほとんどの企業で定時に帰宅できることができて、残業となった場合にも手当がしっかり出ます。

これほど好条件が揃っていれば、転職先としては理想的であるといえますね。

ただ、これだけホワイトで安定していますから、やはり倍率は高くなっているようです。

本社に転職するのは狭き門かもしれませんが、子会社ならば入るチャンスがあるかもしれません。

メーカー業界

ものづくりに興味がある人がホワイト業界への転職を目指すなら、メーカーはいかがでしょうか。

製造といっても作るものによって色々ありますが、全体的にホワイト企業が多いと言われています。

化学系のメーカーは給与も有休取得率非常に高く、業界平均年収はおよそ614万円です。

メーカーでも営業の仕事であれば文系人材も活躍できます。

一般的には営業職の仕事は泥臭い、大変という印象があると思いますが、化学メーカーの営業はホワイトと言われています。

化学メーカーの多くはBtoB企業です。つまり、企業間同士での取引が中心になっているということです。

BtoBの営業はノルマが低くストレスも少ないことからホワイトであるという声が、実際の経験者からも多くあがっています。

文系人材もメーカーのホワイトな仕事への転職を狙うことができるということですね。

輸送用機器メーカーなども有休取得率が高いホワイト業界であることが知られています。

例えばトヨタ自動車の有給取得率は96.7%もあるのです。

驚きの高水準ですね。

また、輸送用機器メーカーの業界平均年収はおよそ580万円ほどです。

食品メーカーも大手であればかなりのホワイト企業ですが、倍率が高いようです。

食品メーカーは、女性の従業員数が多いため、転職を考えている女性は検討してみてはいかがでしょうか。

航空・海運業界

航空・海運業界は、転職を目指したいホワイト業界としてしばしば挙げられるもののひとつです。

JALやANAなど大手企業がすでに国内シェアの大半を占めているため、競合会社が少ないことが特徴的です。

航空や海運のサービスを行なうには国の認可が必要なので、一般的な企業が新しく参入するのは難しいため、このように大手による寡占市場となっています。

また、空輸に必要なジェット機や海運に必要な大型船などが高価であることからも、他の会社が容易に介入してくることは難しいのです。

一定の需要があり、収益も安定しているため、これから転職を目指す人にとっては安心できる環境です。

女性が多く働いている業界であることもあって、育児休業などの各種制度が整っているのも利点のひとつです。

子供が生まれた後も長く安定して働きたいという女性にとっても、転職先としては魅力的です。

退職金制度も充実していて、大卒の社員の場合で平均しておよそ3,000~4,000万円もの退職金を受け取れるようです。

航空の人気が特に高いため、転職するのであれば海運が比較的狙い目であるといえるでしょう。

また、大手航空会社の他にも地方空港職員もホワイトであるとよく言われています。

運行本数の少ない地方空港であれば、比較的少ない仕事で、高い給与を得ることができるためです。

ブラック業界の定義|労働者を苦しめる業界の特徴

ブラック業界は労働環境が他の業界と比べて劣悪な傾向にある業界を指し、2種類に分類することができます。

  • 利益率が低く、労働者の待遇を泣く泣く下げている業界
  • 経営者の報酬を上げるため、意図的に労働者の待遇を下げている業界

1つ目の業界は企業・業界に悪意はなく、労働者目線だとブラックな印象を抱いてしまう業界です。一方、2つ目は業界側が自分たちの利益しか考えず、ブラックという自覚がありながら経営を続けています。

そして2つ目の業界には決定的な特徴が存在します。以下で紹介する特徴に1つでも当てはまった場合、今すぐ転職を始めることをおすすめします。

法律を無視した労働時間

悪質なブラック業界の最大の特徴が、法定基準を超える労働時間です。

日本では労働時間が8時間/日、40時間/週を超えてはいけないと法律で定められています。そして従業員との締結があった場合に限り残業時間が15時間/週、45時間/月を超えるまでは企業は労働者に働いてもらうことができます。

もし、この基準を超えて労働をしている場合、ブラック業界で不当に働かせられている可能性があります。自分の職場にそういった疑いがある場合は、労働基準監督署といった第三者の視点で一度判断してもらいましょう。

パワフルハラスメントの横行

会社の上司に叱責される経験は多くの人にあると思いますが、ブラック業界ではそれを超えるパワハラが横行しています。そしてパワハラを受ける労働者の多くはその自覚がなく、企業の言いなりになってしまっています。

  • 身体的攻撃:殴る、蹴るなどの暴力
  • 精神的攻撃:プレッシャーをかける、辱めを受けさせる
  • コミュニティからの阻害:仲間外れにする、情報を教えてもらえない
  • 過度な要求:その人の許容量を超える仕事をさせる
  • 過小な要求:本来の業務とは違う簡単な作業をさせる
  • プライベートの侵害:家庭環境や境遇を非難する、普段の行動を詮索する

上記は厚生労働省によって定められている、パワハラの種類です。1つでも当てはまる方は無理して出勤せず、第三者に相談しましょう。

ブラック業界一覧|文系の方は要注意!

ブラック業界は文系の就職先に多く存在します。ここでは一般的にブラック業界といわれている4つの業界を紹介します。

注意してもらいたいのは、必ずしもこの業界の企業がブラックだとは限りません。中にはホワイトな労働環境の企業もあるということを念頭に見ていってください。

小売業界

小売業界の中でもコンビニ・アパレル業界は従業員の労働環境が悪いことで有名です。これら2つの業界は利用ユーザーに向けたサービスに手いっぱいで、社員への負担が大きくなっています。

一番の問題が業務量と給与を比較した際全く割に合わない点です。事務作業と並行して所属店舗でお客様対応をしなければならず、営業終了後の夜遅くに残った作業をすると1日の労働時間は毎回10時間を超えることが多いです。

その業務量に対してもらえる給料は、同じ職場で働くバイトやパートとほとんど変わらないのが現状です。また、休日も営業している店舗がほとんどのため、プライベートの時間も作ることができません。

コンビニ・アパレル業界は大手企業だとしてもブラックであるという認識を持ち、就職・転職の際には慎重に判断することをおすすめします。

飲食業界

小売とは違い飲食業界は全体的にブラックな業界です。休日が少なく利益率も低いため、従業員の待遇は低いケースがほとんどです。

未経験やスキルがなくても社員になれるという強みはありますが、労働時間の長さ、給与の少なさは他のブラック業界と比較しても圧倒的です。

個人経営や大手どの企業規模でも、離職した人の口コミを確認してから応募しましょう。

IT業界

比較的最近ブラック業界として認知されるようになったのがIT業界です。近年台頭してきた業界のため、労働環境が整備されてない企業が多いです。

給与に関しては平均より高く労働者からの不満も少ないですが、そのメリットを覆してしまうのが労働時間の長さです。法定基準を破り労働を強いられ、中には会社に泊まり込みで仕事をした経験がある方も少なくありません。

また、年功序列ではなく実力ベースで給与や昇格を決める企業が多く、スキルがない方は年齢を重ねて昇給を期待しても満足いく結果は得られません。

ホワイト業界に転職する方法

本当はタダで教えたくないホワイト・ブラック業界まとめ

ホワイト業界に転職できるに越したことはありません、実際問題として、条件の良い会社ほど普通に転職サイトで応募してきた人の採用率が低いです。

そもそも人気の業界は競争率が高く狭き門と言われる中、特別な工夫をしておかないとかなり厳しいです。

大手のホワイト企業は新卒を1から育てる文化が浸透しており、そうでなくてもスキルや経験を積んだ優秀な人材をヘッドハンティングしているという話を良く聞きます。

新卒カードもなく、ヘッドハンターの知り合いもいない場合は、希望が薄いかというとそうでもありません。「企業のコアなポジションにいる人事担当者と直接繋がっているハイクラスの転職エージェント」を活用すれば、内定獲得にかなり期待できます。

企業の人事担当者と求職者両方を知り尽くしているキャリアコンサルタントは、あなたの入社したい気持ちを企業にプッシュしてくれるので、転職を成功させる近道です。

マイナビエージェント|ホワイト業界転職実績No.1

総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
公開求人数8760件(2017年8月時点)対応地域全国
非公開求人ターゲット層総合
強い業界メーカー/サービス/IT/不動産/流通年収UP実績6割

マイナビは転職にとどまらず、新卒採用市場でとても存在感がある会社です。そのため、転職支援の領域においても、元々の強みであるITやメーカーに加えて、20代のヤング層に人気のエンターテイメント業界や観光業界など、近年盛り上がっている分野に多くの優良案件を保有。

そのほとんど非公開となっており、直接担当者に問い合わせないと手に入りません。ホワイト業界・企業の求人を数多く取り扱っています。

転職者の8割が登録しているという実績があるほど、利用価値の高い転職エージェントです。

マイナビエージェントに登録し、ホワイト企業と接点を作ってみることから始めてください。

さいごに

これまで解説してきたような業界に共通する特徴として、以下のような点がありました。

・収益が高く、安定している。

・仕事の専門性が高く、競合会社が生まれにくい。

こういった特徴のある業界を探すことで、ホワイトな仕事への転職がしやすくなるでしょう。

転職先の企業を探すヒントとして、就職四季報などの資料も役立ちます。

この記事で說明した業界を参考に、ぜひホワイト企業への転職を成功させてくださいね。

関連する他の記事

未経験から事務職に転職したいあなたが知っておくべき全知識
このページは「事務職の経験は全くない場合、何をアピールすればいいの?」「未経験OKの求人は本当に未経…
何がしたいかわからない人に。転職する前に考えたいこと
やりたいことがわからず転職に悩む人必見。やりたいことに固執しすぎると失敗する、、?仕事を決める上で…
未経験でも分かる【ゲーム業界】転職の基礎知識
このページは「ゲーム業界の経験や実績は全くないけど、何をアピールすればいいの?」「未経験OKの求人は…
アセットマネジメントへの転職を成功に導く方法とおすすめ転職エージェント
アセットマネジメントに転職しようと思っても、いろいろ知っているようで実は分からない。専門性の高い金…
pagetop