転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 業界職種別の重要知識 > 美容・エステ・化粧品業界 > 化粧品業界で転職するなら!未経験でも転職活動を成功させるたった一つの方法

化粧品業界で転職するなら!未経験でも転職活動を成功させるたった一つの方法

🕒 2019/06/18
このエントリーをはてなブックマークに追加
化粧品業界で転職するなら!未経験でも転職活動を成功させるたった一つの方法

「今の仕事を辞めて、化粧品業界で働いてみたいな・・・」と思っていませんか。化粧品といえばいつの時代も、どこの国も関係なくニーズが堅いものですね。化粧品メーカーなども、日本の人口が減っているにもかかわらず、軒並み業績が右肩上がりです。

女性ならいつか化粧品業界で働いてみたいという方も多いでしょうし、最近は男性でも化粧品メーカーに転職したい方も増えていますね。

しかし、化粧品業界で仕事をするそのものは、思うほど甘くないかもしれません。特に未経験の場合、気を付けるべきポイントがいくつも存在します。

このページでは、化粧品業界の転職事情や、未経験者が転職活動で化粧品業界の内定を勝ち得るコツをご紹介します。最後まで読めば、あなたも化粧品業界に転職すべきかどうか、これから何をしていくべきかが明らかに分かるようになるでしょう。

化粧品業界の最新動向と転職事情

化粧品業界は化粧品をはじめ、スキンケア、ヘアケア、トイレタリーなどの有形消費財を設計、開発、生産、販売する業界です。化粧品業界=化粧品メーカーと考えても問題ありません。

日本に化粧品メーカーだけでも100社以上存在しています。日々熾烈な競争が起きているので、多くの求職者がイメージしている華やかさの裏に、泥臭い努力も求められています。

ご存知かもしれませんが、国内の化粧品市場はすでに成熟したこともあり、シェアの奪い合いが起きています。

日系大手化粧品メーカー3社に加えて、ブランディングに力を入れシェア獲得に攻勢をかける外資系企業、技術力を武器に異業種から新規参入する大手化学メーカー、トレンドを読みアイデア力を活かしているベンチャー企業など、まさに群雄割拠しています。

最近のニュースだと、今まで化粧品とまったく関係なかったある大手精密機器メーカーも、技術力を活かして化粧品業界への参入を図っているそうです。

このように、化粧品業界そのものは非常に活発な状態となっていて、仕事のチャンスに溢れていると言っても過言ではありません。

幅広い職種の人材が求められる傾向

新興ベンチャーとそれらの生産活動を支えるOEMメーカ―からの参入が相次ぎ、化粧品業界の転職事情はここ数年活況を呈しています。

高い専門性が必要な研究職を除き、営業、商品企画、マーケティング、広報、販促、ECサイトの運営、カスタマーサポートなど多岐に渡る領域の職種で未経験者歓迎の求人が増加しています。

また、化粧品業界に転職したい求職者をターゲットに転職サポートサービスを提供する転職エージェントも増加傾向。求職者自ら時間と手間をかけて転職活動をする時代が終焉を告げつつあります。

化粧品メーカーの仕事内容

化粧品業界と言うと、ドラッグストアでお客さんに口紅を紹介している販売スタッフを思い浮かぶ方はいますが、それはドラッグストアなど販売店の仕事で、化粧品メーカーの仕事ではありません。

では、化粧品メーカーはどんな仕事があるのでしょうか。主に下記4つです。

  • 営業・宣伝・販売促進
  • 生産・購買・管理
  • 商品企画・マーケティング・デザイナー
  • 研究・商品開発

これらの他にも人事や総務など業界共通の職種がありますが、ここでは省きます。

先ほど挙げた4つの職種の中で、未経験者への採用ニーズが圧倒的に多い職種は実は営業なのです。

膨大な数に及ぶクライアントに直接アプローチする必要があるため人数の確保は急務となっている上、専門知識やスキルがほとんど必要ないことから、未経験者歓迎の化粧品メーカー営業職の求人が数多くあります。

ここでは、化粧品メーカ―の営業職にフォーカスして仕事内容についてご紹介します。仕事内容をクライアントで分けると2種類あります。それぞれを詳しく見ていきましょう。

百貨店向け営業の業務内容

百貨店で店舗を構えている化粧品メーカーなら、百貨店を相手に営業活動を行うことが多いです。

百貨店のフロアに自社製品の売り場を作るための交渉などがその例です。

すでに百貨店に出店している場合は、店舗の売上を管理したり、美容部員のマネジメントと採用を担当したりすることが営業の仕事です。

実際に化粧品を売るのは営業ではなく、美容部員ですから、接客をしたくない方におすすめの職種です。

小売店向け営業の業務内容

ドラッグストアやコンビニ、バラエティショップなどの小売店への提案営業が主な仕事です。大手化粧品メーカーは直接小売業者に営業をすることが多い一方、中小メーカーは商社を経由する場合が多いです。

直接小売業者に営業をかける場合は、小売業者の本部にいる仕入れ購買担当へ提案営業しに行きます。

小売店側のニーズをヒアリングしながら自社製品を提案し、最終的に契約を取ることが目標です。

化粧品業界での転職を成功させる流れとは

総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
公開求人数9137件(2018年2月現在)対応地域東京/神奈川/千葉/埼玉
非公開求人7059件(2018年2月現在)ターゲット層女性の転職希望者
強い業界小売/化粧品/ヘルスケア/メーカー/IT/広告年収UP実績55%

化粧品業界は、ある程度社会人としてのキャリアがあれば、異業種の方でも中途採用で入れます。入ったあとも化粧品業界経験者以上に活躍できるケースが少なくありません。

しかし、誰もが未経験から化粧品業界の内定を勝ち取れるわけではなく、「正しい努力のベクトル」を知ることが前提となっています。

type女性の転職エージェントは、女性に人気の化粧品業界の求人が豊富です。さらに化粧品業界に詳しい女性コンサルタントが親身になって相談に乗っていただけるので、転職を考えている女性の方におすすめです。

ここでは、化粧品業界への転職を成功させるための流れをご紹介します。最終的に転職するかどうかはさておき、下記の流れに沿って一度試してみることを強くおすすめします。

まずは自己分析

特定の企業に応募する前に、まずどのような会社や仕事に就きたいのかを自分に問うてみましょう。

自分の歩んできたキャリアを一度棚卸しをし、どの仕事にやりがいを感じるか、将来どうなりたいかのだいたいのイメージを把握しておいてください。

商品自体が好きで、消費者に好まれる化粧品を作りたい方は企画、マーケティングが向いていますし、商品を売ることにやりがいを感じ、部下をマネジメントすることが好きなら営業の方が向いています。

化粧品はそれぞれブランドの哲学を持っているので、その哲学に共感できるかどうかも会社選びにおいて重要なファクターになります。

良質な化粧品会社の求人と転職のサポーターに出会う

転職を考えている方の中には、具体的にどうやって転職活動を始めるべきかを迷う方が多いです。とりあえずハローワークに行って仕事がないかを尋ねてみるという方がいれば、コネを利用して転職先を紹介してもらおうという方もいるでしょう。

ところで役所が運営しているハローワークは「ブラック企業」という噂がすでに広がっていますし、誰もが有力なコネを持っているわけではありませんね。

転職活動を始める方法を最初から間違えてしまうと、後々人生を左右する大失敗につながりかねません。

自分に合った転職活動のやり方を知っていただくために、ここではリスクを最小限に抑えた一般的な転職方法を3通りご紹介します。自分の状況はどれに当てはまるかを考えながらお読みください。余力があれば、以下3通りの転職方法を全て試すことをおすすめします。

転職求人サイト

企業の求人広告がたくさん掲載されているサイトを見たことがありませんか。それは転職求人サイトです。

利用者が個人情報やプロフィールを登録後、自分で掲載されている求人情報を検索、応募するスタイルとなっています。

代表的な転職サイト

自分で求人を見比べたい方や自分のペースで自由に転職活動を進めたい方にぴったりな転職方法だと言えます。また、転職回数が3回以上ですでに流れを把握している方も、転職サイトを使ったほうが一番効率が良く転職期間を短くできます。

ヘッドハンティング・スカウトサービス

ヘッドハンティング・スカウトサービスとは、サービスに履歴書を登録された求職者に対して、企業やヘッドハンターがスカウトを送信し、企業と求職者をマッチングさせるプラットフォームです。

リクナビNEXTのように、通常の転職求人サイトでも「スカウト・オファー機能」が使える場合もあります。

代表的なヘッドハンティング・スカウトサービス

自分で探して応募する転職求人サイトと真逆で、登録情報を元に企業やヘッドハンターが欲しい人材かどうかを判断し「企業側から連絡が来る」のが特徴です。

今すぐ転職しなくてもいいけど、年収や福利厚生などの条件面にこだわりたい方、転職サイトの求人よりレベルの高い会社に確実に転職したい方に強くおすすめします。

転職エージェント

転職エージェントとは、登録者の経歴や希望条件をもとに求人紹介してくれるサービスです。いわば求職者のマネージャーのような存在で、履歴書の書き方、面接対策、面接日程の調整、条件交渉など転職活動に関わるすべてをサポートしてくれます。スカウトサービスと違い、企業と転職者の間に「キャリアコンサルタント」が入ります。

転職エージェントには総合型から業界特化型、第二新卒特化型などさまざまなタイプがあります。

代表的な転職エージェント

転職エージェントを利用する際に希望条件を細かく聞かれるので、「職種、勤務地、希望年収などの希望条件が決まっている方」にとって効率的かつ高精度な求人紹介を受けられます。

また、初めての転職で希望条件も漠然としていても大丈夫です。転職エージェントはヒアリングを通して求職者に合った求人を見つけてくれて最後までサポートするので、初めての転職こそ活用すべきサービスです。

化粧品業界の志望動機例

ここでは、化粧品業界から内定をもらった未経験者の二人の志望動機をご紹介します。ぜひ参考していただけると幸いです。

38歳・女性・元化学メーカー営業・東京都
  
大手化粧品メーカー営業職内定

私はスキンケアや化粧をすることが大好きで、日々独自の美容方法を追求しています。貴社の「自由に自分らしく」というコンセプトに強く共感致しました。その「個性」を尊重するという理念は、お客様だけでなく社員にまでも向けられており、貴社は「自分らしく前向きに働くことができる理想の場」だと思い志望致しました。採用頂きました暁には貴社の一員として励み、それぞれのお客様の個性にマッチした商品の提供をさせて頂きたいと存じます。

29歳・男性・元WEBマーケッター・東京都
  
新興化粧品メーカー営業企画職内定

私は、化粧品とは外見を美しくすると共に内面には自信を与える「心と体に効く薬」であると思っています。貴社のもとで、マーケティングを通じて、消費者の隠されたニーズを解決し、人の生活を豊かに変えていきたい。

前職のWEBベンチャーではマーケティング職を担当していました。市場のニーズを発見し解決することで利益を生み出すスキルを身に付けました。しかしながら、ベンチャー企業でのマーケティング業務に限界を感じ、想いを形にしたいため、より資本力のある会社に転職することを決意しました。

貴社はのもとで、消費者のニーズを拾うだけじゃなく、ニーズを先読みする力も身に付けたいと存じます。「より良い心と体に効く薬」をマーケットに届け、消費者のライフスタイルを豊かかつ華やかに変えていきたい。

志望動機がどう評価されるかは書く人と見る人によって雲泥の差があるため、サンプルを参考程度に留めておき、やはり実際に転職市場で百戦錬磨しているキャリアコンサルタントに添削してもらうのが一番の近道です。

志望動機だけじゃなく、転職理由や自己PRなど職務経歴書で必須な項目の書き方に困ったら、躊躇なく転職エージェントに無料相談することを強くおすすめします。

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございます。化粧品業界への転職を決断できましたか。

化粧品業界は一見華やかな業界に見えるが、実は泥臭い努力家が重宝されています。化粧品を得意分野としている女性はもちろん、ストレス耐性や体力に自信がある男性が働けるポジションも数多く用意されています。

まず広い視野で業界を俯瞰し、そしてあらゆるツールを活用して具体的な志望先企業が求める人物像を調査し、ピンポイントに対策すべきです。

直接企業にアプローチしてしまうと門前払いされる確率がかなり高く、化粧品業界に精通している転職エージェントに一度相談してみてください。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

2018年に使った最高の看護師転職サイト3選
あなたの希望の職場を見つけます!看護師向け転職サイトで人気のあるものをピックアップ。看護師の他に准…
【2018最新】会計士向け転職セミナーをまとめました

公認会計士である皆さんの知識は様々な場所で活かすことが出来ます。今回、公認会計士向けの転職セミ…

日々の仕事に追われる薬剤師の方必見!忙しい仕事から脱却する方法とは
薬剤師はとても忙しい仕事です。どうやって忙しい仕事から自分の時間を作ったり出来るか、そういった悩み…
ゲームプログラマーの転職に必要なスキル・コツ
みなさんゲームプログラマーという職業はご存知ですか。大好きなゲームの仕事に関われるということで多く…
pagetop