転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 業界職種別の重要知識 > 医療・福祉・介護 > 薬剤師が足りない本当の理由とは?職場のストレスを解消する方法

薬剤師が足りない本当の理由とは?職場のストレスを解消する方法

🕒 2018/03/26
このエントリーをはてなブックマークに追加
薬剤師が足りない本当の理由とは?職場のストレスを解消する方法

薬剤師の需要が高まる中、人手が足りない状態にあります。

企業や病院にとって人手不足は悩まされます。需要が高まっているため、今後薬剤師を目指す方にとっては美味しい市場と言えます。しかし、現役で薬剤師として働く方にとって、人手が足りないと仕事が増える一方です。

そこで、今回人手不足が続く中でどのようにして今の問題から抜け出すことが出来るかについて紹介してきます。

薬剤師が足りない原因

インターネットで薬剤師を検索すると、どの情報でも人手不足というような記事が出ています。今後転職する方にとっては都合のよいことですが、なぜこのような問題が起きてしまったのでしょうか?

大学制度の変革

原因は大学の教育制度あると言われます。通常の大学は4年で卒業出来ますが、薬学部では2年長い6年制になっています。これで、通常の学生より2年遅れて社会に出ます。

「6年から4年制に変更すれば解決するのではないか」というような声もありますがそれは難しいです。

医療や医薬品の技術が発展し続ける今、質の高い薬剤師を医療現場では必要とされています。質の高い学生を育てるためには時間を掛ける必要があります。

そのため、大学で6年間専門知識を学ぶことは重要です。

実際、6年制の大学があっても人手不足の問題にならなかった説もあります。では何が原因なのでしょうか?

それは当時薬学部にはいる学生のタイミングです。薬学部の大学卒業期間を2年伸ばしたのは、今後薬剤師を目指す学生が多く入ってくると図ってしたことでした。しかし、6年制移行のタイミングで学生からは薬学部に対して人気が薄れていました。薬学部の学費が高かったことが原因です。そのほかにも原因もありますが、一番は6年間高額な学費を払わないとなりません。

登録者販売制度

働く人が足りないのは新制度の導入が原因だと言われています。それが登録者販売制度です。この制度は6年制の制度と同時にスタートしたものです。

登録者販売制度とは、今まで一般医薬品を販売する際は薬剤師免許が必要とされていましたが、本制度によって、該当の試験を通れば、薬剤師でなくても医薬品を販売することできるようになります。

このことにより、ドラッグストアでは登録販売者を雇い、医薬品の販売を任せることが多いです。

潜在薬剤師の存在

薬剤師は少ないと世間では言われているのですが、実はそうではないことが分かりました。それが潜在薬剤師の存在です。この人たちは薬剤師の資格を持っているが、その職種として活躍しない人のことを指します。

この業界は男性より女性の割合が2倍多く、女性は結婚や出産などやむ得ない事情で退社する傾向があります。この要因で人手不足の増加に繋がりました。

足りない薬剤師の解決策は、ママへのサポートからスタート

「仕事に復帰したいけど育児や家事があるからどうしようもできない」と職場復帰を考えている人はいますがそれがなかなかできないのが現状です。そのため人手不足に繋がるのです。

この悪循環を蹴散らすにはママ薬剤師をサポートする必要があります。その方法として、

  • 託児所の職場環境
  • 短期勤務の制度
  • などがあります。

    職場復帰が出来ないのは子供の面倒を見ないといけないことにあります。職場に子供を預けられる保育園のような施設を作ることでママも安心して仕事に取り組むことが出来ます。

    また、仮に、会社に託児所がない場合は、パートやアルバイトのような形で短期に仕事をする方法で仕事に復帰しやすくなります。正社員の場合、残業や長期労働、休日が取りにくいこともありますが、アルバイトとして働いた場合、そういった悩みを解結することが出来ます。仕事と育児が両立することが出来るのです。

    社会がこういった仕組みを作ることによって薬剤師の人手不足の問題を押さえることが出来るのです。

    人材が足りない薬剤師のストレスを解消するコツ4選

    上記では本業界の人手不足に至った原因について話してきました。ここでは、現役で働く薬剤師の人がどのようにして人手不足による労働時間、業務などのストレスを解消できるかについて紹介します。

    ストレス解消法その1

    この業界の働き手が足りない場合、朝の出勤から夜の閉店時に行う業務はほぼ全て自分でしなければなりません。ドラッグストアで働いた場合、業務のほかに、患者さんの対応をしないといけません。業務と顧客対応を同時に進行しなければならないので非常に大変です。

    この悩みを解決するためには自分から問題を見つけることです。業務の量でイライラする人はもしかして、規制正しい生活をしていない可能性があるのです。規則正しい時間で睡眠をとらなかったり、質の低い睡眠をとった場合、ストレスがたまりやすいのです。自立神経のリズムを調整することでストレスの解消に大きく繋がります。

    ストレス解消法その2

    職場の中には人間関係でストレスを抱える人がいます。そんな方には、溜まったストレスを友人や友達にぶつけてみましょう。他人の悪口を言うのは良くないと考えている方もいますが、自分のストレスを発散しなければ自分の身体に悪影響が生じます。自分の健康と他人からの目線、どちらを重視すべきか言うまでもありません。

    ストレス解消法その3

    人間関係以外に職場でストレスを感じた場合は、自分のプライベート時間を使って息抜きしましょう。職場でストレスが感じてしまうのはどの業界も同じです。なので、休日に自分の好きなことを沢山エンジョイしましょう。これは平日のストレスを発散する際に効果の高い方法です。

    ストレス解消法その4

    上記の方法でストレスの発散につながらなかった場合は、転職をしましょう。

    あなたがストレスの悩みから解消されないのはその職場があなたにあっていないからです。その場合は転職を考えてみましょう。

    転職するといっても他業界に移るとは限りません。同業界の他の職場を探すこともできます。

    「例え仕事先を変えたとしてもまた同じ繰り返しがあるのでは」というような不安も聞こえてきます。ここで、皆さんに活用してほしいのは転職エージェントです。転職エージェントは社風や、人間関係、労働時間など、たくさんの会社の情報を持っています。

    エージェントと相談することで、あなたの素晴らしい未来が待っています。

    ただで転職エージェントを使えるので一度試してみてください。あなたの行動が機会を作るのです。

    \大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
    地域
    性別
    希望職種
    正社員経験
    年齢
    希望年収
    人気条件 こだわり条件

    関連する他の記事

    リクナビNEXT利用者限定!【経理】の転職を成功させる方法
    リクナビNEXTに掲載されている経理職求人の傾向や特徴、経理の方が転職をするうえでの注意点などを紹介し…
    アセットマネジメントへの転職を成功に導く方法とおすすめ転職エージェント
    アセットマネジメントに転職しようと思っても、いろいろ知っているようで実は分からない。専門性の高い金…
    工場の求人をお探しの方必見!工場求人に強い転職サイトまとめ
    工場への転職を考えている方は普通に転職サイトを探していてもいい求人は見つかりません。そういった中で…
    人事担当者が教えるクールビズで転職面接に行ってはいけない本当の理由
    「ノージャケット」「ノーネクタイ」「半袖シャツ」などのクールビズは最近推奨されていますね。しかし転…
    pagetop