転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > doda > dodaの広告がうざいと批判殺到?うざいと言われる理由と対処法を徹底解説!

dodaの広告がうざいと批判殺到?うざいと言われる理由と対処法を徹底解説!

🕒 2021/06/11
このエントリーをはてなブックマークに追加
dodaの広告がうざいと批判殺到?うざいと言われる理由と対処法を徹底解説!

インターネット、YouTube、電車内など、多くの人がdodaの広告を見かけているのではないでしょうか?

インターネットを利用する際に、dodaの広告が邪魔になってしまうことや、頻繁に広告が表示される場合も多いです。

結果、一部の人からはdodaの広告が「うざい!」という意見もあります。

本記事では、dodaの広告のストレスから解放される対処法について解説していきます。

ぜひ、dodaの広告に悩まされている人は、参考にしてみてください。

dodaの広告をみんなはどう思っている?リアルな口コミを紹介

dodaの広告は非常に多くの場所で見られます。
一度は目にしたことある人も多いはずです。

実際、dodaの広告に対しての口コミは賛否両論あります。

dodaの広告を見た人はどのように思っているのでしょうか?

doda広告のリアルな口コミを紹介していきます。

良い口コミ

まずは、doda広告の良い口コミを紹介します。

  • 「就職活動のモチベーションが上がる」
  • 「説得力のある広告で元気がもらえる」
  • 「短いドラマを見ているようで感動した」
  • 「林遣都がかっこいい!」

などさまざまな口コミがありました。

dodaの広告は非常にメッセージ性が高く、見る人の心を動かしているのがよくわかります。

転職活動をしている人にとっては大きな励みになるような内容です。

dodaの広告では、俳優の林遣都さんを起用しているため、話題性もある広告です。

dodaの広告では、林遣都さんのほかにも、過去に深田恭子さんを起用して話題になりました。

dodaの広告は内容にもキャスティングにも力を入れているのが、よくわかりますね。

悪い口コミ

一方、dodaの広告に悪いイメージを持つ人も一定数いました。

では、どのような口コミがあったのでしょうか?

  • 「dodaのスマホ広告は、スワイプで開くようにしているからスクロールの邪魔
  • になる」
  • 「スマホで見たときに、必要以上に広告が並んでいて邪魔」
  • 「dodaの広告がでかすぎる」
  • 「YouTubeの広告で必要以上に表示される」
  • 「タメ口な広告文が耳障り」

などさまざまな意見がありました。

調べてみると、結構dodaの広告に対して不満を持っている人は多いです。

doda広告がうざいと言われる理由3選

なぜdodaの広告は「うざい!」と思われるのでしょうか?

理由として下記の3つがあげられます。

  1. YouTube広告が多すぎてうざい!
  2. スマホで見ていると広告リンクが邪魔でうざい!
  3. 広告の文章がうざい!

では具体的に解説していきます。

①YouTube広告が多すぎてうざい!

最近doda広告がうざいと思われている一つに「YouTube広告が多すぎてうざい!」という意見があげられます。

YouTubeは、いまでは必要不可欠のサービスです。

YouTubeを利用している人も多いのではないでしょうか?

通常、YouTubeで動画を再生すると広告が動画の間に入ります。

dodaの広告もYouTubeで表示されることが多いです。

YouTubeを利用している人からすると、「また、dodaの広告が流れてきた・・・」とうんざりしてしまうはず。

毎日、YouTubeを利用する人にとってはストレスになりますよね。

結果的にdodaの広告が流れるたび、ストレスに感じて「うざい!」と思ってしまうのではないでしょうか?

このYouTubeでのdoda広告が、最近では一番不満の声が多かったです。

②スマホで見ていると広告リンクが邪魔でうざい!

スマホで見ると、dodaの広告をよく目にします。

特に転職活動をしている人は、多く表示されるのではないでしょうか?

dodaの広告は誤タップを狙ってくる広告の表示方法、必要以上にサイズの大きい広告など、スマホを使用していると邪魔になるケースが多いです。

自分が意図していないページに飛ぶのは、非常にストレスです。

dodaの広告のせいで、スマホを思うように操作できなかった時「うざい!」と感じる人が多いようです。

③広告の文章がうざい!

これは人によるのですが、dodaの広告文章に違和感を覚える人もいます。

dodaの広告文の中に「条件は今より良い会社、以上。」とあります。

インパクトがあり、心に残るキャッチフレーズです。

しかし、一部の人は腑に落ちないのではないでしょうか?

「転職を煽りすぎている」
「偉そう」

とマイナスにも捉えられる場合もあります。

理由としては、現状で満足している人も「もっといい会社にいくべき!」ととらえる人もいるからです。

もちろん、転職活動を考えている人に向けて発信している広告なので、doda側には悪意は全くないでしょう。

しかし、見る人によってはイラっとして「うざい!」と考えてしまう可能性があるようです。

doda広告がうざいと思わなくする対処法を3つ解説

dodaの広告がうざいと思われている理由が分かったはずです。

あなたもdodaの広告がうざいと思ったことはありませんか?

dodaの広告をうざいと思わなくする対処法があります。

対処法として、下記の3つがあげられます。

  1. YouTubeの広告をブロックする
  2. 広告の非表示設定をおこなう
  3. 広告の文章を気にしない

では、詳しく解説していきます。

①YouTubeの広告をブロックする

YouTubeを見ているとdodaの広告が途中に表示され、うざいと思いませんか?

YouTube広告に対しての対処法として、「YouTubeの広告をブロックする」というのが一番です。

YouTube広告のブロックする方法として、大きく分けて2つ方法があります。

  1. YouTube Premiumに加入する
  2. 広告ブロックツールを使う

YouTubeでの広告再生が不満に感じる人はどちらかの方法を試してみましょう。

まず、簡単な方法が「YouTube Premium」に加入することです。

加入をすることで、YouTube視聴中に一切広告の再生がされなくなります。

Youtube Premiumの利用者は年々増えて、満足度も高いです。

dodaの広告が再生されすぎて困っている人は、YouTube Premiumに加入することを強くおすすめします。

次に、おすすめの方法は「広告ブロックツール」を使うことです。

「AdBlock」という広告ブロックツールを使用することで、途中に広告が再生される心配はありません。

基本的に無料で使用でき、簡単な設定で広告をブロックできます。

YouTubeの動画を広告なしで見られます。

YouTubeを利用していく中で、dodaの広告がうざいと感じている人は紹介した方法を試してみましょう。

②広告の非表示設定をする

次にインターネットなどでdodaの広告が表示されて「うざい!」と感じている人におすすめの対処法を紹介します。

スマホなどで出てくる迷惑な広告は、非表示設定にできます。

非表示にする方法として下記の2つがあげられます。

  1. Chromeで広告の非表示設定をする
  2. 広告ブロック機能があるブラウザを使う

まず1つ目に、Chromeを使用すると、広告をブロック・非表示にできます。設定も簡単です。

5つのステップで広告を非表示にできます。

  1. Chromeを開いて「︙」をタップ。
  2. 「設定」をタップして設定画面の表示をする
  3. 「サイトの設定」をタップ
  4. 「ポップアップとリダイレクト」をブロック設定に変更する
  5. 「広告」をブロック設定に変更する

以上です。

Chromeの設定をすることで、頻繁に出てくる広告や不要な広告を非表示にできます。

誰でも簡単に設定ができるので試してみましょう!

2つ目の方法として、「広告ブロック機能があるブラウザ」を利用すると、不要な広告を非表示にできます。

使うブラウザアプリによって広告ブロックができるのは良いですよね。

おすすめのブラウザアプリは「Adblock Browser Android版」「無料広告ブロッカーブラウザ」です。

インターネットを利用する際に、特にブラウザにこだわりがない人はブラウザを変えてみると良いでしょう。

不要な広告を一切表示されなくなるので、広告によるストレスが無くなります。

インターネットでdodaの広告を見て、

「広告が邪魔で思うように操作できない!」
「何度も同じ広告が流れてきてしつこい」

と感じている人はぜひ、対処してみると良いでしょう。

③広告の文章を気にしない

dodaの広告は特徴的で賛否両論あります。

「条件は、今よりいい会社、以上。」
「キャリアアップとか自己実現だけが転職じゃない。」
「いまより自分を活かせる会社はきっとある、と思う。」

など、他の広告と比べるとエッジが効いているので、気になる人も多いのではないでしょうか?

広告文のとらえ方によっては「うざい!」と思う人もいるそうです。

結論としては、気にしないのが一番です。

転職活動を考えている人にさえ届けばいいとdodaは思っているはず。

その人の置かれている状況や生活によって、意味合いが変わってきます。

神経質になっても意味が無いので、dodaの広告文が不快な人は気にしないようにしましょう。

「見たくないのに広告が現れる」と悩んでいる人は先ほど紹介した対処法を実践すると、広告に触れる機会が減るのでおすすめです。

対処法を覚えて、ストレスなく生活していきましょう!

doda広告がSNSで話題に

最近、dodaの広告がSNSで話題になっています。

dodaの広告で使用されている曲が印象的で話題を集めています。

2021年「変えるなら、きっと今だ。」というシリーズで使われている曲です。

使用されている曲は、dodaオリジナルソングでアーティストは未公開。

謎が多いだけあって、SNSでいろいろな意見が飛び交っています。

「今後フルバージョンがでるのでは?」
「アーティストが近々公開される可能性もある?」
「歌詞を知りたいけど、よくわからない」
「謎の歌詞が気になる」

などさまざまな意見がありました。

一方で、印象的な広告だからこそ「うざい!」と感じる人も一定数いるようです。

dodaの広告は、広告文から曲まで人の記憶に残るように考えられていると分かります。

広告は、ポジティブ・ネガティブにかかわらず人の記憶に残せれば、成功なのではないでしょうか?

dodaは人の記憶に残す広告をつくるのが上手ですね。

記憶に残すために、一定数「うざい!」と思われてしまうのは仕方のないことと言えるでしょう。

まとめ:doda広告がうざいと思ったら自分で設定するのが大切

dodaの広告はインパクトの強いものが多いです。

そのため、一定数「うざい!」と不満に感じる人もいるのは当然です。

dodaの広告を不快に感じてしまったのであれば、設定次第で対処ができます。

紹介した対処方法は今すぐに実践できるでしょう。

dodaの広告に限らず、他の広告も今回紹介した対処法が使えます。

うざいと思ったまま放置していては、ストレスが溜まる一方です。

なるべく広告でストレスをためないようにしましょう。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

pagetop