転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > おすすめ転職サービス > キャリアカーバー > キャリアカーバー詳細

『キャリアカーバー(CareerCarver)』の求人特徴・サービス評判まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加
キャリアカーバーのトップページ

『キャリアカーバー』(Career Carver)という名前を一度聞いたことがありませんか。リクナビブランドで有名なリクルートが運営しているハイクラス向けの転職エージェントサービスという、漠然とした印象を持つ人も多いかと思います。ハイクラスの転職と言えば、ビズリーチも有名ですが、両者の間は決定的な違いが存在します。

また、一度決められた担当コンサルタントの品質が転職を大きく左右する一般的な転職エージェントとも違い、『キャリアカーバー』は在籍している600名ほどのヘッドハンターのデータベースから、担当者を指定できるヘッドハンティング型サービスです。失敗するリスクを最小限に抑えられる仕組みと言っていいでしょう。

かといってハイキャリア層の転職そのものはリスクに極めて弱いと言われています。一度の失敗をしてしまうと年収が大幅に下落し、キャリアへのダメージが非常に大きいので、慎重に進めるべきです。

このページでは、『キャリアカーバー』の強みをフルに活用するために知っておきたい全知識をご紹介します。全て読めば、これから進むべき道が見えてくるに違いありません。

キャリアカーバーの公式ページへ

キャリアカーバーの基本情報

ユーザー評価
評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星 (4.2)
公開求人数
18,539件
非公開求人
有り
対応地域
全国
設立
2014年
口コミ件数
6件
職種 コンサルタント/管理職/営業/企画/技術
業界 メーカー/IT/金融/コンサルティング
ポイント エグゼクティブ特化/優良ヘッドハンターが選べる/完全無料

キャリアカーバーは管理職や専門職、大都市の求人を中心に案件紹介を行っています。

キャリアカーバーの独自なサポートを受ければ、現年収を遥かに上回る年収を得られる可能性が高いです。

一流のコンサルタントを味方につけて一流の企業のドアを叩いてみませんか。

登録と利用は完全無料です。スマートフォンからの登録はこちらのQRコードからどうぞ!
キャリアカーバー
キャリアカーバーの公式ページへ

キャリアカーバーの口コミ

匿名さん(女/39歳)
2017/10/18 総合評判  評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
フォローがとても丁寧で良かったです。
コンサルタントの方のフォローが細かく、丁寧で素晴らしかったです。面接や応募書類の書き方などは自信がなかったのですが、とても丁寧に対応してくださり助かりました。また機会があれば利用しようと思います。あ…
匿名さん(女/28歳)
2017/10/12 総合評判  評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
外資狙いの人にはおすすめ
キャリアカーバーを利用して外資系企業の商品開発・企画部に転職することができました。キャリアカーバーを利用する前も他の転職サイトやエージェントを利用していました。しかし希望の外資系企業の求人にそもそも…

キャリアカーバーの職種別に見る求人の特徴

まずキャリアカーバーの求人を職種ごとに求人数についてご紹介します。

キャリアカーバー職種

以上は2018年現在の各職種カテゴリー内にある求人の数です。キャリアカーバーの求人を職種別に見ると3つの特徴が分かります。

企画、管理、コンサルタント、営業、IT、建設・不動産の求人が多い

職種によって求人数の差が激しいです。2700件近くのIT・インターネット関連職種があれば、わずか40件しかない知的財産関連職種もあります。

営業、企画、ITといった職種は需要が大きいのでどの転職サイトでも数多くありますが、キャリアカーバーの強みは「コンサルタント」や「管理職」のようなハイクラス求人も多数保有している点です。そこは他社との決定的な違いですね。

また、東京オリンピックに向けて建設ラッシュが起きているので、建設・不動産関連の求人も急増中。しかしいつまで建設ラッシュが続くかはまだ不透明です。

職種の分類は他社より詳しい

ここまで読んだら気づくと思いますが、キャリアカーバーの職種設定は一般的な転職サイトと異なり、仕事内容が分かるほど詳しく書かれています。技術職という一括りではなく、制御組み込みと書いてあったり、法務でまとめるのではなく、知的財産と書いてあったりして、ユーザーにとって非常に使い勝手の良いシステムとなっているのではないでしょうか。

詳細は英語で書かれている求人情報が多い

キャリアカーバーの掲載求人の中で、詳細が英語で書かれているケースが少なくありません。それらの求人に応募するためにビジネスレベルの英語力が必須だと言えます。

キャリアカーバーはどんな求人でも紹介しているわけではなく、基本的に年収600万円以上の上場企業の求人のみを取り扱う転職サービスとなります。年収600万円以上になってくると、日系企業だけじゃなく、外資系企業の求人も非常に多くなります。

外資へ転職したい場合、英語をはじめとする語学力が求められる傾向にあります。外資転職を考えている人は早いうちから英語力を身に着けておきましょう。

キャリアカーバーの業種別に見る求人の特徴

続いてキャリアカーバーにある求人を業種別に見る求人の特徴をご紹介します。まず、業種ごとの求人数を見ていきましょう。

キャリアカーバー業界

以上は2018年現在のキャリアカーバーの業種ごとの求人数となります。それぞれの数を見れば、なんとなく求人の特徴が分かりますね。

ITとメーカーの求人は圧倒的に多い

業種を分類する際に仕事内容に基づくというより、その求人はどの業界に属するかにフォーカスしています。

それぞれの業種の求人数を見ると、ITとメーカーが二強となっているのが分かりますね。ITと製造業は人々の生活を支える基幹的な役割を果たしているので、今後も需要が増えていくことが予想されます。そこは別にキャリアカーバー独自の特徴というわけではありません。

コンサルティング、金融、メディカルの求人にも強い

一般的な求人サイトでコンサルティングファームや金融、メディカル系の求人を検索し、その数の少なさに驚愕した経験がありませんか。

しかし、これらのエリート業界に関しても、キャリアカーバーで豊富な求人を保有しています。そこはやはりハイクラス転職専門エージェントならではの強みではないでしょうか。

コンサルティングファームやメガバンク、大手保険・証券会社、大手製薬会社、外資系転職などに興味を持つ人が、絶対に外してはいけない選択肢、それはキャリアカーバーです。

他社と比べてわかったキャリアカーバーの魅力

キャリアカーバーは人材最大手のリクルートが2014年に立ち上げたハイクラス転職に特化したヘッドハンティング型転職支援サービスです。「ハイクラス転職」「ヘッドハンティング型」と聞くと、もう一つの転職サイトを思い浮かびませんか。ビズリーチもハイキャリア向けという強みを大きく打ち出しています。しかし、両者は実は似て非なるものだということはご存知ですか。

ここでは、キャリアカーバーとビズリーチの違いを2点、ご説明します。

キャリアカーバーは完全無料で利用できる

まずお伝えしたいキャリアカーバーの魅力の一つは、有料のオプションサービスや特別会員は一切なく全てのサービスが完全に無料で利用できる点です。それに対してビズリーチは無料のスタンダード会員があるものの、スカウトサービスを利用できません。求人を紹介してもらうために、毎月2980円~4980円がかかる有料会員プランへの加入が必要になります。無料で高品質なサービスを受けられるという意味では、資金力の面で強いリクルート運営のキャリアカーバーが他社より優れていると言ってもいいのではないでしょうか。

キャリアカーバーの求人は年収の幅が大きい

両者ともに高年収の求人を売りにしていることに変わりはありません。ところで、ビズリーチが取り扱っている求人は年収750万円以上と限定されていますが、キャリアカーバーはもう少し幅が大きく、600万から2000万円程度までの求人情報が充実しています。

とにかく高年収にこだわりたい人は年収の敷居が高いビズリーチをまずチェックしたほうがいいでしょう。そして高年収に加え、なるべく多くの可能性を掴めたい人は取り扱う求人の年収幅が比較的に広いキャリアカーバーがおすすめだと言えます。

キャリアカーバーの内定までのフロー

キャリアカーバーを利用した転職活動は全体的にどんな流れなのかを一度確認しておくべきです。それではここでキャリアカーバーを使って転職し、内定までのフローをご説明します。

キャリアかーバーの仕組み


  1. 会員登録。無料で登録した後、職務経歴書にこれまでの経歴を入力し、登録内容の審査が完了するとサービスを利用できるようになります。
  2. ヘッドハンターから届いたスカウトに返信。気になる案件を持つヘッドハンターには早めに連絡することをおすすめします。秘匿性が高く詳細をスカウトに記載できない案件もあります。
  3. ヘッドハンターに会う。これまでの経歴や希望の条件をヘッドハンターに伝えると、よりマッチの精度が高い求人や、スカウトにも記載できないほど秘匿性の高い非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。そのほか、職務経歴書の書き方や面接対策などテクニック的なサポートも受けられます。
  4. 企業との面接。ヘッドハンターに面接日程を調整してもらい、企業による選考を受けます。
  5. 内定。内定通知書に記載れている条件をよく読み、不明点があったら企業に問い合わせてください。また、ヘッドハンターは年収などのデリケートな交渉や入社日の調整などを代わりに行ってくれます。
  6. 内定承諾。内定承諾後、ビズリーチを利用して転職が決まった方はお祝いを受け取ることができます。
キャリアカーバーの公式ページへ

キャリアカーバーのサービス特徴

キャリアカーバーの魅力は何と言ってもその求人数の充実度です。下記のグラフで直近3年間の取扱い求人数(非公開求人含む)を確認すれば、求人数がどんどん伸びていることをお分かり頂けるでしょう。

キャリアカーバー

キャリアカーバーは中途採用に強いリクルートキャリアが今まで蓄積してきた全ノウハウを注いで立ち上げたハイクラス転職支援サービスです。情報戦と言われる転職活動においては、情報が命と言って過言ではありません。キャリアカーバーが提供しているサービスの仕組みをよく理解した上で、自分はこれからどう活用していくべきかの戦略作りが、ライバルと大差をつける秘訣です。では、キャリアカーバーにどんな魅力的なサービスがあるかをご紹介しましょう。

600名以上在籍している担当コンサルタントは「自分で選べる」

ほとんどの転職エージェントに登録してキャリア面談を申し込むと、担当コンサルタントをつけられます。たまたま相性の良い人だったら幸いですが、希望分野の知識が足りなかったり、性格が合わなかったりして担当コンサルタントに不満を持つ求職者が多くいます。

キャリアカーバーの場合、担当コンサルタントを自分で自由に選べるので、そういったリスクを最小限に抑えることができます。ご存じないかもしれませんが、「担当コンサルタントを選べるようにする」と言うのは簡単ですが、可能にするためには莫大なコストをかけないと実現できません。それだけリクルートのキャリアカーバーへの本気度が伺えますね。

コンサルタントの検索条件は「担当業種」「担当職種」「業界経験年数」「勤務地」「フリーワード」で絞ることができます。担当業種や職種を指定できるのはもちろん、例えばITなど技術者の場合、フリーワードで言語の名前を入れるとその言語に詳しいコンサルタントだけを検索することも可能です。実際に100%見つかる保証はないが、かなりピンポイントで探せるので使わないと損すると言っても過言ではありません。

「それらの検索条件だけでは、コンサルタントはどんな人かが分からないじゃないの?」

と思う人もいるでしょう。その場合はコンサルタントの経歴や自己PRの詳細を見ることをおすすめします。「担当コンサルタントに会ってみないと何も分からない」とよく転職の先輩が言うこの言葉は、一部正しいかもしれませんが、キャリアカーバーを利用した場合、その人の雰囲気を事前に知ることができます。初対面の人でも話題に困ることが少ないでしょう。でも実際の人柄や実績などは会わないと分からないので、数人の無料相談を受けてみて、一番気が合う方とお付き合いするのがベストなやり方ではないでしょうか。

18000件に及ぶハイキャリア案件の求人データベースから検索・応募できる

求人データベースの検索・応募機能はどの転職サイトや転職エージェントでも利用できますが、キャリアカーバーは18000件のハイキャリア案件(年収800万円以上)も保有しています。このボリューム感は他社サイトではなかなか見ることができません。

ただし、通常の転職エージェントは一つの案件を何週間も掲載しますが、キャリアカーバーではヘッドハンター保有のポジション指定型案件のみ掲載しています。そのため、求人の流動性が高く、入れ替わりがかなり激しくなっています。

何時間も躊躇していれば、あっという間に応募枠が埋まってしまうかもしれません。応募したということが直に企業に知られるわけではありませんので、気になる案件があればとりあえず問い合わせしてみるといいでしょう。

ヘッドハンティングを受け身で待てるので余裕のある転職ができる

キャリアカーバー登録時に希望条件や自身のプロフィールをレジュメに登録しておけば、自分から求人を探さなくても、ヘッドハンターから一番マッチする案件を送ってくることがあります。

「今すぐ転職する気はないけど、すごく良い案件があれば検討したい」という方は、現実的な要望より一段と高い条件を書いて登録しておくことをおすすめします。例えば600万円の案件であればすぐ内定がもらえるという方は、思いっきり希望年収を800万円にしてみましょう。

場合によって長いスパンになりますが、本当に魅力的な案件だけが届くので、一つ一つゆっくり確認することができます。受け身の転職でも理想の求人に巡り合える確率が高いです。

実際にキャリアカーバーの利用者からの口コミと評判

キャリアカーバーは完全無料で利用できるハイクラス層向け転職エージェントだと知られていますが、それ以外に具体的にどんな魅力や欠点があるのでしょうか。ここでは実際に利用した人々の評判を紹介しますので、実際にご自身が利用する時の参考にしてくださいね。

キャリアカーバーの良い評判

営業・男性・31歳・年収680万
総合評価:★★★★★

登録手続きはシンプルで3分もかからずにできました。自己PRや経歴はどうやって書こうかと心配でしたけど、たくさんのサンプルがあり助かりました。接触した数人のコンサルタントは全体レベルの高い方たちでした。なので安心していろいろ任せられます。今後の進め方はもちろん転職後のキャリアプランについてもアドバイスしてもらえました。紹介された求人の魅力度は他社のものと比べて圧倒的に高い。できればお気に入りにした会社で一通り働いてみたいですね。(笑)

キャリアカーバーの悪い評判

事務・女性・28歳・年収400万台
総合評価:★★★☆☆

友人からの勧めでとりあえず登録しましたが、紹介された案件はどれもハードルが高そうでした。自分の経歴で応募する勇気すら出せなかったです。この転職サイトは自分にとってスペックオーバーかも。ハイクラスの方々にとって一番合うサイトだと思います。

法人営業・男性・29歳・年収650万
総合評価:★★☆☆☆

求人は全部で17000件もあるけど、実際に紹介してもらえたのはたった3社しかありませんでした。サービスもあまり良くなく、利用する転職者はベテランだと想定しているからか、基本的な応募書類の書き方を教えてくれませんでした。面接のサポートは良かったけど、書類添削にもっと力を入れてほしかった。

まとめ

いかがでしたか。このページではキャリアカーバーを使う際に知っておくべき全知識をご紹介しました。

ある程度のキャリアが形成されていて更なるキャリアアップを希望していれば、今すぐ転職を実行しなくても、受け身で好案件を待つことができる『キャリアカーバー』が絶対に外せないサービスです。

『ビズリーチ』と違い最初から最後まで無料で利用できるので、始めるハードルが低いです。とりあえず登録して、どんなヘッドハンターが在籍しているかを確認してみてください。

あなたのキャリアが飛躍的な発展を遂げられることを願っております。

キャリアカーバーのサービスを紹介する動画もチェックしておく!

キャリアカーバーの公式ページへ

キャリアカーバーの会社概要

サービス名 キャリアカーバー
運営会社名 リクルートキャリア(キャリアカーバー)
本社所在地 〒100-6640  東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー
資本金 6億4335万円
事業内容
  • 社員募集領域における人材採用広告事業
  • 斡旋事業
  • 選考支援事業
  • 許認可 厚生労働大臣許可番号 13-ユ-010258

    キャリアカーバーの関連記事

    2018.01.11
    キャリアカーバーを通しての転職の特徴について紹介していきます。転職サイトによって異なる求人情報を持つことが知ることが出来ると思います。
    2017.10.19
    キャリアカーバーは人材大手リクルートが運営しているハイエンド層向け転職サービスです。いくらハイクラスでもいざ登録しようとすると案外つまずいてしまう時もあります。細かい部分は公式の説明を見ても分からないですよね。転職キャリアガイドのこのページでは、「こうすればこうなる」と至ってシンプルにわかりやすく説明します。
    pagetop