転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > おすすめ転職サービス > リクルートエージェント > リクルートエージェント詳細

リクルートエージェントは評判悪い!?口コミ29件とサービス特徴を徹底解説!

このエントリーをはてなブックマークに追加
リクナビエージェントのトップページ

「リクルートエージェントは評判悪いって聞いたんだけど…」
「リクルートエージェントって本当に使うべきサービスなのかな…」

転職エージェントを使う前に、まずは利用者の評判を見ておきたいですよね。

なかでもリクルートエージェントは大手リクルートが運営する、業界最大級の優良サービスです。

そんなリクルートエージェントの良い評判では「話を聞いてくれるし、返信が早い」「求人数が多く希望条件に見合ったものを紹介してくれる」との声が多く、悪い評判では「担当者の能力格差が凄まじい」「担当者が頼りない」との声が見受けられました。

両者の評判を見る限りでは「担当者の能力にはムラがあるが、豊富な求人から一人一人の条件に合ったものを探してくれるサービス」といえます。

全29件の口コミ・評判を見て、リクルートエージェントを本当に使うべきかを見ていきましょう!

リクルートエージェントの基本情報

ユーザー評価
(4.0)
公開求人数
約100,000件
非公開求人
約110,000件
対応地域
全国47都道府県
設立
1977年4月
口コミ件数
24件
職種 営業/販売/エンジニア
業界 全ての業界に強い
ポイント 業界最大手/完全無料

リクルートエージェントの評判・口コミ29件

まずはリクルートエージェントの良い評判、悪い評判を見ていきましょう。

Twitterでの利用者の声と、独自アンケートに基づいた評判をご紹介します。まずは良い評判から見ていきましょう。

リクルートエージェントの良い評判(21件)

リクルートエージェントについて寄せられた良い評判は、次の21件です。

対応・サポートに関する良い評判

エージェントは複数登録した方がいいと耳にしたのでリクルートの他に2つほど登録しました。しかし3つ全部に対応するのが面倒になり、最終的にはリクルートだけに絞りました。他の2つと比べてリクルートはひとつひとつのサポートが丁寧でした。希望条件についての面談や履歴書・面接対策など転職に必要な要素をすべて網羅してくれました。

(引用元ページ:独自アンケート)

ネットの記事で転職する人の2人に1人はリクルートエージェントを使っているという事実を知り、即登録を決意しました。サービス全体を通じて大手ならではの安定感があったように感じます。利用する側が一切不安を感じないよう細部まで手厚いサポートをしてくれました。2人に1人の実績は伊達じゃないようです。

(引用元ページ:独自アンケート)

私は他業界への転職を希望していたのですが、色々と調べてみると難しいと知りました。自分だけでは厳しいと思いリクルートエージェントに頼ることにしました。面談時に他業界を希望するということを伝えるとアドバイザーの方も気合が入ったのか熱意がすごかったです。こまめに連絡を取りながら転職活動を進め、希望通りの転職ができました。

(引用元ページ:独自アンケート)

リクルートエージェントの良い評判で最も声が多くあがっていたのが、対応やサポートに関することです。

具体的には「レスが早い」「親身で丁寧な対応」「客観的な意見をくれる」「選択肢を強制してこない」などの声が上がり、サポート体制の質の高さが伺えますね。

また「〇〇社のサービスと比べて、リクルートエージェントのほうがいい」との声も挙がっていたため、相対的に見て良質なサービスともいえますね。

求人に関する良い評判

求人に関する良い評判も多く、特に「求人数が多い」「希望通りの年収になる」との声が多かったです。

求人数は業界最大級で約98,000件もあるため、希望する地域・職種・その他こだわり条件が叶いやすいのもポイントです。

その他の良い評判

評判を見る限りでは、リクルートエージェントは転職初心者の方にもおすすめできるサービスといえます。

転職活動の方法がよく分からなくても、担当のキャリアアドバイザーが必要書類の作成、面接のことなども皆手取り足取りフォローしてくれるんです。

また専用アプリもあり、場所を選ばずお仕事を探してます。

一般的な転職エージェントでしつこくなりがちなメールも少ないため、ストレスを抑えつつ快適に転職活動に専念できますよ。

リクルートエージェントの悪い評判(8件)

次にリクルートエージェントの悪い評判もご紹介。具体的には以下の7つです。

対応・サポートに関する悪い評判

対応に関しては好評の声が多数あがっていましたが、一方で強く否定する方も散見されました。

具体的には「担当者が頼りない」「能力差が激しい」「いきなり転職適齢期を過ぎていますと言われた」などと、人によって対応やサポートの差があるようです。

求人に関する悪い評判

基本的にはありませんが、一部利用者からは「条件に合ってないお仕事を紹介してくる」との声も上がっていました。

これも担当者の質の悪さが原因なケースが多いため、実際に当たってしまった場合は、他の方に代わってもらうのも検討してみてください。

面接に関する悪い評判

面接が苦手な方には模擬面接を実施してくれますが、対応が行き届いていなくてうまく対応してくれないケースもありました。

その他の悪い評判

リクルートエージェントの悪い評判から分かるトラブル事例と対処法3つ

リクルートエージェントの悪い評判から分かるトラブル事例と対処法3つ

ここではリクルートエージェントの悪い評判をもとに、具体的なトラブル事例と対処法を3つほど紹介していきます。

①担当者の質が悪いときは他の人に代わってもらおう

上記で解説した通り担当者の質が賛否両論があり、なかには質の悪い担当者もいます。

担当者の対応が気になる場合は、他の担当者に代わってもらうのも手です。

担当者変更は電話・メール・問い合わせフォームからできるため、変更理由とご自身の希望を添えて変更してもらいましょう。

②求人を紹介されない時は他社サービスも併用しよう

サービスを使っても求人を手で持ってきてくれないケースもあります。

この場合、まず考えられることは以下の通りです。

  • 希望条件が厳しすぎる
  • 転職適齢期を大幅に過ぎている
  • 転職回数が多すぎる
  • 年齢に見合ったスキルがない など

登録しても常勤するかに当てはまっていれば、求人を紹介してくれないケースもあります。

約20万件の求人を持っていようと、「ない」と言われてしまえばそれまでです。

リクルートエージェント以外のサービスも使いつつ、転職活動を進めていきましょう。

③低品質の求人を紹介されたらきっぱり断ろう

リクルートエージェントは約200,000件もの求人数がある分、良い求人もあれば悪い求人だってあります。

もしも「この求人はブラックなんじゃないか」と思ったら、きっぱりと断りましょう。

紹介されたからといって、無理にエントリーする必要なんてありません。

リクルートエージェントを使う10のメリット

リクルートエージェントを使う10のメリット

ここではリクルートエージェントを使うにあたってのメリットを、10コに絞って解説していきます。具体的には以下の通りです。

  1. 業界最大級約200,000件の求人数!
  2. 経験豊富なキャリアアドバイザーが多数在籍!
  3. 転職支援実績No.1!
  4. 地方の転職者にも使い勝手がいい!
  5. 日本全国に登録拠点を展開!
  6. 各企業との年収交渉力が高い!
  7. 面接対策で選考通過率アップ!
  8. 転職関連のお役立ちセミナーを多数開催!
  9. 担当アドバイザーの対応が早い!
  10. 面談後の独自サービスで安心!

①業界最大級約200,000件の求人数!

リクルートエージェントの魅力は何といってもその求人数の多さにあります。

公開求人が約98,000件、非公開求人で約110,000件もあり、合わせると200,000件以上の求人数を誇ります。

なお他社の求人数と比較すると以下の通りです。

業界最大級約200,000件の求人数!

求人数が多ければ十分に求人比較できますし、条件に近いお仕事か見つかりますよね。

また通常であれば転職エージェントは複数利用をした方が、より納得のいく求人が見つかると言われています。

ですが十分な求人数があるため、希望職種によってはリクルートエージェントを使うだけで完結するケースも多いです。

②経験豊富なキャリアアドバイザーが多数在籍!

キャリアアドバイザー

(引用元ページ:リクルートエージェント-キャリアアドバイザー紹介

優秀なキャリアアドバイザーが多数在籍しており、求職者の転職活動を全面的にサポートしてくれます。

アドバイザーそれぞれが各業界に精通しているため、希望業界に詳しくなくても安心してください。

求人紹介の際は一人ひとりの希望条件に合った求人を紹介してくれるため、「理想通り・理想以上の結果になった」なんて声も多いです。

③転職支援実績No.1!

転職支援実績No.1!

リクルートエージェントは転職支援実績ナンバーワンのサービスとして、多くの利用者から信頼の声が上がっています。

これまで約370,000名の転職成功実績があり、年間だと約23,000名以上の支援実績があるんです。

そこで培われた転職のノウハウやリクルートグループならではの企業とのパイプを活かし、よりよいサポートを展開しています。

④地方の転職者にも使い勝手がいい!

転職エージェントの求人は大都市に偏りがちで、地方に求人が全然ないなんてケースがよくあります。

ですがリクルートエージェントでは求人数が200,000件以上もある分、地方求人まで徹底的に押さえてあります。

この後触れますが地方にも登録拠点を多数構えているため、キャリアアドバイザーと直接話しやすい環境が整っているのもポイントです。

⑤日本全国に登録拠点を展開!

拠点一覧

リクルートエージェント大手リクルートが運営するサービスで、東京を中心に全国16都市で登録拠点を展開しています。

またどのオフィスも駅から近くアクセスが良好なのも嬉しいポイントです。

拠点名住所・アクセス
東京本社東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー
<アクセス>
JR東京駅八重洲南口から外堀通りを有楽町方面へ徒歩3分
東京メトロ銀座線京橋駅から徒歩5分
北海道支社北海道札幌市中央区北四条西5-1 アスティ45ビル 10階
<アクセス>
JR線 札幌駅より徒歩3分
東北支社宮城県仙台市青葉区一番町1-9-1 仙台トラストタワー 11F
<アクセス>
地下鉄南北線仙台駅南2番出口より徒歩6分
JR仙石線あおば通駅2番出口より徒歩約8分
JR仙台駅西口より徒歩約9分
宇都宮支社栃木県宇都宮市大通り4-1-18 宇都宮大同生命ビル 1F
<アクセス>
JR宇都宮駅より徒歩7分
さいたま支社埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5 大宮ソニックシティビル 25階
<アクセス>
JR線 大宮駅 西口より徒歩5分
千葉支社千葉県千葉市中央区新町1000番地 センシティタワー 7階
<アクセス>
JR線 千葉駅 東口より徒歩1分
京成千葉線 千葉駅より徒歩1分
千葉都市モノレール 千葉駅より徒歩1分
西東京支社東京都立川市曙町2-34-7 ファーレイーストビル7F
<アクセス>
多摩モノレール 立川北駅 北口より徒歩5分
JR線 立川駅 北口より徒歩6分
横浜支社神奈川県横浜市西区高島2-19-12 スカイビル 16階
<アクセス>
各線 横浜駅より直結徒歩3分
静岡支社静岡県静岡市駿河区南町18-1 サウスポット静岡 5階
<アクセス>
JR線 静岡駅 南口より徒歩1分
名古屋支社愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4
JRセントラルタワーズ42階、43階 (受付は42階です)
<アクセス>
JR各線、名古屋市営地下鉄東山線・桜通線 名古屋駅
名鉄名古屋駅、近鉄名古屋駅  より直結
京都支社京都府京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町88 K・I四条ビル 4階
<アクセス>
阪急京都線 烏丸駅 25番出口より徒歩1分
地下鉄烏丸線 四条駅 2番出口より徒歩1分
大阪支社大阪府大阪市北区角田町8-1 梅田阪急ビルオフィスタワー 31F
<アクセス>
阪急梅田駅より徒歩約3分
JR大阪駅より徒歩約4分
阪神梅田駅より徒歩約3分
地下鉄御堂筋線梅田駅より徒歩約2分
地下鉄谷町線東梅田駅より徒歩約2分
神戸支社兵庫県神戸市中央区磯上通8-3-10 井門三宮ビル 4階
<アクセス>
阪急 三宮駅 東改札口より海側徒歩5分
JR線 三ノ宮駅 中央口より海側徒歩5分
阪神 三宮駅 南改札口より海側徒歩5分
中四国支社岡山オフィス岡山県岡山市北区駅元町1-6 岡山フコク生命駅前ビル 4階
<アクセス>
岡山駅 東口より徒歩3分
中四国支社広島オフィス広島県広島市中区八丁堀14-4 JEI広島八丁堀ビル 10階
<アクセス>
広島電鉄 八丁堀電停より徒歩1分
福岡支社福岡県福岡市中央区舞鶴1-1-3 リクルート天神ビル 6階
<アクセス>
地下鉄空港線 天神駅 1番出口より徒歩5分
福岡市地下鉄空港線 赤坂駅 5番出口より徒歩7分
西鉄天神大牟田線 西鉄福岡駅 北口より徒歩7分

もし仮にお住まいの地域付近に拠点がなくても、電話・メールで相談に乗ってもらえるため安心してくださいね。

⑥各企業との年収交渉力が高い!

交渉

転職活動において年収が、誰もが重視するポイントです。

リクルートエージェントでは「キャリアアドバイザーの年収交渉力が高い」との評判が上がっており、内定獲得後の交渉次第では数十万単位で年収が上がるケースもあります。

他社と比較しても積極的に交渉してくれるため、少しでも年収を上げたいならリクルートエージェントおすすめします。

⑦面接対策で選考通過率アップ!

面接の様子

お一人での転職だと面接対策をすべて自分でしないといけなく大変ですが、リクルートエージェントを使えば面接対策を実施してくれるため、選考通過率がグッと上がります!

面接関連の諸々のアドバイスを受けられ、面接官への効果的な伝え方や身だしなみ、基本的な所作など基礎から徹底的に教えてくれます。

また面接のニガテ意識のある方には模擬面接も実施しており、本番さながらの対策もしてくれるんです。

⑧転職関連のお役立ちセミナーを多数開催!

セミナー

リクルートエージェントでは各種セミナー・イベントも多数開催しており、すぐ実践できる求職者向けの情報を多数紹介してくれるんです。

参加費はいずれのイベントも無料。平日夜、土日の開催が多いためお仕事で忙しい方にもかなり好評です。

転職活動で何からはじめていいかわからない方は、ぜひ活用してみてくださいね。

⑨担当アドバイザーの対応が早い!

口コミでも紹介したように担当アドバイザーの対応の早さも魅力です。

アドバイザーの対応について、具体的にはこんな声が上がっていました。

「他社サービスよりレスポンスが早い」
「メールの連絡が早い」
「合否の連絡が早い」

評判ではこのように"やり取り"の部分を評価する声が多かったです。

じっくり転職したい方もいれば、さっさと終わらせたい方もいらっしゃいますよね。

リクルートエージェントならばスピーディーな転職を実現できます。早く次の職に就きたい方にもおすすめですね。

⑩面談後の独自サービスで安心!

お仕事の紹介前にキャリアアドバイザーとの面談があります。その面談を終えると独自サービスを利用できるんです。

面談後の具体的なサービスは以下の2つです。

  • Personal Desktop(PDT)
  • 面接力向上セミナー

Personal Desktop(PDT)はご自身の転職活動をサポートする専用ページ。求人情報の確認、アドバイザーへの応募手続き依頼、職務経歴書作成ツールの利用ができます。

面接力向上セミナーでは面接必勝ノウハウを伝授してもらえて、どうすれば面接を有利に進められるかの判断材料にもなります。

参加者のうち99%が「満足」「大変満足」※と回答していますので、参加して損はないですよ!

※2015年のセミナー満足度調査より

リクルートエージェントを使うデメリット5つ

リクルートエージェントを使うデメリット5つ

リクルートエージェントは利用メリットの多い優良サービスですが、こんなデメリットもあります。

  1. サービスを受けられるのは3ヶ月程度
  2. ハイクラス・ハイキャリアの求人には弱い
  3. 求人数が多さゆえにブラック求人が紛れていることも…
  4. 希望してない求人を紹介されることもある
  5. キャリアアドバイザーの質にはムラがある

①サービスを受けられるのは3ヶ月程度

長々とじっくり転職活動に励みたい方も多いです。納得がいく職場が見つかるまで時間をかけたいことでしょう。

ただリクルートエージェントを使ってサービスを受けられるのは「3か月程度」で、転職活動の目安となっています。

この3ヶ月を長いと感じるか短いと感じるかは人それぞれですが、登録から入社までを3ヶ月以内で完結するつもりで臨みましょう。

②ハイクラス・ハイキャリアの求人には弱い

リクルートエージェントで掲載している求人はハイクラス系・ハイキャリア系が少ないんです。

かといって低給の求人ばかりな訳ではありませんが、役職の観点では「役員・幹部職」「エグゼクティブ系」の案件に弱いです。

ただハイクラス・ハイキャリアの求人に特化したサービスが他にありますので、気になる方は以下のサービスを使ってみてください。

③求人数が多さゆえにブラック求人が紛れていることも…

リクルートエージェントは非公開求人も含めて、約200,000件と業界最大級の大型サービスです。

ただ求人すべてが優良案件とはいえませんし、ブラックで質の悪い求人が紛れやすくなっています。

キャリアアドバイザーはその点も慎重に加味して求人紹介してくれますが、紹介を受けたときは慎重になる必要がありますね。

④希望してない求人を紹介されることもある

基本的には一人一人の希望条件に沿ったお仕事を紹介してくれますが、一部では希望条件と異なる求人を勧められるケースがあります。

キャリアアドバイザーは営業職なため、ノルマを意識して強引に求人紹介することも考えられます。

ただ言いなりになって紹介された求人に無理にエントリーする必要はありません。

少しでも「こんな求人は希望してない…」と感じた時は、遠慮なく要望と違っている旨を伝えましょう。

⑤キャリアアドバイザーの質にはムラがある

在籍しているキャリアアドバイザーは皆優秀ではありますが、なかには質の低い方もいます。

利用者の中には運悪くそのアドバイザーに当たってしまうこともあるでしょう。

シンプルに相性の悪さも考えられますが、サポート実績の少ないアドバイザーが担当になることも考えられます。

キャリアアドバイザーの質によって転職活動が左右されるため、明らかに「気に入らないな…」と感じた時は、遠慮なく担当者の変更を申し出ましょう。

リクルートエージェントを使って転職するまで【流れを解説】

リクルートエージェントを使って転職するまで【流れを解説】

リクルートエージェントを使って実際に転職する際、どんな流れで転職するのか解説します。

詳細な流れは次の通りです。

  1. リクルートエージェントで申し込み
  2. 電話orメールでの連絡
  3. キャリアアドバイザーとの面談
  4. お仕事紹介・書類添削
  5. 応募・書類選考・面接対策
  6. 内定獲得・お仕事スタート!

STEP①リクルートエージェントで申し込み

リクルートエージェントで転職するために、まずは登録を済ませましょう。

登録の際はトップページの画面真ん中に"入力フォーム"がありますので、以下の必要情報を全て入力の上、申し込みを済ませてくださいね。

<入力内容>

  • 転職希望時期
  • 希望勤務地
  • 現在の職種
  • 現在の年収
  • メールアドレス(半角英数)
  • 転職情報メールを受け取るかの有無

STEP②電話orメールでの連絡

STEP①の登録を終えると、リクルートエージェントの担当アドバイザーから電話かメールで連絡がきます。

以下の内容を中心に10分ほどのヒアリングを受けますので、どう回答するか用意しておくとスムーズです。

  • 希望する年収はどれくらいか
  • 希望する業界・職種は何か
  • 転職を希望する時期はいつか

↑主にこの3点を聞かれます。

STEP③キャリアアドバイザーとの面談

STEP②で回答した内容をもとに、キャリアカウンセリングを開いてくれます。

カウンセリングを受ける際は、最寄りのオフィスに訪問するか、担当のアドバイザーが近くまで来てくれるかのいずれかです。

もしも面談日程の都合がつかない場合は、電話帳での面談となります。

この面談で主に聞かれることは以下の通りです。

  • そもそも今転職すべきか
  • キャリアの棚卸し
  • PRポイントの確認
  • 希望条件の確認 など

※安全に転職活動を進めるために、電話・メール・アプリなど遠隔での転職支援も実施しています。

STEP④お仕事紹介・書類添削

STEP③でヒアリングをしてもらったら、希望条件の内容をもとにお仕事を紹介してもらえます。

約200,000件以上の求人の中から、非公開求人も含めて厳選された案件を複数紹介してくれます。

ベンチャーから大手企業まで幅広く案件を取り揃えていますので、気に入ったものを選択しましょう。

STEP⑤応募・書類選考・面接対策

気に入った求人を見つけたら、担当のアドバイザーが企業にエントリーしてくれます。

その際に履歴書や職務経歴書が必要なのですが、初めて転職する方はどう書けばいいか迷いますよね。

ですが安心してください。リクルートエージェントでは履歴書や職務経歴書の添削もしてくれます。

事前に「模擬面接」もしてくれますので、本番さながらの練習を踏まえてから面接本番に臨めるんですよね。

これまで何人もの求職者の面接練習をしていますので、培ったノウハウや観察眼には好評の声が多くあがっています。

なお面接日程もアドバイザーが担当してくれます。面接に落ちてもフィードバックをしてくれますので、次の面接で活きますね。

STEP⑥内定獲得・お仕事スタート!

無事内定を獲得したら、担当アドバイザーが初出社日の調整、お給料の交渉もやってくれます。

新しい職場が決まったら前職の退職についても処理しておきたいところ。

リクルートエージェントでは退職の際、どう上司に報告するかなど、細かいノウハウも持っています。

前職を辞める際も、担当アドバイザーに頼ってスムーズに進めていきましょう!

【結論】~リクルートエージェントは使うべき?~

今回のリクルートエージェントの評判サービスの特徴を詳しく解説してきました。

業界トップクラスの求人数を誇り、良い評判が多くあがっているサービスだとお分かりいただけたと思います。

今回の結論を言うと「リクルートエージェントは豊富な求人数から案件比較し、充実のサポートをうけつつスピーディーに転職したい方」にオススメです。

その理由としては以下の通りです。

  • 求人が約20万件と業界トップクラス
  • 幅広い職種・業種を押さえている
  • 無駄に求人を紹介してこない
  • 履歴書添削や面接対策もしてくれる
  • アドバイザーの対応がスピーディー

転職を検討するあらゆる方にとって使い勝手の良いサービスのため、どのサービスを使おうか迷った時は、まずリクルートエージェントから使ってみてくださいね!

【補足】リクルートエージェントについてのよくある質問4つ

ここではリクルートエージェントに関してのよくある質問を、4つに絞って解説していきます。

①登録にあたって費用はかかりますか?

リクルートエージェントはすべてのサービスを無料で利用できます。

登録や求人紹介、面接対策などで費用が余計にかかることがないため、費用面に関しては安心してくださいね。

②リクルートエージェントの退会方法を教えてください

リクルートエージェントを退会するには、専用の退会フォームで必要事項を入力する必要があります。

こちらのフォームで氏名、、メールアドレス、生年月日を入力して、手続きに進んでくださいね。

なお退会に際して個人情報はを消去したい場合は、担当のキャリアアドバイザーに連絡しましょう。

担当者が不明の場合は、問い合わせ窓口から連絡してくださいね。

③リクルートエージェントにログインできないのですが…

「リクルートエージェントにログインできない…」
「パスワードがわからない…」

サービスを使うにあたって、こんなお悩みもよくあります。

ですがログインできないときは、原因・対処法がほぼ決まっているため、以下の方法を実践してみてくださいね。

①ID・パスワードを忘れた
②入力内容を間違えている
③推奨環境でログインしていない
④定期メンテナンスの時間にログインを試みている

(引用元ページ:転職キャリアガイド

④リクナビNEXTとはどう違うんですか?

リクルートエージェントとリクナビ NEXTの大きな違いは、サービス形態の違いにあります。

リクルートエージェントは「転職エージェント」で、リクナビネクストは「転職サイト」という分類です。

前者はキャリアアドバイザーのサポートを受けて転職できますが、後者は自主的に求人を探す必要があります。

その他の違いについては、こちらの記事もあわせてご覧ください。

リクルートエージェントの最新情報

ここではリクルートエージェントに関する最新情報をまとめます。

遠隔での転職サポートを実施

新型コロナウイルスの関係もあり、リクルートエージェントでは電話やメールでの求人案内、転職相談を積極的に実施しています。

本来であれば対面での対応の方が柔軟に対応できますが、感染拡大防止を気にすることなく転職活動に励めます。

リクルートエージェントの会社概要

サービス名 リクルートエージェント
運営会社名 リクルートキャリア(リクルートエージェント)
本社所在地 〒100-6640  東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー
資本金 6億4335万円
事業内容
  • 社員募集領域における人材採用広告事業
  • 斡旋事業
  • 選考支援事業
許認可 厚生労働大臣許可番号 13-ユ-010258

リクルートエージェントの関連記事

pagetop