転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 企業研究 > タニタへ転職するには?その方法を徹底解説

タニタへ転職するには?その方法を徹底解説

🕒 2019/02/06
このエントリーをはてなブックマークに追加
タニタへ転職するには?その方法を徹底解説

「タニタに転職したいな」

「でもどうやって転職したら良いか分からない」

そのような悩みをお持ちではないですか?

これから転職を考えている人にとっては、重要なところですよね。

そこで今回は、そのような悩みや疑問をお持ちの人たちのために、この記事ではタニタへの転職の方法をまとめてみました。

今回の記事をぜひ今後の転職活動に活かしていってください。

タニタってどんな会社?

総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
公開求人数38,830対応地域全国
非公開求人120,000以上ターゲット層ハイクラス、エグゼグティブ層
強い業界IT、医療、製造など業界多数年収UP実績多数

具体的な転職の方法を知る前に、まずはタニタとはどういう会社なのか、ということについて知っていきましょう。

その方が転職活動の際のイメージもぐっと高まると思います。

事業内容

株式会社タニタは、1944年に設立された、主に家庭用体組成計をはじめとする計測機器等を製造・販売し取り扱っている、計測器の国内大手メーカーです。

タニタは、日本ではじめて家庭用体重計を製造し、「ヘルスメーター」として販売した企業となっています。

さらに、1944年には世界で初となる体脂肪計付きのヘルスメーターを製造・販売するなど、常に最先端の健康機器を提供し続けている企業となっています。

他にも血圧計やクッキングスケール等の、家庭用・業務用製品を広く展開している会社となっています。

経営理念と事業計画

タニタは、「私達は、『はかる』を通して世界中の人々の健康づくりに貢献します」という経営理念を掲げて日々事業に取り組んでいます。

さらに現在では、「健康をはかる」から「健康をつくる」へと変化を経て、計測機器による健康管理だけにとどまらずに、食事や運動、休養などへのベストバランスを提案していく方針も出しています。

さらに、民間向け店舗設立にまで至った「タニタ食堂」というベストセラーとなった書籍もあるなど、幅広い事業展開もしており、今後も期待が高まっている会社です。

さらにタニタは現在、グローバル展開もしており、1997年にヘルスメーターで世界トップシェアを獲得するといった海外への事業展開にも成功しており、アメリカとEU圏を中心に海外に6つの拠点を設立している会社です。

また、中国でもタニタ食堂を筆頭に健康関連製品・サービスの展開も現地の企業と協働で進めています。

ただ、現在は少子高齢化が原因で健康に対する需要が高まっている日本の国内でのビジネスがメインとなっているために、日本での成功例を参考にして今後の海外展開も広げていくといった段階のため、新事業を海外に展開して仕事をしていきたいという人にとってはオススメです。

タニタのお給料はどのくらい?

次に、タニタの平均年収について説明していきます。

結論としてまとめると、タニタの年収は以下のようになっています。

転職時の平均年収:約350万~450万円

・社員の平均年収:約530万円

タニタの給料は、オムロンやパナソニックといったような競合他社たちと比較していくと、給与水準は若干低くなっています。

強豪の企業が大手企業ということもあってか、待遇面ではやや劣ってしまいます。

しかし、部長や課長クラスとなってくると、部長の年収が約900万円、課長が約700万円といったふうにかなり多めの給料を得ることが可能となっています。

タニタの残業はどのくらい?

タニタの平均残業時間は、約30時間から40時間となっています。

競合他社であるオムロンやパナソニックと比較してみると、平均的な残業時間でしょう。

毎週水曜日にノー残業デーといったものがあるのですが、WLBを推進するという目的で積極的に行われています。

しかし、主にメーカーは部署によって大きく残業時間等は異なります。

なので、仮に転職を検討する場合には事前にコンサルタント等への確認をすることがオススメです。

タニタの中途採用は

次に、タニタの中途採用について説明していきます。

タニタが求めている人物像は、以下となっています。

「新たな価値観とビジネスを生み出す力を持つ人材」

「グローバルに活躍したい人材」

さらに、中途採用の際には、それに加えて同社で即戦力となっていくことができる専門性が必要となっています。

タニタは、先進的なビジネスを積極的に展開している会社です。

そのため実際の転職面接の際には、前職までの経験等をしっかりと踏まえた上で新たな価値を会社に提供していくことができますよ、という人材であることを具体的にアピールしていくことが重要となっています。

タニタへ転職する方法

総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
公開求人数38,830対応地域全国
非公開求人120,000以上ターゲット層ハイクラス、エグゼグティブ層
強い業界IT、医療、製造など業界多数年収UP実績多数

次に、タニタへ転職する方法について説明していきます。

タニタへの転職のコツはいくつかあるのですが、成功するためのコツは、転職エージェントを活用するのが一番効率も良いし確率も高いです。

転職エージェントを勧める理由はいくつかあります。

たとえば

・独自の非公開求人をもらうことができる

・その業界や企業に則した対策などが可能である

・年収アップ等の待遇の交渉も行うことができる。

という点があげられます。

その際に、タニタへ転職する際にあなたが必ず登録しておくべき転職エージェントも今回はいくつか紹介しておくと

・リクルートエージェント

・デューダ

・パソナキャリア

・JACリクルートメント

これらの転職エージェントがオススメです。

もっと詳しく知りたいという人は、ぜひ一度確認してみることをオススメします。

まとめ

いかがでしたか?

今回は以下のことについてまとめていきました。

・タニタの会社情報

・タニタの給料と残業状況

・タニタへの中途採用と転職の方法

ぜひ今回の記事を参考にして、今後の転職活動に役立てていってください。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

pagetop