転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > キャリアのお悩み > 社長が嫌いで転職したい人に読んでほしい

社長が嫌いで転職したい人に読んでほしい

🕒 2019/02/06
このエントリーをはてなブックマークに追加
社長が嫌いで転職したい人に読んでほしい

社長が嫌いなのにその張本人が経営する会社で働きたいなんて人はいないですよね?

誰だって苦手な人や価値観が合わない人は必ずいるのでこのような思いを抱いているのはアナタだけでは無いはずです。

友人関係なら一方的に関係を断ち切れば済む話ですが会社の中ではそうはいきません。

ましてや社長が嫌いならなおさらですよね。ここでは、転職を考えているあなたの後押しをするための記事を載せています。

転職を考えるほど嫌いな社長って?

ただ社長が嫌いという人は少ないはずで、あなたなりのなにか突出した理由があるはずです。

ここではあなたが嫌いな社長はどのような社長なのか考えてみましょう。

ワンマン経営の一人よがりな社長

このような社長は自分の裁量で全てを決めたがり、社員の言うことに耳を貸さないことが多いでしょう。

社員をコマのように考え自分の思った通りに動かないと高圧的な態度を取ります。こんな社長の下で働いていればストレスがたまるのも当たり前です。

これが上司や同僚なら更に上の人間に相談することも可能なのでしょうが、社長ともなると他の社員も口出しすることに抵抗があるでしょう。

そのため社長の意見が合わないなと感じたら転職を考えるのも間違いではありません。

会社を自分のモノのように扱う社長

例えば、会社のものや仕事で必要なものには経費がおりますよね。

しかし、社長の家族が使ったものや食べたものに経費が下りたらどう思うでしょうか。

これは怒り心頭ですよね。「社員たちが頑張って働いて稼いだお金をなんだと思っているんだ。」と怒りたくなるでしょう。

このように全く会社と関係がないところで会社のお金を使うなど、会社を私物化するような社長は嫌われますし、もしあなたがこのような理由で「社長が嫌い」と思うならそれは間違ってはいません。

社長なのに社員より威厳のない社長

社長が椅子にふんぞり返って「おい、お前らさっさと働けよ。」などと口にするタイプも言語道断。なのですが…

社員を注意出来ない社長というのも嫌じゃないですか?

「あなたの会社なのに自ら社員を正せないなんて。」と、社長が嫌いなるのもわかります。あなたの意識が高いならなおさらです。

このタイプの社長は穏便な性格のいい人なのかもしれませんが向上心の強い社員たちからすると、悪いところを指摘してくれないところで嫌いと感じられてしまうかもしれませんね。

自己中心的でルールを守らない社長

これは先ほど述べた会社を自分のモノのように扱う社長と似ているかもしれません。

例えば、部下には仕事中にデスクでお菓子を食べるな。などと言ってくるくせに、自分はお菓子を食べていたりする。また、これは法律に関わる問題ですが、残業代を出さずに、残業をさせることです。

前者ならまだ可愛いものですが、後者は許せる問題ではありません。自分の給料や生活に関わってきますからね。

このような社長は「社長が嫌い」というよりも前に、いてはいけない社長なので内部告発してやめさせましょう。この場合、社長が嫌いなどと悩んでる前に転職してしまいましょう。

この中に社長が嫌いなあなたと同じ意見はありましたでしょうか。

もしこの中に該当するものがあってもなくてもあなたが「社長が嫌い」と思っているなら転職しましょう。

それで救われるのであれば悪いことはないでしょう。楽しく働ける環境が一番ですからね。

社長が嫌いだけどなんて言ってやめようか

「さぁ、転職する気になったけどなんていってやめればいいのだろうか?」と考えて悩む方も多いと思います。

単刀直入に「社長が嫌いなのでやめます。」なんて言えるのならさっさとやめていますよね笑

このようにはっきりと物申せないという場合は、ちゃんと理由を説明しましょう。

ここでの理由は、社長きらいだと言うことではなく別の理由を用意しましょう。

しかし、嘘をついたらしばれてしまうかもしれません。そうなってはさらにやめづらく、面倒臭くなってしまうので、「新しい分野での仕事に挑戦してみたくなった。」などの正当な理由を考えましょう。

ただやめたくなったでは、「次の仕事はどうするんだ。まだ決まっていないならここで継続して働いた方が楽だし生活も安定するだろう。」などと言われてしまうかもしれません。

そのため今の自分はこのようなビジョンがあり、このように働くことを希望しているという話を考えておくことが大切です。

最近では直接退職に関する話をするのが嫌な人に向けた、退職代行サービスというサービスも存在しています。

なので退職で困ったときはそのようなサービスを利用するのも有りなのかもしれませんね。

転職を考えたら、参考にしたい転職サイト

総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
公開求人数38,830対応地域全国
非公開求人120,000以上ターゲット層ハイクラス、エグゼグティブ層
強い業界IT、医療、製造など業界多数年収UP実績多数

いざ新しい仕事を始めようと思っても何も情報がない状態ではとても厳しいと思います。

ここで紹介するサイトを使って間違いのない転職を成功させましょう。

パソナ

パソナキャリアは業界トップクラスの転職エージェントです。

掲載企業から直接情報を聞き出しているリクルーティングアドバイザーと、転職希望者と直接やりとりをするキャリアアドバイザーに分かれてサービスを提供しています。よって他社と比較して、企業の情報量の多さやアドバイザーによるサポートの評判が高いです。

掲載求人数は40,000件を超えていて、amazonやみずほ銀行、三菱重工といった各業界の有名大手企業の求人も揃っています。転職が初めてだけど妥協もしたくないという方におすすめの転職エージェントです。

エン転職

現、元社員の口コミが読めます。事前に応募企業の面接内容も把握できます。さらに掲載している8割の求人がエン転職だけで募集をしています。

リクルートエージェント

キャリアアドバイザーとの面談を経てから求人の紹介や転職支援サービスを受けることができます。求人数の多くが非公開求人で業界最大級の約15万件です。

doda(デューダ)

強み診断の評判が良いです。約10万件以上の多彩な求人の種類を誇ります。女性のための転職情報のトピックもまとめられています。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

pagetop