転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 転職ノウハウ集 > 無期雇用派遣のメリット・デメリットを徹底解説!

無期雇用派遣のメリット・デメリットを徹底解説!

🕒 2019/02/06
このエントリーをはてなブックマークに追加
無期雇用派遣のメリット・デメリットを徹底解説!

無期雇用派遣と何かを分かりやすく解説いたします。

無期雇用派遣となにか?デメリットとメリットは?などの疑問にお答えします。

そもそも無期雇用派遣ってなに?

総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
公開求人数38,830対応地域全国
非公開求人120,000以上ターゲット層ハイクラス、エグゼグティブ層
強い業界IT、医療、製造など業界多数年収UP実績多数

まず「無期雇用派遣」と聞いてその特徴などがピンとこないという方もいらっしゃるでしょう。

ここでは初めに、いったい無期雇用派遣とは何なのかについて分かりやすく説明いたします。

無期雇用派遣とは?

2013年(平成25年)に労働契約法が改正されました。

そこで、無期労働契約への転換という規則が定められました。

そこで生まれたのが、「無期雇用派遣」です。

有期労働契約(期限が設定されている労働契約)が5年を超えて再び更新された時、労働者からのリクエストで無期雇用派遣に契約を変更できるという仕組みです。

わかりやすく説明すると、同じ派遣先との契約が複数回にわたって更新され、2013年4月1日以降に開始された契約の年数が通年で5年を超えたとします。

その場合、契約の終わりを設定せずに働くことができる契約を派遣先と結ぶことが出来るのです。

登録型派遣との違い

では、他の契約派遣である登録型派遣との違いは何なのでしょうか?

まず登録型派遣とは、簡単に言うと、派遣会社と派遣されるスタッフの間で雇用契約を結ぶという仕組みになっています。

一方で、無期雇用派遣は、先ほども説明したように、派遣会社と派遣されるスタッフの間では期限を定めることなく契約できるシステム形態をとっています。

また、この2つの派遣契約には、給料の支払い面での違いもあります。

登録型派遣では、派遣スタッフの方の派遣先が決まるまでは、ただ単に派遣会社に「登録している」というだけの状態になってしまうため、給料がもらえません。

しかし、他方の無期雇用派遣の場合、派遣会社と常に契約を結んでいる状態を保てるため、給料を毎月継続してもらうことができるのです。

正社員との違い

次に、よく疑問として上がりやすい正社員と無期雇用派遣の違いを解説します。

この2つの雇用形態では、契約期間を定めないという点が共通しています。

しかし、各種の社会・労働手当や賞与に違いがあります。

そのため、残念ながら無期雇用派遣に変更したからといって、正社員になったということではありません。

無期雇用派遣で働くメリット

無期雇用派遣が何かを知ったところで、次にそのメリットをご紹介したいと思います。

給料を安定して受け取れる

先ほど説明したように、無期雇用派遣は派遣スタッフと派遣会社の間には常に雇用契約があるため、安定的に給料を得ることができます。

絶えず就業できる

派遣会社に無期限で雇用されているという状態は、派遣会社が派遣先を常に保証して用意してくれるということでもあります。

派遣会社は、派遣スタッフが派遣会社で仕事をしない限り、利益を得ることができないうえ、実務をしない無期雇用派遣スタッフに給料を与え続けなくてはいけません。

そんなにことをするにもいかないので、安定的に派遣先の企業を用意してくれるのです。

長期間、同じ職場で働くことが可能

派遣社員は、労働社派遣法によって、3年以上の同一組織での勤務が許されていません。

しかし、無期雇用派遣の場合は、その制限に捕らわれなくて済むのです。

派遣会社に期限を定めず雇用されているため、年齢を重ね他としても、雇用の安定が実現可能なのです。

3年間でキャリアが途切れてしまう派遣社員に比べて、キャリアを長期的に磨くこともできるため、大きな利点になるとでしょう。

手当や昇給

先ほど正社員と無期雇用派遣の違いの所で説明しましたが、手当や昇給、賞与の制度は正社員とは異なります。

しかし、ないというわけではないのです。

<自分の頑張りに対して収入アップ出来るのです。

また、登録派遣とは違って、賞与制度もあり、収入アップも時給アップという形ではありません。

キャリア支援を受けられる

無期雇用派遣を行う派遣会社には、法律による義務としてキャリア形成支援制度が設けられています。

そのため、研修やキャリアアドバイスなど多様な支援を受けることができます。

無期雇用派遣で働くデメリット

一方で、無期雇用派遣にはデメリットもあります。

雇用の安定を保証する代わりに、様々な義務も課されるので把握することが必要でしょう。

自由な働き方が困難

「派遣社員としての自由な働き方が難しくなってしまう」ということは、代表的な欠点であります。

限られた期間内で、自分に合った職場で自分のスキルを活用して働くことが難しくなります。

また、契約が切れれば、派遣先から自由になるというのも派遣社員ならではの魅力でしょう。

また、安定的に派遣先が用意されるというのは、自分のタイミングでの有給休暇が取りづらい環境でもあります。

無期雇用派遣の面接を受ける時のポイント

次に、無期雇用派遣の面接を受ける際のポイントをご紹介します。

面接では、よく聞かれる質問の他にも人柄ややる気を見られていることを意識しましょう。

よく聞かれる質問ですが、例えば、これまでの職務経験や志望動機、長所や短所などがあります。

これらの質問は予め、用意して面接に臨むことが必要でしょう。

ほかにも、多くの場合、筆記試験があるので、事前に参考書などを使って対策をしておくと良いでしょう。

まとめ

総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
公開求人数38,830対応地域全国
非公開求人120,000以上ターゲット層ハイクラス、エグゼグティブ層
強い業界IT、医療、製造など業界多数年収UP実績多数

無期雇用派遣には様々なメリットとデメリットがあります。

また、一様にこの派遣・雇用形態が良いというのはありません。

自分に合った労働環境であるか。ストレスなどがかからないか。などを考えて決めることが重要です。

それぞれの雇用や契約のデメリット・メリットを比較して決めましょう!

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

pagetop