転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 企業研究 > 博報堂プロダクツに転職すべき!?

博報堂プロダクツに転職すべき!?

🕒 2019/03/01
このエントリーをはてなブックマークに追加
博報堂プロダクツに転職すべき!?

博報堂といえば大手広告代理店ですよね。

今回はその子会社である博報堂プロダクツの転職状況をまとめました。

博報堂プロダクツってどんな会社

博報堂の子会社といっても、業務内容はどのようなものなのか。

主な業務内容としてはTVCM等の映像の企画制作、プロモーション業務のプロデュース、デザイン企画制作等を行っています。

設立は2005年。資本金は1億円からなる大きな会社と言って良いでしょう。

博報堂プロダクツの平均年収は543万円

転職に置いてもっとも気になるのは年収ではないでしょうか。

博報堂プロダクツ(従業員1675人)の年収は20~24歳で324.2万円、1番高い50~54歳の時は657.7万円が平均年収となっています。

これはあくまで、一例であり、博報堂プロダクツには12の事業本部と23の職種があります。

それぞれの事業本部によって手がける業務や作品が異なってきます。

それらのことも考えて転職の際には年収を考えたほうが良いと思います。

勤務時間や残業・休暇について

博報堂プロダクツではフリーバカンス制度という制度を設け居てるそうです。

1年あたりに5連休が2回も取得できるそうです。

これは嬉しい制度ですね。

しかしながら、有給もとることができると会社はうたっていますが、現場は繁忙状況にあり完全に職場から離れることは厳しいそうです。

有休を取得できてもモバイルPCで仕事をすることは当たり前だろいう口コミがありました。

イベント部以外基本は土日完全休だそうですが、出社している人もいるそうでモチベーション次第だそうです。

広告代理店、映像コンテンツ系統に多いことですが、残業という考え方が当たり前なところがあります。

業界特有のシステムであるとわりきることも大事かもしれません。。

福利厚生・オフィス環境

転職するにあたっては福利厚生ももちろん大切です。

またオフィス環境も今いるところよりはより良い場所の方が労働意欲がわきますよね。

口コミなどをみると、立地は少し微妙だという意見がありましたが、備品やオフィス自体はキレイになっており働きやすい環境にはあるといえそうです。

社員の健康維持に向けた取り組み・制度である人間ドックや健康診断などはかなり充実しているようです。

企業年金はなくなるらしいのですが、それに取り替わる施策を考えている様子で、健康保険によるリゾート利用や有給休暇の取得はしやすい空気があるようです。

社内でン同会や花見のようなイベントも行われており楽しい社内雰囲気が見受けられます。

会社の強み・将来性

博報堂プロダクツの今、経営利益が良くても今後の利益などを考えるとどのように推移していくかは自分自身の財布に直結してきますよね。そこについて書いていきたいと思います。

この業界に多く見られるのが離職率の高さです。

そういった面でみると離職率はまあまあといったところでしょうか。

そのぶん中途入社もおおく雇用していますので、転職はしやすい環境にあると思います。

広告業界全体が斜陽産業にあるのですが、そんな中でも博報堂プロダクツは売上を上げ続けているので終身雇用などといった点では安心できるのではないでしょうか。

仕事のキャリア・やりがい

総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
公開求人数68000対応地域全国
非公開求人有りターゲット層エグゼクティブ層
強い業界IT/メーカー/金融年収UP実績9割

どんな仕事でもやりがいがなければ続けて働いていくこは厳しいと思ます。

博報堂プロダクツでの仕事のやりがいについて書いていきたいと思います。

博報堂プロダクツは博報堂の子会社であるのであくまでも子会社としての会社の動き方であるということを念頭に置いておかなければなりません。

しかし、業務自体のやりがいは良いと感じている社員が多いようです。

かなり自由度が高いしごとであり、裁量は大きいそうです。

起案機会もかなりあり、なにより経営陣、幹部との距離が他の企業とは違いかなり近い距離にあるそうです。

代理店としてのBLTはほぼこなすことが可能で、ATL領域もできる機会があります。

これはかなり珍しいケースですね。

博報堂がアウトプットであり、コンテンツなどで中途半端なコンテンツは決して満足してもらえません。

そのぶん、自分自身を追い込み、超えたところにこそ成長を感じている社員さんもいるそうです。

研修・社内制度・人事制度などについて

博報堂プロダクツでは入社時の研修や、2,3年目の研修、その他の社内研修などはかなり開いており、会社全体での情報共有の場所は多く設けられているそうです。

しかし、基本がOJTなので、積極性が求められます。

また、最初の方にもかきましたが、事業部がたくさんあるので、その事業部によっても研修の頻度などはかなり変わってくるようなので、注意が必要です。

目標は数値化された目標を設定しており、それにたいして、成果到達を年に3度ほどの面談を通して確認しているようです。

またそれを賞与に反映している点も、良いと思います。

まとめ

博報堂プロダクツの転職情報はいかがでしたか?

社内の雰囲気はどなたも丁寧に教えてくれるという書き込みが多かったので、良い雰囲気なのではないかと思います。

いまの時代は転職が当たり前になりつつあります。

じぶんのスキル、キャリアアップのために一度転職を考えてみても良いのではないでしょうか。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

pagetop