転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 企業研究 > 【転職者必見】ぐるなびへ入社するためには

【転職者必見】ぐるなびへ入社するためには

🕒 2019/03/01
このエントリーをはてなブックマークに追加
【転職者必見】ぐるなびへ入社するためには

「美味しい物が食べたい」そう思ったときに思わず使ってしまうポータルサイト「ぐるなび」。

実はぐるなびは1989年に設立されました。

従業員数は1845名で東証一部に上場しています。

非常に大きな会社ですね。

このサイトでは株式会社ぐるなびの転職状況について年収の面だけでなく様々な面から考えていきたいと思います。

年収は?勤務時間は?

とはいってもまずは、自分自身の生活に直結してくる年収が気になるところ。

まず会社全体の平均年齢は31.7歳と他の平均とみてもかなり若い人が働いている様子です。

社内に活気があふれていそうですね。

さて、平均年収ですが、501万円が平均年収だそうです。また、部署によっても差はあり、営業系が438万円、企画・事務・管理系が557万円一番高いITエンジニア系が650万円となっており、その差はかなり大きいと思います。

勤務時間の平均は10-11時間となっています。

正社員の平均勤務時間が8.9時間となっておりそれと比べると少し長く働いている様子です。

しかし、ほぼ半数の人が現在の労働時間に満足しているので、労働自体はさほど過度な労働ではない様に思います。

年齢が上昇するにつれて労働時間には不満があるようなのでその点は注意が必要かもしれません。

有給消化率は40-60%となっています。

社風や福利厚生は?

働く上で大切なのは環境。そして、福利厚生ですよね。

もしも、なにかがおきたときに保険などが効かないと大変なことになります。

まず、社風からお話していきます。

社風はやや仕事重視の傾向にあるみたいです。

本社のオフィスはかなり清掃が行き届いており、その点は安心して仕事ができそうです。

資格試験の補助や勉強会などは不空数準備されているそうですが、時間に余裕があるときや、仕事の手が空いている人しか利用できない状況にあるそうです。

男女比は半々で女性も活躍できる環境にあります。

役員に女性が多くいるので女性社員も自由に働くことが可能なようです。

ただし、年功序列的な文化が残っているとの意見もありました。多くの人が会長をみて仕事をしているために、ころころと様々な施策を中途半端に実施しているとの意見もありました。

続いて福利厚生ですが、健康診断は健康組合の健康診断なのでキレイなクリニックで受けることが可能なようです。

ぐるなびならではのようなユニークな福利厚生は特にないようです。

会社全体が個人で実績を残せるかどうかというところを肝としている会社なので人の意見を尊重する人や、周りに合わせるのが苦手な人はこの会社には向いているかもしれません。

東証一部上場企業なので退社後も確定拠出型年金があるのでそのてんは安心できますね。

会社の将来性について

この会社で長く働いていくためにも、会社の方向性、将来性、成長性を知ることは大切です。

つぎにこの3点についてお話したいと思います。

まず、方向性ですが、現在ではグルメだけにこだわらず、旅行などのサービスにも注力を注いでいるようです。

どうしても、形態がサービス業なので競合が多いのが現状です。

そのなかで、あらたなプラットフォームを獲得していこうとしているのが今の会社の方向性のようです。

つぎに将来性ですが、ぐるなびは加盟店型モデルをとっています。

サイトに掲載する加盟店からお金をもらうといった形で利益を上げています。

また、現在はお店の開示した一方的な一次情報だけにレストランを探さなくなってきています。

どうしても、お店以外の第三者からの情報、レビューが欲しいのが人であり、また現在はその情報をほかのサイトから簡単に入手することができています。

そうした状況を考えたときに、グルメなどの飲食業の紹介サービスで現在の会社規模を維持していくのは厳しいかもしれません。

成長性としてこの点をみてもこれ以上成長するためには何かしらの施策が必要になってくるかもしれません。

新規事業への取り組み

では現在この会社はどのような新規事業をおこなっているのか。

最後にその点についてお話していきたいと思います。

現在は飲食店へのインバウンド受け入れ強化や飲食店への業務効率改善所品・コストダウンにつながる施策など様々な新規事業を行っている様子が見られます。

社会貢献としては、この会社の会長が文化活動にかなり力をいれているとの意見がありました。

日本の食文化を世界に紹介するための事業、アクションを行っています。日本食のユネスコ無形文化遺産登録のための事業をおこなっていたり、料理人の育成のためにコンテストを定期的に開く等のイベントも行っています。

また、企画開発部門は事業以外の分野にも取り組める体制が用意されています。

まとめ

総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
公開求人数68000対応地域全国
非公開求人有りターゲット層エグゼクティブ層
強い業界IT/メーカー/金融年収UP実績9割

今回の転職紹介はいかがでしたか。

ぐるなびは現在、少し勢いが落ちてきているかもしれません。。

ただし、自由に働く環境は整っているので、あなたの力で会社に新しい風を吹かせるのも良いと思います。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

pagetop