転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 企業研究 > 【転職者必見】ソフトバンク・テクノロジーへ入社するためには

【転職者必見】ソフトバンク・テクノロジーへ入社するためには

🕒 2019/03/01
このエントリーをはてなブックマークに追加
【転職者必見】ソフトバンク・テクノロジーへ入社するためには

皆さんは「SoftBank」ときいて何を思い浮かべますか?

お父さんで有名な白戸家でしょうか?笑

今回はソフトバンクグループの中でICTサービス事業を展開しているソフトバンク・テクノロジー株式会社にてついてお話していきたいと思います。

一体年収はいくらなのか?福利厚生は?女性に優しい会社なの?

などと言った、様々な疑問に答えていきたいと思います。

これから転職を考えているそこの貴方!

必見ですよ!!

ソフトバンク・テクノロジーの年収は??

転職を考える際にまず気にするのは年収ではないでしょうか?

今働いている会社よりもよりよい条件の会社で働きたいのは当然だと思います。

年収が高ければそれだけ自分の生活水準レベルが高くなります。

ソフトバンク・テクノロジーの年収は一体いくらなんでしょうか。

新卒から入社した人だと40歳の役職がない状態で600~700万円となっています。

年収は上向き傾向ですので、IT業界の中では平均より少し上くらいであると言えるでしょうか。

残業代などはフルで支給されますので、残業などをして稼ぎたい方には良いかと思います。

退職金という形はありません。

積立方式となっています。

しかしながら、同じソフトバンクグループで年収を見てしまうと

ソフトバンク本社

ソフトバンクテレコム

ソフトバンクモバイル

ソフトバンク・テクノロジー

の通りです。同じ、ソフトバンクグループの中では最下位です。

そうした点からみると、他のグループ会社に転職した方が年収という点では良いかもしれません。

ソフトバンク・テクノロジーの勤務時間・休日など

「年収がグループ会社で一番低いなら、この会社で働く必要はないんじゃないか・・・」

そう思った人も少なくないと思います。

しかし、転職を決めるに当たっての条件はそれだけではありません。

何より、年収をたくさん貰っていたとしても、まったく休みがなかったら本末転倒です。

そこで、ソフトバンク・テクノロジーの勤務時間や休日についてお話していきたいと思います。

ソフトバンク・テクノロジーの平均勤務時間は9-10時間となっています。

これは、この業界、またその他の業界でも平均的な時間であると思います。

残業については月に0-10時間ほどです。

これはかなり少ないと思います。

この系統の職種ですと、残業は比較的に多くなりがちです。

しかし、ソフトバンク・テクノロジーでは忙しくなっても40時間を超える残業はありません。

手当も必ずしっかりともらえるので特に不満はないようです。

ソフトバンク・テクノロジーの福利厚生

休暇や残業と同じくらい大切なのが福利厚生です。

福利厚生がしっかりしていないと、後々に困ることになります。

また、その会社ならではの独自の福利厚生をもっている会社があり魅力的な福利厚生の場合もありますよね。

まず、有給休暇以外の休暇についてですが、アニバーサリー休暇や誕生日や記念日などで1度休める制度、恩人感謝の日、ソフトバンクグループ共通でGW中日を休暇とする制度などがあります。

有給休暇以外にも割と自由度が高く休暇を取ることができるのはとても良いと思います。

交通費は全額支給であり、住宅手当なども一部支給されます。

毎週水曜日がノー残業DAYとなっており、残業時間が少ないことに繋がっているようです。

ただし、この恩恵を受けられるのは正規社員であり、契約社員は受けられません。

この格差が現状の問題となっているようです。

これは福利厚生とは関係がないかもしれませんが少し、オフィス環境についても記述したいと思います。

ソフトバンク・テクノロジーのオフィス環境はとても良いと思います。

オフィスは東新宿に構えており、大変綺麗で開放的だそうです。

きれいなオフィスで業務を行なうとモチベーションが上がりますよね。

ソフトバンク・テクノロジーの会社の強みや安定性について

ソフトバンク・テクノロジーへ転職する上で重要な今後の将来性や安定性についてお話していきたいと思います。

まず、将来性についてですが、これは完全に親会社であるソフトバンク本社に委ねられていると思います。

また、周りのグループ会社の成長によっても全く将来性が変わってくるのではないでしょうか。

安定性という意味ではこの会社はかなり安定すると思いますが、自分の思ったことをすぐ実現するような機動力は薄いかもしれません。

ソフトバンクグループの業務をこなすことがマストにあるために、そこからどう1会社としての個性を出していくかが将来性に繋がってくると思います。

人事制度や社内制度について

総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
公開求人数68000対応地域全国
非公開求人有りターゲット層エグゼクティブ層
強い業界IT/メーカー/金融年収UP実績9割

転職するに当たってはその会社がどういった体制で動いているのかについては詳しく調べておく必要があります。

入社してから分かることも多いですが、知識が0のまま行くとその会社に対しての不満が溜まりやすいと思います。

技術者向けの研修やSBに向けた研修などは多くやっているようで、かなりプログラマーの育成に力をいれているのが見受けられます。

人事制度はMBOという目標管理制度を取り入れており、実力次第で職位が上がる仕組みになっていますが、未だに年功序列で給料が上がっているようです。

そのてんについては、社員たちからも不満が上がっているようです。

最後に

転職は自分にとっての転機でありますが、それが故になかなか一歩を踏み出すことができない人が多いと思います。

まずは、自分で調べてみるなど興味をもったら実行に移してみましょう!

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

pagetop