転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 企業研究 > 【転職者必見】ゴールドマン・サックスへ入社するためには

【転職者必見】ゴールドマン・サックスへ入社するためには

🕒 2019/03/01
このエントリーをはてなブックマークに追加
【転職者必見】ゴールドマン・サックスへ入社するためには

ゴールドマン・サックスという会社をご存知でしょうか?

サックスを売っている楽器販売会社ではないですよ笑

ゴールドマン・サックスは本社をニューヨークに置く金融グループです。

そんな外資系企業はビジネスマンなら一度はきいたことがあるはず。

転職の難易度は相当高いと言われていますが、その分やりがいのある仕事なのでしょうか?

今回は様々な角度からゴールドマン・サックスを見ていきたいと思います。

年収について

ゴールドマン・サックスへ転職を考えている多くの人が気になるのは年収ではないでしょうか。

現在働いている会社よりもより高い給料のほうが嬉しいですよね。

お金は自分の生活に直結してくるものであり、会社において自分が頑張った対価だと思います。

さて、ゴールドマン・サックスの年収は評価制度が基本となっているようです。

360度評価で自分が選んだ数人に評価をお願いするようです。

自分の認識と大差のないフェアな評価を得ていると思っている人が多いようです。

確かに、距離感のある役員から勝手に評価をされても不満が募る場合が多いですよね。

一般的なIT金融企業に比べて年収のほうはかなり高いようです。

最近のIT業界を牽引するGAFAの給与が高いことにすぐに、対応して新卒の給与を上げるなど、柔軟な対応が取れていると思います。

在籍5年の新卒社員さんが1100万円の年収をもらっていたとありました。

基本給が75万円で賞与が150万円といった形ですね。

IT企業に多いのですが、自分の実力次第で給与はかなり上がっていくので人によって差は大きく異なると思います。

企業体制や企業文化について

ゴールド・サックスマンへ転職を考えているそこのあなた。

あなたは、ゴールド・サックスマンについてどの程度知っているのでしょうか。

その企業体制や企業文化について知っていなければ転職は難しいと思います。

ゴールド・サックスマンが行っている事業は投資銀行事業と呼ばれているものです。

経営不振に陥っている企業に投資を行い、その企業を改善させてそこで得た利益を回収するといった流れが、仕事の内容となってきます。

取り上げられている例のなかで有名な例がユニバーサルスタジオジャパンではないでしょうか。

ユニバーサル・スタジオジャパンは見事投資事業によって経営を回復しました。

さて、企業体制ですが、正社員についてはかなり優秀な人材が多いようです。

特にテクノロジー部門には非日本人が半分以上を占めており、グローバルな環境での仕事が必要なため、業務はほとんどが英語で行われているようです。

レイオフとレイアウトを定期的に行っているようなので、社員の士気は高くはないようです。

ワーク・ライフ・バランスについて

どんなに年収を高くもらったとしても、休日などをきちんととれなかったら不満は貯まるものです。

また、この業界に多いのですが、残業は当たり前、「終電で帰るのがビジネスマンだ!」のような風潮があります。

ゴールドマン・サックスのワーク・ライフ・バランスは果たしてどうなのか、転職を考える前に是非参考にしてほしいです。

まず、有給ですがこれは他のIT企業と比べてみても消化率はかなり高いようです。1~2週間の休みをまとめて取ることができ、また病気の時には有給とは別に休みを取ることも、もちろん可能なようです。

投資銀行事業で有名なM&Aなどを見ていると遅くまで働いていることや、休みの日の出勤は当たり前といった風潮がありますが、そのようなことはほとんどないようです。

労働時間についての規制がかなり厳しくなってきているので部署ごとに労働時間の長い部署は改善に取り組んでいるようです。

しかし、どうしても企業さんとのお付き合いが多いため、接待や飲み会などで体力を奪われてしまったり、精神的に疲れることはあるようです。

時代の流れに逆らうこともなく、きちんと労働時間を管理できているので、その点は安心できると思います。

女性の働きやすさについて

総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
公開求人数68000対応地域全国
非公開求人有りターゲット層エグゼクティブ層
強い業界IT/メーカー/金融年収UP実績9割

転職を考える上で、女性の働きやすさを考えていくことは必要だと思います。

女性視点からの意見が現在のIT業界には少ないと言われており、これからは女性の意見が大変重要になってくると思います。

そういった面でも女性の働きやすさは今後の会社の売上に直結してくると思います。

さて、まずゴールドマン・サックスには社員専用の保育園もあるそうです。

子供を迎えに行ったりするために早く帰らなければいけないなどといった心配がなくなると思いますし、子供の居場所を把握できるので大変便利だと思います。

ベビーシッターの補助費用も出るようで、ここまでの手当があるのはなかなか珍しいと思います。

まとめ

今回はゴールドマン・サックスへの転職について、同じような系統の会社にはないような視点をいくつか取り上げてみました。

その他の細かい詳細などは別のサイトなどに記載されていると思います。

是非、たくさんの情報を集めて自分にとって悔いのない転職にしてください。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

pagetop