転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 企業研究 > Appleに転職するために知っておくべき中途採用の突破方法

Appleに転職するために知っておくべき中途採用の突破方法

🕒 2019/04/15
このエントリーをはてなブックマークに追加
Appleに転職するために知っておくべき中途採用の突破方法

スマートフォンの代表格であるiPhoneやタブレットのiPad、薄さや機能が魅力のパソコン・macbookなど、数々の画期的な商品を世に送り出してきたApple。

そんなAppleで働きたい、と思う方は少なくないでしょう。

「けど中途採用じゃ…」

そんな心配をしているそこのあなた!

ここではAppleで働きたい人必見の中途採用突破のコツを紹介します!

Appleとはどんな会社?

中途採用を狙う上で、まずは相手のことをよく調べ、知ることは定石です。

Appleとはどんな会社なのでしょうか?

Appleはアメリカの西海岸にある小さなガレージで産声を上げた、コンピューターの発展とともに成長してきた企業です。

Macintoshというコンピューターを世に送り出し、世界に「パーソナルコンピューター」という市場を作り上げました。

会社や製品はとても有名であるため、事業内容に関してはよく知る人も多いのではないでしょうか?

では次にAppleにはどんな職種があるのかを紹介していきます。

Appleの職種紹介

Appleの職種は大きく3つに分けられます。

・本部スタッフ

・法人販売営業

・ストアの店舗スタッフ

の3つです。

ではそれぞれの職種について解説していきましょう。

本部スタッフ

本部スタッフはその名の通り、六本木ヒルズにある本社でAppleという会社を運営するための仕事をこなします。

この職種には中途採用枠があり、Appleへの就職を狙うことができます。

難易度は低いとは言えませんが、挑戦して見る価値はあるでしょう。

この本社で働く上で最も必要なスキルは英語力です。

Appleはアメリカで生まれた企業ですので、同僚や上司には英語を母国語とする人が多くいます。

そのコミュニケーションのため、ある程度の英語力は必要といえます。

法人販売営業

法人販売の営業職にも中途採用枠はあります。

ある程度の営業などで積んだ経歴や経験があれば書類選考で落とされることはありません。

また、日本の法人に営業をかけるため、採用の際に英語力は重要視されません。

「Appleで仕事をしたいけど英語ができない」

という人にはこの法人販売営業をおすすめします。

ストアの店舗スタッフ

Appleでの中途採用を狙うのであればこの店舗スタッフでの採用を目指すのが一番の可能性を秘めています。

Appleの文化にその人の雰囲気や言動がマッチしているか、またコミュニケーション能力の有無が重視されます。

お客様には外国人も多いため、こちらも本部スタッフ同様、英語力が必要になります。

とはいえ会話を問題なくでき、商品を売り込むことができれば良いので、そこまで高いハードルではありません。

Appleの中途採用を突破するには?

ここまで紹介してきましたが、ここからはAppleの中途採用を突破するために何が必要か、ということを紹介していきます。

英語力

まずは英語力です。

Appleは国際色の強い会社ですので、本部スタッフや店舗スタッフを目指す場合、英語力が必須条件になってきます。

ビジネスレベルの英語力が求められるのです。

そのため、独学で英語を学ぶなり、英会話教室にかようなりと、英語力に自信を持てない人はまずそこからスタートをすることをおすすめします。

転職エージェントに登録する

Appleでの中途採用を目指すのであれば、自分ひとりでやろうとしてはいけません。

必ず、転職エージェントの力を借りましょう。

一から自分で積み上げるより、ある程度の実績を持つものに頼るのが賢明です。

おすすめの転職エージェント

では、そんな時に頼れる転職エージェントを紹介します。

マイナビエージェント

まずおすすめするのはマイナビエージェントです。

このエージェントは20代の皆さんにおすすめします。

なぜかというと、若手層向けの求人が豊富に取り扱われているからです。

20代の転職希望者に対してもキャリアアドバイザーと呼ばれる専門のスタッフが対応をしてくれ、具体的な提案やサポートをしてくれます。

リクルートエージェント

続いておすすめするのがリクルートエージェントです。

このエージェントの強みは転職実績や求人数が業界1であるということです。

エージェントの定番といっても過言ではないので、もしまだ登録をしていないという場合は登録することをおすすめします。

ビズリーチ

続いては「即戦力採用なら」というCMでお馴染みのビズリーチです。

ここはAppleのような高収入の求人、いわゆるハイクラス求人が他を寄せ付けないほど豊富です。

企業のヘッドハンターや転職エージェントからスカウトが届くことが多いので、採用に結びつく確率が高いのも特徴ですね。

こちらも登録をすることが可能なのであれば、登録することをおすすめします。

Appleの転職を狙うならスキルアップから!

ここまでAppleでの中途採用を狙うためのノウハウを紹介しました、

Appleは非常に人気で倍率が高い企業ですので、もし中途採用を狙うのであれば企業から見て魅力的な人間である必要があります。

そのために英語の資格であったり、専門的な知識を身につけたりと、企業に強烈なアピールができるようにしましょう。

そのスキルアップがある程度のレベルに達した時、あなたはAppleの社員として、仕事をしているかもしれませんね。

関連する他の記事

pagetop