転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > > 職場の人と円満退職するための交渉術

職場の人と円満退職するための交渉術

🕒 2019/04/17
このエントリーをはてなブックマークに追加

「今の職場をどうしても辞めたい」「新しい環境へチャレンジをしてみたい」などと色々な理由があるとは思いますが、その際は転職や退職の選択肢をとることをしなければなりません。

「もう辞める予定の企業なのでどう転んでも関係ないだろう」と思ってはいけません。

そのような思いで退職時にマナー違反などを起こし企業の上司をはじめ同僚など企業全体に迷惑をかけてしまうことになりますし、転職先の職場で今後必ずしも取り引きなどのビジネスの場で出会わないと保証できるわけはありません。

多かれ少なかれお世話になってきたことでしょう。

失礼や迷惑をかけることなくかつスムーズに執り行っていきたいはずですので、退職交渉を行っていくタイミングや引き止めされた時の対処法などのさまざまな事柄について様々なポイントを押さえておきましょう。

この記事ではいくつかの項目ごとに分かれて紹介していきたいと思います。

なぜ転職や退職の選択に決めるのか

まずあなたはどのような境遇で転職及び退職の選択肢をとるのかもう一度深く考えてみてください。

転職や退職をするなとは一言も言っていません。

安易に選んでしまうと必ず後悔してしまいますし、今後もすぐなにかトラブル等起きてしまうと転職や退職すれば良いやという甘い考えになってしまいがちだからです。

退職までの流れと注意すべきポイント

様々な理由とありましたが、ではこれから退職までの大まかな流れと注意すべきいくつかのポイントを紹介していきます。

退職までの大まかな流れ

・退職プランニングを立てる

大まかな退職プランニングを立てるようにしましょう。

ニートへの道に進むことがない限りは求職活動をされる方がほとんどでしょう。

求職活動に関してですが、まずはどのくらいの期間を設けるのか決めましょう。

お勧めは少し猶予を持って設定すると良いです。

・求職活動を行っていく形態を決める

そして重要なのが、求職活動を今の職場で働きながら行っていくのか、それとも職場を辞めてから行っていくのか、ということです。

今の職場で働きながら求職活動を行うととても大変になってきてしまいますが今後への経済面等の心配をせずに行っていくことをできるのがメリットになります。

職場を辞めてから求職活動を行うと転職の際の面接などへの日程確保が容易となることや何よりも求職活動に専念できるのがメリットになります。

どちらも一長一短な選択肢なので絶対にこっちにすべきというのはありませんので、あなた自身の環境をしっかりと考慮して検討するようにしてください。

またもしかしたら求職活動の期間と並行に決めるのが良いのかもしれませんね。

それでは注意すべきポイントをいくつかみていきましょう。

注意すべきポイント

・退職の意思を伝える際には必ず上司に口頭で伝えること

私的ではなく公的であるのでメールなどで伝えるのは論外です。

その際ですが、自分の意思をありったけぶつけるといったことではなく丁寧にかつ意思を貫いていくといったことを念頭に置いて伝えていくのがベターと言えるでしょう。

・今の職場の不平不満は一切言わないこと

もしかすると何かしらの不平不満がある方もいるでしょう。

ですが、そういった不平不満を表に出して言うは避けるべきです。

退職する人が辞める職場の不平不満を言い連ねてその職場にいる人たちが気持ちよくなるわけありません。

そのようなモラルは兼ね備えましょう。

円満退職をできない人の共通点とは

円満退職を目指していく方にとっては円満退職をすることのできない人の共通点や特徴となる部分について知っておくべきでしょう。

これからいくつかの共通点や特徴をご紹介します。

退職希望している日にちの直前期に申し出ること

退職希望している日にちの直前に申し出ることは円満退職をできない人に多いかと思います。

もしかしたらアルバイト時代に直前期に申し出たり、そもそもバックレてしまった人ももしかしたらいるのではないでしょうか。

そのような人は経験があるのかもしれませんが、物理的に困難する場合が多くなります。

そうなってしまった場合は人間関係なども問題なく順調であっても多大な迷惑をかけてしまうことだけでなく、最後の最後に不信感を覚えてしまうために円満退職とはならなくなってしまいます。

退職交渉等の際に曖昧な態度でいること

すぐに職場側がすんなりと受け止めてくれるとは限りません。

引き止めてくる場合もあることでしょう。

その際に曖昧な態度や不明確な返事であったりすると上司などがスムーズに退職手続きに進めてくれず退職希望している日にちの直前までに持ち込んで結局トラブルになってしまうことも珍しくはありません。

新しい転職先の内定をもらっていたのにも関わらずトラブルなどが原因で内定が取り消しになってしまったケースもあるので注意してください。

終わりに

いかがだったでしょうか。

転職や退職はそう簡単にできることではありません。

このことからしっかりとプランニングを立てて順序通りに行うことを徹底するようにしてみてください。

新たな一歩を踏み出す機会でもあるので丁寧に公開のない転職を行ってください。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

pagetop