転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 業界職種別の重要知識 > 営業 > 営業を辞めたいのは甘えじゃない!適職を見つけるための第一歩

営業を辞めたいのは甘えじゃない!適職を見つけるための第一歩

🕒 2019/04/18
このエントリーをはてなブックマークに追加
営業を辞めたいのは甘えじゃない!適職を見つけるための第一歩

どんな業界でも共通している職種の営業職。

お仕事で営業を一度でも経験したことがある方は多いでしょう。

営業は、成功すれば会社の売上の貢献にそのまま繋がりますが、なかなか成績を出せないと、上司に怒られたり、自信をなくしたりとストレスになりますよね。

そのような状況が続くと仕事が嫌になり、仕事を辞めたいと思う人が出てくるのは当たり前です。

しかし、営業をやめたいと思っている方のほとんどは、、辞めた後どうすればいいのかわからない、という不安を抱えているでしょう。

ここでは、営業職に悩んでいる方に向けて転職で成功するためのコツとアドバイスをまとめました。

営業を辞めたくなる理由とは?

ノルマが厳しい

営業職には、必ずノルマというのものが存在します。

毎月厳しいノルマを提示されることも多くあるでしょう。

そしてノルマが達成できないと、上司にその理由を詰め寄られ、叱責されます。

その月のノルマが達成できたとしても、毎月また新たな目標が課せられるため、常にノルマを意識し続けなくてはいけません。

クレーマー対応が辛い

営業の仕事では、必ずお客さまと直接話さなくてはなりません。

もともと人と話すことが苦手な人は、その仕事内容自体ストレスになることもあるでしょう。

もちろん顧客からのクレームに対応しなくてはいけないこともあります。

どんなことを言われても、我慢して対応する必要があるため、精神的に辛いでしょう。

不規則で長い労働時間

朝から遅くまで、顧客の要望に沿って動かなくてはならないため、基本的に労働時間は不規則です。

ときには急に予約が入ったり、休日出勤もあるため、体力面でも大変でしょう。

営業に向いていない人の特徴

営業は大変な職種ですが、辞めたいと思う場合、もともと性格的に向いていないという可能性も考えられます。

ここからは、営業に向いていない人の特徴をご紹介します。

コミュニケーションが苦手

この職種では、さまざまな人とコミュニケーションを取ることが必須です。

上司だけではなく、顧客ともやり取りをする必要があるため、コミュニケーションが苦手な人は毎日プレッシャーを感じるでしょう。

プライドが高い

営業では、売上が一番大切になってきます。

顧客に対して、プライドを捨てて対応する場面ももちろんあるので、プライドが高すぎるとそれが邪魔になるでしょう。

ストレスを貯め込む

営業は、毎回成功するとかぎりません。

むしろ、失敗することのほうが圧倒的に多いでしょう。

その中で、毎回落ち込んでいたら、きりがありません。

失敗を引きずるタイプの人は、向いていないかもしれません。

モチベーションが低い

この仕事は、成果主義なため、どんな厳しいノルマを課せられたときにも常に達成しようという熱意を持ち続けることが必要です。

モチベーションが低い人は、長く続かないでしょう。

営業からの転職にオススメな職種

営業に向いていないという方は、新たな職種にチャレンジしてみるのがいいでしょう。

その場合におすすめするのが、ITの「専門職」です。

ここからは、IT業界おすすめの職種を具体的に紹介します。

WEBマーケティング

WEBマーケティングとは、ある商品をインターネット上で効率よく販売することを目的に、バナー広告を出したりPRページを作成したりする職種です。

基本的にパソコンと向き合っているので、コミュニケーションが苦手な人も仕事しやすいでしょう。

WEBディレクター

WEBディレクターは、WEBサイトから記事の企画、さらに取材先を選ぶことまで多岐にわたります。

そのため他のIT業界の職種と比べるとコミュニケーションが必要になってきます。

WEBデザイナー

WEBデザイナーは、WEBサイトのデザインをおこないます。

企業や個人などの顧客がに望むWEBサイトになるように全体の構成を考え、作成していきます。

転職エージェントを利用しよう!

ここからは、実際に転職を決めた方におすすめの転職エージェントをご紹介します。

リクルートエージェント

リクルートは圧倒的な求人数を誇る転職エージェントです。

非公開求人を紹介してもらえるチャンスもあります。

さまざまな業界や職種が掲載されているため、自分にあった仕事を見つけやすいでしょう。

doda

dodaの特徴としては、経験者を求める求人が多いことが挙げられます。

そのため、営業職で得たスキルなどを活かしやすい仕事を見つけられるでしょう。

また、ほかの転職エージェントと比較すると、年収が高い傾向があります。

type転職エージェント

type転職エージェントは、年収交渉が強く、利用者の7割が年収アップを成功させています。

利用者の満足度も高くなっているのでおすすめです。

おわりに

ここまで、営業を辞めたいと悩んでいる方向けに、自分にあっている仕事を見つけるためのコツとおすすめの転職情報を紹介してきましたがいかがでしたか。

営業職は厳しい職種ですが、この記事を読んで営業職をやはり続けようと思った方も、仕事を辞めたいと思い転職を決心した方も、ご自身を見つめ直す機会になれば嬉しいです。

関連する他の記事

pagetop