転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 業界職種別の重要知識 > 医療・福祉・介護 > 薬剤師求人サイトのすすめ

薬剤師求人サイトのすすめ

🕒 2019/05/15
このエントリーをはてなブックマークに追加
薬剤師求人サイトのすすめ
薬剤師として就職、または転職を考えている人のお手伝いをします。多くある転職サイト、どのサイトが結局良いのかわからない、悩んでしまう人に必見。自分にあった職場を探して、新しい仕事をはじめてみませんか。

薬剤師求人サイトの種類

多くの求人サイトがある中で、薬剤師に特化した薬剤師求人サイトはどのくらいあるのでしょうか。

実際、薬剤師求人サイトは沢山あります。沢山ありすぎて自分では選べない、何が違うのと疑問に思っている人のためにも、今回はそれぞれのサイトの強みをご紹介していきたいと思います。

まず、誰もが聞いたことがあるでしょうマイナビグループが運営しているマイナビ薬剤師というサイトです。この薬剤師求人サイトの強みは面談制度が充実している点です。

誰も新しい職場で働くことに、緊張や不安が伴うものだと思います。ですから、友人、家族ではない第三者に客観的に相談に乗ってもらうことが大切だと思います。マイナビでは関東に限らずとも、面談をしてもらえます。また満足度ナンバーワンという安心感と、充実しているキャリアアドバイザーの面談が多くの人の手助けになっています。

次にご紹介するサイトは、薬キャリです。薬キャリは求人数が多いです。また病院への転職希望の薬剤師の方にもおすすめできるサイトです。求人数が多いサイトだと、どれが自分に合っているのかわからないと思う方もいるでしょう。しかし薬キャリは自分の希望に沿った職場を見つけられます。薬キャリでも転職や就職に悩む薬剤師のお手伝いを電話対応やメール対応で行ってくれます。返信がスムーズに来ますので、早く自分に職場を見つけたい人にはもってこいのサイトであると思います。

次に挙げられる薬剤師求人サイトはファルマスタッフです。こちらのサイトも相談会やサポートが手厚いことで有名です。また求人件数もマイナビ薬剤師についで約5万件です。年収が比較的高い求人情報がアップされたり、派遣求人も充実しています。派遣でのお仕事の不安要素でもある福利厚生の面もサポートがあるので安心して頼ることができます。

そして就職後のアフターサービスも充実しています。

それぞれが求める雇用形態で、テーマ別にも分かれています。

薬剤師の職場の種類

薬剤師の求人数は他の職業に比べてとても多いです。

1人に対して10社が求人している計算になります。医師、介護士も人手不足がうたわれていますが、薬剤師も人が足りていないのです。

医師と違って薬剤師は働く場所の選択が必要です。

病院で働く薬剤師さん、ドラックストアの調剤コーナーで働く薬剤師さんもいらっしゃいます。また企業で働く薬剤師さんもいらっしゃいます。病院で働く、ドラックストアで働くことは誰もが想像することができると思います。しかし企業で働くとはどういうことでしょうか。

企業で働く場合は土日休みや残業があまりないところもあるようです。仕事内容は調剤ではなく、薬の在庫管理や、病院からのお問合せ対応などです。このお仕事も薬剤師の資格を持っているからこそできるお仕事です。その他にも工場や倉庫、化粧品会社で働くことも可能です。

仕事内容は薬の品質管理や、搬入の手伝い、デスクワークがあります。

また化粧品会社で働く薬剤師さんは、新素材の開発や化粧品の有効成分を調べたりと、やることはドラックストアや工場で働く薬剤師さんととは多少異なってきます。

また製品の安全性や機能が正常かを調べ、研究をします。

こちらも企業と同様に基本的に土日休みで、昇給しやすい環境、またお休みも比較的に取りやすい環境にあります。

ジョブデポ薬剤師では最大40万円のお祝い金がもらえる薬剤師求人サイトです。このサイトでは非公開求人が80%以上であることも特徴です。

非公開求人とは名前から想像がつくでしょう、一般的なハローワークなどには掲載していない求人です。これは優良条件のものも多く応募の殺到を防ぐ方法です。

このように薬剤師求人サイトは多くあることがお分かりいただけたと思います。

薬剤師の働き方

薬剤師は先程お話ししました通り、人手不足が現状です。薬剤師はなくてはならないお仕事です。

では薬剤師の年収は平均でいくらくらいなのでしょうか。まずは初任給です。病院勤めの場合20~25万円に対して、ドラックストアは25~35万円、企業勤めの場合は22万円と言われています。また年収は病院勤めが約450万円に対して、ドラッグストアは約650万、薬局では約500万です。

そして一般の職業に比べて違う点があります。

それは都内と地方での給料の差です。一般の職業だと、アルバイト、パートも都内が一番給料が高いでしょう。

しかし、薬剤師の場合は異なります。田舎のほうが比較的にお給料が高いと言われています。

このことから田舎での薬剤師の人手不足がわかると思います。

こういった中の職場選びです。自分にあっている職場を選ぶことが可能です。

薬剤師の仕事は一般の仕事よりも出産後や結婚されたかたも比較的に働きやすい環境が揃っています。

一言で薬剤師と言っても、薬局で働く、企業で働く、ドラックストアで働く、それぞれの職場によって給料も、仕事内容も変わってきます。たくさんの仕事の中から選択する事ができる一方で、選択に迷ってしまう方も少なくないはずです。

人それぞれの薬剤師という働き方があります。

なにから始めて良いかわからない人も、薬剤師求人サイトや転職サイトも自分にあったサイトを見つけることから始めてみるのはいかがでしょうか。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

pagetop