転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 退職 > 退職代行SARABAで現職からおさらばしよう!

退職代行SARABAで現職からおさらばしよう!

🕒 2019/05/15
このエントリーをはてなブックマークに追加
退職代行SARABAで現職からおさらばしよう!

みなさん退職代行サービスをご存知ですか?

なんだか怪しいなぁ。

そう思う方が多いと思います。

しかし、そんなことないのです!

ここでは退職成功率100%のSARABAの使い方や強みなどをご紹介します。

退職で悩んでいるそこのあなた!

是非、退職代行SARABAを利用してスムーズな退職をしませんか?

退職代行SARABAとは

まず退職代行サービスってなんだろう?

皆さんはそう感じると思います。

これは文字の通り「自分の代わりに会社に対して退職の手続きを行ってくれるサービス」です。

「自ら退職の意思を伝えられない」「お世話になった上司や社長と直接顔を合わせたくない」「退職をしようとしたが、同期に引き留められなかなか辞められない」

そんな方におすすめしたいのが退職代行サービスです。

SARABAでは、1つの依頼に対して一律3万円でサービスを行っています。

これは退職代行サービス業界の中では最安値となっています。

さらに24時間365日対応可能なことから即日退職を可能としています。

深夜でも対応しているので、すぐに連絡すれば次の日から会社に行かず退職することもできます。

他の退職代行サービス会社と比較した際。SARABAでは返金の保証や、専門の行政書士が完備されていることが特徴と言えるでしょう。

退職の流れ

退職するにはさすがに複雑な手順なのではないか

と難しく考える方がいると思います。

しかし、SARABAでは簡単に依頼し退職することができます。

ステップとしては4つあります。

①無料相談をする

まず、SARABAの公式ホームページにアクセスします。

無料相談では、電話かLINEでの問い合わせが可能です。

先程もお伝えした通りSARABAでは誰でも24時間365日相談が可能となっています。

自分の現状やどうやって退職したいかなどを相談してみましょう。

②依頼する

無料相談し、不安や悩みをすべて話、サービスを利用すると決めたら依頼しましょう。

申し込み手続きでは、会社や自分の個人情報をSARABAの担当者に伝える必要があります。

またこの時同時に料金も支払います。

3万円から追加の料金は一切ありません。

③サービスの開始

料金の支払いをSARABAの担当者の方が確認後、サービスが開始されます。

担当者の方と電話にて打ち合わせをし、最終的な流れを確認します。

あなたの役目はここで終わりです。

後の作業はすべてSARABAの担当者によって行われます。

会社に退社の意向を伝える際、素直にSARABAからであることを会社には伝えます。

誰かになりすますことは一切ありません。

④退職の完了

退職が完了するとSARABAの担当者から連絡がきます。

これで全てのサービスは終了です。

退職が完了するまでは無料で何度も相談することができるので、何か不安なことが出てきた場合は積極的に問い合わせしてみてくださいね!

退職代行って訴えられないの?

SARABAでは即日退職が可能なことを売りにしているとホームページを見ると感じるかもしれません。

また、退職代行自体、法律上大丈夫なのかと感じることが多いと思います。

しかし、今までSARABAでは会社側から訴えられたことがありません。

法律上、2週間後であれば会社を辞めることはできます。

また、会社の都合など関係なしに辞めることもできます。

「でもこの条件の場合2週間は出勤しなければならないからやはり即日退職は無理なのでは?」と思うかもしれません。

いや、それが可能なのです。

残り出勤日はすべて欠勤するという旨を伝えればその後の2週間は出勤することなく辞めることができます。

これはしっかりと欠勤する旨を伝えることで即日退社が可能となっています。

1番やってはいけないこととして、会社を無断で行かなくなることです。

これは法律上でも認められてないことであり、退職するときに不利になってしまいます。

また、会社から送ってもらう必要のある書類など、諸所の手続きにも支障がでるため、無断欠勤する前にSARABAに相談しましょう。

SARABAのメリット・デメリット

SARABAのメリットとしてはやはり退職成功率100%があげられます。

会社側から断られ退職できなかったケースは1度もありません。

さらに値段が最安値なことや、24時間365日対応が可能なこともメリットとして挙げられます。

では、SARABAのデメリットはいったいなんでしょうか。

それは、弁護士のように強制する権利をもっていないことです。

担当の行政書士はいますが、実際に代行するのはSARABAの社員です。

会社に本人に連絡はしないでくださいとお願いしても、強制権はないので連絡がいってしまうこともあります。

また家まで上司の方がきたというケースもありました。

まとめ

いかがでしたか?

もし今退職したくても勇気がなく悩んでいる人はぜひとも一回無料相談してみるのもいいと思います。

是非SARABAを利用して新しいスタートをきるきっかけにしてくださいね!

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

pagetop