転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 転職ノウハウ集 > 日本で将来性のある仕事に転職する方法とは

日本で将来性のある仕事に転職する方法とは

🕒 2019/06/14
このエントリーをはてなブックマークに追加
日本で将来性のある仕事に転職する方法とは

あなたの現在の仕事は、将来性がありますか?

多くの人は、できることなら将来性のある仕事に尽きたいですよね。

しかし、将来性といっても様々です。

例えば、日本の将来は、AI(人工知能)が仕事をするようになると言われています。事務職や、窓口業務、タクシードライバーや電車の運転士などは、なくなってしまうかも。

どんな仕事なら、AIに取られないでしょうか。

今の仕事がAIに取られないとしても、その仕事は将来発展・成功するでしょうか。

日本の将来を見据え、転職を考えている人は今よりも将来のある仕事を紹介します。

将来性のある仕事とは?


将来性のある仕事とは、主にAIにはできない仕事と言ってもいいでしょう。

日本の将来は、これまで人間がパソコンを使って行ってきた仕事の多くが、AIによって自動化されることになります。

そのため、「AIができない」仕事を人間がおこなっていくことになります。

AIのできること・できないこと

AIができないことって何?と思いますよね。

以外にも、AIはできないことが多いです。

AIとは、人間の脳が備えている知的能力をコンピュータシステムによって再現したものです。

今までのロボットのように、事前に人間が作成したプログラムの指示通りに行うだけでなく、物事の認識から分析、判断、学習、予測などまでを自律的に行えます。

そのため、いろいろな業種から注目を浴びていますが、考えることや新しいものを生み出すことなどはできません。

将来性のある仕事

「新しいモノを作り出す」仕事か、「定型作業ではない」仕事になるでしょう。

書類作成などのルーティン作業は、様々な職場で自動化されて行くことになりますが、インタビューや毎日違う仕事を行うのは、臨機応変に対応できる人間にしかできない仕事です。

この2つから見ても、大きな特徴として「人と関わる」仕事を人間が行うということになります。

その仕事はどんなものがあるでしょう。絶対日本の将来なくならないといわれている仕事を3つ紹介します。

1つ目は「エンジニア」です。

エンジニアは、企業のシステムやWEBサービスを開発する仕事です。

一見、パソコンも使うしAIでもできるんではないか、と思う仕事ですよね。

もちろんクリエイティブな要素がありますが、それだけではなく、企業が本当に求めるシステムをヒアリングするなど、人とのコミュニケーションを多く必要とする仕事です。

2つ目は、士業です。

士業とは、弁護士や行政書士などのように、名称の後ろに「士」と付く国家資格を持っている人のことを指します。

医療関係の資格を持ってる人も入ります。

資格を持っていることで、他の人とは違う仕事につくことができます。

このような仕事は、人と関わり相談に乗り解決策を見つけるので、仮にAIに能力があってもできない仕事です。

3つ目は営業職です。

営業職は、どれだけAIが発展しても必要とされる仕事です。

ネット通販の普及によって、人々の購買行動は、数十年前と大きく変わりましたが、BtoBの取引や、金額の大きな買い物をする際は、営業担当者と直接話をしたいと考える方も多いです。

担当の営業者と話があったから大きな買い物をする決断をした、という人も多くいます。

コミュニケーションが第一な仕事の営業職は、いつの時代も重要な仕事といえるでしょう。

転職する方法

日本の将来を見据え、仕事をAIに取られないためにも転職をしよう、と思った人もいるのでは無いでしょうか。

士業につくには、資格や様々な条件が多いですが、他の仕事なら今からでも転職活動を行うことができます。

転職活動を行う期間としては、3ヶ月から6ヶ月が目安です。

転職活動の流れを大きく分けると、「自分はどんな仕事が向いているのか」「転職に何を求めるのか」を明らかにする自己分析を行い、企業や業界の情報収集、履歴書や職務経歴書の作成、そして求人への応募、面接と進みます。

転職活動を行う人の多くは、働きながら行う人が多いのです。

働きながら転職活動を行うことにはメリット・デメリットがあります。

メリットは、上手く時間をとって仕事をしながら転職活動を行うことで収入が途絶えることがなく、気持ちに余裕を持った状態で転職活動を行うことができます。

デメリットは、時間に追われてしまうという点です。仕事を辞めてから転職活動を行うと時間がしっかり撮ることができるので、自己分析や情報収集の質が上がります。

どちらの方が良いということはできませんが、転職活動を行うにはまずしっかり目の前のことを把握し、なぜ転職をするのか、を明らかにしてから動き出すようにしましょう。

まとめ

新しい企業ができても、5年も立たずなくなってしまう企業が多いといわれている日本。

日本の将来はきっとAIに取られて、仕事がなくなってしまいます。

しかし、人間にしかできない将来性のあるコミュニケーションを多くとることのある仕事について、AIに取れるのではなく、AIとともに日本の将来を支える仕事を行えるようになりませんか?

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

pagetop