転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > キャリアのお悩み > 社会不適合者に向いている仕事は?転職を成功させる方法

社会不適合者に向いている仕事は?転職を成功させる方法

🕒 2019/06/17
このエントリーをはてなブックマークに追加
 社会不適合者に向いている仕事は?転職を成功させる方法

自分に向いていない仕事をして頑張りすぎたり、うまく社会に馴染めず、社会不適合者になってしまう人が近年増えています。

一度、社会不適合者になってしまうと、自分が何をできるのか分からず、なかなか次に進む勇気が出ない。

前の仕事ではなく転職したいと思っていても、仕事復帰するのが怖いと感じる。という人が多いと思います。

でも、安心して下さい。

あなたに向いている、頑張りすぎないで働ける環境の見つけ方一緒にみつけませんか?

社会不適合者とは

社会不適合者といっても、広い意味があります。

一般社会の要求に応えて生活することが困難な人のことを指します。

社会の一般常識やマナーに対応できない人という認識です。

ここでは、その中でも一般社会に溶け込めない人(挨拶ができない、コミュニケーションが苦手など)、みんなと同じ行動が苦手な人(遅刻癖が直せないなど)、みんなと同じ価値観(常識)が受け入れられない人(敬語を使えないなど)に向けの記事になります。


社会不適合者が自立するには

「自立」の定義として、自分以外のモノの助けや支援がなくても、自分で物事を行っていくことと言われています。

しかし、これは全てを自分の力で行うというわけではありません。

人間は1人で生きていくことはできないのです。

そのため、「自立」の定義をもっと丁寧に言うと、自分で目的を定め自分の責任を感じ事の優先順位を決め、行動できるようになることと置き換えます。

このことを認識した上で、社会不適合者が「自立」する方法を紹介します。

社会不適合者の多くは、コミュニケーション能力に問題があり、親の手助けを得ている人が多いです。

「自立」する上で、物理的自立、精神的自立、経済的自立の3種類があります。

その中でも、社会不適合者は、精神的自立を第1に出来るようになることが必要です。

精神的自立が出来ていない人は、自分のうまくいかないことを他人や社会のせいにしている人が多いです。他人軸で物事を考え判断している状態になります。

そのため、精神的自立とは、全ての選択は自分で行ったものであり、自分の選択に責任を持つということです。

自分で物事を判断し、決め責任をもって行動できるようになることが大切です。

精神的自立をするために、まずは小さなことから判断できるように少しずつ選択肢を増やし、選ぶようにすることから始めるのがいいと思いますよ。

社会不適合者に向いている仕事

社会不適合者でも、働くことはできます。自分にはできないと諦めないで下さい。

これから紹介する仕事では、現在も社会不適合者だった人たちが転職し、活躍しています。

IT・WEB業界

IT・WEB業界はスキルのみが問われる仕事です。必然的に専門職であることが多いものです。

そのため、基本的には単独行動でもくもくとプログラムを組むなどの仕事が多いことが特徴です。

仕事は他のチームと連携することもまれにあるものの、ほとんど人と関わることがないので、コミュニケーションが苦手な人でも、パソコンスキルさえあれば働けるため、コミュニケーション能力が苦手な人でも活躍している環境のある仕事の1つです。

工場・現場作業員

少しのコミュニケーションも取りたく無い、人と話すことですら怖い、という人は、工場・現場作業員の仕事はいかがでしょうか。

仕事の内容が個人の場合、社会不適合者と思われる人も問題なく働くことができるでしょう。

工場で働くなら、目の前にある自分の仕事をもくもくとこなすだけで1日が終わります。

一緒に働いている作業員もコミュニケーションが苦手な人が多いので、同じような体験をした人も多く、落ち着く場にもなると思います。

外で働きたくない人

外にでて働きたく無いのなら、フリーランスになるという手もあります。

もともと、社会不適合者になってしまう人は、独特な感性を持っていて、すごく得意な分野を持っている人が多いです。

そんなのないわ!と思っている人もまだ気づいていないだけで、あるはずです。

そのような人には、アーティストや作家、クリエイター、ゲーマー、You Tuber、ブロガーライター、デザイナーなどもチャレンジしてみるのも一つの手ではないでしょうか。

その中でも、2つおすすめがあります。

1つ目はデザイナーです。デザイナーは、自分が作ったものを自分で販売する。つまりフリーランスのデザイナーになります。

そうすると、人とのコミュニケーションも最低限で済むため、社会不適合者でも働けると思います。

自分ですべて行うので、大変かもしれませんが、自分でデザインしたものが売れる瞬間は、幸せを感じることもできます。

2つ目はライターです。

ライターは、会社に入っていてもリモートワークを行うことができます。企業に雇用してもらい、リモートワークで働くという方法と、フリーランスのライターになる方法がありますが、フリーランスになると自分で電話をかけ、仕事を取って来るようになります。

しかし、企業に雇用してもらいリモートワークで働くという方法なら、家の中で人に会うことなく、企業に属している人として、仕事を行うことができるので、一石二鳥だと思います。

他の仕事と比べると楽な働き方ができます。

ぜひ、自分にあった働き方を行うにも得意なことを仕事にできるようにフリーランスでいろいろなことにチャレンジしてみるのもありではないでしょうか。

転職活動の進め方

総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
公開求人数34,596対応地域全国
非公開求人-ターゲット層製造系の仕事がお探しの方
強い業界製造業年収UP実績多数

転職活動する時には、自分の譲れない嫌なことや、できないこと、苦手なことをはっきりさせましょう。これを行わないと、何をしても同じことを繰り返してしまいます。

世間一般から「少しぐらい我慢しろよ」や「気持ちの問題だろ」と言われるようなことでも構いません。

無理に苦手なことを我慢する必要はないのです。

例えば、朝起きられないのなら12時以降出社の仕事を探す、10分じっと座って仕事するのが苦痛な人は、ずっと動いてする仕事にすればいい。など苦手なことを把握することで、転職するときの選択の仕方が変わってきます。

会社に属するのが嫌と言う人は。出来ることで企業するかサイトを立ち上げてフリーランスになるなどの方法もあります。

どちらにせよ、自分の苦手なことを把握しましょう。

まとめ

社会不適合者になってしまう人は、コミュニケーション能力が低い人、社会の常識などに馴染めない人が大半だということです。

しかし、そのような人には他人よりも特化している能力ある人が多いのです。

まず、無理に仕事を探す前に自分のやりたいこと、できること、さらには苦手なことを考えてみるところから始めましょう。

無理せず、自分にとって働きやすい環境を見つけることが出来ると思います。


\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

pagetop