転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 企業研究 > あの会社は狙い目?転職難易度ランキングを限定公開

あの会社は狙い目?転職難易度ランキングを限定公開

🕒 2019/06/17
このエントリーをはてなブックマークに追加
あの会社は狙い目?転職難易度ランキングを限定公開

今、転職を考えているあなたはどのような企業に転職したいですか?

その企業の転職採用率はどれぐらいでしょうか。

就職難易度ランキングがあるように、転職難易度ランキングも存在します。

転職難易度のランキングを把握してから転職活動を行うとモチベーションも上がると思います。

では早速、転職難易度ランキングを見ていきましょう!

転職難易度とは

転職難易度とは、就職難易度と同じことで、「入社するのが難しい企業」ということです。

しかし、そのランキングは転職と就職では求めている能力が違うので異なります。

就職難易度ランキングでは、有名大学卒業の学歴が大切になりますが、転職難易度ランキングの上位にある企業を見ると、過去に実績などで判断されることがほとんどです。

転職難易度ランキングが高いほど、大手で転職が難しい業界になります。

難易度ランキング

転職難易度が高い場所を業界に分けて1位から5位で見てみましょう。

1、石油・鉱業

2、放送

3、新聞

4、広告

5、出版

というランキング結果です。

1位から3位までの理由を見ていきましょう。

1位の石油・鉱業は、平均年収が高く人気企業ですが有名7大学の卒業生しか採用しないということなので、最難関と言われているようです。

2位の放送は、放送業界を指します。

つまり、マスコミなどの、テレビ朝日、TBS、フジテレビ、日本テレビなどの大手キー局のことを指します。

アナウンサーなども含まれますが、採用試験がとても難しいと有名ですよね。

転職となるとさらに難しいようです。

3位の新聞ですが、日本経済新聞、朝日新聞などを指します。

ハードワークな仕事としても有名ですが、うまくいけば転職して数年で、年収1000万円に達する企業もあります。

過去に大きな実績を持っている人にとってはとても魅力的な業界のようです。

1位から5位まで上げましたが、どれも大手業界です。

そして、高い難易度の企業には高い年収にところがほとんどです。

現在の会社では、年収が少なく働いている内容や実績に似合わない思う人が多いのではないでしょうか。

高難易度の企業に転職するにはエージェントが欠かせない

このような、転職難易度の高い企業に転職したいなら、転職エージェントを通すことが必要不可欠になります。

転職をするのに転職エージェントを必ず使わないといけないということはありませんが、難易度の高い企業に転職を考えているならば使うべきです。

転職エージェントとは代理人や代理店、仲介業界のことです。

転職エージェントを使うメリットとして、転職後の定着・活躍を見据えた企業の目利きをしてくれることと、ゴールから逆算した長期的なキャリア設計をしてくれること、さらには業界・職種未経験者にとって有益な情報を提供してくれます。

自分の力だけでは、分からないような情報の提供や転職エージェントの人と面談することで、自分では気づいていなかったことに気づくことが出来ます。

転職難易度の高い企業は手企業が多く、その企業に転職を望んでいる人がたくさんいます。

そのため、自分を分かっていなかったり、これからのキャリアが見えていないと難しいでしょう。

転職エージェントと通し、自分の強みや過去の実績を伝えることで、これからその大手企業に入りどのような活躍ができるかを明確にすることが転職を行うときのポイントになるでしょう。

個人の弱い情報力や自己分析力を転職エージェントの力を借りて強いものにすることが大切なため、大手企業に転職を行うには転職エージェントが必要不可欠です。

転職で狙いやすい業界

転職難易度のランキングを紹介しましたが、新卒の方が有利なことがほとんどです。

そのため、ここでは転職の方が有利であろう業界を少し説明します。

1番、転職に有利となるのは外資系企業(大手・中小)です。

外資系企業は基本的に成果主義の企業が多いので、じっくりと新人を育てるというより、すでに経験とスキルを持っている人を「率先力」として雇用することが多いです。

そのため、新卒よりも採用されやすいです。

転職しやすい業界

転職難易度の業界を見てきましたが、転職しやすい業界もあります。

サービス業や、運送業、営業や、IT技術者、などは転職がしやすい業界になります。

さらに、最大手を除けば人気の業界でもすごく難しいというわけではありません。

ベンチャー企業や中小企業でも良いのなら、転職難易度ランキングに惑わされることなく、チャレンジしてみるのもいいと思います。

まとめ


転職難易度ランキングを見ていくと、最大手企業への転職はとても大変そうです。

しかし、最大手企業でなければ、難易度など関係なく自分で「なぜ転職するのか」の理由などがはっきりしていれば、実力でチャンスをつかむこともできると思います。

自分の意思をしっかりともち、過去の実績があれば十分にチャンスはあります。

今の職場よりも良い環境で、実力を発揮できる職場が見つかるように頑張ってください!


\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

pagetop