転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 企業研究 > 体育会系と文化系で向いている社風が違う!合う会社に転職するには?

体育会系と文化系で向いている社風が違う!合う会社に転職するには?

🕒 2019/06/25
このエントリーをはてなブックマークに追加
体育会系と文化系で向いている社風が違う!合う会社に転職するには?

体育会系と文化系で向いている環境は違います。自分はどちらのタイプなのかを把握して、自分に合った社風の会社に勤めてみてはいかがでしょうか?その方が自分の実力を十分に発揮でき、活き活きと仕事ができるはずです。

今回は、体育会系・文化系の特徴を分析して、それぞれに向いている社風を紹介していきます。会社を選ぶのに困っている方、転職を成功させたい方は参考にしてみてください!

体育会系に向いている社風

まずは体育会系の特徴についてあげていきます。

・上下関係を重視し、礼儀正しい

・目標を掲げ、それに向かってひたむきになれる強い精神力がある

・失敗しても立ち直り、忍耐力がある

・チームでの競技を経験した人は団体行動(フォア・ザ・チーム)を意識する

このような特徴からも、体育会系の人は、「密な人間関係が築けるような社風を望み、一番に行動が評価される社風」が向いていると言えるでしょう

また、しっかりと規律が設けられていて礼儀も重視される社風が向いています。

次に、実際の体育会系の人の声を紹介します

・じっとしているのが嫌いで、常に自ら率先して仕事をすることが評価される会社が良い

・挨拶はしっかり大きな声でというような環境が居心地が良く、なじめる

・失敗を恐れずまずやってみることが評価される社風が好き

・どれだけトライしたかが評価されるため、たとえ目標を達することができなくても空しくならない

・チーム制で仕事をし、「痛みの共有」ができる仲間がいるのが励みになる

・社内全体において覇気や活気が感じられない職場は、働く仲間の様子がつかみにくくて嫌だ

文化系に向いている社風

まずは、文化系の人の特徴からあげていきます。

・多くの文化系は上下関係が緩い

・周囲の人とのマメなコミュニケーションはあまり得意ではない

・前例や伝統にとらわれない

・無理のない計画を立て、緻密に作業するのが得意(残業などが出ないように計画を立てる)

文化系の人に合う社風は「自分のペースを守れる、不合理な人間関係のない社風」でしょう。

特徴を踏まえても、常に変化を求め、フラットな組織で個人が主体的に行動するような企業が向いているでしょう。

また、費用対効果を重視する組織では、無駄な費用(残業代)を出さないことを意識するので、根性や意欲を評価対象にしないという点で文化系向きと言えるかもしれません。

さらにここで、実際の文化系の人の声を紹介します。

・スローガンの斉唱などを義務付けられることに違和感を感じる。団体プレーが苦手

・異常なまでの上下関係や人間関係で悩まされずに済む社風があっている

・人間関係や上司の気分で評価が揺るぐことなく、評価方法が確立していて、体系が明確である社風が良い

・職場の人同士の付き合いや飲み会があまり好きでないため、それを強要されない社風が良い

・仕事の仕方や出勤退社時間、休憩時間など一つ一つのことに対して細かい制約や規律が多いところは嫌だ

・残業が評価される、やる気・意欲が評価されてしまうのが理にかなっていないと感じる

・方法を検討してから行動を起こすよりも、とりあえず行動するという方針が合わない

・スピード重視で仕事をこなすことを要求される。考える時間が欲しい

このような声があげられていました。

即断即決の社風、個人が評価されにくく団体での業績を見られる社風はあっていないのかもしれません。

周りがこうしているから自分も同じく合わせなければいけない環境では、自分のペースが乱されてしまいうまく働けない。自分のペースで仕事をし個人を評価してもらえるような環境であれば、落ち着いて仕事ができるようです。その分責任を負わなければならなくなりますが、それを負う気概はあります。

異常なまでの上下関係や、周りの雰囲気を崩さないようにノリが重視される飲み会などは文化系にはストレスで、仕事仲間との密なコミュニケーションはなるべく避けたいという方も多いかと思います。

文化系の方は、計画的で緻密な作業を行うことが得意であることが多いので、個人プレーの仕事で、個人が評価されるような社風が合うと言えます。

自分に合う会社を転職エージェントに探してもらおう

総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
公開求人数8760件(2017年8月時点)対応地域全国
非公開求人ターゲット層総合
強い業界メーカー/サービス/IT/不動産/流通年収UP実績6割

社風を見るときには、まずその会社の”評価制度”を確認してみると良いでしょう。

体育会系ならば、チームワーク・グループの業績が評価されるような会社、文化系ならば、個人の業績が評価されるような会社といった見方をしてみると、自分に合った社風を探すことができると思います。

評価基準は、その会社の人たちの働き方に影響し、会社全体の雰囲気に繋がります。

どのような働き方が求められる会社なのか、どのような人たちが働いている会社なのかを見極める時には、その会社の評価基準に注目してみてください。

また、自分に合った会社をなかなか絞れないという方は、転職エージェントを活用することも効果的です。

転職活動に深くかかわってきた転職エージェントならば、客観的にタイプを分析し、広い視点で会社を選んでくれます。

自分のタイプが分からない、社風を調べるのに苦労している方は、是非一度転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか?

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

pagetop