転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 業界職種別の重要知識 > 飲食・観光・サービス業 > 飲食業で土日休みのところに転職する方法

飲食業で土日休みのところに転職する方法

🕒 2019/08/29
このエントリーをはてなブックマークに追加
飲食業で土日休みのところに転職する方法

飲食店で働いている人は休みが少ないんですよね。基本的に人件費を削減するために少なくたくさん回すため、休みをとれません。

多くの飲食店経営に関わる人の悩みだと思います

そこで休みを取れるよう転職をしたいと思うあなたのためにまとめた、飲食で働いている人の転職情報を本稿で書いていこうと思います。

飲食業からの土日休みがあるところへの転職

飲食業で働いている土日休みがとれないなど、しばしばぶつかる問題です。

以前飲食店を経営していた私はその仕事が最初は好きで始めましたが、日を追う毎にどんどん疲れが溜まっていきました。

そこからは疲れとストレスのせいで仕事を楽しいと思えなくなり転職を考えました。

しかし私と似たような人ばかりではないと思います。

「飲食・接客の仕事は好きだけど、休みがほしい」「飲食・接客の仕事は続けたいけど休みがほしい」などこういった思いを持っている人もいると思います。

実際に飲食経験のある方はそんなの無理だと思うかもしれません

しかし、実際は土日休みの会社もあります。会社が集まっている町や土日に人があまり集まらない場所のお店などが多いです。

また土曜は無理でも、日曜にお客が減るお店は日曜に休みが取れます。ただ、こういった土日休みのお店をうまく探し出すことは個人では難しいと思います

ですので探すのであれば転職のエージェントに頼むしかないです。

休みの違い 「週2日休み」と「土日休み」

文字通り週2日休みというのはシフトに対応した休みを2日取れるということです。

要は毎週変動的だけど違った曜日に休みが取れるということです。

それに対して土日休みは連続した土曜日と日曜日の連休を毎週必ず取れることを意味しています。

この2つの明確な違いは、土日休みは必ず取れるということと週2日休みはシフトに応じて2日休むことができるということなので、シフトで人が足らなくなった場合などに出勤させられてしまう可能性があります。

ですので「週2日休み」と「土日休み」には明確な違いがあるので仕事を探すときは注意をしなければいけません。

店の運用形態で分かる 休み

休みがほしい、だけど接客や飲食を続けたい」そんな方は、まずは店舗の運営形態を見ましょう!

その店舗の店休日はあるのかどうかが1番大事です。

多くの忙しい飲食店特にチェーン店や系列店などは気をつけてください。

24h営業や365日毎日営業などあると週2日休みと書かれていても休むことができなくなってしまいます。

店休日があればそこは必ず休むことができます。

そういったお店を見つけることができれば大丈夫です。

おすすめ転職サービストップ3の評価

今まで休みについて詳しく書いてきましたが、今転職を考えているならば転職関連のサービスを使ってみましょう。

せっかく今の世の中サイトや大手会社などからサービスを受けられます。

まだ探し始めたばかり、どうやって転職すればいいのか分からないそんな人は参考にしてみてください。

大事になってくることは、情報量です。

受験と同じで転職も情報線です。ばんばん情報を仕入れて自分でどこが合うか比較して、そこを実際の目で見る、体験する、これらのステップが実際に新しい仕事先を決めるまでに必要です。

それを可能にしているのが転職サイトとエージェントです。

各サイトでおすすめされているトップ3の人気サービスこれから見ていきましょう。

①doda

総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
公開求人数38,033件対応地域全国
非公開求人127,727件ターゲット層20代~35歳以下
強い業界機械・電気メーカー/金融/サービス業年収UP実績2万人以上

dodaはパーソナルキャリアという会社が運営する国内最大規模を誇っています。

提案数と縦陣数はトップで低評価のコメントがあまり見つからず良いサイトであると言えます。

また転職エージェントにありがちなコンサルタントや担当者の質にムラがなく当たり外れの少ないエージェントとなっています。

あとは職務経歴書や面接対策といった実践で使えるサポートはどの人にも役に立つので、一番初めに活用することをオススメします。

②リクルートエージェント

支援実績NO.1で、好条件非公開求人数20万件以上。そして専門コンサルタントがフルサポートします。

フルサポートしてくれると書いてありますが、私が実際に体験して感じたのは担当者の質にムラがあることです。

ただ求人の質と量がとても優秀なので求人を求めて使ってみることをオススメします。

③キャリコネ

キャリコネの強みは、企業に勤める社員が実際に感じていること、思っていることを赤裸々に書いているので、会社の実情がわかることが良いです。

他社で見つけた良さそうな会社をキャリコネで調べてみることは良いと思います。またそこで見つけた口コミなどキャリコネのコンサルタントに質問して通常よりも内容の濃い話もできるので良いサイトだと思います。

これは他のエージェントではなかなかないシステムなのでうまく活用すると転職の失敗する確率を減らすことができます。

まとめ

以上の休みについての情報とサービスを活用すれば、あなたは上手く仕事を探し出すことができると思います。

これからが1番大変だと思いますが、頑張りましょう。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

pagetop