転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 大手企業・大企業への転職 > 大企業に転職できる限界年齢は?30代後半で転職するには

大企業に転職できる限界年齢は?30代後半で転職するには

🕒 2021/05/13
このエントリーをはてなブックマークに追加
大企業に転職できる限界年齢は?30代後半で転職するには

30代後半で大企業に転職したい人は、そもそも年齢的に問題ないかという点が気になるところですよね。

ちまたでは転職に対する「限界年齢」の話がされており、若い方が有利だと思う人も多いでしょう。

30代後半という年齢自体は、まだまだ若い部類に入りますが、転職という話になると、微妙なラインではあります。

本記事では30代後半で大企業に転職したい人に向けて、年齢的な制限の話や、それに関するトピックをご紹介します。

大企業に転職できる限界年齢は40歳まで!

大企業に転職できる限界年齢ですが、結論からいうと「40歳」がギリギリです。

そうは言っても、50代で大企業への転職を実現している人もいますが、関係者へのコネクションを持っている場合や、入社時の条件に制約(※)がかかっているケースも多いです。

(※)給与が通常時より低いですとか、正社員ではなく契約社員での雇用などです。

また40代・50代で、コネ入社ではなく好条件での転職ができたとしても、これは極めて少ない事例だと言えます。

つまり、良い条件で大企業に転職したい場合には、40歳に間に合うべく「30代後半」までに転職するのがベストだと言えるでしょう。

転職の限界年齢説について

冒頭でもお伝えした「転職の限界年齢」ですが、中小企業の場合でも、40代後半くらいだと言われています。

限界年齢とは、いわばラストチャンスのようなもので、ここを過ぎると、一気に転職をすることが難しくなります。

この年齢を境に、企業からの審査基準が厳しくなり、書類審査の段階で若い応募者よりも秀でたものがなければ、不採用となる確率も高くなります。

大企業が「30代後半」までを求める理由

大企業への転職をスムーズに実現したいのであれば、30代後半までにアクションを起こすことをおすすめします。

では「なぜ大手企業が30代後半までを求めるか?」について、疑問が生じる人もいると思うので、下記にて詳しく解説します。

将来的な可能性を考えるから

新たに社員を採用する場合には、一から自社のルールや業務に慣れてもらう必要があり、教育に費やす時間やコストも必要になります。

これを踏まえて将来的な可能性を考えると、退職年齢までに時間がある人や、費やしたコスト以上の働きをしてくれそうな人を、採用したいと思うのは仕方がありません。

人手が足りない中小企業であれば、それでも採用される可能性はありますが、大企業で急に人材が必要になった際には、派遣社員などを雇って解消することもあります。

このことから大企業では、教育にコストをかけても惜しくない「将来的な可能性がある人」を好む傾向にあり、30代後半までの人材が選ばれやすくなります。

上司の年齢とのバランスをとるため

一般的に上司という立場から考えると、部下は自分より年下の方が、指導しやすいと思うものです。

自分より年上の人には、より多くの気を遣うものですし、相手も気まずいのではないかと考えるからです。

大企業で上司として活躍する人の年齢は、30代後半からが多くなるので、上司の年齢とのバランスをとるために、30代後半までの人を採用したいと思うのです。

吸収性や柔軟性を考慮するから

新入社員に仕事や会社のルールを教える際には、教える人の時間もとられますし、教わる側も仕事を行えないので、余分にコストがかかると言えます。

会社としては、このコストはできるだけ少ない方が良いですよね。

そのため、少ない時間で多くのことを吸収してくれる人の方が、好まれます。

一般的には、年齢が若い方が物事の吸収性・柔軟性も高いと言えますし、30代は若手に分類できますが、40代は中年に分類されます。

このことから、吸収性や柔軟性が高い「30代後半まで」の方が、教育面におけるコストパフォーマンスが良いと考えるので、選ばれやすいのです。

体力がある人を採用したいから

体力がない人を採用したことが原因で、欠席や早退が多くなるのであれば、能力があったとしても、最初からそのような人の採用は避けたいものです。

若い人でも体力がない人もいますし、年齢が高くても体力がある人はいますが、一般的には40代以降の中年層は、体力が落ちていると思われがちです。

このことから大手企業では「30代後半までで、体力がありそうな人を採用したい」と考えるのです。

そもそも募集している仕事内容が、若い年齢でないと厳しい

募集要項を出す際に、基本的には年齢制限を設けてはいけないと、決められています。

そうはいっても、若い年齢でないと厳しい仕事内容があり、これらの仕事に応募が殺到した際には、やはり若い人の方が採用で有利になります。

例えば外回りをバリバリ行い、遠方や海外出張などもこなす営業職などは、いくら経験があっても、体力がなければ難しい部分もあるでしょう。

このように若くて体力がある人でないと、厳しい内容であれば、企業サイドが30代後半までを積極的に採用したいと考えるのは、仕方ないと言えるでしょう。

40代以降で大企業への転職を考える人を警戒する

中小企業での勤務経験のみで、40代以降になって、はじめて大企業への転職を考える人に対しては、企業サイドが警戒することがあります。

今の会社の不安定な部分が嫌になり、安易に「大企業は安定しているだろう」と考え、転職を試みる人も少なからずいるからです。

40代以降の人に対しては、特に「この年齢になって、なぜ大企業に転職したいのか?」という点も、併せて判断されます。

こういった背景から、40代以降の人だというだけで、警戒心を持たれることがあるので、なるべく30代後半までの人を採用したいと思うのです。

固定観念は少ない方が良いと考えるから

固定観念とは、ある一定の思考で凝り固まり、他者からのアドバイスや意見を受けつけない考えを指します。

「あの人は頭が固い」とか「強情で頑固だ」などと言われる人は、強い固定観念を持つと言えるでしょう。

良くいえば「自分の意志を貫く」と言えますが、会社という組織単位で考えた場合には、好まれるものではありません。

特に大企業の場合には、ルールや決め事が多く、それに従わざるを得ない場面も頻繁に出てきます。

このような時に、固定観念が少ない人の方が、うまくやっていけると言えるでしょう。

年齢が高くなるにつれて、固定観念が強くなる傾向にあるので、なるべく「30代後半までの若い人」を採用したいと考えるのです。

30代後半で大企業に転職したい動機について

30代後半で大企業に転職したい人には、それぞれの背景があり、異なる動機があるでしょう。

そうは言っても、その動機を突き詰めると、共通点が出てくるものです。

その内容として多いものは、下記の通りです。

先行きが見えない世の中で、安定性を求めたい

昨今では新型コロナウイルスの流行に伴い、職につけない人が多く現れ、収入が低下した人もたくさん存在します。

ウイルスの流行前に、このような事態を想像していた人は、あまり居なかったでしょう。

こうした突発的な不測の事態が起こる「先行きが見えない世の中」なので、世情や景気に左右されにくい環境を求め、安定性を求めたい人が増えました。

そこで、給与や雇用面についても安定性が高い大企業で、精神的にも安心しながら働きたいと考えます。

今までの経験を生かし、大手の看板のもとでステップアップしたい

高い意識を持つ人であれば、さらにステップアップをしつつ、より良い環境で働きたいと思うものです。

その際に「大手企業という看板のもとで働けば、自分の経験や実績が世に評価される機会があるかもしれない」と、考える人もいるでしょう。

このように、さらなる高みを目指したい人や野心家にとっては、ブランド力のある大企業に魅力を感じるものです。

特定の憧れの企業を諦めたくない

「大企業であれば、どこに入社しても良い」というわけではなく、ある特定の憧れの大企業に対して、入社欲がある人もいるでしょう。

たとえばその企業を新卒時代に受けたけれども、不採用となり、やむなく別の会社で働いたなんてこともあるかもしれません。

今の会社も嫌いではないけれど、やっぱり不採用となった憧れの大企業に、もう一度アタックしたいという強い意志を持つ人は、特定の憧れの企業を諦めたくない人です。

こうして夢を諦めたくない人が、40歳というタイミングを目前にした時に、憧れの大企業にチャレンジすることがあります。

大企業というもの自体に、夢を抱いている

大企業で働くことに対して、綺麗なオフィスで、颯爽と仕事をこなすというイメージを持つ人もいるでしょう。

またメディアなどでも、大企業の特集が組まれていることがあり、そういったものを目にしたことから、大企業で働きたいと思うようになった人もいます。

そこで30代後半という年齢になり、最後のチャンスとして、大企業への転職を試みるケースがあります。

転職への入口が「大企業への夢」であることは問題ないですが、働くことには、厳しい面もついてきます。

そのため、大企業で働くことに夢を抱いている人は、デメリットもきちんと理解しておくと良いでしょう。

30代後半で大企業に転職するためのポイント

30代後半で大企業に転職するためには、ポイントを押さえて活動をする必要があります。

ここでは、大事なポイントを7つご紹介します。

ポイント①:安定性を求めることばかりを押し出さない

大企業に対して、下記などの面から、安定性への魅力を感じる人も多いでしょう。

  • 各種手当や福利厚生が充実している
  • ボーナスや退職金が、しっかりと支払われる
  • 大きな組織なので、倒産しにくい

そうはいっても、急な倒産やボーナスカットもあり得る時代ですが、それでも中小企業と比較すると、労働環境は恵まれていると言えます。

ゆえに、安定性も高めであると言えます。

そのため、大企業への志望理由として「安定性」を挙げたくなるかもしれませんが、それだけを押し出すのは避けた方が良いでしょう。

企業サイドとしては、会社への貢献度や、自社を選んだ明確な目的を聞きたいのに、安定性を前面に出されると困ってしまいます。

経験を重ねた30代後半であれば、より踏み込んだ内容を、話せるように意識しましょう。

ポイント②:明確な目的を持つ

あなたは、なぜ大企業に転職したいと思ったのでしょうか?

30代後半で大企業への転職を実現した人は、この質問に対して、明確な理由をしっかりと答えることができます。

現時点できちんと答えられなかった場合には、下記を踏まえて、転職する目的を整理すると良いでしょう。

  • 仕事を通じて、なりたい自分をしっかりと思い描く
  • 中小企業での経験を、どのように大企業で生かせるかを考える
  • 「大企業」というブランド力だけに、魅了されていないかを振り返る

明確な目的を持つことにより、面接の突破率が上がると同時に、自分の進むべき道が合っているかを再確認できます。

ポイント③:柔軟な姿勢を見せる

この記事を読んでいる人は、下記のような状況である場合が多いでしょう。

  • 30代後半である(またはそれに近い年齢)
  • 中小企業での勤務経験はあるが、大企業は未経験である

このような人が実際に大企業の面接に行った際に、相手の面接官は、下記のようなことを考えます。

・社会人経験があるし、30代後半だから、ある程度の固定観念を持っているだろうな
・中小企業と大企業は、また働くポイントが違うから、対応できるかな?

つまり企業サイドは、新たな環境に適応できるだけの「柔軟な姿勢を持ち合わせているか」を見てくると言えます。

なんでも「御社に合わせます」というスタイルだと、自分を持っておらず流される印象ですが、信念も持ちつつ柔軟性を示せれば、説得力が増します。

ポイント④:大企業が必要とするスキルを理解する

中小企業と大企業では、必要とするスキルが、下記のように異なる傾向にあります。

≪中小企業≫
1人の業務範囲が多く、時には部署や職種をこえて仕事をすることがあり、ルール体制も不十分なことがある。
このことから、枠にとらわれない精神を持ち、自らの判断が問われる場面が多々ある。

≪大企業≫
基本的には業務範囲が決められていて、その中で専門的に仕事を行う。
多くの人が関係しているので、決められたルールに沿ったうえで、全体との調和をとりながら仕事を行う必要がある。

この違いをきちんと理解したうえで、どのように大企業で活躍したいかを考えることが、30代後半の人にとって、成功へのポイントだと言えます。

ポイント⑤:マネジメント能力をアピールする

マネジメント能力とは、人や組織などを、きちんと管理・調整できる力のことを指します。

大企業では、社内の人間とはもちろんですが、関連会社や取引先の人とも関わる機会が多くあります。

つまり関係者と、常にコミュニケーションを取りながら業務を行うので、マネジメント能力がさまざまな場面で必要になります。

30代後半で大企業への転職を成功させた人は、この能力を、上手にアピールしています。

この年齢であれば、社会人経験が10年以上ある人も多いので、何らかの役職を経験した人もいるでしょう。

このような人は、その時に得たマネジメント能力をアピールすると良いです。

役職の経験がなくても、後輩の指導をする場面などがあれば、その時の経験をもとに、マネジメント能力があることを説明すると良いでしょう。

ポイント⑥:大企業に転職をすることで、叶えられる内容を伝える

志望動機は人によってさまざまですが、大企業に転職をしたい人は、共通して下記を考える必要があります。

それは「自分の夢が、大企業に転職をすることで、本当に叶えられる内容なのか?」ということです。

面接時に「別に大企業でなくても、中小企業で叶う希望ではないですか?」と問われた際に、明確に答えられなければ、その時点で終了です。

30代後半で大企業に転職をしたければ、あえて「大企業」を選んだことへの理由を伝えられるように、準備をすると良いでしょう。

さらに、希望する大企業であれば夢が実現できることを、根拠を含めて伝えられれば完ぺきです。

ポイント⑦:未経験の職種を避ける

大企業での転職を考える際に、30代後半という年齢であれば、未経験の職種は避けた方が無難です。

未経験の職種へのチャレンジは、企業規模を問わずに、30代をこえると難しくなる傾向にあります。

さらに「大企業での勤務経験がゼロ」で「未経験への職種を希望」という条件がそろえば、ほぼ無理だと言っても過言ではありません。

このことから、今まで経験を重ねた職種に絞って、挑戦することをおすすめします。

年齢が30代後半でも、大企業に転職できる人の特徴

30代後半で大企業に転職ができた人には、特徴があります。

ここでは、具体的に9個の特徴を紹介するので、ぜひ参考にしてください。

20代や30代前半の人に勝るスキルを持つ

大企業に転職したい人は、20代や30代前半という「若手のライバル」の存在も、意識する必要があります。

大企業は基本的に人気があるので、多くの若手ライバルの応募も意識しつつ、30代後半の自分でも、勝てる方法を考えると良いです。

実際に30代後半で、大企業への入社が決まった人は、20代や30代前半の人に勝るスキルをアピールし、内定を獲得しています。

勝るスキルが分からないという人のために、いくつか例を挙げます。

  • 業務内容に対して、深い知見を持つ
  • リーダーとしての素質を持つ
  • 業界内の人脈を豊富に持つ
  • さまざまなタイプの人と、分け隔てなく接することができる

これらを参考にし、自分の「若手に負けないスキル」を見つけると良いでしょう。

大企業がほしがる「圧倒的な能力」がある

応募先の大企業がほしがる「圧倒的な能力」を持つ人は、30代後半という年齢でも、大企業から必要とされます。

例えば下記のような圧倒的な能力があると、強いと言えます。

  • 企画力に長けていて、世に多くの商品やサービスを生み出した
  • 経理部において、会社の多くのムダを改善した結果、費用が浮いたことはもちろんのこと、その費用を投じて社内の働きやすさを向上させた
  • 多くの離職者で悩む部署に対し、人事としてあらゆる角度から対策を練り、離職率を大幅に下げることに成功した
  • エンジニアとして、多くのスキルを身に着けており、多くの受賞経験がある

「自分にはそのような能力はない」と思うかもしれませんが、今までの経験を棚卸しすると、大企業がほしがる能力が見つかることがあります。

「この企業で働きたい」という強い信念を持つ

応募先の担当者目線で考えると「どこでも良いから大企業で働きたい」と思う人と「この大企業で働きたい」という強い信念を持つ人がいれば、後者を採用したいと思うのは当然です。

30代後半で大企業へ転職した人は、応募先の「この企業で働きたい」という強い信念を、上手に伝えることができています。

そうは言っても、応募したい企業が数社あり、強い信念が見えていない場合もあるでしょう。

その場合には、それぞれの企業に対して「この企業でしか叶えらないこと」を考えると、明確な動機が見えてくるので、応募先への思いが芽生える傾向にあります。

上司が年下でも問題ないと思える

30代後半で転職をすれば、上司が年下だというケースもあるでしょう。

このような場合に「上下関係がなく、フランクな関係で居たい」とか「年下から指示をされることに抵抗がある」という人は、大企業に転職をすること自体が、厳しいと言えます。

なぜかというと、大企業は大きな組織なので、全体の統制をとるために、きっちりと組織分けがされているからです。

ゆえに、上司の指示にはしっかりと聞く姿勢を取ることが大事であり、年下だからと軽んじた態度はご法度です。

このような体制が苦手であれば、上司と部下の堺をあえて設けていないような、中小企業のベンチャー企業などを狙った方が良いでしょう。

一方で、上司が年下でも問題がないと思える人は、30代後半でも大企業への転職を成功させやすいと言えます。

健康で体力に自信がある

大企業は中小企業に比べて「人手不足」という状況は、少ないと言えます。

そのため、採用募集をかける際には、ある程度の余裕を持って実施するケースが多いです。

常に「人手不足」であれば、少々健康に問題がある人を採用する可能性はありますが、人手に余裕がある場合には、無理をして不健康な人を採用する可能性は低いでしょう。

そのため、大企業に転職したい30代後半の人は、健康で体力に自信がある方が、採用されやすいと言えます。

事前に健康診断書の提出を求める場合もあるので、日ごろから健康や体力作りも意識すると良いでしょう。

主体性を持つ

大手企業では、決められた業務内容を着実にこなす能力が必要ですが、単に言われたことをこなすだけの人は、需要が低いと言えます。

特に「中途採用」かつ「年齢が30代後半」の人に関しては、主体性を持って取り組めるかという点が、きちんと見られています。

このことから、自分から考えて動くことができる人が、採用を勝ち取っていると言えます。

多くの人と渡り合える「コミュニケーション能力」を持つ

大企業には多くの社員が存在し、場合によっては、同じフロアの人間でも名前が分からないこともあります。

また豊富な取引先を持つので、外部の人とも関わる機会が多いと言えます。

こういった中で、自分と波長の合う人とだけ関わるということは、難しいと考えた方が良いでしょう。

このような背景から、多くの人と渡り合える「コミュニケーション能力」の有無は、大企業を目指すうえで、採用を左右する大切なポイントだと言えます。

「30代後半」の良さを前面に押し出している

自分の年齢が30代後半だということで、引け目を感じている人も、いるのではないでしょうか?

大企業への転職を成功させた人は、むしろ年齢を逆手にとり、30代後半ならではの良さを、全面に押し出しています。

つまり年齢を言い訳にせず、現状のウリをきちんと把握し、自分という商品の価値を最大限に高めたうえで、表現しているということです。

例を挙げると、下記の通りです。

  • 経験が豊富で、即戦力として働ける
  • コミュニケーション能力を身に着けている
  • 業界や業種に詳しい
  • 長年にわたって形成した人脈がある

これらを参考にすると、オリジナルの「30代後半の良さ」を押し出せるアピールポイントが、見えてくるでしょう。

新しい環境に適応できる柔軟性を持つ

過去に中小企業での社会人経験があったとしても、大企業で働く際には「大企業未経験者」としてスタートします。

年齢が若いほど、このような新たな環境への適応は早い傾向にありますが、年齢を重ねると時間がかかる人が増えます。

これは年齢が高くなるにつれ、今までの経験をもとに行動しがちで、物事への先入観も固まることが影響します。

その点、30代後半であっても新しい環境に適応できるような「柔軟性」を持つ人は、採用面で有利です。

まとめ

大企業に良い条件で転職するには、30代後半のうちにアクションを起こすのが、ベストだということが分かりましたね。

もちろんそれ以降の年齢でも、可能性はゼロではないですが、非常に狭き門です。

このことから、大企業への限界年齢である40歳を前にした「30代後半」のうちに、後悔のないように活動をすると良いでしょう。

本記事を読んでくださった人にとって、満足のいく結果となることを願っています。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

pagetop