転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 大手企業・大企業への転職 > 40代で大企業に転職できる?コロナ禍だと転職は厳しい?

40代で大企業に転職できる?コロナ禍だと転職は厳しい?

🕒 2021/05/13
このエントリーをはてなブックマークに追加
40代で大企業に転職できる?コロナ禍だと転職は厳しい?

40代で大企業への転職を考えている人は、年齢的に厳しいのではないかと、引け目を感じることもあるでしょう。

そこに「コロナ渦」という条件が加わると、より厳しさが増すと考え、不安になるのではないでしょうか?

結論からいうと、40代&コロナ渦でも、大企業へ転職できる可能性はあります。

本記事では40代で大企業に転職したい人に向けて、コロナ渦という背景も踏まえた上で、役立つ情報をご紹介します。

転職を実現させたい人は、チェック必須です。

コロナ渦でも【40代】が大企業に転職できる!

コロナ渦で40代が大企業を目指す場合に、転職は無謀だと思う人もいるかもしれません。

しかし企業目線から見れば、下記のような特性を持つ人に対しては、採用に至る可能性が大いにあると言えます。

  • 企業に多くの「メリット」を生み出すだけのスキルを持つ
  • 直接的・間接的を問わずに、売り上げに直結できそうな人である

つまり、会社になんらかの利益をもたらせそうな人は、40代&コロナ渦でも、転職できる可能性があるということです。

そうは言っても、20代・30代の若い人と比較すると、採用率が下がる点は頭に入れておきましょう。

望みはもちろんありますが、まずは40代・コロナ渦の人が、若い人よりも採用されにくい理由を理解しましょう。

これらを踏まえたうえで、やはり「大企業に挑戦したい!」と思うのであれば、あなたの気持ちは本物だと言えます。

40代が「大企業」へ転職すること自体が難しい理由

40代になると、中小企業へ転職する際にもハードルが上がりますが、大企業は人気があるので、さらに難易度が高くなります。

その理由は、下記の4点です。

理由①:若手と比較をされる

大企業の求人に応募をする人は、当然ですが40代だけではありません。

20代・30代の応募者も存在するので、同じようなスキルやレベルを持つのであれば、将来性がある若手の方が、40代より有利だと言えます。

また大企業では、新卒採用を毎年行っているので、一から教育を受けた20代・30代の優秀な社員が、多く在籍しています。

このような既存社員とも比較されるので、彼らよりも秀でたものがなければ、あえて40代の人は採用しないと言えるでしょう。

ゆえに40代になると、大企業への転職が難しくなるのです。

理由②:「40代は無理だ」という思い込みが邪魔をする

自分の心の声は、時に自分自身の可能性を閉ざすことがあります。

世間の話やインターネットの情報をもとにし、自分は「40代だから大企業への転職は無理だ」と思っていれば、そのような現実を引き寄せてしまいます。

以下に例を挙げます。

  • 無理だと思い応募をしなかったが、実際に採用をされたのは40代の人だった
  • 面接官はフラットな目線でいたのに、面接時に「私は40代なので…」とネガティブな発言を連発したことから、印象が悪くなった

このことから、挑戦したい気持ちがあるのであれば「40代だから無理」という思い込みは、置いておきましょう。

理由③:20代・30代よりも厳しい目で判断される

企業は20代・30代の応募者に対して、少々懸念点があっても「若いのでこれから成長するだろう」と考えるため、今後の成長も加味したうえで判断を行います。

一方で40代に対しては「現時点でどれだけできる人なのか?」という視点でチェックするので、20代・30代よりも厳しく見がちです。

このことから、若手よりも厳しい目で判断されることを想定し、対策を練る必要があると言えます。

理由④:使いにくいと思われている

大企業の新社会人が20歳前後だと考え、定年退職の年齢を65歳とすると、40代はおよそ真ん中に位置します。

つまり自分より「年上」と「年下」の割合が、ほぼ同じだと言えるので、上司が年下になる可能性も、大いに考えられます。

仮に採用を行っているポジションの上司が、20代または30代の場合には、40代の人を使いにくいと思うので、できれば採用を避けたいと考えるでしょう。

また40代は経験が豊富な分、固定観念が強まる人も存在することから、他者からの意見を受けつけにくいこともあります。

こういった側面からも、40代は使いにくいと思われがちなので、大企業への転職が厳しくなるのです。

コロナ渦で40代という年齢がハンデになる理由

40代という年齢が、転職に与える影響について説明しましたが、さらに「コロナ渦」の場合に、ハンデになる理由を解説します。

詳細は、下記の通りです。

コロナ流行前と同じ意識で活動をしている

40代であれば、転職経験がある人も多いです。

その頃は、いわゆる「ビフォーコロナ」と言われる時期で、新型コロナウイルスが出現する前だったでしょう。

「コロナ前」と「コロナ渦」では、世の中の情勢が異なり、転職状況も下記のように変化しました。

■リモート形態が導入された
・面接がリモートで実施されることが多くなりました。
そのため、オンラインツールへの知識をつけ、パソコンの画面を通した姿を想像しながら、印象を上げる方法を考える必要があります。

■転職に費やす期間が増えた
・コロナで打撃を受けた企業も多く、採用を自粛せざるを得ない状況となり、求人自体が減りました。
このことから、以前よりも転職に費やす期間が増える傾向にあり、余裕を持って行動すると良いでしょう。
■主体的な人を求める傾向が強まった
・不安定な世の中になり、自ら考えて動ける「主体的な人」を求める傾向が、より強くなりました。
つまり、指示を待つ態勢は、なかなか通用しないと言えます。

このことから「コロナ前」と「コロナ渦」では、異なる対策が必要となり、意識にも変化を持たせつつ、時代の流れに乗ることが必須となっています。

40代の人は転職経験があることから、以前と同じ心持ちで居る人もおり、過去の経験がかえってハンデになるケースがあるのです。

希望給与が高めである

40代であれば、勤務している会社で昇給するケースも多く、初任給よりは高い給与をもらっている人が、多数だと言えます。

いざ大企業に応募する際も、直近の給与価格をベースに求人を選ぶことが多いので、場合によっては金額交渉をすることもあるでしょう。

その場合に、応募先の企業が「給与価格に見合っている(またはそれ以上の価値がある)」と思わなければ、採用に至りません。

20代・30代よりも「希望給与額」が高めの40代は、このような側面から見た場合に、ハンデとなることがあります。

40代でコロナ渦でも大企業に入れる人とは?

「40代」かつ「コロナ渦」でも大企業に入れる人には、特徴があります。

具体的な特徴は、下記の通りです。

入社したい企業を徹底的にリサーチしている

転職を成功させるうえで、入社したい企業をリサーチすることは鉄則ですが、40代でコロナ渦でも大企業に採用された人は、対象企業を【徹底的】にリサーチしています。

また調べる際には、下記ポイントを意識しています。

  • コロナ前とコロナ渦での業績の変化
  • 入社したい大企業が、必要とする人物像
  • 目指す業界の置かれている状況
  • 応募先の大企業が、描いているビジョン

徹底的にリサーチした結果は、面接でのアピール材料にもなりますし、本当に自分に合う企業かの判断基準にもなります。

20代・30代と同じ土俵で勝負していない

20代・30代は「若さ」や「やる気」を押し出せば、それが決め手で採用をされることもありますが、40代が同様に振る舞っても、同じ結果は出ないでしょう。

40代&コロナ渦で、大企業に採用をされた人は、20代・30代と同じ土俵で勝負をしようとはせずに、別の方法を取っています。

この年齢だからこそ、出せる魅力を前面に出し、いかに応募先の企業に貢献できるかを考え、勝負をしています。

すぐに管理職ができるほどのスキルを持つ

大企業がコロナ渦で、必要とする人材は、下記の要素を持つ人です。

  • 即戦力である
  • マネジメント能力がある
  • 即座に変化に対応できる

このような人は、すぐに管理職ができるほどのスキル(業務スキルやヒューマンスキル)を持つと言えます。

40代でコロナ渦でも大企業を目指すのであれば、こういった能力を持つことを意識し、日々を過ごすと良いでしょう。

大企業へのコネクションがある

大企業への入社ルートは、一般的な応募だけとは限りません。

知り合いがいる場合には、いわゆる「コネ入社」と呼ばれる手段で、入社できることがあります。

40代はさまざまな人脈を形成していることも多く、その中に大企業の社員がいることもあり、このツテで入社が決まるケースもあるのです。

大企業としても特にコロナ渦は、採用にかける金額は少ないに越したことはありませんので、40代で大企業に転職したい人は、一度人脈を確認してみると良いでしょう。

年齢を言い訳にしていない

コロナ渦で大企業に転職ができた40代は、自分の年齢を言い訳にしていません。

むしろこの年齢を武器とし、下記のようなポイントをアピールしつつ、自信を持って挑戦しています。

  • 豊富な業務スキルを持ち、即戦力として働ける
  • 年齢を重ねてきた分の「ヒューマンスキル」を持つ
  • 業界経験があるので、内情が分かる
  • 臨機応変に行動ができる

年齢を言い訳にすると、良い状況に向かうハズのものも、悪い方向に進みがちです。

40代でコロナ渦において、大企業への転職をかなえたい人は、年齢というリミッターを取ったうえで、最大限にできることを考えると良いでしょう。

40代はコロナ渦でも伸びている大企業を狙うと良い

40代で大企業を狙いたい人は、コロナ渦でも業績が伸びている(または以前と変わらない)企業を選ぶと良いでしょう。

その理由は下記の通りです。

  • 人を採用する余力がある
  • 事業規模の拡大のために、経験者を探している可能性がある
  • 若手を育成するような、マネジメント能力を持つ人が必要である

「どうしても、憧れだったこの企業に入社したい」などの背景があれば別ですが、できるだけ入社への可能性が高めの企業を狙うことが、40代&コロナ渦においては、成功へのポイントだと言えます。

40代で大企業を目指す人におすすめの業界

ここでは、コロナ渦でも業績が伸びている(または以前と変わらない)企業について、具体的にご紹介します。

IT/ゲーム業界

コロナウイルスの流行で、外出の自粛が推奨されるようになり、家で過ごす機会が増えました。

このことから、下記のような行動を取る人が増えました。

  • 家でリモートワークを行う
  • インターネットを閲覧する
  • インターネットで買い物をする
  • オンラインゲームを行う

以上のような背景から、IT関連やゲーム製品の需要が増える傾向にあり、これらの業界では売り上げが上昇したところも多いです。

今後もこの流れは続くと思われますので、IT/ゲーム業界はおすすめだと言えます。

保険業界

保険業界において、対面での申し込みは減りましたが、その分ネット申し込みの需要が増えました。

このことから、トータルでみると、業績はそこまで減らなかった企業も多いと思われます。

さらに、コロナウイルスで先行きが見えない世の中になり、各種保険への興味も高まる傾向にあり、新たな保険の申し込みを考える人もいます。

以上のことから、今後も保険業界の需要は続くと言えるので、おすすめの業界の1つです。

衛生業界

衛生業界では、衛生用品の製造や販売に関わっており、コロナに関する取扱商品としては、下記のようなものがあげられます。

  • マスク
  • 消毒液
  • ガーゼ
  • 歯ブラシ
  • 歯磨き粉

マスクや消毒液は、説明をせずとも分かると思いますが、ガーゼは「ガーゼマスク」の下に使用します。

また口の中の菌を減らす意識も高まり、歯ブラシ・歯磨き粉の購入機会が増えた人もいるでしょう。

このような衛生商品をつくる「衛生業界」は、今後も世の中から必要とされるので、40代・コロナ渦で大企業を目指す人にとって、おすすめの業界だと言えます。

物流業界

コロナ渦では「ソーシャルディスタンス」が推奨されており、人との物理的な距離を保つのが良いとされています。

そのような中で、商品の発送・受け取りを考える人が増えました。

以下に例を挙げます。

  • 今までは取引先に直接商品を渡していたけれど、感染リスクがあるので、配送にしたい
  • 欲しい商品を実店舗で購入せず、インターネット通販を利用したい
  • なかなか会えないからこそ、大切な人に贈り物をしたい

このような背景から、物流業界の需要は以前にも増しており、注目の業界の1つだと言えます。

通販業界

買い物をしたいけれど、コロナ渦なので、実店舗での購入をためらう人が増えました。

このことから、通販を利用して買い物をする人が増えたため、通販業界は盛り上がりを見せています。

仮にコロナが終息したとしても、感染を防ぐ意識は消えないと考えられるので、引き続き通販の需要はあるでしょう。

以上のことから、今後も期待できる業界だと言えるので、40代の人にもおすすめです。

まとめ

40代でコロナ渦でも、大企業に転職できる可能性はあるということが、分かりました。

これを「可能性があるから挑戦したい」と思うか「転職できない可能性もあるから無理そうだ」と思うかで、未来が変わってくるとも言えます。

大企業に転職をしたいと考えたからには、現状を変えたい何かがあったと推測できます。

これを成し遂げ、新たな世界を見るか否かは、あなた次第です。

本記事がそのきっかけになれば、幸いです。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

pagetop