転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > エリアで探そう > 北海道・東北 > 岩手への転職や移住に役立つアドバイスと使うべき転職サイトを徹底比較

岩手への転職や移住に役立つアドバイスと使うべき転職サイトを徹底比較

🕒 2019/06/19
このエントリーをはてなブックマークに追加
岩手への転職や移住に役立つアドバイス

「転職して、岩手にUターンしようかな…」と考えている方必見です。

岩手は東北地方の北部にあり、大都市から離れているものの、地域ならではの求人もたくさん存在します。

そのため、大都市に住んでいてもUターン・Iターンで岩手に転職したいと考えている方は後を絶ちません。もちろん納得のできる仕事が見つかって社会人生活を再開できるケースがある一方、転職に失敗して後悔するケースもあります。

岩手への転職や移住を成功させるには、事前の情報収集が何よりも大切です。このページでは、地方都市と大都市両方の転職に詳しい転職エージェントによるアドバイスをもとに、岩手への転職についてご紹介します。

岩手の特徴

岩手は、東北地方の北のほうにあるため冬になると特に沿岸部は厳しい寒さです。豪雪の日もよくありますので、スキーやスノーボードなど冬ならではのスポーツが盛んです。 また、寒いからこそ、「アワビ」や「ウニ」など貴重な海の幸がよく獲れます。岩手に移住したら、ぜひこれらの海産物を満喫しましょう。

岩手県の一番大きい駅は「盛岡駅」で、県内総生産は約5兆円です。岩手県の人口は126万人、県庁所在地の盛岡市には30万人ほど生活しています。

ここからは、転職希望者が気になるはずの岩手の特徴をご紹介します。

岩手の年収

厚生労働省の統計によると2016年の岩手県の年収は362万円で、都道府県ランキング46位といったところでしょうか。

実際のところ、年収アップを目指して岩手に転職する人は少ないではないでしょうか。岩手に転職する場合、ある程度給料額のダウンを覚悟しておかなければなりません。

岩手の年収の特徴は、第三次産業の割合が大きい大都市より手堅く安定しています。東京などの大都市はリーマンショックを受けて一時的に年収が大幅に下落したことがありましたが、岩手はリーマンショックや東日本大震災の影響を受けていません。リスク耐性が強い産業構造になっていることがわかります。

転職難易度

有効求人倍率に関しては岩手労働局の発表で1.33倍(平成29年7月時点)でとなっており、全国ランキングだと28位です。全国平均の1.52よりやや低いため、岩手にUターン・Iターンという形で転職するとしても、少し転職活動期間が長引く覚悟しておいたほうがいいでしょう。

求人

岩手は主要大都市から離れているため、求人の数は限られたものになっています。

ただし岩手でしか見つからない求人もたくさんあります。例えば全国2番目に広い面積を誇るので、農業や林業、漁業などの第一次産業が盛んにです。

また、雪もよく積もりますので、スキー場などの観光産業が大きいです。

そのほかに第二次産業の掘り出し求人も存在し、通信機器メーカーの「ネクス」は岩手県の花巻市に本社を置いているなど、知られていない地元の優良企業も存在します。

岩手へ転職するメリット・デメリット

ここでは、岩手に転職するメリットとデメリットをご紹介します。頭の中で整理してみましょう。

自分にとって一番重視している項目はどれか、譲ってもいい項目はどれかを確認し、もしデメリットはメリットよりも多ければ、岩手への転職を再考されたほうが良いでしょう。

岩手で働くメリット

ここでは、岩手に転職・移住するメリットをご紹介します。

生活費が圧倒的に安い

岩手に転職するメリットとして、求人数・種類が多いことが挙げられます。

東京などトップクラスの大都市にはさすがに劣りますが、岩手に本社を構える企業も多くあり、求人の数と多様性に強みを持っています。

大都市より圧倒的に生活コストが低い

大都市から岩手へ転職してまずおどろくのは生活費の安さです。大都市にいるときと同じ貯金を持っていても生活に余裕が出てくる場合が多いです。

吉野家などのチェーン店だと価格は同じですが、スーパー、生活用品などの値段が低いです。

家賃は特に安く、1人暮らしは月3万もいきません。大都市との差があまりにも大きいので、今まで払ってきた家賃がもったいないと感じる方が多いようです。

のんびり過ごせる

岩手はスローライフを楽しめる都市ということで有名です。日常生活にストレスがあまりなく、残業はありますが大都市ほど長くありません。

東京などの大都市の生活に疲れた時に、岩手に転職してストレスの少ない日常を手に入れてみてはいかがでしょうか。

岩手転職のデメリット

引き続き、岩手に転職・移住するデメリットをご紹介します。

中途採用を募集している求人数が少ない

岩手に転職する最大なデメリットは求人数が少ないことです。

岩手の有効求人倍率はかなり低いレベルにあり、経済活動が活発ではありません。

求人数が少ないと仕事を探すこと自体が難しい上、仮に転職した会社に合わなければ、次の仕事を見つけるまでその会社に居続けないといけない場合もあります。

年収ダウンの確率が高い

岩手の年収は全国平均よりかなり低いので、転職するならある程度年収ダウンの覚悟もしておくべきでしょう。

ただし、岩手に本社機能を持つ企業はいくつかがあり、どれも古くからある企業です。これらの企業は、大都市の成果報酬主義が浸透しておらず、年功序列制をとっています。

そのため、岩手で同じ会社に長く働き続ければ、年収も徐々に上がっていきやすいでしょう。

地方特有の風習に慣れる必要がある

東京では、隣に住む人と軽くあいさつだけをしている方も多いかと思います。

地方ではその地域ならではの慣習があるので、慣れるまで時間が必要です。

また、東京では仕事とプライベートの区切りがはっきりしていますが、地方ではオンオフ関係なくコミュニティへの参加を求められます。町内会への参加を断ったら、その地域に居づらくなってしまったというのはありがちなことです。

「郷に入れば郷に従え」に徹することが地方転職のポイントだと言えるでしょう。

岩手に強い転職サイトで求人を探そう

岩手に転職する際に利用すべき転職サイトは、特にこれがおすすめ!といったサイトはないのですが、岩手に勤務地を置いている求人に関して他社サイトより圧倒的に多いのはリクナビNEXTです。

リクナビNEXT|岩手の求人数No.1

リクナビNEXTは登録会員数600万人以上で、日本における転職者の約8割が利用している転職サービスです。公開求人件数8万件台、全国47都道府県に全て対応。総合系の転職サイトの中ではトップクラスの規模です。

求人情報は毎週水曜、金曜日の更新で5000件余りの求人が追加され、特に強みである営業やIT、メーカーの求人は毎週4000件の新規案件が掲載されます。情報の鮮度と、規模感とスピード感のある情報収集が武器の転職サイトです。

まとめ

岩手の特徴、転職事情や転職ノウハウについて、今回ご紹介してきました。 まず岩手という場所で働くメリット・デメリットを知り、そして岩手に強い転職サイトを使って求人を探す、それが岩手転職を成功させるための秘訣です。

岩手転職に強く、必ず登録すべき転職サイト・転職エージェント3選

  • リクナビNEXT
  • リクルートエージェント
  • ビズリーチ
  • 人生のターニングポイントである転職を失敗させないように、プロの指導のもとに慎重に行ってくださいね。

    \大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
    地域
    性別
    希望職種
    正社員経験
    年齢
    希望年収
    人気条件 こだわり条件

    関連する他の記事

    マイナビエージェントの東京の京橋第一にある拠点情報・面談場所・行き方・注意点まとめ
    転職エージェントの全国にある拠点情報・面談場所・営業時間・行き方・当日の注意点など、実際にキャリア…
    dodaの神戸にある拠点情報・面談場所・行き方・注意点まとめ
    転職エージェントの全国にある拠点情報・面談場所・営業時間・行き方・当日の注意点など、実際にキャリア…
    ハタラクティブの立川にある拠点情報・面談場所・行き方・注意点まとめ
    転職エージェントの全国にある拠点情報・面談場所・営業時間・行き方・当日の注意点など、実際にキャリア…
    栃木への転職や移住に役立つアドバイスと使うべき転職サイトを徹底比較
    栃木への転職や移住を成功させるには、事前の情報収集が何よりも大切です。このページでは、地方の転職事…
    pagetop