転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 企業研究 > 【転職者必見】Amazon Japanへ入社するためには

【転職者必見】Amazon Japanへ入社するためには

🕒 2019/03/01
このエントリーをはてなブックマークに追加
【転職者必見】Amazon Japanへ入社するためには

転職ってすでに当たり前になりつつある時代ですよね。

自分のスキルを活用してよりよい企業へ転職する人が増えてきています。

今、Amazon Japanへ転職を考えている方は是非このサイトをみて参考にしてみて下さい。

Amazon Japanの年収について

転職する際に多くに人が一番気にする点は年収ではないでしょうか。

自分の生活に直結してくるのが年収です。

よく考えてから決めたほうが良いのかもしれませんね。

さて、気になるAmazon Japanの年収ですが、外資系の企業なので同系統の他社企業より高いと言えるでしょう。

勤務自体は国内での勤務となりますが、社内文書などが英語表記で書かれていることが多いので読み書きができる程度の英語力は身につけていたほうが良いです。

目安としてはTOEIC700点台くらいが良いでしょう。

社員さんの平均年収は638万円となっています。

完全年棒制で、入社してから3年後には自社株の付与もあります。

また、3年目までは現金でボーナスが年に4回支給されます。

年収の幅は550~900万円とかなり振り幅が大きくなっています。

完全評価制での給与支給なので、頑張り次第では1400万円を超えるひともいるようです。

新卒採用より中途採用人数のほうが多いので、同じような業界でキャリアやスキルを積んでいる人にとっては転職しやすい環境にあると思います。

職種としては、技術職から事務、デザインなど幅広い職種で中途作用を行っているそうです。

詳細は採用のHPから確認をすることができます。

次に労働環境についてお話していきたいお思います。

Amazon Japanの労働環境は

いくらお金を貰うことができても、残業が多かったり、自由のきかないシフトで働いていたりしたら、意味が無いですよね。

Amazon Japanの平均残業時間は30~40時間程度です。同業者であるYahoo!等と比較しても残業時間は極めて少ないと思います。

残業時間の上限が設けられていることや、完全フレックス制を導入していることで働き方をコントロールしやすい環境になっていると思います。

詳しい残業時間については部署によって大きく変わりますので、事前にしっかりと確認しておくことが必要となってくるでしょう。

在宅勤務の人もいるようで、その場合は完全にプライベートを管理することができているようです。

公休は月に10日ほどあるようです。

有給も消化していくとかなり休みは多いと思います。

また、正社員の場合はパーソナル休暇という制度を設けているので、さらに休みをしっかり確保することができるでしょう。

Amazon Japanの将来展望

これから転職をするのに、転職先がいきなり経営悪化してりしたら大変ですよね。

次に、Amazon Japanの展望についてお話して行きたたいと思います。

Amazon Japanに転職をする場合、将来性としてはかなり不安が少ないと思います。

現在、世界中を見てもインターネット販売サービス会社としてはトップシェアを誇っています。

また、最近ではAmazonプライムなどの動画配信サービスやAmazonミュージックなどの音楽配信サービスも開始しました。

さらに、クラウド事業が成功を収め始めているのでこの勢いはしばらく衰えることは無いと思います。

一つ懸念されるのは、Amazon Japanは秘密主義のために会社の実態がきちんと世間に伝わっていないという点です。

実態を知っているのは社員さんですので、入社してから気づくことも多いそうです。

業務は今急成長を遂げている会社なので大変な業務が多いという意見も多かったです。

ただ、その分、実際に年収や自分のスキルアップに直結して現れてくるので働きがいについては不満がないと答えた人が多かったです。

Amazon Japanの女性の働きやすさ

女性での会社の活躍は現在のIT時代には欠かせないと思っています。

Amazon JapanもIT企業として女性の雇用、また、平等という点においては特に重点を置いているようです。

産休や育休、勤務時間の変更等はかなり柔軟な対応をとっており、その点はかなり良いと思います。

男性が部署を仕切っているという風潮もなく、実力のある人が周りのリーダーとして指導しているようです。

退職検討理由

総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
公開求人数68000対応地域全国
非公開求人有りターゲット層エグゼクティブ層
強い業界IT/メーカー/金融年収UP実績9割

転職を考えるにあたってはその会社を退職したい人の意見を聞くことも大切だと思います。

Aさん/男性/人事部採用アシスタント/現職
総合評価:★★★☆☆

給料をあげようと出世しようとするとワークライフバランスがかなり崩れる。

外資系企業の割に英語のスキルが身につかない。

私は英語のスキルを身に着けたいのであまりこの会社に向いていなかったと思う。

Bさん/女性/法務部/現職
総合評価:★★★★☆

Amazon流のやり方がほかでは通用しないように感じる。Amazonは決断力という面では他の会社に無いものを持っていると思う。

しかしながら、見切り発車なこともおおく、一つのプロジェクトを動かし始めても数カ月後には全く違うやり方をしているなどということがよくある。

マニュアルなどを作成してやるといったことに意味がないと感じる。

プロジェクト、企画が多いがわからなくなる人がいると1から作成し直したり、効率という面で非常に悪いと思った。

まとめ

Amazon Japanはここ数年の間に急成長を遂げた会社です。

そのため社風も実力評価でできる人が評価されるようです。

スピード感の早い会社だと思いました。

皆さんも、転職を考える際に是非参考にしてみてください。

そして、競合のアリババに興味がある方は下の記事も参考にしてみてください!

2019.03.01

このサイトでは、アリババ株式会社についての転職情報を記載しています。

年収から福利厚生、環境まで詳しく書いています

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

pagetop