転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 企業研究 > tiktokで急成長中のバイトダンスの中途採用は?

tiktokで急成長中のバイトダンスの中途採用は?

🕒 2019/06/11
このエントリーをはてなブックマークに追加
tiktokで急成長中のバイトダンスの中途採用は?

Tiktokで一躍ブームになったバイトダンスとはどんな会社なのでしょうか。

名前は聞いたことあるけど、、、という人も多いでしょう。

一躍に人気を持って行った企業に、転職はできるのでしょうか。中途採用は行っているのでしょうか。これからバイトダンスで働きたい!という人に向けに調査しました!

バイトダンスはどんな会社?

2012年3月に設立したバイトダンスのビジョンは、「グローバルな創造と交流のプラットフォームを作ること」です。

人々がより広い世界を発見したり、誰もがクリエイターになれるように手助けすることを目標とする企業です。

そんなバイトダンスの行っている事業の中の1つとしてあるのが、TikTok です。

TikTokは、ショートムービープラットフォームアプリです。

スマートフォンを通じて世界中の創造力や知識、その時に起きた瞬間を捉えて届けることで、誰もがクリエイターになることを可能にしています。

TikTokを通じて、表現と情熱を拡散することの手助けをする企業です。

バイトダンスに就職することは、TikTokに就職するととらえてもいいでしょう。

そのため、バイトダンスはTikTokを使い様々なイベントなども行っています。

ワークショップやセミナーなどクリエイターを育てることもしています。

社風は、上下関係なく意見を出し合う仲の良い環境で、経歴などに関わることなく、重要な仕事に携わる事ができます。

世界規模で世の中を盛りあげる人々が集まっている仕事のやりがいを感じることのできる環境です。

モチベーションが高く、キャリアを成長させたい人にはとってもいい企業だと思います。

ここまで、少し難しく説明していますが、簡単に言うとTikTokなどの動画アプリの企画・運営を行っている活気のあふれる企業です。

バイトダンスの中途採用

バイトダンスには大きく分けて、エンジニア(IT系)、デザイナー(Wedデザイナーなど)、プランナー(クリエイティブプランナーなど)、セールス(受付、事務)、マーケティング(宣伝広告、広報など)、の5つの種類に分かれています。

中途採用は、新卒採用と同じで全ての仕事を募集しています。

バイトダンスでは、5つどの仕事をするにも条件として、4年生大卒以上の学歴があることが1つ目の応募資格です。

その他に、有利になるものとしては、中国語や英語です。しかし、これは話せるとポイントは高くなりますが、絶対条件ではありません。

そのため、基本的には必要資格はありません。しかし、中途採用は新卒採用と違い、過去のキャリアが重要視されます。

特に、プランナーは、代理店や メーカーの企画・デジタル部門において、5年以上クリエイティブやコミュニケーション戦略を構築した経験を持つこと。

代理店やメーカーのクリエイティブ・デジタル部門に置いて担当するプロダクト・サービスの売上増加に貢献した成功体験がある。

代理店やメーカーに置いて多くのキャンペーン(TV、デジタル、SNS上などで)をした経験がある。またこれらのキャンペーンを通じて売上増加に貢献した成功体験がある。

業界において高いレベルのクリエイティブのスキルがある。過去のキャンペーンを通して定量的に実証することが出来る。

など過去の成功体験なでで見られるため、少し厳しい条件です。

マーケティングでも応募資格となる条件はあります。

PRエージェンシー、広告代理店もしくはテクノロジー関連の事業会社にてBtoB広報経験7年以上ある方。

年間PRプランの策定経験がある方。

TikTok等のバイダンス製品のユーザー特性をよく理解している方。

優れたコミュニケーション能力を持つ方。

などありますが、マーケティングの方が勤めていた経験があるとこが重要視されていると思います。

自社のHPはもちろん、インディードやリクナビNEXTにも掲載しています。

バイトダンスに転職するには

バイトダンスは転職サイトに多く掲載されています。

内容をみると、転職の応募資格としては、学歴不要の、広告業界の経験者が求められます。過去の職種は不要ですが、広告用語や、Web系広告のビジネスモデルを理解できる人が対象になります。

転職する方が、応募条件が少ないから楽じゃん!と思った人はいませんか?

しかし!!それは落とし穴です!!

しっかりと、中途採用と転職の違いを把握しましょう。

中途採用と転職

中途採用と転職では目線が違うので、視点が違います。

「中途採用」は企業の営業活動・生産活動で不足している人材を補完するために行うもので、即戦力の募集を求めているため、条件が厳しくなります。

「転職」は仕事を探している人から見た視点でとらえた解釈です。

企業ののぞむ人材は中途採用、仕事を探している人は転職という認識になります。

この差をしっかりと把握しておくことによって、転職を行う意識が変わってくるのではないでしょうか。

まとめ

バイトダンスに、転職することや中途採用で入ることはサイトやHPに掲載されていることが多いため、「新卒採用しかしない」というわけではないです。

いつでもチャレンジできる環境があります。

しかし、きっちりと企業の求めていることと、自分のできることややってきたこと比較し、自分のしたい仕事が出来るようがんばってください。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

みずほ情報総研に転職を考えているなら知っておくべき情報

このサイトではみずほ情報総研について転職を考えている人に、年収や、福利厚生、社内体制など様々な…

転職するならリクルートホールディングス!
転職先をどこにしようかと、迷っている人のために今回は『リクルートホールディングス』を紹介したいと思…
『テンセントの転職情報』Tencent Japanの採用情報と待遇など
日本ではまだそこまで知名度が高くなく、業界の人でなければテンセントという企業さえ知らないかもしれま…
三井不動産に転職すべき?年収上位企業ランキング2019に選ばれた会社の評判
今回は不動産業界でも名を馳せている三井不動産について徹底解説していきます。年収から口コミなどについ…
pagetop