転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > doda > dodaはうざいって本当?うざい原因と対処法を徹底解説

dodaはうざいって本当?うざい原因と対処法を徹底解説

🕒 2021/05/14
このエントリーをはてなブックマークに追加
dodaはうざいって本当?うざい原因と対処法を徹底解説

dodaの広告がうざい…」
「電話やメールがしつこくてうざい…」

dodaのサービスを活用していて、こうお思いの方もいますよね。

転職支援サービスとして絶大な人気を誇るサービスですが、実は「うざい」と感じる方も多いんです…。

今回はそんなdodaを使ってうざいと感じる理由・対策について、詳しく解説していきます。

dodaがうざい理由は?

では一体どんな時にdodaを「うざい」と感じるのか、具体的に見ていきましょう。

  1. 電話がしつこい
  2. メールがしつこい
  3. 書類選考が通らない
  4. 広告がしつこい

①電話がしつこい

電話がしつこく来ることで「うざい」と感じる方が特に多いです。

なかには仕事中に電話がかかるケースもあり、周囲から「転職活動しているのでは」と疑われてしまう方もいました。

他には22:00にかかってきたり、毎日かかってきたりなんてことも…。

②メールがしつこい

dodaでは希望条件とマッチングした求人紹介メール、希望業種のメールが届きます。

ただ担当者以外からのメールが多くて、「うざい」と感じる方も多いとのこと。

またdodaにはスカウト機能もあり、そのスカウトメールの多さからうざいと感じる方も多いです。

③書類選考が通らない

頻繁に担当者から連絡が来るのに、なかなか先へ進めず「うざい」と感じる方も多いんです。

担当者との相性もあるかもしれませんが、早く転職したい方からすればもどかしいですよね…。

④広告がしつこい

「BGMがうざい…」
「広告の出る頻度が多い…」
「触れただけで問答無用に広告をタップしてしまう…」

dodaに限らず、広告が出てくることに対して「うざい」と感じる方もいますよね。

広告のやり方も多様化していますから、なかなかすべてを避けるのは難しいところです…。

dodaのうざさにはどう対処すべき…?

dodaに対してどの点に「うざい」と感じるのか、お分かりいただけました。

ではそこにどう対処していけばいいのか、具体的に解説していきます。

  1. 担当者に連絡頻度を減らすよう依頼する
  2. 電話をかけてくる時間を指定する
  3. 書類選考が通らない時は原因を探ろう
  4. 広告ブロックのツールを使う
  5. 担当者を変更してもらう
  6. 捨てメールのアカウントを使う
  7. 別の転職エージェントを使う

①担当者に連絡頻度を減らすよう依頼する

まずは担当者に「連絡頻度を少なくしてほしい」と伝えてみましょう。

もしサービス利用を休止したいなら、dodaの利用をしばらく停止する旨を伝えるのも良いです。

②電話をかけてくる時間を指定する

仕事中の時でも夜遅くでも、関係なく電話がくるケースもあります。

この場合は、こちらから電話をかけてもらう時間を指定してみましょう。

たとえば「平日夜なら18:30~19:30、昼は13:00~14:00」などと、ご自分の都合のよい時間を指定するのが良いでしょう。

③書類選考が通らない時は原因を探ろう

dodaの書類選考通過率が10~15%ほどで、なかには「全然通らない」なんて方もいますよね。

この場合はまず原因を探り、ひたすら対処するにつきます。

<考えられる原因>

  • 応募する求人数が少ない
  • スキルや経験、職歴などに乏しい
  • 会社に合わない人材とみられている

特に職歴については「無職期間がある」「正社員期間が極端に短い」など、何か問題はないか考えてみましょう。

④広告ブロックのツールを使う

SNSやYouTube、Webページなど、広告の出るページはさまざま。

この場合は広告ブロックツールを使って、シャットアウトするのがおすすめです。

ツール名特徴
YouTube Premium
  • 1,180円/月
  • 1か月間無料トライアル可能
  • 広⁠告⁠な⁠しで動画を再生できる
  • バックグラウンド再生も可能
AdBlock for YouTube
  • 無料
  • Google Chromeの拡張機能
  • YouTubeの広告をブロックできる
AdBlock
  • 無料
  • Google Chromeの拡張機能
  • Google Chromeで見た全ページの広告をブロック
AdFilterk
  • iOS用
  • Safariの広告をブロックできるアプリ
AdGuard
  • iOS・Android用
  • アプリやゲーム広告も非表示にできる

⑤担当者を変更してもらう

dodaには「担当キャリアアドバイザー変更の申し込みページ」がありますから、遠慮せず代わってもらうのも手です。

電話頻度を減らすよう頼んだのに対応してくれない、何度もしつこくメールをしてくる、なんてときは使ってみましょう。

氏名、メールアドレス、担当キャリアアドバイザー名などを入力して申し込むと、対応してくれますよ。

ただ、変更できる担当者がいない可能性があるため、その点には注意してくださいね。

⑥捨てメールのアカウントを使う

普段使いしないアドレスを、dodaからの受信用に作るのも手です。

メインで使うメール、サブで使うメールと分けることで、しつこいメールへのストレスが解消されることでしょう。

まずはGmailやYahoo!など、アカウントを1つ増やしてみてくださいね。

⑦別の転職エージェントを使う

スムーズかつスピーディに転職するなら、担当者との相性も重要。

「使えないな…」と思ったら、別の転職エージェントに乗り換えるのもオススメです。

doda以外だと、リクルートエージェントパソナキャリアマイナビエージェントなどがおすすめですよ。

まとめ~dodaがうざくても冷静に対処しよう~

転職エージェントを使っていると、電話やメールがしつこくなったり、質の悪い担当者に当たったりと、ストレスはつきもの。

つい「うざい」と感情的になってしまうことだってあります。

ですがいちいち感情的になっていては、今の集中できません。

まずは本記事でご紹介した対処法をもとに、一つずつ実践してみてくださいね。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

pagetop