転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > doda > dodaチャレンジは断られた人続出?断られない人材になるコツを紹介!

dodaチャレンジは断られた人続出?断られない人材になるコツを紹介!

🕒 2021/06/09
このエントリーをはてなブックマークに追加
dodaチャレンジは断られた人続出?断られない人材になるコツを紹介!

障害者の転職エージェントサービスとして、「dodaチャレンジ」を利用していきたいと考える人もいるのではないでしょうか。

「dodaチャレンジに登録したけど断られてしまった」

と実際にお断りされるケースもあります。

「dodaチャレンジを断られないためにはどうすればいいの?」

「これからの転職活動を成功させたい」

など思う人も多いはずです。

本記事では、dodaチャレンジを断られない人材になるコツの紹介と転職活動を成功に導く方法を紹介します。

dodaチャレンジに「一度断られてしまった人」「利用したいけど、断られそうで不安な人」は是非参考にしてください。

dodaチャレンジ5つの強み

dodaチャレンジとは、障害を持った方に対して転職を支援するサービスです。

近年、障害者の方でも転職支援する活動が活発になっており、生まれたサービスが「dodaチャレンジ」です。

人気の理由として5つの強みがあげられます。

1. 求人が豊富で質も高い
2. 非公開求人が多数
3. 障碍者雇用に関するノウハウが充実
4. 利用満足度95%の実績
5. 障害別のサポートを受けられる

順番に詳しく解説します。

①求人が豊富で質も高い

強みの一つとして、求人数の多さがあげられます。

求人数は2500件以上あり、充実した求人を紹介が可能です。

大手企業パーソルグループの子会社で、企業とのつながりが多いため、圧倒的求人数を誇ります。

障害者求人は契約社員が多く、給料が低い傾向があります。

しかし、dodaチャレンジはベンチャー企業から大手企業までさまざまな求人紹介が可能です。

転職先次第で高年収を目指せるのも大きな特徴ですね。

質の高い求人を数多く紹介できるのは、dodaチャレンジの強みと言えるでしょう。

②非公開求人が多数

dodaチャレンジはサイトに公開されていない非公開求人が80~90%あります。

掲載求人数・非公開求人数ともに業界トップクラスで非常に魅力的な求人が多いです。

非公開求人には、「好待遇で人気な求人」「採用枠が少ない求人」など通常では応募できない求人が多く存在します。

dodaチャレンジを利用することで、非公開求人情報を知れるので、かなり転職活動を有利に進められるでしょう。

優良求人に応募するためにも、dodaチャレンジの利用は必ず必要です。

転職活動をするうえで、dodaチャレンジの登録はしておくと良いでしょう。

③障碍者雇用に関するノウハウが充実

dodaチャレンジで働くスタッフは、障碍者雇用に関しての知識が豊富です。

理由として、スタッフの65%以上が障碍者手帳を持っています。

自身の経験をもとにアドバイスをしてくれるので、非常に手厚いサポートが受けられるでしょう。

親身に相談できる環境があるからこそ、障碍者の方は特に安心して転職活動ができますよね。

障碍者雇用に関するノウハウはほかのエージェントよりも充実していると言えます。

④利用満足度95%の実績

丁寧な対応から利用満足度は95%にも及びます。

対応が悪いと、どんなに良い求人であっても利用したくないですよね。

ハローワークなどを利用して、転職活動をすると「冷たい対応をとられた」「態度が悪かった」などよくあるそうです。

もちろん一概には言えませんが、丁寧なサポートを受けたいのであれば転職エージェントを利用すると良いでしょう。

その中でも、dodaチャレンジは専任のキャリアアドバイザーが丁寧に対応してくれます。

あなたに合った求人を紹介するためにヒアリングを行い、転職活動を成功させるアドバイスをもらえます。

相談しやすい環境だからこそ、利用者満足度95%と高評価につながっていると言えます。

転職活動が不安な人はdodaチャレンジを利用すると不安を解消できるのでおすすめ。

⑤障害別のサポートを受けられる

dodaチャレンジでは、障害者別にサポートが受けられます。

障害は人それぞれ違ってきますよね。

その中で、「できること」「できないこと」は当然あります。

dodaチャレンジは「身体障害」「発達障害」「精神障害」と3つに細分化してサポートをする体制が整っています。

その人に合わせサポートができるので、転職活動を有利に進められるでしょう。

また、定期的に障害別にセミナーを開催しています。

「面接突破セミナー」「就活個別相談会」「企業セミナー」など。

どんな障害がある人でも手厚いサポートが受けられる仕組み作りが徹底されています。

障害別に手厚いサポートが受けられるのは非常に強みと言えるでしょう。

dodaチャレンジで断られる人の特徴5選

これだけ魅力のあるdodaチャレンジ、ぜひ活用していきたいですよね。

しかし、dodaチャレンジで断られてしまう人も中にはいます。

どういった人が断られているのでしょうか?

断られる人の特徴として下記の5つがあげられます。

1. 地方に住んでいる
2. 転職回数が極端に多い
3. 社会人経験がない
4. 希望職種が未経験・特殊すぎる
5. 年齢が高い

では、詳しく解説していきます。

①地方に住んでいる

dodaチャレンジの求人は全国にありますが、メインは「東京」「名古屋」「大阪」です。

そのため、地方の求人は少なくなっています。

理由としては、地方は中小企業が多く、コスト面でdodaチャレンジに掲載ができない企業も多いです。

一方、ハローワークは広告掲載費が無料のため、コストを意識する企業はハローワークで求人を募集するのが一般的です。

大企業が少ない地方だと、ハローワークのほうが求人数も多いこともあります。

地方だとdodaチャレンジの求人を紹介できる数が少なく、お断りするケースもあるようです。

地方の方はdodaチャレンジのみで転職活動を進めるのではなく、ハローワークと併用していくことをおすすめします。

②転職回数が極端に多い

次にあげられるのが、転職回数が極端に多い場合は断られる可能性が高まります。

dodaチャレンジだけでなく、どのサービスを利用してもいえるでしょう。

転職回数が極端に多い人は採用側からネガティブなイメージを持たれてしまいます。

「すぐに辞めてしまうのではないか?」

「働く気があるのかな?」

「計画性がない人なのかな?」

など、さまざまなマイナスイメージを与えることに。

転職エージェントが紹介しても、短期離職された場合は、企業に返金をしないといけません。

そうなると、すぐに辞めてしまいそうな人に対して求人を紹介したくありませんよね。

結果、転職回数が極端に多い人は断られてしまうケースがあるようです。

転職回数が極端に多い人はネガティブなイメージを払拭する必要があります。

事前に準備しておくことで、断られるケースが下げられることが可能です。

企業が求める人物像・スキルを磨くことが非常に重要!

③社会人経験がない

社会人としてのスキル・経験がない場合は断られてしまう可能性があります。

障害者支援転職サービスではありますが、企業側は会社に貢献してもらえるような人材を探しています。

全く社会人経験がない場合は、戦力として判断されないため、企業への推薦がしにくいでしょう。

若い20代であれば、ポテンシャル採用枠もあります。

人間性や熱意を評価して、採用につながるケースもあるでしょう。

しかし、30代後半になるにつれてスキル・経験が求められることが増えます。

30代後半で社会人経験がない場合は、働くことが難しいと判断されて、お断りされる場合も考えられます。

もし、30代後半で働いた経験がない場合は、アルバイトやパートでも問題ありません。

働くことを経験して、実績を増やしていくことが極めて重要です。

断られたから諦めるのではなく、何ができるのかを考えて行動していきましょう!

社会人経験・スキルは一つの重要な指標です。

まだ働いた経験がない人は、早めに勤務実績を作ることが大切です。

④希望職種が未経験・特殊すぎる

年齢を重ねるごとに未経験分野への転職が厳しくなる現状があります。

20代など若い場合は、未経験歓迎の求人も存在します。

30~40代になると、スキル・経験が重視されるため、未経験歓迎の求人は減っていくでしょう。

その結果、紹介できる求人がなくてお断りになるケースも多いです。

また、希望する分野が特殊すぎると、求人を扱っていないという理由でお断りされる可能性があります。

転職エージェントサービスによって取り扱っている分野が異なっているので、事前に調べておくと良いでしょう。

⑤年齢が高い

dodaチャレンジは年齢制限を設けていません。

しかし、求人を応募している企業は「なるべく若い人を採用していきたい」と考えるところがほとんどです。

結果的に紹介できる求人がなく、お断りすることもあります。

年齢を重ねるたびに、どんどんと転職活動が厳しくなっていくでしょう。

転職活動を成功させるためにも、スキルや経験を培うことは非常に大切です。

スキルや経験がほかの人よりもあれば、即戦力になるでしょう。

年齢関係なく、転職活動を有利に進めるためにも、若いうちから社会人としてのスキルを磨くことが大切です。

将来、苦労しないためにも今自分ができることを考えて、実践していくようにしましょう!

断られない人材になるコツ4つ紹介

dodaチャレンジで断られてしまう人の特徴は理解していただけましたか?

「具体的にどうすれば、断られないようになるの?」

と考える人も多いはずです。

次に、dodaチャレンジで断られない人材になるコツを4つ紹介します。

1. 面談時に自分の思いを簡潔に伝える
2. ポジティブな発言を心掛ける
3. 仕事に対して前向きな姿勢をアピールする
4. 要望する理想を下げる

この4つのコツを意識すれば、断られる確率はかなり下がります。

以前にdodaチャレンジで断られてしまった人も参考にしてみてください。

①面談時に自分の思いを簡潔に伝える

dodaチャレンジに登録した後、面談があります。

アドバイザーが「この人を企業に紹介させたい!」と思わせることで、断られる可能性を下げられます。

そのためには、面談までに自分の転職活動に対する思いを簡潔に伝えられるように準備をしておきましょう。

「今までの経験から学んだこと」「今後のキャリアビジョン」など。

明確にすればするほど、「この人はしっかりと物事を考えられる」と判断され、好印象に繋がります。

アドバイザーに魅力的な人材だと思われることが重要です。

何も考えずに面談に挑むことは絶対に避けましょう。

「やりたいことなどは特にない」

「なんとなく転職活動を始めた」

といったような受け答えをしてしまうと、アドバイザーは企業に紹介をしたくないでしょう。

dodaチャレンジに断られないためにも、事前に転職活動に対する自分の思いを考えておくことが重要と言えます。

②ポジティブな発言を心がける

ポジティブな発言を心がけることで、断られるケースが減ります。

ネガティブな発言ばかりする応募者をアドバイザーはどう思うでしょうか?

「嫌いな人がいて仕事を辞めた」

「仕事がつまらなかった」

など、転職理由は人それぞれあるはずです。

しかし、ネガティブ発言ばかりする応募者に対して、アドバイザーは良い印象は持ちません。

ネガティブな人だと判断されて、求人を紹介しにくくなります。

ネガティブな理由をそのまま伝えてしまうのは絶対にやめましょう。

どんな理由であっても、ポジティブに変換するのが重要です。

「問題に対して、自分はどういった行動をとったのか」

「どのように改善しようと心がけたか」

など、積極性をアピールするとアドバイザーも魅力に感じるでしょう。

「この人ならどんな困難にも立ち向かえる」と思ってもらえるように、ポジティブさをアピールすることが大切です。

③仕事に対して前向きな姿勢をアピールする

仕事に対しての前向きな姿勢をアピールするとお断りされる確率が下がるでしょう。

具体的な行動として、資格取得に向けて勉強やスキルアップのための行動をすると好印象を与えられます。

ほとんどの社会人は勉強をしておらず、勉強している社会人は30%未満と言われています。

そのなかで、自分で考えて勉強している姿勢をアピールするのは非常に大切です。

働きたいという強い意思を感じられるため、アドバイザーも熱心に転職サポートを行ってくれるはずです。

他の応募者とも差別化できるので、転職活動を有利に進められること間違いありません。

自分のやりたい仕事や興味のある分野がある人は事前に勉強をすると、前向きな姿勢を評価されてdodaチャレンジに断られなくなります。

目標に向かって、積極的に行動をしていきましょう!

④要望する理想を下げる

dodaチャレンジで断られる人の中には、要望の理想が高すぎる人もいるのではないでしょうか?

応募者の理想が高い場合、紹介できる求人がなく、お断りされる場合いもあります。

自分の経験やスキルに合わせた求人を選ぶのも大切ですが、高すぎる要望はかえって自分の首を絞めてしまう恐れも。

ある程度、要望の理想を下げて、求人の幅を広げていきましょう。

求人の幅を広げることで、新しい可能性を見つけられる場合もあります。

もし、要望する理想が高い人がいたら、ハードルを下げてみるのはいかがでしょうか?

dodaチャレンジを使った人のリアルな口コミ

「dodaチャレンジは断られると聞いたことがあるから、まだ利用してない」

と思う人もいるのではないでしょうか?

dodaチャレンジを実際に使った人たちの口コミを紹介します。

良い口コミ・悪い口コミどちらもありました。

順に紹介していきます。

dodaチャレンジ良い口コミ

dodaチャレンジの良い口コミを紹介します。

・登録から内定までのスピード感が早い
・求人数が多く、選択肢の幅が広い
・アドバイザーが丁寧で、相談しやすい
・正社員での内定がもらえた
・障害別にサポート内容が変わる
・面接対策など細かいところまで対応してくれる

dodチャレンジは良い口コミが非常に多く見られました。

利用者満足度95%という点から多くの利用者が満足しているのが分かりますね。

圧倒的に多かったのが、サポートの充実度。

他のエージェントには真似のできないサポート内容が充実しているため、比較的転職活動もスムーズに行えたという口コミが多かったです。

口コミからわかる通り、非常におすすめの転職エージェントと言えます。

dodaチャレンジ悪い口コミ

一方で、dodaチャレンジに関する悪い口コミを少しありましたので、紹介します。

・メールで紹介できる求人がないと断られた
・「まずは資格を取ってきて」と遠回しに言われた
・登録はできても、紹介される求人が少ない

サポート面に対しての悪い口コミはほとんど見られませんでした。

一番多い悪い口コミはやはり「断られた」というのが多かったです。

dodaチャレンジだけでなく、転職エージェントはその人に紹介できる求人がなければ、紹介ができません。

結果、お断りになるケースが多いです。

断られてしまう理由は必ずあるはず。

先ほどお伝えした「dodaチャレンジで断られない人材になるコツ」を意識すると、この不満は解消されるのではないでしょうか?

ぜひ自分を見つめなおして、改めて登録してみると良いでしょう!

複数の転職エージェントを利用するのもおすすめ

転職エージェントはたくさん存在します。

「どうやってもdodaチャレンジに断られる!」

という人は複数の転職エージェントを登録すると良いでしょう。

サポート内容はそれぞれですが、どの転職エージェントでも、あなたに合わせた求人を紹介してもらえます。

1つの転職エージェントに断られたけど、別の転職エージェントは利用できたというのはよくある話です。

dodaチャレンジにこだわりすぎるのもよくありません。

自分に合わないなと思ったら、新しい転職エージェントに登録をして、たくさんの求人情報を見てみるのも一つの手です。

転職活動を成功させるためにも、柔軟に対応していくことが重要です!

企業に直接応募するのも一つの手段

自分の入社したい企業が明確である場合は直接応募という選択肢もあります。

直接応募とは、企業の採用サイトから応募する方法です。

直接応募のメリットはいくつかあります。

・エージェントを通さないので直接企業にコンタクトが取れる
・志望意欲が高いと評価される
・何度でも応募ができる

転職エージェントだと、紹介されない限り応募ができません。

直接応募をすれば、企業にそのまま応募ができますので、スムーズに採用活動を進められます。

また、直接応募は熱意を持って何度でもチャレンジができます。

転職エージェントの利用をして、不採用になってしまうと、基本的に同じ企業には応募ができないです。

「転職エージェントの利用をしてもいい求人がない」

「転職エージェントで断られてしまった」

「入社したい企業があるけど、なかなか紹介されない」

と困っている方は、直接応募も検討してみると良いでしょう。

スケジュール調整や連絡等はすべて自分で行うため、大変な部分も多いです。

それでも直接応募したいという方はぜひ活用してみてください。

コツをつかんで、転職活動を有利に進めていこう!

いかがでしたでしょうか?

dodaチャレンジは非常に評価も高く、良いサービスが充実しています。

一方で、求人紹介を断られてしまっている人が中にはいるとわかりました。

「断られないためにはどうすればいいのか」

「どうすれば紹介したい人材と思われるか」

など改めて、考える必要があります。

今回は断られない人材になるためのコツをお伝えしました。

dodaチャレンジで「断られた経験がある人」「登録したいけど、断られそうで不安な人」はコツを意識して行動しましょう。

結果的に断られなくなるはずです。

dodaチャレンジを利用したい人はぜひ実践してみると良いでしょう。

また、転職活動の方法は人それぞれです。

その人に合った転職サービス・応募方法があります。

しっかりと見定めて、転職活動を行うのが一番の成功の近道です。

それぞれ自分に合った転職活動を見つけていきましょう!

この記事を読んで少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

pagetop