転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 転職ノウハウ集 > 会社が潰れそう…リストラ・倒産の場合の転職はどうなの?

会社が潰れそう…リストラ・倒産の場合の転職はどうなの?

🕒 2018/02/02
このエントリーをはてなブックマークに追加
リストラ・倒産の場合は転職活動で不利にならないたった一つの方法

会社に不意にリストラにされた、会社が潰れそう、会社が倒産してしまった場合、次の仕事探しでどのようにしていいかわからない、PR作成でリストラ、倒産したことをどのように書いていいか分からないといった方は多くいらっしゃると思います。

リストラされてしまったことが不利になってしまうのか、会社が潰れそう、倒産してしまった事実を正直に話すべきなのかと分からない点が多くあっても不思議なことではありません。

リストラ、転職がどのように実際採用担当に取られえられているかなどを説明していきたいと思います。

採用担当はリストラを気にしない

会社にリストラされてしまって、転職に悪いイメージしか浮かばないのは当たり前のことです。

しかし転職サイトでは、採用担当はリストラを気にしないとなっています。

リストラは会社自体が傾きつつあり、自分に全責任があったわけではありません。

面接では自分が解雇された理由をしっかりと話しましょう。

解雇されてしまった理由を自分が勤めていた部署がなくなるためなど、仕事のスキルとして欠けていたわけではないことなどが多くあります。

そして、解雇された場合、解雇された理由をしっかりと聞いておきましょう。

解雇理由が自分の認知していなかった理由の場合、次の仕事で改善することがのぞまれます。

自分の欠点を理解せずにいることの方が後々不利に転じることが多いかもしれません。

少し、理由を聞くのが怖かったとしても勇気を出して聞いてみましょう。

リストラされた場合の注意点

リストラを会社が個人に申告する場合、法律上で1ヶ月以上までに先に申告していなければなりません。

そのため、1か月間は猶予が与えられます。その場合、リストラをされたことは話す必要はありません。

転職という形で次の会社に申告できます。

つまり、現職に残っている場合は、退社予定であることを明記しなくても良いということです。

倒産は転職で不利になるかもしれない

転職サイトではリストラがそこまで不利に働くことがないのに対し、倒産は不利に働いてしまうことがあるかもしれません。

その理由は、倒産はリストラよりも悪いイメージを持たれてしまうことが多いからです。

倒産させてしまった理由がリストラと同じく自分に何か問題があったからじゃないかと思われることがあります。

欠点はそんなに悪いイメージを持たれないのですが、どちらかというと倒産してしまってこの人は運がないのかもしれない、この人と一緒に仕事をして大丈夫なのかと偏見を持たれやすいかもしれません。

自分にそんなに欠点が無かったとしても、運がないなどのマイナスイメージは払拭が難しいとされます。

常に前向きに暗くならないようにしましょう

倒産してしまった事実を考えれば、どうしても暗くなり、面接でも前向きになれないかもしれません。

元々大手企業に勤め出世コース確実となった人でも倒産を経験して、自分がつかんでいた成功をなくしてしまった事実に向き合うことができず、転職がうまくいかなくなり、人生で追い込まれてしまうかもしれません。

面接時に倒産してはしまったが新しい仕事に前向きであることを忘れないようにしましょう。

また、倒産は他の一般の方は経験しない出来事でもあります。

厳しい現実を味わったという経験から、怖いものはないと思って転職にのぞむと面接でも成功するでしょう。

転職するなら「会社が潰れる前」が無難

大局的に考えれば、世間一般の「会社が潰れないうちに転職しておく」というやり方が正解です。確かに、最後まで残ったほうが、会社を見捨てなかったという満足感や、多めの退職金をもらえるなどのメリットがあります。

しかし、実際問題として会社がつぶれてしまえば、退職金がもらえるかどうかは危ういです。しかも、具体的にいつ潰れるかを知る術がありませんので、長期を見据えた人生計画、キャリアプランを立てることができず、今の会社に居残ってもモヤモヤしながら仕事を続けることになりかねません。

会社が潰れてから転職活動を始めると市場価値が大幅に下落する可能性があります。会社が立ち直ることを希望的観測するよりも、いち早く転職し新しい会社でキャリアを立て直したほうが自分のためになるでしょう。「会社のために骨を埋める」という考え方もロマンがありますが、残念ながらもう時代に合わないでしょう。

あなたの会社が潰れるかどうかを見極める方法

どんな会社も、いつか潰れる可能性が存在します。問題は、すでに傾きつつある会社はいつ、本当につぶれるかです。経営者ですら、それを100%知るのが難しいので絶対に有効な方法は存在しません。ただ、経験則から非常に関係があるのは下記2点です。

  • 会社の資金繰り
  • 優秀だと思う社員の転職
  • ほとんどの会社が潰れる原因は、資金繰りがショートしたことです。

    そのため、自社の資金繰りがうまく行っているかどうかを確かめると良いでしょう。例えば、取引先との取引状況や金融機関の態度、経理部の社員の様子などからなんとなく気づくはずです。

    また、いつも有能だと周りに評価されている社員が次々と辞めて転職していくのは、あなたの会社はすでに悲観局面に入っているサインと言っても過言ではありません。

    絶対的に方法は存在しませんが、潰れる兆しとして捉えて良いことがあっても悪いことはないでしょう。

    転職エージェントを使えば悩みが解決される

    総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
    コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
    公開求人数30,118件(2017年8月)対応地域全国
    非公開求人147,228件(2017年8月)ターゲット層総合
    強い業界全ての業界に強い年収UP実績7割
    いざ、新しい仕事を探そうとなった時、転職エージェントなどを有効に使うのはいいことです。

    転職エージェントではリストラ、倒産を経験した人がどのようにすれば、新しい仕事を見つけられるか、やり方と企業の紹介を行っています。

    転職エージェントではまず、苦しい経験をどう生かすかよりも、新しい企業への熱意が必要であるとしています。

    新しい企業でこんなことがしてみたいなど熱意で仕事を探すことが面接でも転職先でも有利に働きます。

    また不本意な退職であってもきっぱりと気持ちを切り替えることをお勧めしています。

    苦い経験ほど成長に繋がります。

    一番はきっぱりと割り切ることですが、中にはひきずってしまうかたも多いと思います。

    ひきずる時間をどこが悪かったか、次はどうすればいいのかなど前向きな時間に変えることのほうが重要視されます。

    また前述したように、退職されてしまったことをうまく活かしましょう。

    他の人にはない経験が面接ではいかせるかもしれません。

    つかえるものはすべて使いましょう。

    そして、退職してしまった事実を、記入しないというのも一つの策です。

    自分に不利になると思うことを削ることは悪いことではありません。

    転職を悪く考えないように!

    どのような理由であれ、転職という事実は変わりません。

    またどんなタイミングでも自分を変えることはできます。

    退職してしまった過去を振り返るより、次の仕事でどういった取り組みをすべきかを考えましょう。

    そして、さまざまな転職エージェントを活用しましょう。

    次に向かって明るく楽しく転職しましょう。

    \大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
    地域
    性別
    希望職種
    正社員経験
    年齢
    希望年収
    人気条件 こだわり条件

    関連する他の記事

    pagetop