転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > キャリアのお悩み > 昨今のフリーランス転職事情をお届け!フリーランスのまま?それとも正社員に転職?

昨今のフリーランス転職事情をお届け!フリーランスのまま?それとも正社員に転職?

🕒 2019/06/18
このエントリーをはてなブックマークに追加
フリーランスから正社員へ転職する方法と使うべき転職エージェントまとめ

一口にフリーランスといっても様々な業種が存在します。フリーランスが正社員へと転職する方法と過程をお教えします。

フリーランスのから正社員を目指している方必見です!

フリーランスから正社員の転職

結論から言うとフリーランスから正社員への転職は十分に可能である。むしろフリーランスの経験は高く評価されることが多くある。

たとえば、

  • 能動的に仕事に携われる、仕事を創れる人材として期待される。
  • 経営者視点を持つ人材として期待される。
  • フリーランス時代に培った人脈が活かされる。
  • このように会社員として働いている人がなかなか身につけることのできない能力や姿勢、フリーランス時代の財産などに高い期待をされるケースも少なくない。

    フリーランスから転職する際の注意点

    フリーランスから転職活動に踏み切る主な理由として「家族が増えて安定した収入を得たい」、「仕事の需要減退などにより働き方を変える必要がある」などが挙げられる。

    社会的背景による需要減退などもあるので、仕方ない面もあるが、自らでフリーランスになる決断をしたことには変わりない。

    企業によってはフリーランスを選択した経緯をマイナスに捉えることも多いので、自分の強みを活かして、志望企業に貢献できることを伝えるべきであろう。

    フリーランスから転職する理由

    仕事の規模、予算、期間など、フリーランス時代には請け負えなかったプロジェクトに携わりたいという内容もメジャーな理由の一つであろう。

    この場合にも、フリーランス時代の経験をどのように活かせるのかという視点を忘れずに、志望理由を伝えるよう心がけよう。

    以上のようにあくまでもポジティブ、前向きな転職であるという点をアピールすることが重要である。

    フリーランスから転職する際の志望動機

    本音の転職理由はどうであれ、伝えるべきポイントは「フリーランス時代の経験、培った能力や知識を活かして働きたい」「その場合、志望企業にどのように貢献できるか」この2点は必ず盛り込もう。

    一般的に企業の採用担当者は「なぜうちの企業なのか」「入社してもらうことでどのようなメリットがあるのか」という点を最も重視する。

    そのためフリーランスならではの経験を強調する必要がある。

    フリーランスならではの経験

    フリーランスだからこそ身につけられた能力などを意識的に盛り込むことで、これまでの経験がプラスを受けやすくなる。

    具体的な仕事の成果や売上はもちろんのこと、「仕事を獲得するために自ら営業や調整を行い身につけたコミュニーケーション能力」「受注から業務遂行、納品後のフォローまで一貫して携わるための実行力や計画力」など自分の経験、スキルをしっかり分析し「フリーランス経験者だからこそ伝えられる志望動機」を目指そう。

    フリーランスから転職するときの面接

    転職の際の面接ではフリーランスになる前の経験やフリーランスになったきっかけなどがオーソドックスな質問である。

    このような質問には組織で働くことに対するネガティブな理由は避けよう。

    また、会社、家族の事情などによりやむを得ずフリーランスに転職した場合など正直に伝えつつも、積極的にフリーランスとしての仕事に取り組んだ旨を伝えよう。

    また、法人を設立してないフリーランスの場合、入社や退社ではなく、開業、設立、従事、請け負う、廃業に置き換えて職務歴に記そう。

    なぜフリーランスをやめようとしているのか?

    企業との面接の際に「なぜフリーランスを辞めようとしているのか」というのもオーソドックスな質問の一つである。この質問の背景には「フリーランスとして食べていけなくなったのではないか?」「企業で働いたほうが楽だと思っているのではないか」などのネガティブな先入観があるので、それらを払拭するような前向きな回答が必要である。

    転職企業側の不安

    採用時に抱える転職企業側の不安としては、「すぐに離職してしまうのではないか」というものがある。

    その際は「フリーランスでは受注することの少ない、長期的なプロジェクトに腰を据えて携わりたいと考えているので、戻る予定はありません」というように前向きな回答をして、企業の信頼を獲得しよう。

    フリーランスから正社員への転職をお考えの方へ

    フリーランスから正社員への転職は、アピールの仕方次第でむしろ強みとなる。

    本音の転職理由は様々かもしれないが、ポジティブな転職として捉えるよう自分の経験を整理しよう。

    また、転職の対策をしっかりとして臨めば充分正社員として働くことは可能である。

    そのためにはまず転職専門家がそろう転職エージェントへ登録することをすすめる。

    また、エンジニア、デザイナー、ライターなどフリーランスは受注してきた仕事が制作実績として残るため、制作実績でアピールする。制作したwebサイトのURLや、自分のポートフォリサイトのURLを記しておく。

    ただし、守秘義務があるので、公表するのは守秘義務の範囲内で行う。ライターの場合は寄稿など自分の名前を公開して提供なら公表しても問題ないが、名前を出してない場合は制作実績として公表するのは避けよう。

    フリーランスのままでも良い選択肢の一つ

    総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
    コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
    公開求人数780対応地域全国
    非公開求人-ターゲット層フリーランスとして働きたいITエンジニア
    強い業界IT・WEB業界年収UP実績90%

    では、フリーランスのままでいたい方はどうすれば安定的に収入を得られるのでしょうか?秘訣は、フリーランス専用の案件サイトを活用することです。

    レバテックフリーランスはフリーランス向け業界最大級の案件サイトです。中に単価100万円以上の高額案件もあるので、ぜひ見てください。

    \大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
    地域
    性別
    希望職種
    正社員経験
    年齢
    希望年収
    人気条件 こだわり条件

    関連する他の記事

    pagetop