転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > キャリアのお悩み > 転職したい人をサポートします!

転職したい人をサポートします!

🕒 2018/05/07
このエントリーをはてなブックマークに追加
「失業なき労働移動」が掲げられる現代社会では、柔軟な働き方ができる環境ができつつあります。10年、20年後の自分はどうなっているかを想像してみてください。もし今の会社で働き続けても理想の自分になりそうになかったら、会社のキャリアプランとご自身のキャリアパスが一致していない可能性が高いです。この場合のベストな対処法は、転職するしかありません。

最近は売り手市場?

今、各業界の企業は景気回復や人手不足などの背景から、優秀な人材の確保をするために積極的に求人の募集をかけています。ある程度の実務経験がある方にとっては、自分のスキルや経験を活かしてより待遇のよい会社への転職や、キャリアアップを実現するチャンスにあふれる時代とも言えます。

全ての働く人が最適な職場を見つけるために

このサイトは、転職を検討している方々が転職活動を進める時に、役立つ情報を提供するために開設しました。 ご自身のキャリアプランにより一致した職場を見つけるための転職活動の手順、人気職種・業界に強い転職エージェントの求人情報、転職時のマナーやガイドを漏れなくお伝えします。

職種別の転職ガイド

各転職サイトが公開している求人情報の統計を紐解いていくと、現在はどの業界でもエンジニアや営業といった第一線で活躍できる人材への需要が高いと言えます。例えばIT業界ではアプリケーションエンジニアやサーバーサイドエンジニア、インフラエンジニアへの募集が多い傾向にあり、サービス開発の経験を持つ方にとって有利な売り手市場です。 一方で、事務やマーケティングといった、実務能力や経営視点に立って事業を大きく見据えるポジションも随時募集がありますので、よりやりがいのある職種へチャレンジすることもおすすめできます。

前職の経験が活かせる職種がおすすめ

大手企業、中小企業含め全体としては既存事業の強みを活かして、特定業務分野における提案型の事業拡大を軸にしている企業が多いのは現状です。変化が激しい現代において、その強みとなるサービスが5年後も社会に有益な価値をもたらすと考えられるのであれば、これまでの経験を活かして自分のスキルを深めていける同職種への転職を検討するのも正しい選択でしょう。

未経験でもキャリアチェンジしやすい職種

研究職などの専門性が高い職種は求人数自体が少ないが求職者が多く、専門的な知識が必要な上、今までの違う職種での経験を生かしにくいなどの理由から未経験からの転職が難しいというのが実情です。一方で営業など未経験でもコミュニケーション能力や自発性が求められる事が多いので、チャレンジ精神さえあれば活躍できるチャンスがあります。 特に多角的に事業を展開している企業では、積極的に未経験の正社員採用人数を増やしています。また、業界に関わらずどんな企業でもWebサービスを展開する時代の流れにあるので、ITエンジニアに関係した求人の数は目を見張るものがあり、未経験でも入社してから研修を受ける形をとる企業が非常に増えてきているので狙い目です。 どうしても未経験で専門性の高い職種にキャリアチェンジしたいのであれば、中小企業をターゲットに検討したり、同じ業界の違う職種にしたり、英語のスキルを上げたりしてみてはいかがでしょうか。

業界別の転職ガイド

伸びる業界と安定または衰退する業界は、時代の趨勢を読み取ることによってある程度見極めることができます。転職する際に、将来伸びる業界で活躍したいのか、ある程度成熟した業界で経験を積みたいのかをご自身で考えておく必要があります。 近年、産業のグローバル化や情報化が進み「この業界なら絶対に安泰」という常識が成立しなくなってきています。こうした複雑な政治経済状況を背景にして、業界の浮き沈みが以前にもまして激しくなっていき、企業戦略を多様化せざるを得ないという実情があります。 こんな時代だからこそ、しっかりと業界研究をして、ご自身の活躍したい、活躍できるフィールドを見極める必要性が出てきます。 転職サイトの統計に基づいて安定した成長性のある業界、良質な求人が多い業界を絞り、それらの業界へ転職する際に知っておくべき情報を紹介しています。

業界の成長性を見て転職しよう

ミクロな視点でご自身のスキルがその業界で活用できるかを考える必要がある一方、マクロな視点では業界全体を見なければなりません。業界の成長性を知ることは、これからのキャリア形成にも長期的な影響を与えます。せっかく悩んだうえで転職しても、衰退していく業界では働き続けることは難しいでしょう。成長性がある業界にするか、安定性がある業界にするか、ご自身のキャリアプランと照らし合わせて決めることが重要です。一般的に業界の年齢が若いほど成長性があり、業界の売上高が大きいほど安定性があると言われています。

どの業界でも通用するスキルを身に着けよう

「5年以上の業界経験が必須」というような応募条件を設ける企業はなくもないのですが、ほとんどの企業は業界経験が重視される一部の職種だけじゃなく、どの業界でも通用しやすい職種を採用しています。そのため一つの業界でしか通用しない独自の技術力だけでなく、マネジメント能力、コミュニケーション能力、ビジネスアイデア発想力といったどの業界でも組織へ貢献することができるスキルを求める声が多くなっています。 これまでに何かしらのチームをまとめる体験がある人、ご自身の企画が採用されて事業の可能性を広めた経験がある人は転職の際に積極的にアピールしたほうがいいでしょう。

おすすめの転職サイト

転職手段の中でも、近年利用者が著しく増えているのが転職サイトを活用した方法です。かつてはハローワークや紙ベースの求人誌、求人情報だけ掲載するサイトが主な情報入手のツールでしたが、最近は大手だけじゃなく他にも新興企業が質の高い転職支援サービスを提供しています。転職サイトとはそんな転職支援サービスの一種です。 転職サイトに無料登録すれば、専任のキャリアコンサルタントがキャリアの相談退職の手続きまで、転職活動を一貫してサポートしてくれます。 ここでは、そんな転職サイトの中でも、評判の良いサービスと実績を持った転職サイトについて詳しく紹介していきます。

■リクナビNEXTのポイント

・全年齢に対応 ・丁寧な転職者サポート体制 ・「レジュメ登録」するとスカウトを受けられる ・現場の情報収集が得意 ・全国の求人に強い

doda

■doda(株式会社パーソルキャリア)のポイント ・20代の大卒がメインターゲット ・設立から28年の実績 ・キャリアチェンジに強い ・東晶一部上場のブランド力 ・求人種類は大手・中小・ベンチャーと幅広い

ビズリーチ

ビズリーチのポイント ・年収750万円以上の求人に特化した転職サイト ・求人情報以上の現場の内情を提供 ・個別の面接対策を実施 ・ヘッドハンターからのアプローチが多い ・ハイエンド層の方のみ利用できる

社会人の52.5%は転職を経験あり

株式会社パーソルキャリアが運営している転職支援サービスdoda(デューダ)によると、20~30代社会人の52.5%、ほぼ二人に一人が転職を経験しているというデータがあります。情報化など産業の技術革新に伴い労働者の流動性も比例して高くなり、ずっと同じ職場で働き続けるよりは自分の希望するキャリアや収入、職場環境を求めて転職する人が増えています。 縁故やハローワーク求人サイトでは明るみに出にくかった非公開求人などの情報も、転職サイトを経由することで知れるようになりました。またあなた自身のキャリアプランを提案し最適な職場のマッチングを売りにしている転職サイトも多くあります。それぞれの転職サイトによって得意分野や強みもありますので、これから転職をされる方は、ご自身にとって最も相性がいい転職サイトを探す際に活用してみてください。

基本ガイド

「転職したいけどそもそも初めからやり方が分からない!」、「自分の希望条件にあった求人はどうやって探したら良いの?」、「面接ってどんなことが質問されるの?」転職に興味を持った方からの質問で多いのは、案外こういった基本的なことが多くあります。そこで、まずはチェックしておきたい基本的な転職の流れやビジネスマナーなどを、シチュエーション別に解説していきます。 自分にとって売り手市場であっても、ライバルにとっても同じなので、情報量が少ないまま闇雲に動いたら転職も上手くは行きません。自分の希望する求人や職場へ確実に転職できるように転職活動を始める前に一度目を通してみてください。
\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

信用できない!?安心して使える転職サイトとは
数多くある転職サイトには求人の中に嘘が混じっていたり、本当のことが書いていない求人が多いのではない…
転職したい人をサポートします!
「失業なき労働移動」が掲げられる現代社会では、柔軟な働き方ができる環境ができつつあります。10年、20…
本当は教えたくないリクナビNEXTを使い倒すための3つの秘訣

こちらはリクナビNEXTという転職サイトの機能を100%使いたい方に向けての解説記事です。

まだ…

転職サイトの自由記入欄を工夫しただけでスカウトが4倍以上届いた
転職サイトの応募フォームには、多くの場合自由記入欄が設けられています。このページでは、転職サイトの…
pagetop