転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 職務経歴書 > これで内定率アップ!ITエンジニアに特化した職務履歴書の書き方

これで内定率アップ!ITエンジニアに特化した職務履歴書の書き方

🕒 2018/03/19
このエントリーをはてなブックマークに追加
これで内定率アップ!ITエンジニアに特化した職務履歴書の書き方

今回の記事では、「人事受けが良い職務経歴書」を解説していきます。

中途採用の流れ

本題に入る前に、企業視点での中途採用の流れを「転職サービスを用いたITエンジニア転職」の例で説明していきます。

ITエンジニア転職の中途採用を行う企業は、転職サービスを介して求人を行います。転職サービスに求人代行を依頼するわけです。そして、依頼を受けたエージェントが企業と応募者のマッチングを行うわけです。

転職志望者の応募書類が企業に送られ、「書類選考」を通過すれば面接へと進みます。

中途採用に必要な書類

中途採用の応募書類は、

  • 推薦書
  • 履歴書
  • 職務経歴書
  • です。以下、それぞれの書類を具体的にみていきましょう。

    推薦書

    これは、転職サービスが企業にITエンジニア転職者を「推薦」する際に用いられます。さらに、エージェントが追加で推薦文を書くこともあります。ちなみに、この中身、ほとんどが美辞麗句なんです。本人ですら驚くこともあるとか。そのため、採用者からすればほとんど参考にならないそうです。

    履歴書

    社会人であれば、誰でも一度は書いたことがあるでしょう。名前、学歴、資格などを記した基本書類です。ITエンジニア転職での際には、履歴書の内容はほとんど問題になりません。虚偽の記述がないことなどが伝われば十分です。

    ちなみに、履歴書はデジタルと手書きのどちらが良いでしょうか?ITエンジニア転職であれば、履歴書はデジタルでいいです。むしろ、デジタルを歓迎する採用担当者すらいます。履歴書には写真をつけることを忘れずに!

    職務経歴書

    間違いなく、最重要書類です。採用担当者は、職務経歴書を元に、ITエンジニア転職者の職務経験やITエンジニアとしてのスキルを判断します。書類選考の際も、職務経歴書の内容から「求人条件を満たしているか」「入社後の活躍が見込めるか」を判断します。

    職務経歴書の書き方

    前述の通り、職務経歴書の出来は採用・不採用に大きく関わります。ところが、ITエンジニア転職者の多くはアピール下手です。人事の目に留まる職務経歴を書くためのポイントとは何でしょうか。

    職務経歴

    これまでの職務経験を、プロジェクトごと・時系列順に書きます。具体的に、プロジェクト概要・目的・期間・人数・自分のポジションなどを盛り込みます。

    志望動機

    その企業への転職を希望する理由を書きます。具体的に、応募先企業の魅力や、採用後に自分がどう活躍できるのかを書きます。

    自己PR

    いかに自分が優秀なITエンジニア転職者であるかをアピールします。具体的に、今までに培った強みや努力の姿勢、技術力を伝えます。

    よくある間違い

    ITエンジニア転職を希望する多くの方が、自己PRや志望動機の作成に力を入れています。一方、「職務経歴はさらっと触れるだけ」と考える人もいますが、はっきり言って間違いです!職務経歴こそ一番力を入れるべきところ、といっても過言ではないでしょう。そして、職務経歴で高評価を得るには、書き方が重要。具体的に見ていきます。

    ①「開発工程」と「担当範囲」

    ウォーターフォール型を例にとると、開発には「要求定義」、「概要設計」「詳細設計」「プログラミング」「テスト」「運用」の工程があります。どこを自分がメインで担当したのか、携わったのはどこまでかを明確にしましょう。担当範囲は、自分が携わったレイヤを書きます。なるべく多くの経験を書き、情報を増やしましょう。

    ②開発規模

    Webサービスが慢性的に抱える問題が「負荷」です。規模が大きい開発を行った=高負荷のプログラムを扱えるということなので、開発規模はアピールポイントです。具体的にサーバー数やPV数を伝えれば、説得力アップです。

    ③アーキテクチャ

    フレームワークが異なれば、注意するポイントや常識すら異なります。スキルが有れば、どのフレームワークにも対応できますが、利用経験が有利に働くこともあります。そのため、利用経験はなるべく具体的に書くことをオススメします。

    書類の体裁

    以上、応募書類の内容についてみていきました。しかし、きちんと評価されたいのであれば、それなりに体裁を整えておく必要があります。

    ①応募書類は1枚のPDFで!

    エージェントによっては、応募書類をWordやExcelで送る人もいますが、ITエンジニアが必ずしもMS Officeを使っているとは限りません!Macユーザーは、Wordやexcelを開くだけでも一苦労・・・一方、応募書類が全てPDFで揃えてあればファイルの閲覧や整理が簡単です◎

    ②用語は正しく!

    ITエンジニアという職業上、技術用語の間違いには敏感です。用語のミス=スキル不足と扱われてしまいます。スペルミスだけでなく、大文字・小文字の区別、全角・半角の区別にも気をつけましょう。

    まとめ

    今回は、

  • 中途採用の流れ
  • 職務経歴書の内容
  • 応募書類の体裁
  • について解説しました。少しでもこの記事がITエンジニア転職の参考になれば幸いです。

    \大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
    地域
    性別
    希望職種
    正社員経験
    年齢
    希望年収
    人気条件 こだわり条件

    関連する他の記事

    ヘッドハンティングの仕組みと転職成功のコツ
    ヘッドハンティングに関する仕組み、惹かれる人物像、失敗例から見る失敗しないためのコツ、お勧めの転職…
    PwCに転職すべき?口コミを元に徹底調査、会計士や税理士専門の転職サイトをご紹介
    BIG4の一つである「PwC」。多くの専門家が数多くの企業の課題の解決を行い、またグローバルに活躍もして…
    野村證券に転職すべき?口コミから分かる転職の必勝法
    野村證券への転職を考えているあなたに、野村證券の基本的な情報や働いている人の口コミを紹介していきま…
    中途採用のWebテストって重要?準備を指導してくれる転職エージェントをご紹介
    中途採用者が抱えるWEBテストの悩みについて解説。WEBテストは中途採用の現場でどれだけ重要度のある問題…
    pagetop