転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 業界職種別の重要知識 > 人事・総務・経理 > 会計士に転職で給料〇〇倍アップ?!公認会計士の懐事情

会計士に転職で給料〇〇倍アップ?!公認会計士の懐事情

🕒 2018/04/03
このエントリーをはてなブックマークに追加
会計士に転職で給料〇〇倍アップ?!公認会計士の懐事情

こんにちは。

転職を希望する人達が求めるのは、職場環境もありますが、多くの方は給料がいいか、という要素ではないですか?

今回は公認会計士について紹介するわけですが、給料はどれほどもらえるのでしょうか。

会計士というのは、世界的に見ても高収入が確立されている業種です。それに三大国家資格に認定されていて、食いっぱぐれることがない、将来を見据えてもとてもいい職業なのです!

しかし会計ってなんともめんどくさそう、数字ばっかり見てて嫌なんてイメージありますよね。

それでも、その苦労を超える収入の良さ、働きやすさが実現できるのです。

資格を取ったら勝ち組!公認会計士について解説します!

意外と知らない公認会計士の仕事

あなたは公認会計士がどんな仕事をしているのか知っていますか?どうせ会計だから、お金を数えたりしてるんでしょ?とか思ってますか?

公認会計士は三大国家資格のうちの1つです。彼らの知識量も半端ではありません。

公認会計士の一番の業務は監査業務です。それは公認会計士にのみ認められている業務で、会社の財務諸表が適正であるかを審査するものです。

またそれ以外には会社の経営を財務面で助けるコンサルティング業務、税務署類の作成相談などを受け負っています。

掘り下げると専門的で少し難しい内容になってしまうので割愛しますが実際にお金を数えたりということは無く、もっと専門的で深い仕事ですね。

次の章では気になる公認会計士の年収についてお話します。

自慢できる 公認会計士の給料

まず公認会計士には大きく分けて2つの働き方があります。

事務所等に入り、お抱えの会計士となる方法と、自分で独立開業する方法です。

独立開業に至るまでにはほとんどの場合、監査法人で経験を積む必要があります。事務所に入ると大抵は監査業務を行います。Big4と呼ばれる四大会計事務所が有名です。これら会社は日本を代表するような大企業の監査を行っていますね。

また自分で独立開業する場合では、主に経営コンサルの仕事や、中小企業の税務作業、企業のCFOとして働きます。

各々の給料はいかほどなのでしょうか。

事務所で働いた場合、その事務所の大きさにもよりますが、新卒でも500~600万円ほどもらえるようです。日本の平均年収が420万円ほどですから、その凄さは分かりますよね。

この業界は経験がものをいいますから、未経験で公認会計士の資格を取って転職しても、このぐらいの年収からスタートになることが予想されます。

多少前職での経験が年収に反映されることもありますが。

大手の監査法人ではスタッフ、シニアスタッフ、マネージャー、シニアマネージャーと昇格していきますが、年収は順におおよそ600万、800万、1000万、1200万程です。

独立開業し、成功した場合は、平均して2000万円ほどの年収になるようです。この年収に至るまでには、監査法人で実績をあげることなどが必要ですが、時間に縛られず、自分のペースで働けます。

そのうえ定年もありません。強い資格ですよね。

稼げる仕事は?もちろん公認会計士 そのなかでも…

以上の情報から、公認会計士は儲かる仕事と見ることが出来ます。

公認会計士の資格を取らずに、会計事務所で働くと、年収は500万円止まりだと言います。また税理士の資格でも大手の会計事務所の役員まで上り詰めなければ700万円ほどだと言われています。

会計の仕事を行うにしても、公認会計士の資格を取っていれば、その給料は爆発的に増えるのです。会計の世界で稼ぎたい人は、まず公認会計士の資格を取ることをオススメします。

資格を取った後は大手監査法人に入ること、大手監査法人で経験を積んだ後は独立し、CFOやコンサルとしての仕事をしながら豊かな老後生活を送るのが一番理想的なルートであると考えられます。給料が高く、老後も自由に働きながら高い給料をもらえるのです。

良質な転職先を見つける方法

理想的なルートは分かったし、資格も取ったけれど、どのように選んでいけばいいのかなかなか分からないですよね。どの会社を選べば一番あなたのためになるのでしょうか。

ここでオススメしているのが、エージェントに頼ってしまうという方法です。

エージェントというのは仕事探しから、会社へのアポイント、面接、年収の調整まで幅広く、あなたのことをフォローしてくれるサービスです。あなたにあったキャリアの描き方など、あなた専用の人生コンサルティングになってくれるのです。

「会計士転職エージェント」で検索してみて下さい。きっとあなたのためになる情報を見つけられるでしょう。

まとめ

いかがでしたか。公認会計士の資格を取るのは大変ですが、取れば勝ち組だということが分かっていただけたと思います。

公認会計士の資格は専門学校等に通って取得することをオススメします。

独学で受かるのは天才的かつ相当な時間を必要とします。転職をお考えのあなたは日々の業務に追われ、時間もないことでしょう。合格への道を最短で駆け抜けるためにはTACや大原など有名な専門学校に通うことが良いでしょう。映像授業もあり効率的に学ぶことが出来ます。

その授業料も平均30万円ほどで、公認会計士の平均的な初任給で返済することが出来ます。

しかも取ってしまえば、将来安泰です。なんとコストパフォーマンスの良い資格なのでしょうか。会計士の資格を取ったら、転職エージェントであなたにあった働き方の職場をみつけると良いでしょう!

では今日もあなたの人生の目標に向かってがんばりましょう!

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

コンサルに転職するために覚悟しておくべき3つのこと
コンサルに転職を考えている方が必見の記事です!数多くのコンサル志望者の中で、どうすれば選考に突破で…
キーエンスに転職すべき?年収|社風|社員の評判をまとめて紹介
日本一高い給料を出す会社「キーエンス」。なぜそんなに高い給料が出せるのか、高い売り上げを出す秘密は…
在宅ワークへの転職はぶっちゃけどう?1日だけで数万円稼ぐ人も!?
このページでは、在宅ワークへの転職を考えている人に向けて、メリットとデメリットを紹介します。また、…
薬剤師オワコンは言い過ぎ?未来展望に迫る
薬剤師がオワコンと言われている事実。この真偽はどうなのか。薬剤師は飽和状態?試験の難易度?AIの発達…
pagetop