転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 業界職種別の重要知識 > IT・WEB > 米IT企業社員が教えるAI(人工知能)業界の転職事情と将来性

米IT企業社員が教えるAI(人工知能)業界の転職事情と将来性

🕒 2019/06/05
このエントリーをはてなブックマークに追加
米IT企業社員が教えるAI(人工知能)業界の転職事情と将来性

ここ最近突如よく名前を目にするようになった、AIとも呼ばれる人工知能。将棋で人間に勝ったり、ルービックキューブを一瞬で解読したり、目を見張る勢いですよね。

このAIを取り入れたサービスが様々な業界で次々とスタートしています。ぼーっとしているとあっという間に最先端技術において行かれてしまいます。

今回は人工知能について詳しくみていくと同時に、人工知能に携わりたいかたへの転職活動を応援します!

人工知能に携わりたい方必見の転職!

まだ生まれたばかりとも言える人工知能業界。まわりに先駆けてAI業界に転職したいというあなた。今が転職する時です!

転職のポイント

欧米諸国ではAIを積極的にビジネスとして活用する動きがありますが、日本はこの分野で遅れているといわれています。しかし、AIビジネスが日本においてもメインストリームとなることはほぼ間違いありません。急速に実用化が進み始めた人工知能はビックデータの登場と情報処理技術の進展と共に、日本のビジネス環境に変曲点をもたらすことでしょう。

転職においてもAIを利用したサービスやプロダクトの開発求人が急激に増えています。もうすでに、この業界に転職すべくして勉強に励んでいるWebプログラマも多くいます。

しかし新しい業界ゆえにわからないことも多いですよね。そこで今回は待遇や必要なスキルを解説して転職を考えるあなたを応援します!

必要なスキル

企業がAI開発の際に求める言語スキルはずばりPythonです。続いてR、Java、Rubyとなります。

待遇

AIのエンジニアの場合、平均年収はおよそ670万円、AIのアナリストの場合はおよそ640万円となっています。一般のエンジニアやアナリストよりはるかに額がおおきく、1000万円を超える求人も存在します。しかしほとんどの求人は額に関して応相談となっており、相場はまだ不確かな状況にあります。

こういったことから分かるようにAI業界はいま需要と供給があまり一致していません。転職を考えているならいまです!いまが穴場です。ライバルに差をつけられないうちに勉強して、AI業界に飛び込んでみませんか。

人工知能の発達に伴い消滅する業種

数年前まではSFの世界であったAIも今じゃ現実となり、わたしたちの職を脅かしています。

AIが会議を支配し、診察し、自己学習する未来はもうそこに迫っています。AIが音声認識機能を利用して新しいアイデアを提示したり、根拠データを提示したりします。AIが画像認識能力を用い、病気を瞬時に見つけ出します。AIがいちから自分で学習します。

そんな時代になると機械でもできる仕事は消滅します。金融、会計、法務の仕事を始め、職人的な仕事、ホワイトカラーの仕事もAIに乗っ取られてしまうかもしれません。

そう遠くはないAIが支配する時代を生き抜くには一体どうすればよいのでしょうか。

まず一つ目の対策としてはAIを使いこなす側の人間となることです。機械ではできないような高度な判断を下せる人間は生き残ります。

そしてもう一つは常になぜを問い続けることにあると言われます。AIはまだ心、価値観、人生観、自意識を習得していません。常にデータに基づいて行動する限り、なぜという疑問がAIに生まれることはありません。

人工知能業界の現状と動向

しかし人工知能はなぜここにきて急速に発展したのか。

さまざまな要素があるが大きくわけて3つの要因をあげることができます。

  1. ビックデータの収集が可能になったこと
  2. ディープラーニングの登場
  3. アルゴリズムを適用できる環境が十分に整ったこと

これら3つがAIを劇的に発展させたと言えます。人工知能がさまざまなサービスに介入してくるのは間違いないが、状況理解や文脈理解といったように難易度が高い領域、十分にデータがない領域についてはまだ発展途上です。

言い換えれば、現段階では揃っていない質の高いデータが揃ってくるとAIはなんでもできるようになってしまい人類を脅かすかもしれません。

まとめ

何度も記述しましたが、SF世界のものであった人工知能はもうすでに現実のものとなっています。AIに人類が支配されてしまう未来はそう遠くはないのかもしれません。

いったいわたしたちが生き抜いていくためにはどうすればよいのでしょうか。

1番手っ取り早い方法はいうまでもなくAIを操る側の人間になることです。

そうは言われてもどうすればよいかわかりませんよね。そこでオススメなのがリクナビNEXTです。

まだまだ生まれたばかりとも言えるAIビジネス。そのため、研修制度を整えている企業も数多くあります。リクナビNEXTでは、そういった企業を一挙公開しております!

将来職を失いたくないあなた、AIを操作する側に周りたいあなた、年収アップさせたいと思っているあなた、今の仕事に飽きてしまったあなた、時代の最先端を生きたいあなた、転職するなら今がチャンスです!

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

「人事」に転職したい方が知るべき全知識とおすすめ転職エージェント
人事に転職したい、また人事へ転職することになった場合どうしればいいのか、人事の利点と欠点を説明して…
これで外資系転職の事務職の全てが分かる
外資系の事務職の転職は、企業風土の違いなどから何をしたらいいか分からないと言う方も多いと思います。<…
転職エージェントの仕組みとは?なぜ無料?
転職エージェントとは何なのか、転職サイトと何が違うのか。そんなみなさんの疑問を解決!なぜ無料で利用…
有限責任監査法人トーマツへの転職のポイント
有限責任監査法人トーマツへの転職を考えている方に向けて、トーマツの事業や給与面の特徴、社風など知っ…
pagetop