転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 企業研究 > ワークスアプリケーションズに転職ってどう?

ワークスアプリケーションズに転職ってどう?

🕒 2018/03/16
このエントリーをはてなブックマークに追加
ワークスアプリケーションズに転職ってどう?

転職先に迷っている皆さん、「ワークスアプリケーションズ」という会社をご存知ですか?

この会社は今急成長している会社の一つです。

しかし、他の大企業と比べてそこまで名前が知れ渡っている会社でもありませんし、何をやっている会社なのかも分かっていない人も多くいると思います。

ワークスアプリケーションズはベンチャー企業の一つですが、就活生にも人気があり、現在の連結従業員数は約8,000人にまで及びます。

それでは、ここからこの会社について少し詳しく見ていきましょう。

どんな会社なの?

ワークスアプリケーションズは1996年に設立されたベンチャー企業で、ベンチャー企業にしては歴史のある企業であると言えるでしょう。

事業内容としては、大手企業向けのERPと言われる統合基幹業務システムパッケージの開発販売をしているメーカーです。

つまりこの会社はいわゆるB to Bの事業を行っている会社である。

現在ではマーケットシェア一位と成長を遂げており、注目度の高い企業である。

それに加え、現在ワークスアプリケーションズでは人工知能の企画開発にも力を入れているようです。

人工知能は今後急成長してくる分野であると言われているため、この事業を成功させることが出来れば、今後更に大きな企業へと成長していくことでしょう。

また、この会社は学生向けのインターンシップにも力を入れており、そこで良い人材を見つけると入社パスと呼ばれる複数年利用できるパスを手渡しており、これは期間内ならいつでも入社可能というとても画期的なものである。

普通のインターンシップは短期で無給というのが一般的であるため、このシステムはベンチャー企業ならではの新しいものと言えます。

このインターンシップ制度のおかげで、ワークスアプリケーションズは学生に非常に人気の企業になってきています。

また、この会社は働き甲斐のある企業ランキング1位になった経験もあります。

働き甲斐は働きやすさと大きく関係しているのでしょう。

そして、働きやすい環境とは、社員が皆親切でフレンドリーというのが必要なように思われます。

ワークスアプリケーションズはこれらを手に入れ、社員が自分が思うように働くことのできる会社であるようです。

待遇面はどうなの?

皆さんは転職を考えている中で、給与などの待遇面についてとても気にしているに違いありません。

ワークスアプリケーションズの給与面は、3年目でおおよそ550万円、そこから昇給していき700万円、人によっては1,000万円を超える人もいます。

こう見ると、給与面では一般的な企業の水準よりも少し高いように思われます。

それでは、給与以外の待遇面はどうなのでしょうか。

この会社は育児休暇に関してとても協力的なようです。

日本企業の多くは育児休暇などの長期間の休みを取ると嫌な顔をされたり、帰ってくる場所をなくしてしまうなどと育児休暇に関して非協力的な事が多々あります。

それに比べてワークスアプリケーションズは長期休暇を快く受け入れる社風があり、とても良心的であると言えます。

それは、ベンチャー企業であるというのが一つの理由なのではないでしょうか。

上記で述べたインターンシップ制度からも分かるように、この会社は能力のある人材に対してとても親切な対応をします。

入社待ってでも欲しい人材は手に入れるという姿勢があり、それは言い換えると、良い人材は手放さないと言えるでしょう。

この会社としてのポリシー故に、長期休暇を受け入れ、待つということを実際に行っているのではないでしょうか。

会社としての評価はどんな感じ?

ワークスアプリケーションズは1996年設立と、ベンチャー企業としては歴史がありますが、全体的に見るとまだまだ若い企業であると言えます。

それでも大手企業向けの商品メーカーとして、その商品のマーケットシェア一位ということが示しているように、多くの企業からの大きな信頼を得ています。

歴史のある大手の企業からそこまで信頼を得るのが難しいということは言うまでもありません。

まだ、設立から20年程しか経っていない現段階でそれだけの成功を残してきた実績があります。

また、現在大幅な人員増大を行っており、基本的には学歴を問うことはないようです。

学歴よりも現在の能力で判断するというポリシーはとてもベンチャー企業らしい新しい考えであり、この会社は新しいことをどんどんやっていくところが特徴的であると言えるでしょう。

こうしたベンチャー精神とこれまでの業績から考えると、これからも成長していくのは間違いないと言えるのではないでしょうか。

最後に

皆さんは何を基準に転職先を決めていますか?

ほとんどの人が給与などの待遇面を一番大きな決め手としているのではないでしょうか。

ワークスアプリケーションズは給与面だけでなく、ベンチャー企業ならではのやりがい、さらに成長見込みを兼ね備えた会社であると言えます。

ワークスアプリケーションズを候補の一つに入れてみませんか?

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

ANAに転職すべき?口コミからまとめてみた
ANAへの転職はとても人気となっています。しかし転職者からの人気は新卒からの人気に比べるとあまり高く…
面接官が会いたくなる職務経歴書を書くために知っておきたい12のポイント
転職するときには、履歴書や職務経歴書などの応募書類の提出が求められますよね。このページでは、営業、…
有限責任監査法人トーマツへの転職のポイント
有限責任監査法人トーマツへの転職を考えている方に向けて、トーマツの事業や給与面の特徴、社風など知っ…
「IT・WEB業界での転職」を成功させる方法と絶対に使うべきサービス5選
大手人材会社で活躍しているコンサルタントの知見をもとに、『IT・WEB業界の転職事情』『IT・WEB業界に強…
pagetop