転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 転職ノウハウ集 > 人事担当者の目に留まるドイツ語検定資格を取得して就職・転職を有利に

人事担当者の目に留まるドイツ語検定資格を取得して就職・転職を有利に

🕒 2019/06/13
このエントリーをはてなブックマークに追加
人事担当者の目に留まるドイツ語検定資格を取得して就職・転職を有利に

転職の際に提出する職務経歴書では、語学力を書く欄がある場合がほとんどです。そこにTOEIC○○○点などと書ける、選考で有利になるに間違いなし。

しかし、グローバル化が進んでいる現代、英語の資格を持っていない方が珍しい時代になりました。どんな方でもとりあえずTOEICをとっておこうと考えています。

他のライバルと資格の面で大差をつけるために、やはりもう一個の語学があったほうがいいでしょう。ドイツは世界第4位の経済大国で製造業をはじめとする有名企業がたくさんあります。ドイツ語を活用できる方は、羽ばたける領域が一気に広がります。

今回はまず、ドイツ語力を証明できるおすすめの資格を3つご紹介します。そしてドイツ語検定がどの程度転職に役立つかについてアドバイスをさせていただきます。

転職に有利なドイツ語資格

まず、転職の職務経歴書に書けるドイツ資格をまとめておき、その中から1つ最もおすすめのドイツ資格をご紹介します。

ドイツ語技能検定

ドイツ語技能検定とは、ドイツ語学習者の間では人気の試験で、毎年約2万人が受験しています。このドイツ語技能検定は、各級の最年少合格者及び最年長合格者の表彰を行っているなど、チャレンジし甲斐のある資格です。大学の第二外国語の中で、ドイツ語は中国語と匹敵するほどポピュラーです。履修する学生はドイツ語技能検定の受験を推奨されているという側面から、受験者は学生が全体の過半数を占めています。

オーストリア政府公認ドイツ語能力検定

オーストリア政府公認ドイツ語能力検定試験は、ヨーロッパ議会が定める厳正な基準に基づいた国家公認のドイツ語能力検定試験です。

現在この検定試験はドイツ語能力を国際的に証明する検定試験として、世界の約200以上のライセンスを持った試験センターで実施されており、このドイツ語能力検定を年間4万人以上が受験しています。

ゲーテ・インスティトゥートの検定試験

ゲーテ・インスティトゥートの語学証明書は、世界中で高い評価を受けています。たとえばドイツ語基礎統一試験(ZD)は、ドイツ国籍を取得する際の条件になっていたりもします。

ドイツの大学や入学準備講習では、ドイツ語上級統一試験(ZOP)、ドイツ語小ディプロム試験(KDS)、ドイツ語大ディプロム試験(GDS)に合格していることが入学における必要条件になります。

また、ドイツ以外の国の大学でも、ゲーテ・インスティトゥートの語学証明書を持っていれば就職の履歴書にも書けて、何かと役に立つことがあります。

転職にはドイツ語技能検定がおすすめ

ドイツ語検定(独検)には、これだけの種類があります。もっともポピュラーなのは、やはりドイツ語技能検定試験でしょう。就職のためにドイツ語の語学力を証明したい人は、最初にドイツ語技能検定を受験することをおすすめします。

ドイツ語検定があると転職で確実に有利になるのか

転職用の職務履歴書の見栄えをよくするために、ドイツ語検定をとっておこうという方もいるかと思います。実際に付け焼き刃で取得した資格は本当に転職で有利になるのでしょうか。

ここからは、ドイツ語資格が転職で有利になるケースと実情をご紹介します。

職務履歴書に書くと有利なのは「2級」から

ドイツ語検定(独検)は、3級で普通の大学で1年から1年半、ドイツ語を履修した程度のドイツ語力の証明になります。ですから、わざわざ就職の履歴書に書くほどのレベルではないでしょう。

転職の職務履歴書に書くのであれば1級と準1級がベストです。2級からは有利になるというのが一般的でしょう。

望ましいのはドイツ語検定(独検)の級は「準1級・1級」

つまり、職務履歴書に書いて転職に有利なのは2級以上、ということになります。1級の合格率が約24%、準1級が約39%、2級が約40%ですから、ドイツ語検定(独検)2級でも難関だと言えるため、転職の職務履歴書に書いておくととても評価されるのです。

新卒採用ではなく、転職市場で履歴書に書いて評価されるレベルのドイツ語を身につけるのは、簡単なことではないので注意しましょう。

doda|ドイツ語の求人数No.1

総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
公開求人数38,033件対応地域全国
非公開求人127,727件ターゲット層20代~35歳以下
強い業界機械・電気メーカー/金融/サービス業年収UP実績2万人以上

ドイツ語を活かして、今より良い会社に転職を考えていませんか。ドイツ語ができる方に最もおすすめの転職エージェントは、ドイツ語関連求人数がNo.1を誇る『doda』です。

dodaは大手人材サービス企業のパーソルキャリアが運営している転職者向けの人材紹介サービスです。

dodaは20万件近くある巨大な求人データベースを誇り、国内外を問わず全業界、全職種の求人を幅広く取り扱っています。登録会員数が600万人に達し、実際に転職した人の8割が利用しているという実績があります。

会員登録をすれば、非公開求人を含めた求人紹介はもちろん、書類作成や面接指導などの選考対策や企業との面接日程や給与の調整・交渉を代行するなど、転職が初めての人でも何回か経験がある人でも、最初から最後まで全面的にサポートしてくれる人材紹介サービスです。

英語とドイツ語の資格を同時保有人は転職で圧倒的に有利

今回はドイツ語検定の資格はどんなものがあるか、職務履歴書に書く際に有利かどうかについて説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。

最後に要点をまとめておきます。

  • 転職のアピール材料としてはドイツ語検定が最もおすすめの資格
  • 職務履歴書に書けば有利になるのは1級・準1級・2級のみ
  • 英語の資格と同時に保有するとトライリンガルとして認められとても有利

ドイツ語を活用して転職を成功させたい方は、ぜひ今のうちにドイツ語の資格を取得しておきましょう!

資格勉強で忙しく、転職活動の煩雑な手続きに対応する余力がないと感じたとき、ぜひ転職エージェントの無料サポートを受けるべきです。ドイツ語人材を求める企業を紹介してくれるリクルートエージェントがおすすめです!1分間を使って登録してみてはいかがでしょうか。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

転職で失敗しないようにするための方法とは
転職するに当たって失敗しないようにするために気をつけなければならないことについての説明。
大学中退のフリーターを大卒にも負けない正社員に就職させる!
何らかの理由で大学を中退してしまった...もう就職できないと諦めていませんか?事実、大学中退は就職活…
「IT・WEB業界での転職」を成功させる方法と絶対に使うべきサービス5選
大手人材会社で活躍しているコンサルタントの知見をもとに、『IT・WEB業界の転職事情』『IT・WEB業界に強…
リクナビNEXTにある実際のセールスエンジニア求人を徹底的に調べてみた
リクナビNEXTにのっている実際の求人を見て傾向を紹介します。リクナビNEXTのサイトの特徴やセールスエン…
pagetop