転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > エリアで探そう > 中部・北陸 > 富山への転職や移住に役立つアドバイス

富山への転職や移住に役立つアドバイス

🕒 2019/06/20
このエントリーをはてなブックマークに追加
石川への転職や移住に役立つアドバイス

仕事に追われる日々から脱出して、自然が豊かで就職しやすい富山に移住しようと考えている方もいるではないでしょうか。

富山は関西圏から交通の便が良く、全国トップレベルの超売り手市場のため、転職・移住希望者が著しく増加しています。一方で、富山に転職したら思ったより仕事や生活がうまく行かない…と後悔する人もいるでしょう。

富山への転職や移住を成功させるには、事前の情報収集が何よりも大切です。このページでは、地方の転職事情に詳しい地方出身者の転職エージェントによるアドバイスをもとに、富山への転職についてご紹介します。

富山の特徴

富山は北陸地方に属している農業、林業と医薬品製造業が盛んな県です。誰もが知っているブランド米「コシヒカリ」をはじめ、稲作が発達しています。また、チューリップの球根を日本一出荷している県でもあります。医薬品生産金額は全国3位で「くすりの富山」と呼ばれることも。

また、「黒部ダム」や「アルペンルート」などの観光地もあり、多くの観光客が訪れているため、観光業の求人も増えています。

富山県内の大きい駅は「富山駅」「黒部宇奈月温泉駅」「新高岡駅」などがあります。富山県の人口は106万人、県庁所在地の富山市の人口は40万人で、県内総生産は4兆3千円程度となっています。

富山の年収

厚生労働省が発表した「賃金構造基本統計調査」によると2016年の富山市の平均年収は452万円で47都道府県中に20位となっています。全国平均の420万円よりやや高めの年収ですね。内訳を見ると、月収31万円でボーナス83万が平均的なイメージです。

過去のデータを調べてみると、2010年はまだ412万円だったため、近年富山県の年収が男女ともに激しく伸びていることがわかりますね。

富山の年収の特徴は、東京などの大都市より手堅く安定していることです。東京などの大都市はリーマンショックを受けて一時的に年収が大幅に下落したことがありましたが、富山はリーマンショックの影響を一切受けていません。手堅く安定的な仕事が富山県に多いことを表していますね。

富山県に転職する難易度

転職の難易度を測る指標として、有効求人倍率が主に使われています。この倍率が高ければ高いほど、仕事探しの人にとって転職しやすいと言えます。

厚生労働省「職業安定業務統計」によると富山県の有効求人倍率は1.85倍となっており、広島県と並んで全国4位のかなり高水準です。全国平均の1.52倍を大幅に上回る数少ない県の一つなので、今は富山へ転職する潮時だと言えます。

日本全体の景気は上向く兆しがなかなか見えない中、富山の景気は上昇し続けています。景気が良くなる→仕事が増える(有効求人倍率が上昇)→採用の競争が激しくなるので提示年収を上げる→転職を希望する人が増える→既存の会社では人が減る(人手不足になる)→求人が増えるというサイクルが回っていると、転職市場がどんどん活発化していくでしょう。今はまさにこのサイクルの中にあります。ただし、理論上そうであっても現実ではいつこのサイクルが崩れるかがわかりません。

富山へ移住もしくは転職を考えているのであれば、全国トップレベルに高い有効求人倍率のうちに早めに行動したほうが賢明でしょう。

富山の仕事・求人

富山県は関西の文化が浸透しているが、実は中京工業地帯の一部に属しています。工業地帯なので多くの仕事や求人が存在します。

東証一部上場企業と言えば、電子機器メーカー「ジャパンマテリアル」や機械メーカー「安永」、物流会社の「日本トランスシティ―」など、多くの大手企業の本社があります。

大手企業のほかにも、農業・漁業などの第一次産業や「柿安本店」「井村屋グループ」などの食品会社もあり、幅広い分野を選択できます。

富山へ転職するメリット・デメリット

物事には必ず両面があると言われているように、富山への転職もメリット・デメリットが併存します。ここで全てを整理し、自分は何を大切にしているかを再確認した上で、転職するかしないかを決めましょう。

富山で働くメリット

ここでは、富山に転職・移住するメリットをご紹介します。

年収アップの可能性が高い

年収アップを目指して他の地方から富山県に転職する方が多いです。それだけ富山県の年収が魅力的かもしれません。 富山県の平均年収は452万円で全国平均より高い年収の仕事につくチャンスが大いにあります。富山県は技術力の高い企業が多い、人材不足などが近年富山県の年収が著しく増加する原因として考えられます。

大都市より安い生活費

富山へ転職する場合、経済的に余裕が出てくることが多いです。

先ほども紹介したように、富山の平均年収は全国を上回りますが、物価は下から数えるほうです。

吉野家などのチェーン店だと価格は同じですが、スーパー、生活用品などの値段が低いです。

家賃も一般の地方都市と同じ水準で、東京の三分の一といったところでしょうか。生活費と家賃が低いというのは富山に転職する大きなメリットです。

スローライフを楽しめる

富山に限らず、地方に移住した人が口をそろえて言うメリットは、ストレスフリーの日常を手に入れたことです。

富山転職のデメリット

引き続き、富山に転職・移住するデメリットをご紹介します。

ブラック企業に当たることがある

富山に転職して後悔した方の中で、やはり転職先がブラック企業だったというケースが一番多いです。

求人が少ない地域だと低賃金、サービス残業を強要する企業はすぐに周囲に知られてしまいますが、富山は地方都市でありながら数多くの企業を抱えているので、ブラック企業を見極めることが至難な技です。

もちろんブラック企業を減らそうと政府はいろんな政策を打ち出していますが、自分でしっかりと転職先を選ぶことが大切になります。

仕事がハード

富山には古くから存在する企業や老舗がたくさんあります。中では長時間労働を良しとする企業文化が浸透している会社も少なくありません。

富山の求人を探す、紹介してもらう際に、しっかりと見極めることが必要です。

また、世の中に楽な仕事はないということも覚悟しておきましょう。

地方の風習になれる必要がある

東京では、隣に住む人と軽くあいさつだけをしている方も多いかと思います。

地方ではその地域ならでは慣習があるので、慣れるまで時間が必要です。

また、東京では仕事とプライベートの区切りがはっきりしていますが、地方ではオンオフ関係なくコミュニティへの参加を求められます。町内会への参加を断ったら、その地域に居づらくなってしまったというのはありがちなことです。

「郷に入れば郷に従え」に徹することが地方転職のポイントだと言えるでしょう。

富山の求人情報をピックアップ

データの母数を確保するために、業界最大手の転職サイト『リクナビNEXT』を使って富山県の求人傾向を調べることにしました。ここで調べてわかったいくつかの特徴をまとめてご紹介します。

高年収求人の案件が多い

「富山県勤務×年収500万円以上」という条件に設定してリクナビNEXTで検索すると、234件の求人が見つかりました。中には21歳で年収456万円(インセンティブ120万円含む)のような年収例を提示する高給与求人も多数存在します。

富山県全体は354件の求人が見つかり、500万円以上の求人は全体の三分の二を占める状況から、富山県で高年収の仕事を探すことは簡単だと言えるでしょう。

未経験歓迎かつ高年収の案件も多い

さきほどの検索条件のままで、さらに「未経験歓迎」を選択して検索をかけると、234件の求人がヒットしました。つまり年収500万円以上の234件ある求人の中でほとんどが「未経験歓迎」というわけです。ちなみに「年収こだわらない×未経験歓迎」で検索してヒットした求人は354件あります。

富山県は空前の好景気と人手不足が重なっている状況を受けて、今まで即戦力しか求めてこなかった企業も、未経験者を積極的に採用して、社内で教育する方針にシフトしつつあることがわかりますね。ぜひこのタイミングを逃さずに、転職サイトを活用して幅広く情報収集を行いましょう。

良質な富山県の求人に出会う方法

転職を考えている方の中には、具体的にどうやって転職活動を始めるべきかを迷う方が多いです。とりあえずハローワークに行って仕事がないかを尋ねてみるという方がいれば、コネを利用して転職先を紹介してもらおうという方もいるでしょう。

ところで役所が運営しているハローワークは「ブラック企業」という噂がすでに広がっていますし、誰もが有力なコネを持っているわけではありませんね。

転職活動を始める方法を最初から間違えてしまうと、後々人生を左右する大失敗につながりかねません。

自分に合った転職活動のやり方を知っていただくために、ここではリスクを最小限に抑えた一般的な転職方法を3通りご紹介します。自分の状況はどれに当てはまるかを考えながらお読みください。余力があれば、以下3通りの転職方法を全て試すことをおすすめします。

転職求人サイト

企業の求人広告がたくさん掲載されているサイトを見たことがありませんか。それは転職求人サイトです。

利用者が個人情報やプロフィールを登録後、自分で掲載されている求人情報を検索、応募するスタイルとなっています。

代表的な転職サイト

自分で求人を見比べたい方や自分のペースで自由に転職活動を進めたい方にぴったりな転職方法だと言えます。また、転職回数が3回以上ですでに流れを把握している方も、転職サイトを使ったほうが一番効率が良く転職期間を短くできます。

ヘッドハンティング・スカウトサービス

ヘッドハンティング・スカウトサービスとは、サービスに履歴書を登録された求職者に対して、企業やヘッドハンターがスカウトを送信し、企業と求職者をマッチングさせるプラットフォームです。

リクナビNEXTのように、通常の転職求人サイトでも「スカウト・オファー機能」が使える場合もあります。

代表的なヘッドハンティング・スカウトサービス

自分で探して応募する転職求人サイトと真逆で、登録情報を元に企業やヘッドハンターが欲しい人材かどうかを判断し「企業側から連絡が来る」のが特徴です。

今すぐ転職しなくてもいいけど、年収や福利厚生などの条件面にこだわりたい方、転職サイトの求人よりレベルの高い会社に確実に転職したい方に強くおすすめします。

転職エージェント

転職エージェントとは、登録者の経歴や希望条件をもとに求人紹介してくれるサービスです。いわば求職者のマネージャーのような存在で、履歴書の書き方、面接対策、面接日程の調整、条件交渉など転職活動に関わるすべてをサポートしてくれます。スカウトサービスと違い、企業と転職者の間に「キャリアコンサルタント」が入ります。

転職エージェントには総合型から業界特化型、第二新卒特化型などさまざまなタイプがあります。

代表的な転職エージェント

転職エージェントを利用する際に希望条件を細かく聞かれるので、「職種、勤務地、希望年収などの希望条件が決まっている方」にとって効率的かつ高精度な求人紹介を受けられます。

また、初めての転職で希望条件も漠然としていても大丈夫です。転職エージェントはヒアリングを通して求職者に合った求人を見つけてくれて最後までサポートするので、初めての転職こそ活用すべきサービスです。

まとめ

富山の特徴、転職事情や良い求人に出会う方法について、今回ご紹介してきました。

まず富山の基本情報や富山で働くメリット・デメリットといった広い視野で考え、そして具体的な企業に転職する最適な方法を選択する、それが富山転職を成功させるための秘訣です。

夢のある富山に転職ができるように、段取りよく転職活動を進めてくださいね。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

岩手への転職や移住に役立つアドバイスと使うべき転職サイトを徹底比較
このページでは、地方都市と大都市両方の転職に詳しい転職エージェントによるアドバイスをもとに、岩手へ…
静岡への転職や移住に役立つアドバイスと使うべき転職サイトを徹底比較
静岡への転職や移住を成功させるには、事前の情報収集が何よりも大切です。このページでは、地方の転職事…
本当は話したくない年収が高くて物価が安い県、転職するならあそこだ!
今の職場から遠く離れた県外に転職するって、夢がありますが実際に大変なこともたくさん。UターンやIター…
遠方からの転職活動なら転職エージェントを有効活用しよう
遠方いるため転職エージェントを使ってもまともな情報が入らないのではと思っている方はいませんか?実は…
pagetop