転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 転職エージェント > 登録できない?転職エージェントに断られる原因と対処法まとめ

登録できない?転職エージェントに断られる原因と対処法まとめ

🕒 2019/06/27
このエントリーをはてなブックマークに追加
登録できない?転職エージェントに断られる原因と対処法まとめ

「せっかく時間をかけて手順通りに情報を入力したのに、転職エージェントに登録拒否された・・・」

こんな経験はありませんか?

本来、あらゆる転職サポートを受けたい方を受け入れるべきですが、売上(内定獲得)に繋がりなさそうなユーザーを人為的に弾いている転職エージェントもあります。

このページでは、登録を断られる原因を分析した上で、転職エージェント別に登録を成功させる方法をご紹介します。

そもそも登録できないとはどういうこと?

転職エージェントのサービス申し込みページに個人情報を入力した後日「お断りのメール」が登録時に指定したメールアドレスに届くことがあります。

『ビズリーチ』の場合はこのようなメールが届きます。

登録拒否メール

ビズリーチのように登録の段階でユーザーを選別・審査する転職エージェントは珍しくありません。

転職エージェントは求職者と企業が労働契約を結んだ時点で紹介先から紹介料をもらうことで成り立っている営利企業なので、「どうせ企業に紹介しても内定がもらえないだろう」と判断したら、その方へサービスを提供しない場合があります。

「登録できない」「登録を拒否された」と言いますが、厳密に言うと登録自体はできています。

なぜなら、職業安定法の規定で転職エージェントは求職者の申込を断ることはないように定められているからです。

そのため登録自体はできている形ですが、審査の結果実際に転職サポートを受けられないので、実質登録拒否と一緒なのです。

転職エージェントに断られるケースまとめ

「せっかく手間と時間をかけて登録したのに、サポートを受けられないなんて…」

腹が立つ気持ちや、悔しい気持ちもあるでしょう。しかし、断られた求職者は大勢います、あなただけではありません。

まずは冷静に、転職エージェントが求職者を断る理由を分析してみましょう。

キャリア不足の場合がほとんど

転職エージェントがお断りのメールを送ったり、悪質の場合はそのまま無視したりするなど登録を断る理由は、求職者が提示したスペック(学歴、年収など)や経歴(前職での経験)が転職エージェント側の要求するレベルに達していないケースが多いです。

要するに、採用されそうにない人だと分かった場合に効率重視の観点から最初から断るということなのです。こと

登録を断られる可能性が高いケース

それでは、転職エージェントが求める基準に満たせず、断られる確率が高い人の特徴をまとめて見ていきましょう。

  • 年収が低い人
  • 転職回数が極めて多い人
  • 一般の企業に役立つ経験・スキル・資格がない人
  • 年齢が高いのに、マネジメント経験がない人
  • 一つの会社での勤務期間が短すぎる人(2ヶ月未満とか)
  • 特殊な職務経歴の人(俳優・歌手・自衛官・作家・自営業など)
  • 社会人経験がない(その場合は既卒向け就職サービスをご利用ください)

また、不景気の時にありがちな「買い手市場」に転職活動をする場合、求人依頼する企業が激減するので、転職エージェントが審査基準を厳しくする傾向があります。

その場合、景気が回復するまで待つか、転職サイトから求人を探して自分で応募することがおすすめです。こちらのおすすめの転職サイトランキングでは詳しく紹介していますので、チェックしてみてください。

断られそうですが実は登録できるケース

また、どうせ転職エージェントに登録できないだろうと思われて実は問題ないというケースもあります。まとめて確認しておきましょう。

  • 外国籍の人(合法の在留資格があれば)
  • 海外在住の人(転職エージェントのサービス提供可能地域であれば)
  • 登録時に在職中の人
  • 地方に住んでいる人
  • 50代以上ですがマネジメント経験がある人

転職エージェントによって基準の厳しさが異なってきますが、ここで紹介したケースはほとんどの転職エージェントで通用します。

もしこれらのケースに該当する場合、諦めずに転職エージェントに登録してみてください。

問題なく登録できる可能性が高いです。

登録を拒否された場合の対処法まとめ

ここでは、転職エージェントに拒否された場合の対処法をまとめてご紹介します。

他の転職エージェントを試してみよう

登録を拒否されたら、残念ながらその転職エージェントを諦めたほうがいいでしょう。

名義を変えたり経歴を変えたりするまで一つの転職エージェントにこだわる必要がありません。

転職エージェントの間に何かデータベースが共有されているわけじゃなく、会社によって基準や方針が違うので、A社に断られてもB社が受け入れてくれる可能性が十分にあります。

断られたら、あまり落ち込む必要がなく、まだ登録していない転職エージェントに登録してみることをおすすめします。

転職エージェントの審査基準を知っておこう

その際に、審査基準の厳しい転職エージェントと比較的に緩い転職エージェントを知っておくと選びやすいでしょう。ここでは会社名を出してご説明します。

審査基準が厳しい転職エージェント

これらの中でハイキャリア専門の転職サービスがあれば、ハードルの高い大手転職エージェントも存在します。現年収が○○万円以上を条件にしているビズリーチのような会社もあります。登録の前に条件を確認しておいた方がいいでしょう。

もしスペックやキャリアに自信がない場合、上記の転職エージェントを避けるべきです。

ただし自分の市場価値を確かめることが目的でわざわざハードルの高い会社にチャレンジするのはアリですね。

審査基準が比較的に緩い転職エージェント

上記のエージェントは顧客層がもっと幅が広く、審査の基準が緩いと言われています。

しかし中で質の悪いユーザーばかり集まるエージェントも存在します。

審査基準は厳しくないが質も担保できる転職エージェント

この2つが登録拒否された人や心配している人に一番おすすめです。

ここでいう厳しい、緩い、質が良い悪いはあくまで相対的な話で、一元的に言い切れない部分もありますが、この2つは審査基準とサポートの質に関してちょうどいいバランスが取れていると評価されています。

転職エージェント別の拒否されない登録のコツ・注意点

ここでは、特定の転職エージェントに絞っていかに登録成功の確率を上げるかを説明する記事をまとめています。興味のある方はぜひリンク先の記事を読んでみてください。

ハタラクティブ|100%登録を拒否しない就職サービス

総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
公開求人数1763件(1都3県2016年5月実績)対応地域東京都/神奈川県/埼玉県/千葉県
非公開求人-ターゲット層既卒・フリーター
強い業界広告/マスコミ/不動産/人材/流通/IT年収UP実績5割

ハタラクティブは有名なIT企業レバレジーズが運営している既卒向け就職サービスです。公式では、「あらゆる層の就職をサポートいたします」と公言しており、100%の確率で登録でき、100%求人を紹介してくれるサービスとなります。

紹介先の企業はハイレベルな転職エージェントに劣りますが、300人規模の中堅企業も数多く紹介できるので、他社で登録を断られた方はぜひ「ハタラクティブ」を一度お試しください。

さいごに

いかがでしたか。このページの通りにすれば、ほとんどの転職エージェントに拒否されずに登録することができます。

ただし、個人差がどうしても存在し、あまりにもキャリアが不足していればどの転職エージェントも利用できないケースも稀にあります。

その場合はハローワークか、既卒向けの就職サービスを利用することをおすすめします。

あなたが転職エージェントのサポートのもと、転職に成功できることを陰ながら祈っております。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

大手転職サイト「リクナビNEXT」の隠れたデメリットを明らかにしてみた
転職業界の王者と呼ばれるリクナビNEXTを利用するメリットではなく、このページではリクナビNEXTのデメリ…
「金融業界での転職」を成功させる方法と絶対に使うべきサービス5選
大手人材会社で活躍しているコンサルタントの知見をもとに、『金融業界の転職事情』『金融業界に強い転職…
週休2日制と完全週休2日制の違いを見極めよう
転職活動をしている方はきっと転職サイトで求人票を見たことがありますね。募集要項のところに、「完全週…
転職すると給料が下がるのは本当?転職の年収ダウン実態とは
転職すると給料下がるのではないかと不安ですよね。実際はどうなのか?年収が下がっても転職をすべきなの…
pagetop