転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > おすすめ転職サービス > リクルートエージェント > 『リクルートエージェント』の最新の登録方法をわかりやすく解説!

『リクルートエージェント』の最新の登録方法をわかりやすく解説!

🕒 2019/06/06
このエントリーをはてなブックマークに追加
『リクルートエージェント』の最新の登録方法をわかりやすく解説!

リクルートと言えば、人材メディアを代表とする業界最大手の老舗ですね。リクルートエージェントはリクルートが運営している転職支援サポートサービスです。今現在、数多くの転職エージェントが転職支援サービスに手がけていますが、そのルーツを辿ればだいたいリクルートエージェントへと行きつくくらい歴史が長いです。く

あらゆる属性の転職実績があるため万人受けと言っても過言ではないリクルートエージェントですが、筆者の分析によると特にこんな人におすすめです。

  • 働きながら、良い求人が見つかれば転職したい人
  • 新しいキャリアプランを立てたい人
  • 自分の市場価値と実力を確かめたい人
  • すぐ転職先を見つけたい人

会社規模・希望業種、勤務地を問わず利用できるのが、業界最大手ならではの強みだと考えます。

リクルートの経営方針に従って転職エージェントの中でも特に紹介案件の審査基準が高いので、基準をクリアできない低品質の求人の紹介を行っていません。

そんなリクルートエージェントですが、いざ利用しようとすると登録や使い方に迷ってしまう人も少なくありません。今回はそんな人のために、1から登録方法や賢い使い方を説明していきます。

リクルートエージェントの登録手順を説明

ここから実際にリクルートエージェントを利用した筆者が登録フローを説明していきます。

登録は特に難しい作業ではないのですが、下記の説明を見ながら登録するとよりスムーズにできます。

基本情報を入力

まずこちらのリンクをクリックするとリクルートエージェントの会員登録画面に行きます。その画面でいくつか簡単な情報を入力する必要があります。

  • 転職希望時期
  • 希望勤務地
  • 現在の職種
  • 現在の年収
  • メールアドレス
  • 転職情報メール

転職情報メールにチェックを入れると様々な情報メールが配信されるようになります。もし希望職種が決まっているであれば、それを入力するとより精確にニーズに合ったメールが届くことになります。受け取るというチェック欄の下に「より希望合った情報を取得」をクリックすると職種大分類を選択できます。

メールアドレスを入力する際に必ず今使っているメールアドレスを正しく入力しましょう。少し間違ったら確認のメールを受信できなくなります。

必要な情報をすべて入力し終わったら、「同意し次へ」のボタンをクリックすると次の画面に移ります。

転職に期待することを入力

こちらは詳細情報を入力する画面です。必須の項目だけじゃなく、なるべく具体的に記入するようにしましょう。

5つのステップを踏んで情報を入力していきます。

  • 氏名
  • 性別
  • 生年月日
  • 住所
  • 電話番号
  • 最終学歴

上記の内容を入力し、「次に進む」ボタンをクリックすると次の入力画面に移ります。

このステップでは、以下のようにより詳しい情報を求められます。

  • 経験社数
  • 現在の就労状況
  • 業種
  • 現在または直前の勤務先
  • 雇用形態
  • 在籍期間
  • 英語力
  • 海外赴任経験
  • 語学力、資格、学歴など

すべて入力し終わったら、「次へ進む」をクリックするとステップ2に入ります。

プロフィール情報の入力

次はプロフィール情報の入力です。

  • 職務経歴(これまでの勤務先・経験職種を300~500文字程度に記入)
  • 伝えておきたいこと(例えば「勤務地を重要視しています」などを150文字以内に、記入が必須ではない)

また、下に「リクナビNEXTスカウトサービス同時登録」の選択欄があり、まだ登録していない人は「上記内容に同意して登録する」のところにチェックを入れると同時登録ができます。手間を節約できる上、優良企業から声がかかる時もあるのでおすすめです。

ぴったりの案件を紹介してもらうために具体的に記入しよう

最終的にキャリアコンサルタントとの面談で希望条件や過去の経歴を話しますが、事前に具体的に記入しておくのがベストです。というのも、リクルートエージェントのような大手転職サービスだとコンサルタント一人は複数の転職者を掛け持ちしていることが多く、面談の時間が決まっています。面談前にコンサルタントは記入した情報を読むので、具体性があると面談の際に事務的な話を避けることができ、より本質的な話を聞けます。

WEBにしろ紙にしろ履歴書は入力するのが面倒で後回しにしてしまいたいものですが、最初に一度書いてしまえば、何度でも使い回せるのである意味効率がいいです。

実際に入力するのにどれくらい時間がかかる?

実際にリクルートエージェントのサービス申し込みが完了するまでどれくらい時間がかかるのでしょう。多忙の転職活動で少しでも時間を節約したいものです。

さて、筆者が実際に入力してみました。

step1.基本情報を入力

簡単な情報を入力するだけでしたので、10秒で完了しました。

step2.転職に期待することを入力

記入すべき項目がステップ1より増えますが、特に考える必要がないので、所要時間は37秒だけでした。

step3.プロフィール情報

ステップ3では職歴経歴と伝えておきたいことを書くことになります。筆者はそれぞれ500字と100字程度を記入しました。細かいところを書き直したりしてかかった時間は20分程度。

以上は記入に必要な時間の目安でした。もしまとまった時間がなければ、最後のステップ3は登録後にいつでも変更できますので、とりあえず一言記入しても問題はありません。

リクルートエージェントの登録は本当に簡単!

総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
公開求人数30,118件(2017年8月)対応地域全国
非公開求人147,228件(2017年8月)ターゲット層総合
強い業界全ての業界に強い年収UP実績7割

以上はリクルートエージェントの登録手順と所要時間の詳細でした。

登録時のユーザビリティを細部までこだわった業界最大手のサービスなので、めんどくさがり屋の人に大変おすすめです。

転職サイト・転職エージェントの中では、登録が面倒なサイトもありますし、転職サイトとエージェントを一緒にじゃなく別々に登録しなくてはならない時もあります。これだけ簡単に手続き完了できると嬉しいですよね。

特に今在職中に転職する場合、忙しくてこんなことに時間をかけたくないもの。そんな忙しい人にとって、シンプルで操作しやすい画面でサクッと登録できると助かりますね。

ぜひこのページを参考にしながら、リクルートエージェントに登録してみてくださいね。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

職歴にブランクがあったらどうする?元人事部社員の本音をご紹介
前の会社を退職してからブランクがあると転職はどんどん不利になってしまいます。ブランクのある人の転職…
※リクナビNEXTに登録したことを会社にバレない全方法【2018年最新版】
誰でも今勤務中の会社に転職活動していることを知られたくないですね。リクナビNEXTの場合はどうなの?詳…
未経験からITエンジニアへの転職にリクルートエージェントは可能かを検証
未経験からIT業界で転職したい。でもどの転職支援サービスを利用したらいいかわからないという方に、リク…
全然違う!?日本と海外の転職エージェントの仕組み
日本では海外に比べて転職エージェントを利用したことがあるという人は少ないでしょう。それは転職が一般…
pagetop