転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 転職エージェント > 前職調査や在職確認が行われるかは転職エージェントに確認すべき

前職調査や在職確認が行われるかは転職エージェントに確認すべき

🕒 2018/01/31
このエントリーをはてなブックマークに追加
前職調査や在職確認が行われるかは転職エージェントに確認すべき

転職をしよう、と思って転職エージェントを利用する場合、在職確認ってするの?今までのキャリア、つまり前職調査ってするの?

このような疑問を持っている方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

今自分が働いている職場のレベル、役職をじっくり調べ上げられてたら嫌だな...。在職を調べられただけで性格も判断されたりしないだろうか...。

また、現時点で働いていない人にとって、昔の経歴を見られたりするのかな、と不安に思う人もいます。

今回はそのような悩みを解決すべく、耳寄りな情報をご提供したいと思います。

はじめに

この記事では、最初に転職者が転職をする際にバレずにできるのか、転職エージェントが求職者の在職確認をするのかについて述べていきます。次に前職調査をするのかに関して記していきます。

上記のことについて事実をお伝えした後に、まとめを書いていきます。

転職活動がバレる可能性

転職活動をする際に、現時点で働いている会社には何も伝えないという人は多くいらっしゃると思います。会社にばれるとひょっとしたら応援されるかもしれませんが、自分的には気まずいですよね。お世話になった会社を出ていく準備をしているのですから、仕方のないことだと思います。

しかし、皆にはばれないように細心の注意を払って転職活動をしても、思わぬ出来事で感づかれたり気づかれたりする場合があります。

その例として挙げられるものは、選考を受けた企業が現職に連絡がいくことです。また、その選考を受けた企業の役員が現職の役員と仲が良い可能性もあります。

実際に、転職エージェントに登録している求職者が選考中の企業から現職の企業に在職確認をして、それによって上司に知れ渡ったからという理由で転職をやめるという人がいました。

転職活動を中断する原因が、在職確認という点が嫌ですね。では、どうして在職活動をするのでしょうか。

在職確認について

企業が在職確認をする理由は、選考を進めている企業が、提出された書類に虚偽がないか、面接をした際の内容に虚偽がないかを確認するためです。

求職者が提出した書類が信用できない、または違和感を感じた際に在職確認を行う企業があるらしいです。経歴を詐称する人がいるので、そのような人を見破るためにやっているんですね。

企業側が選考を受けた人に対して、「この人嘘くさいな」と思われればその後の選考を拒否されることがあります。もし本当に経歴詐称などが発覚した場合、転職エージェントの信用も落ちるのでいいことがありません。

在職確認をされたくない方へ

転職活動を経て新しい職場に就くためのアプローチとして、やはりその希望の企業の選考を受けるしか方法はありません。皆さんは経歴などに虚偽はありませんか?

転職活動は、性質上自分の経歴は自己申告になります。つまり、今までの経歴を偽って伝えても内定を取ることは可能です。企業によっては疑われなく選考を通過することもあるでしょう。

しかし、経歴上の嘘偽りは、面接などで根掘り葉掘り聞かれるのは必至ですので、少しでも矛盾が生じたら疑われてしまいます。

ただ、転職とは、企業側からすれば即戦力の人材を確保する最高の機会です。経歴詐称がバレずに内定をいただいたとしても、任される仕事はきっと今までの経験が必要な仕事でしょう。

つまり、書類選考や面接を嘘をつくことによって成功したとしても今後の仕事ぶりで明らかになります。

ですので、詐称はしない方が良いと思われます。

在職確認をどうしても避けたい、という方は転職エージェントに事前に確認してみてはいかがでしょうか。

前職調査について

前職調査も、上記に記したように現職にバレたくないなら注意が必要です。前職調査を行っている企業は少ないながら確かに存在しています。

中小企業の場合は人的リソースが限られているため、前職調査を行うことがめったにありませんが、前職調査が行われやすいパターンが存在します。

以下のどちらかに当てはまる方は気を付けたほうがいいでしょう。

  • 管理職への転職
  • ヘッドハンティングによる転職
  • 外資系企業への転職
  • 金融業界への転職

求職者が今までどのような企業に勤めていたのか、どのような仕事をしていたのか気になるのは当然です。前職調査は金融業界で行われることが多く、特に部長などの役員だった方が調査されることが多いようです。

なぜなら、信用が必要となる業界の顔として働いてもらう人が無能だったら話にならないからです。転職者は新卒者よりも比較的給料が高い傾向があるので、採用した企業側からすると痛いダメージを負います。

また、以前まで高い給料をもらっていた管理職などの役員が転職をすれば、その能力や仕事ぶりが期待されます。その期待値が現実のものと差が少ないことを確認するために前職確認は行われます。

こちらも転職エージェントに確認を取ってみましょう。

まとめ

結論を出すと、現代で在職確認や前職調査を行っている企業はほとんどなくなっています。ただ、いまだ行っている企業もありますので、現職にバレたくないなら注意が必要です。

ひと昔前までは、在職確認や前職調査をすることは当たり前だったと言われていますが、最近ではそのようなことを言ってられなくなりました。個人情報保護法の志向により、本人の確認を取ることなしにその人のプライバシーに触れることは法律で禁止されたからです。

しかし、やはり事前に転職エージェントに確認を取っておくのがベストだと思われます。転職エージェントなら何でも相談に乗ってくれます。

2017.07.14
「自分ひとりで転職活動を進めるのは不安・・・」「転職やキャリアの悩みについて相談できる相手が欲しい」「給料の交渉をしたいけれど、直接に言いにくい・・・」これらすべて解決してくれるのは転職エージェントです。無料なので転職活動のどの段階からでも気軽に利用できるというメリットがある反面、自分との相性が悪い転職エージェントを使うと時間の無駄遣いになります。自分にとって本当に使う価値がある転職エージェントは何なのかが分からない場合、ぜひこのページで説明したポイントを参考に、比較してみてくださいね。
\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

転職したいが上司からの引き止めに悩んでいる?抜け出すコツとは

転職したいが上司からの引き止めが強すぎて、退職を諦めてしまう人がたくさんいます。そういった問題…

転職エージェント決定版ランキング|おすすめ選び方や使い方
転職エージェントの基本知識、口コミ体験談で見るメリットやデメリット、ビジネスの仕組み、業界職種年齢…
5分で分かる転職エージェントの基本中の基本
「自分ひとりで転職活動を進めるのは不安・・・」「転職やキャリアの悩みについて相談できる相手が欲しい…
これさえ守ればOK!転職エージェントとの登録面談をスムーズに行う3つのポイント
本番である企業面接はもちろん、キャリアコンサルタントとの面談でも緊張する人が多いようです。転職エー…
pagetop