転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > > 転職したいけど妻や夫など家族の反対に悩むあなたへ

転職したいけど妻や夫など家族の反対に悩むあなたへ

🕒 2018/02/22
このエントリーをはてなブックマークに追加
転職したいけど妻や夫など家族の反対に悩むあなたへ

今している仕事は本当に自分に向いているのか疑問に持ち始め、他の企業に転職したいと考えているが、すでに家族を持つ世代のサラリーマンにとって家族に反対されるというような理屈で一歩前に進めないと悩んでいるあなたがいませんか?安心して下さい。

転職したいと考えているあなたに家族の同意がもらえるようなコツを伝授します!

家族に転職を反対される理由

人手不足に悩んでいる企業は人を増やそうと悩み始めています。特に率先力になりうる優秀な人材を求めています。現在企業は他社の優秀な人材を引っ張りぬこうと努力しています。その有効な手段として企業は転職エージェントを使用しています。時間を掛けながら一から育て上げる新卒の若手よりも、すでに長年会社の中で働き、自分の専門分野に強みを持っている他社の経験社員を採用したほうが企業の利益に繋がるのは圧倒的に効果的です。

かつて終身雇用という日本特有の文化が存在していた頃、他の会社に移るということ自体文化的に非常識でしたが、今ではそのような固定概念がなくなり、今の境遇に不満を持つ社員は他社に移ることが普通になりました。これで自分がやりたいことを達成するため転職しようと考えている人は増えるはずだと誰もが思っていました。しかし、日本の文化として”外面”の会社における常識を打ち砕くことはできましたが、”内面”にある壁を破壊していませんでした。それが"家族”との壁です。

今度こそは本当に自分がやりたい仕事をしたいと他社に行こうと計画を建てていても家族から反対されれば何もできなくなります。こういった家族の壁から取り払うために幾つかのコツがあります。その前になぜ家族が自分のやりたいことに反対を持つのかその理由から説明いたします。

妻の視点から見た夫が転職するデメリットとは?

家族と言っても世代によって考え方も違ってきます。ここでは妻と夫の視点から転職の嫌悪と感じる理由を挙げます。最初に妻の視点から説明します。

嫁のバリアーから逃れる方法家族と言っても世代によって考え方も違ってきます。ここでは妻と夫の視点から転職の嫌悪と感じる理由を挙げます。最近流行っている言葉があります。それが嫁ブロックです。嫁ブロックとは、転職の活動をする際に嫁から反対され、転職活動の活動を断念することです。

転職会議Reportによると、嫁ブロックは年々拡大しており、35歳以上の転職者の3人に1人が嫁の壁を打ち砕くことができずに内定を諦めています。嫁が反対する理由として今まで過ごして来た生活基盤の変化に恐れているからです。それは旦那の収入低下、勤務地、企業規模などが多く挙げられます。

都会で三年間通っている小学校のお子さんがお父さんが転職しないといけないことになったため、仲良くなった友達と離れ地方や海外に転職するようになれば子どもはまた現地で友達を作らなければならなくなります。また、旦那の転職場所が必ずしも今の会社より収入が高いこと、会社の規模が高いとは言えないです。そういった条件のなかで妻は夫の考えている転職に対して応援の側に向かうことは考え難しいです。

夫の観点から見た妻が転職するデメリットとは?

政府が支持している働き方改革を推奨して以来、女性が会社の中で重視しました。転職エージェントの中でも女性の活動が頻繁に動き始めました。そのため、家庭をもつキャリアウーマンが転職を考えているとしたら夫の意見を当然聞きます。夫は妻の転職に対して反対することはもちろんあります。家庭事情がこの問題を起こしています。

夫と妻が小さい子供を持つ共働き世代で、嫁が現在の職場よりハイレベルなマネジメントクラスに昇格した場合、職場の中での責任が高まり、家族と一緒に過ごす時間が減少する恐れを夫は感じています。このような問題だいは子どもの面倒をしないと行けないと考えるため今よりも上級クラスで働こうと思う人は少なくなります。

家族の事情を踏まえた上で夫や妻に転職に対するデメリット感をなくす方法を話します。

まとめ

夫や妻が今の会社を辞めて自分の会社を持ちたいから起業したいと考えているれ以外の人出なければ、自分がやりたい仕事をしたいと家族に伝えれば、家族は賛同してくれます。自分の天職についてどのように家族と話すのがコツです。

転職をしたいからお願いしますだけ言っても当然家族からは反対されます。転職したい理由を家族に詳細に説明をしないと、上司との人間関係が良くなかったり、仕事がキツイなどという長続きがしない人だと家族から思割れてしまいます。なぜ、今の会社をやめたいのか、次に転職する際に自分以外に家族にとってメリットがあるのかどうかを伝えるべきです。

また、もし今後働く会社が小規模の場合、その会社に福利厚生や待遇などが手厚いことを家族に説明すれば彼らも反対する理由がなくなります。

これは夫と妻の視点に限らず言えることです。そういった家族間の信頼があることで転職に対しても不安を解消することになります。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

薬剤師って労働時間どのくらい?
皆さんは薬剤師の労働時間がどのくらいなのか想像できますか?薬剤師はどのくらい働いているのでしょうか…
意外とやりがち!転職面接を失敗に導くNGの逆質問パターン
転職面接のラストでよく聞かれる逆質問、答え方によって逆転する場合と失敗する場合があります。面接を失…
転職口コミサイトの信憑性って?鵜呑みにしたら危険!
自分が就職するかもしれない企業がどんな企業なのかというのはどの就活生も気になるところですよね。そこ…
後輩に抜かれた!転職すべきか徹底解説
「後輩に抜かれる」大半の人はネガティブな感情を持つでしょう。このサイトでは、後輩に抜かれた際の対処…
pagetop