転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > お役立ち転職コラム > 転職したいが上司からの引き止めに悩んでいる?抜け出すコツとは

転職したいが上司からの引き止めに悩んでいる?抜け出すコツとは

🕒 2020/11/24
このエントリーをはてなブックマークに追加
転職したいが上司からの引き止めに悩んでいる?抜け出すコツとは

「もうこの雰囲気の悪い職場は嫌だ」「上司との人間関係どうしても上手くいかない」「別に会社の人の中は悪くはないけど、自分がやりたいことに会社の人は聞いてくれない」などで会社をやめようと考えている方は日本中に山ほどいます。

早く転職したいと考えている方は多いですが、会社や上司からの引き止めがかかります。その結果、転職することを諦める人が存在しています。

そのような理由で、自分の生活を阻止されことはとても持たいないです。

そこで、当ページでは、会社に退職を引き止められないコツなど、事例を含めて対処方法をご紹介していきます。

転職する動機

なぜ会社を辞めたいと考えたことはありますか?もちろんありますよね。

その理由を教えて下さいといった場合、どのようにお答えしますか?

「今所属する部署との相性が悪い」「会社の人たちと雰囲気が合わない」「思った職場とは違っていた」など理由は様々です。だが、「はい、そうなんですね。じゃあ、次の転職先で頑張ってね」と軽く会社をやめさせることはありません。会社を辞めるのは自由ですが、あの手この手であなたを押しとどめます。

会社があなたの転職を引き止める理由

なぜ、会社は退職希望者を引き止めようと考えていると思いますか?

あなたを必要としいるのはもちろんですが、もし退職をされた場合、上司を含め、周囲の人に大きな負担がかかるからです。

「ただでさえ人手が少ないのに辞めるなんてありえない」「せっかくここまで育て上げたのに、今までの教育費はどう取り戻せばいいんだ」と、会社側は考えます。

また、退職された場合、上司は人材を埋める必要があったり、業務作業に支障を与えることになります。

さらに、「なぜ退職のサインに気づかなかったんだ」と上司は役員に責められる恐れがあるからです。

「辞めたら会社の人は寂しくなるから、転職しないでくれ」「あなたのためを思って会社を辞めないべきだ」と必死に引き止める上司の裏には、こういった本心が隠されています。

転職を考えている方は、そういった上司の都合で退職を諦めることは、自分が損します。転職したいなら迷うこと無く転職することです。

上司の引き止めに、活用すべき5つの方法

そうはいっても、無責任に退職をし、会社の人たちに迷惑がかかると考えている方も少なくありません。そこで、上司や周囲の感じる負担を軽減させるため、5つの策をご紹介します。

  • 退職時期は、会社の繁忙期と避ける
  • 会社の売上が絶好調の時期に辞められのは非常に困ります。

    例えば、会社の一大プロジェクトが大詰めの時期や年末年度など、忙しい時に会社を辞められると、会社内で混乱が生じ、そのプロジェクトが上手く回らないことがあります。

    自分がプロジェクトメンバーから抜けたい場合、その部署の大成や、仕事の振り分けを考慮して、退職時期を選ぶのが良いです。

    退職は1ヶ月以上余裕を持って上司と相談

    退職希望者の中には、事前の報告なしに、すぐ辞めたいと考えている人がいます。それは会社に迷惑をかけます。

    民法によると、「退職日は14日前までに、退職の意思を伝える」と定めていますが、実のところ、「1っヶ月以上前に伝える」というのが企業側の本音です。会社によっては「3ヶ月以上前に知らせる」という会社もあります。

    「1ヶ月以上前に退職を伝えてほしい」企業側の理由には、退職日までの間に引き継ぎ体制の確立や、誤認の採用を行なう時間が欲しいということがあります。

    会社への迷惑を最小限にすることで、上司からしつこく引き止められることも少なくなります。

    上司に退職する相談をしない

    「私退職したいと考えているのですが」と上司と相談した場合、上司はあなたを引き止め、転職できない自分になるのです。

    そのようなことにならないために、上司ではなく、転職の方を応援する転職エージェントに相談することです。もし、上司と退職の件で相談するのであれば、1っヶ月以上の後に、引っ越しの予定を固めたあとに、「私会社をやめたいです」と、退職に向けての準備期間を十分に設けることで、上司から引き止められることも少なくなります。

    条件を理由に退職をしないこと

    どうにか人材を会社の中に引き留めようと、退職しない代わりにこういった条件を差し上げますよと、退職希望者に交渉します。会社側の条件を呑み込むことはオススメしません。

    「給料を上げよう」「残業を少なくさせます」という言葉につられて退職を撤回した場合、その会社から抜け出すことはできません。

    そういった条件があるとしても、会社の雰囲気や人間を変えることはできません。会社の出す条件を受けずに、退職したいときっぱり話すことが重要です。

    退職したいと強い意志を持つこと

    なぜ、自分は退職したいのか、強い理由をつけて上司に、退職希望を伝えましょう。そうでなければ、上司の巧みな言葉で、転職ができなくなります。

    まとめ

    退職を防止しようと、会社や上司からあらゆる方法であなたを阻止します。そのような事にならないように、自分の事が嫌いだった上司がなぜ私の転職を阻止するのかなど、彼らの都合をさらけ出してきました。

    また、転職をしたい場合は、会社の都合を配慮して、転職することが良いということもお話してきました。

    いか花芽でしたでしょうか。これであなたは上司の圧力なしに、勇気出して転職しますと言える人に慣れたでしょうか?そうだと私は信じています。

    \大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
    地域
    性別
    希望職種
    正社員経験
    年齢
    希望年収
    人気条件 こだわり条件

    関連する他の記事

    年収、手取り、額面ってどう違うの?転職の具体例を出しながら解説
    転職するにあたって重要な要素の1つが会社からもらえるお金の問題。今回は年収、手取り、そして額面の違…
    転職エージェントに再登録する方法と注意点まとめ
    転職活動を終えてから転職活動のことを二度と考えたくないということで転職エージェントを退会する人は多…
    サザエさん症候群の原因・対策法は?症状が強いなら転職すべき?
    サザエさん症候群は仕事のストレスから、日曜夕方から深夜にかけて憂鬱な気分になる病気です。今回はサザ…
    なぜ受からない?転職失敗の原因を徹底分析
    何度転職のための面接を受けても受からないのは何が原因なのか?転職を成功させるための面接突破方法とは…
    pagetop