転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 転職ノウハウ集 > 隠れたホワイト企業を見つけ出す転職活動の必須知識

隠れたホワイト企業を見つけ出す転職活動の必須知識

🕒 2019/04/09
このエントリーをはてなブックマークに追加
隠れたホワイト企業を見つけ出す転職活動の必須知識

こんにちは。「ホワイト企業」みなさんはこの言葉を聞いた時、どのようなイメージをもつでしょうか。

「完全週休2日制」「仕事内容が少ない」「福利厚生がしっかりしている」など、とても働く環境としていいイメージを持たれる方がほとんどかと思います。

しかし、そんなホワイト企業を見つけることは決して容易ではありません。一度就職したことがある方は分かるかと思いますが、大企業だからといってホワイト企業というわけではありません。なので、逆に小さい規模の会社が必ずしもブラックというわけでもありません。

そこで、今回は、ホワイト企業の見つけ方、そして転職をお考えの方必見の転職サイトのご紹介をしていきます。

ホワイト企業とは

ホワイト企業に明確な規定は存在しないのですが、

就職活動を行うに際して、福利厚生がしっかりしていたり離職率が低い企業などを表します。その他にも、ワークライフバランスが充実していたり、長時間労働を虐げられない企業をホワイト企業という人もいれば、残業は多いけれどしっかりと給料を払ってくれる企業をホワイト企業という人もいます。

なので、社員にとって過ごしやすい会社をホワイト企業という風にいうのかと思います。

このように会社の待遇面によってホワイト企業か判断されることが多いですが、仕事の向き不向きも大きく関係してくると思います。

その仕事が自分のやりたいことがあれば多少の苦痛も受け入れることができる場合もありますが、興味がないことだとどんなに仕事が楽でも苦痛に耐えることはできません。

ベンチャー企業はブラック?

隠れたホワイト企業を見つけ出す転職活動の必須知識

よく聞くキーワードに「ベンチャー企業はブラック」というものがあります。そもそもベンチャー企業とは、新技術や高度なスキルを持っている企業であります。そして大企業行わない革新的な経営、仕事を行なっている企業のことを指しています。

しかし大企業のような資本金は存在しません。そこで、このようなベンチャー企業は大学生のインターンシップを積極的に行っています。実際に新規事業に関わっているという大学生も今では少なくありません。

そして、本当にベンチャー企業はブラックなのでしょうか?

答えは、ブラック企業と呼ばれるような待遇のベンチャー企業も存在するといえます。やはり、資本・人材で大企業に敵わない分、1人の負担が大変多くなっていきます。長時間労働を強要したり、社内に休みにくい雰囲気ができていることもあるといいます。

このような、労働者に対して劣悪な環境ができてしまうのは、ベンチャー企業という会社の規模感によって起こることも少なくないのです。

ブラック企業・ホワイト企業の見分け方

では、転職する際、どのようにブラック企業を見極めるのでしょうか。

  • 有能なベンチャーキャピタルから投資を得ているか
  • 1つ目に大事なのは、良いベンチャーキャピタルから投資を受けているかです。ベンチャーキャピタルとは、ハイリターンを狙って企業に投資を行なっている方々を指します。なぜベンチャーキャピタルに投資を受けていると良いのかというと、有能なベンチャーキャピタルは、今現在は小規模の会社ではあるけれど、将来性のある企業に投資を行っています。なので、有能なベンチャーキャピタルから投資を受けている企業は、とても期待されているということです。

  • 企業のホームページの写真
  • Web上で自社の写真を掲載しているとき、社長や役員、社員の顔を掲載していない場合、しっかりとした経営を行っていない可能性があります。そして社員の離職が多く、入れ替わり多いため顔写真を掲載していない場合もあるからです。

  • 離職率や勤続年数を見る
  • 勤続年数や離職率もブラックかホワイトかの大きな判断材料になります。ブラック企業は、社員の平均勤続年数が短く、離職率も高くなっている傾向にあります。みんなが長く働ける環境があまり感じられない企業は、ブラックである可能性が高いように思います。このような情報も転職サイトにはとてもたくさん載っていますのでぜひ一度見てみて下さい。

    2017.11.10
    転職サイトに書かれている求人をそのまま見て転職すると後悔することになってしまうかもしれません。そういったことにならないためにもどういった部分に嘘が多いのか紹介していきます。

    マイナビエージェント|ホワイト企業への転職に欠かせないエージェント

    総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
    コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
    公開求人数8760件(2017年8月時点)対応地域全国
    非公開求人ターゲット層総合
    強い業界メーカー/サービス/IT/不動産/流通年収UP実績6割

    ココまで見ていただいて、ホワイト企業の定期、ブラック企業の見分け方などがございました。しかし、ブラック企業を見分ける方法として、実際に働いている社員の口コミに勝るものはないと思います。

    そのような口コミサイトと併用しつつ、こちらに掲載されているマイナビエージェントも活用してみて下さい。

    しっかりと自分自身で会社を見定めることが大事

    いかがでしたでしょうか。日本にはとても多くの企業が存在していますが、その中でも自分に合う会社を見つけることは、とても難しいことであると思います。ブラック企業に勤めてしまった際も、必ず無理をせず転職エージェントに相談してみて下さい。そして、転職する際は、ブラック企業の見分け方を活用して注意するようにしましょう。

    皆様の転職活動が成功することを心からお祈りしております。

    \大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
    地域
    性別
    希望職種
    正社員経験
    年齢
    希望年収
    人気条件 こだわり条件

    関連する他の記事

    LINEに転職すべき?中途採用の実情をまとめてみた
    LINEの中途採用は実際どうなのか?募集はたくさんしているの?自分の事業を試してみたい方、必見です。
    国家公務員から地方公務員に転職するコツ!給料をアップさせるには?
    国家公務員だった人が地方公務員に転職することのメリット、デメリットを解説。そして実際転職するにはど…
    建設コンサルタントを辞めて転職を考えている人へおすすめの転職先とアドバイス
    建設コンサルタント会社はブラック企業が多く、転職をする人が後を絶たない業界として有名です。本記事で…
    意外に落とし穴?!転職先への通勤時間が長すぎて辛い…
    転職先の企業選びの基準として、年収や福利厚生などを思い浮かべる方が多いでしょう。しかしながら、年収…
    pagetop