転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > Q&A > リクナビNEXTを利用してキャリアコンサルタントと面談できるの?

リクナビNEXTを利用してキャリアコンサルタントと面談できるの?

🕒 2019/05/31
このエントリーをはてなブックマークに追加
リクナビNEXTを利用してキャリアコンサルタントと面談できるの?

一般的に転職サイトと言えば、企業の求人広告が掲載されて、転職者自ら求人を見つけたり比較したり応募したりするスタイルですね。

実は一部の大手転職サイトを経由すれば、キャリアコンサルタントと面談することもできるのです。リクナビNEXTがその代表的な例です。これからリクナビNEXTを使ってキャリアコンサルタントとの無料面談を受ける方法を詳しく説明していきます。

リクナビNEXTを使って面談を受ける2つの方法

リクナビNEXTからキャリアコンサルタントによる面談を申し込む方法は2つあります。

同グループのリクルートエージェントを利用する

リクナビNEXTは企業の求人広告を掲載するために開設されたサイトなので、キャリアカウンセリングを行っていません。

同じ親会社のリクルートがもう一つのサービス、「リクルートエージェント」を提供しているので、リクナビNEXTに登録すれば、実質上、同グループのリクルートエージェントも並行して利用することが可能です。どちらも業界最大手のリクルートがサービスの品質を保証しており、相性が抜群です。

もしキャリアコンサルタントとの面談が必要であれば、まず同グループのリクルートエージェントを考えるべきです。

およそ400社の提携転職エージェントを利用する

大手の転職サイトリクナビNEXTはその知名度ゆえ、400社にも及ぶ転職エージェントと提携しています。

それらのエージェントはリクナビNEXTユーザーの経歴を見て、相応しい求人があればスカウトやオファーを送ることがあります。

それに反応すれば、その人の前職や希望業種に精通している専門コンサルタントとつながるようになり、キャリア相談も含めて全面的なサポートを受けられます。

提携転職エージェントとの面談を申し込む方法は?

さきほど紹介した二つめの方法で面談を受けるには、以下の手順を踏む必要があります。

  1. リクナビNEXTに登録
  2. リクナビNEXT内の「スカウト・オファー」に登録

リクナビNEXTのスカウト・オファー機能は非常に革新的なもので、それに登録すればさまざまなメリットが得られます。提携転職エージェントからの求人付きオファーはもちろん、企業から直接声がかかることもあります。

公開求人数の10倍以上ある非公開求人も紹介可能ですので、自分で探すより効率がよく合理的と言えます。

面談前に求人情報を詳しく知りたい場合は?

提携転職エージェントから送られた求人付きオファーや求人情報についてより具体的な知りたい場合、遠慮せずにメッセージでその旨を伝えましょう。教えてもらえる保証はありませんが、試してみるに越したことはないでしょう。面談に行く前に知りたいことがあれば、どんどん質問したほうが面談も効率よく進められますよ。

転職エージェントの面談場所が遠い場合は?

転職エージェントの面談場所が遠い場合、なかなか面談に行くのが難しい時はあります。その場合は、代わりに電話での相談やメールで情報を提供してもらうようにしましょう。

届いたスカウトに気になる求人があったら、電話やメールでの相談を希望する場合も、「面談を希望する」ボタンからその旨を伝うようにしましょう。

キャリアコンサルタントとの面談に行く前に準備すべきこと

リクナビNEXTからエージェントとの面談を予約したら、これからいよいよ面談ですね。ここでは、行く前に準備しておきたいことをご説明します。

筆記用具を持参する

面談にはノートとボールペンを持っていきましょう。職種によって実績を証明できるポートフォリオがあればそれも忘れずに。

キャリアの棚卸しや重要な情報をメモするために必ずと言っていいほど筆記用具を利用します。もし忘れたら貸してもらえるはずですが、コンサルタントの中で評価が下がりかねません。

「こんな人はA社に紹介しても内定をもらえなさそう。条件がやや劣っているB社を紹介しよう。」というように、好条件の案件を紹介してもらえなくなる可能性すらあります。

余裕を持って時間を空けておく

転職エージェントとの面談時間はケースバイケースとしか言えません。30分から3時間、さらに長い時もあります。「もともと45分を予定していたが、長引くかもしれません。でもこの後予定を入れたから十分に話せません。」なんて事態が起きないように、余裕を持って時間を空けておきましょう。在職中の転職活動は常に時間に追われるかもしれませんが、まず一つ一つの面談を大切にしましょう。

清潔感がある、イメージに合った服装で行く

「キャリアコンサルタントとの面談はスーツと私服のどちらが良い?」という質問をよく受けますが、どちらでも構いません。重要なのは、相手に働いている自分をイメージしやすい服装を心がけることです。

営業職なら、普段スーツを着て仕事をしているはずですから、いつものスーツを着ていくといいでしょう。エンジニア職なら、スーツより私服を着たほうが自然です。

スーツか私服かで評価を左右することはめったにありません。評価に影響するポイントは清潔感。

奇抜な私服やヨレヨレのスーツはもちろん避けるべきですし、相手に不快感を持たせかねないアクセサリー、化粧、時計にも気を付けましょう。

評判のよい転職エージェントをリクナビNEXTで見つけることができる

総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
公開求人数9152件対応地域全国
非公開求人約10万件ターゲット層転職したい社会人
強い業界IT/メーカー/サービス/小売年収UP実績80%

リクナビNEXT本体にはキャリアカウンセリングのようなサービスはありませんが、同グループのリクルートエージェントと併用したり、スカウトに登録して提携エージェントに求人を送ってもらうことができます。

一人の転職はちょっと不安の人、初めて異業種に転職する人はリクナビNEXTに登録し、プロのキャリアコンサルタントとの面談を申し込むことをおすすめします。

2017.07.27
リクナビNEXTとリクルートエージェントって同じサービスのようで違いますね。どちらも名前を聞いたことがあるが、細かい違いや特徴が分からない人は実に多いです。今回はそれを明らかにしていきます。
\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

転職エージェントの「コンサルタント」と「営業担当」の違いとは?
「コンサルタント」?「営業担当」?転職エージェントの様々な職種の違いを答えます!
リクルートエージェントの福岡 にある拠点情報・面談場所・行き方・注意点まとめ
転職エージェントの全国にある拠点情報・面談場所・営業時間・行き方・当日の注意点など、実際にキャリア…
春は転職しやすい?目指すべき入社時期を解説!

春といえば卒業、進学、引っ越しというような時期です。新卒した学生が新社会人として社会に飛び込む…

偽名で転職サイトに登録しても大丈夫?
個人情報の流出が怖いという方が多いんじゃないでしょうか。転職サイトに偽名で登録することについて話し…
pagetop